ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第384回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの営業に役立つ名言集 その2

2015/10/16

■ゲンさんの営業に役立つ名言集 その2


相変わらず、当メルマガの文章が長すぎるというメールが寄せられてくる。

勧誘営業について勉強したいので読みたいんやけど長くて、しんどい、疲れる
と。

そういう方のために『第378回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの営
業に役立つ名言集 その1』(注1.巻末参考ページ参照)というのを始めた
が、今回は、その続編ということになる。

これは今までにメルマガで話した『ゲンさんの名言集』や『ゲンさんの深イイ
話』の中から『ゲンさんの営業に役立つ名言集』と題して、新聞勧誘営業に特
化した言葉を集めたものや。

これであれば、比較的短いさかい読むのに、それほど苦にはならんのやないか
と思う。

もっとも、なぜその言葉が、その場所で語られているのかといった詳しい経緯
や理由が知りたいという方は、それぞれの言葉の末尾に参照ページを掲載して
いるので、それで確認して頂くしかないがな。

それでは始めさせて頂く。

……………………………………………………………………………………………

ゲンさんの営業に役立つ名言集 その2    65撰


何より人は必要に迫られれば、必ずそのための工夫をしようとするもんや。人
類の歴史は、そうして作られてきたし、今後もそうなると信じる。(メルマガ
第153回より)


時代が変われば、それに合わせた売り方、顧客への接し方に変えなあかん。
(メルマガ第154回より)


営業熱心な人と感じて貰えるか、迷惑な人間と受け取られるかの違いで、その
評価が大きく分かれる。そのあたりが営業の難しい所でもあり、腕の見せ所で
もある。(メルマガ第155回より)


思うような結果を導き出したいと思えば、あまり感情的にはならず、相手を立
てソフトに対応した方が得策やということやな。(メルマガ第159回より)


先にそうした場合の結果を想像することを勧める。やってしまってから、起き
てしまってから、その事を悔いても遅いさかいな。(メルマガ第171回より)


上手い話やおいしい話には、必ず裏があり、落とし穴がある。甘い話には辛い
結果が待っている。そう考えて用心した方がええ。結果的にそれが身を守るこ
とになると思う。(メルマガ第172回より)


最初に「隠し球」を「決め球」として使うべきやった。特に、自らが力量的に
劣勢と自覚しているのであれば戦いを仕掛けた方は先手必勝、初回に大量点を
稼ぐ戦法に出ないと勝ち目はない。勝負事とは、そんなものや。(メルマガ第
183回より)


確かにウソはあかん。しかし、「嘘も方便」ということわざがあるとおり、ウ
ソをつくことで救われるケースがあるのなら、誰も傷つかないという条件さえ
クリアできれば、そうしても別に構わんと思う。(メルマガ第185回より)


美味しいエサを蒔けば客が釣れると考えとるようでは救いがない。漁師でも魚
を捕る時には、ただ闇雲にエサを蒔いて魚を呼び寄せているわけやない。

魚の置かれた環境を考え、生態、習性を熟知し、その時々の状況に合わせて漁
をしとる。考える力の弱い魚ですら、そこまでせなあかんのに、人間相手なら
尚更やと気がつかなあかんわな。(メルマガ第191回より)


ワシの示しているのは、一つの情報で、それを活かすも殺すも、勧誘する本人
次第やと考えといて欲しい。(メルマガ第195回より)


何でもそうやが、手は打てるときに打っておかなあかん。(メルマガ第196
回より)


勧誘の現場では、勧誘する者が、まさしくその新聞の顔、代表なわけや。極端
なことを言えば、その勧誘員次第で、その新聞の評価が変わると言うてもええ。

好むと好まざるに関わらず、勧誘員というのは常に責任のある立場に立たされ
とるわけや。もっとも、それに負担やプレッシャーを感じて萎縮する者は大成
せんが、それにやり甲斐を感じる者は間違いなく一流になれる。(メルマガ第
199回より)


知らないことは知らないでええわけや。知っていることだけを自信を持って話
す。それが結果として説得力を生む話になる。(メルマガ第199回より)


何事も謙虚な姿勢になって実態を把握してから物事に対処せな、現状を打破す
ることも先に進むこともできるはずがない。慢心、傲慢さからは何も生まれな
い。(メルマガ第200回より)


営業は成約したら終わりやない。その先がある。(Q&ANO.1005より)


「あしたのジョー」と同じで、あしたのために「その1」、「その2」を順番
にマスターしてから先に進むことや。それが遠回りなように見えて一番早い物
事の会得法やと思う。(Q&ANO.1005より)


勧誘員というのは、当たり前やが、契約を得ることが最大の仕事やさかい、す
べての言動が、それにつながっていると考えとくべきや。(Q&ANO.1020より)


先がないと思えば無理して焦る。(Q&ANO.1026より)


あまり、周りからの固定観念や雑音、情報に惑わされず、あんた自身の目で見
て判断することや。(Q&ANO.1026より)


確かに、新聞販売店にとって客は大事や。しかし、言いがかりや難癖つけて金
をせしめようという輩は百害あって一利なしやから、そういうのまで客と考え
る必要はないと言うとく。(Q&ANO.1031より)


どんな場合でも言葉使いは、あくまでも丁寧にな。自分が正しいと考えるあま
り、つい激しい口調になる者がいとるが、事の善悪よりも、それを問題にされ
る場合があるから気をつけとくことや。(Q&ANO.1031より)


教えてくれないという不満を言う前に、どうすれば教えて貰えるかということ
を考えるべきやないかな。(Q&ANO.1032より)


逆説的な言い方やが、相手を自分の望むように仕向けるには、自らがその相手
の望むような人間になることやと思う。(Q&ANO.1041より)


営業の仕事は、相手に品物を買って貰う、契約して貰うということがすべてや。
それが成って「勝った」と言える。相手と揉めて喧嘩をして怒らせた挙げ句、
買って貰えない、契約して貰えないということになれば、それは「負けた」と
いうことを意味する。

つまり、怒るという行為は、ワシらの仕事では「負け犬の遠吠え」にしかなら
んということや。(Q&ANO.1042より)


ええことも悪いこともデータの蓄積として捉えとるということや。そして、そ
れをどう活かすかということに重きを置く。(Q&ANO.1042より)


何でもそうやが、自分本位で物事を考え、優先するのは間違いを生むもとやさ
かいな。心することや。(Q&ANO.1043より)


上手くいっている方法には、必ずそれなりのええ所、利点というのがある。
(Q&ANO.1044より)


すべてはアリやと考え、そこから自分にできる方法を少しずつでええから見つ
けていくことや。それが結果として成功する一番の近道やと思う。
(Q&ANO.1044より)


未来を憂うあまり、今何もできんと躊躇したり、あきらめたりする者には、そ
の未来すらない。(Q&ANO.1052より)


何事も決断するには勇気がいる。しかし、男が一旦、決断したら、その道を信
じて突き進むことや。そうすれば、必ず道は開けてくる。(Q&ANO.1052より)


確かに、この業界は厳しい。しかし、どんなに厳しいところでも生き抜く術は
必ずある。人間の世界とは、そんなものや。あまり深刻に考える必要はない。
(Q&ANO.1052より)


いろんなことを知り、いろんな方法を試み、それでもこれやという方法は、ま
だ見つかっていない。それが営業やと思う。難しいが、それがワシにとっては
面白い。(Q&ANO.1053より)


この拡張の仕事に即決を求めて、すぐ成果の上がる方法はないかとは良く訊か
れるが、それはないとしか言いようがない。今よりは良くなるかも知れん方法
ならあるがな。(Q&ANO.1056より)


その客を喜ばせるには、その客のことを良う知るしかない。(Q&ANO.1057
より)


ゴールは遠い。もっとも、そのゴールがあるのかすら怪しい世界やがな。新聞
勧誘に限らず営業とはそんなものやと思う。(Q&ANO.1057より)


辛いときに笑うというのは確かに難しい。しかし、営業員ならそれができんよ
うではあかん。(Q&ANO.1058より)


人を説得、納得させるには、やはりそれなりの勉強をして理論武装をしとく方
がええ。(NO.1064より)


参考にするというのは、そのまま応用、実行するのではなく、自分なりの方法
に変えることや。(Q&ANO.1068より)


相手にどういう印象を持たれるかは、その人間の責任やと思う。何でもないこ
とかも知れんが、それが意外に大きいことやとワシは常に考えとるがな。
(Q&ANO.1072より)


社会は契約事を簡単に破る人間を受け入れるほど甘くはできていない。
(Q&ANO.1075より)


人間謙虚な気持ちをなくしたらあかん。同じ謝るのなら、真摯な姿勢で素直に
謝っておくことや。(Q&ANO.1094より)


良い考え、方法には学べばええし、悪いと思えるものは反面教師にして貰えれ
ばええ。活かし方は人それぞれや。(メルマガ第206回より)


人にとって役に立つ事、役に立つ物というのは、人それぞれで違う。同じ物で
も利用の仕方、役立てる方法はいろいろある。(メルマガ第218回より)


人には信用というものが必ずついてくる。それは拡張員といえども一緒や。世
の中、信用されん人間は何をやっても成功しない。(メルマガ第227回より)


最も効果があるのは、その客に気に入られることやと思う。「あんたには負け
た」、「あんたやから契約するんや」と言わせられるくらいにな。(メルマガ
第227回より)


知識は生かしてこそ値打ちがあるわけで、知っているだけでは、ただの自己満
足にしかならん。(メルマガ第241回より)


人が最も好感を持つ相手というのは、自分に対して感謝してくれる人間やさか
いな。(メルマガ第245回より)


その善し悪しにかかわらず、他人のやり方や考え方を知るというのは、それな
りに意義のあることやと思う。(メルマガ第248回より)


そのクレーマーに、「なるほど、そんな問題点がありましたか、それについて
は一緒に解決しましょう」という態度で接すればええわけや。そのクレーマー
の味方になるという感じでな。そうすることが、人の心を掴む秘訣やと思う。
(Q&ANO.1104 より)


人生に早いも遅いも、若いも歳を食っているもない。スタートするのは、どの
時期であっても遅くはない。問題は気持ち、考え方次第や。あんたができると
思えば何でもできるし、できんと考えれば何もできん。それだけのことやと思
う。(Q&ANO.1104 より)


逃げたり投げ出したりしてあきらめる者には何も起こらない。(Q&ANO.1104
 より)


客は心でつなぎ止めるということを考えるべきやないかな。(Q&ANO.1106 
より)


何か事を起こそうとする場合、その利点、メリットばかりに目を向けすぎたら失
敗する。欠点、リスクについても、ちゃんと把握しとかなあかんということや。
(Q&ANO.1107 より)


何でもそうやが、成功は失敗の積み重ね、連続があって初めて達成できる。失敗
を恐れたり嫌がっていたりしたら、成功などあり得ない。そう思うがな。
(Q&ANO.1109 より)


営業とは自分自身を売って客に喜んで貰うという考えを基本として持つことや。
それさえ心得ていれば自ずと、その場、その場でどうすればええかが見えてくる
と思う。(Q&ANO.1115 より)


拡張に限らず、すべての営業職で契約を上手く上げる方法を知りたいというの
は、営業員全体の永遠のテーマであり、誰もがそれを追い求めている。
(Q&ANO.1121 より)


どんな仕事でもそうやが、ものにするまでは少しずつ覚えていくしかないと思
う。あまり焦らんことや。(Q&ANO.1122 より)


いろいろなタイプの人から契約を上げるには、それに応じた勧誘方法、勧誘ト
ークを会得して磨く必要がある。

例えて言えば、プロ野球のピッチャーがストレートとカーブだけで勝てていた
ものが、勝てなくなった場合、フォークなりスライダーなりを覚えることで、
また勝ち出すというのに似ているわけや。(Q&ANO.1126 より)


たいていの場合、他人の上手くいった方法というのはあまりアテにならん。た
だ、上手くいった方法からヒントを得て、自分なりの方法を考え出すというの
はアリやけどな。(Q&ANO.1126 より)


起きてしもうたことは仕方ない。問題は、それを教訓としてどう活かしていく
かや。(Q&ANO.1135 より)


人はそれぞれ価値観が違うから、何をもってベストかというのは決めにくい。
特に営業するのなら、相手の価値観について理解するよう努める必要がある。
営業では売る側ではなく、買う側の都合や気持ちを優先せなあかんさかいな。
(Q&ANO.1138 より)


営業の方法は数限りなく存在する。一つの営業方法では、それに合う人しか確
保することはできん。「客とはこんなものや」という固定概念は捨てた方がえ
え。いろんな人がいるということを熟知した上で、その時々に合わせたベスト
な方法を選択することやとワシは考える。(Q&ANO.1138 より)


営業の本質は自分の信じているものを自信をもって売り込むことやさかいな。
自分自身でええと思えないものを売り込んでも相手には何も響かん。
(Q&ANO.1138 より)


営業とは人相手にするものやから、その人それぞれに合わす必要がある。極端
に言えば、どんな人にも迎合できるような懐の深さが必要になるということや。
(Q&ANO.1138 より)


営業時に自分の主義主張、考えを表に出すようなことをするのはまずい。
(Q&ANO.1138 より)


営業では新聞の良さをアピールはしても相手の考えを否定したらあかんという
ことや。それより何でも、「ごもっとも」と太鼓持ちに徹する方がまだええ。
お世辞やヨイショなどを駆使するのもアリや。

営業している時は、自分の理想とか主義主張は忘た方がええと言うとく。
(Q&ANO.1138 より)

……………………………………………………………………………………………

以上や。

どうやったかな。心に響くものがあったら嬉しいが、例えなかったとしても読
んで頂けただけで十分やと思う。

言葉の持つ力というのは多くの人が考えているより大きいし、強い。

人類は言葉を得、それを進歩させることができたからこそ、地球上の生物の頂
点に立ち君臨することができているわけや。

その言葉を駆使しているワシら勧誘員は、その誇りを持って仕事するべきやと
思う。人類最強の武器を使っているのやと。

もっとも過度な誇りや自信からは何も生まれんがな。適度な謙虚さも必要や。

今後も折りがあれば、このシリーズは続けていきたいと思う。



参考ページ

注1.第378回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの営業に役立つ名言
集 その1
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-378.html



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の10月9日から本日10月16日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1357 新聞解約と拡材返却について

メールマガジン・ゲンさんの新聞業界裏話・バックナンバー
第376回〜第380回まで本文のみ公開


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』が35字×30行で225ページ。容量は
1.48MBです。

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』
初回発行日 2015. 2.14  現在配信中
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14-6.html


作品紹介

 これは大正、昭和、平成と壮絶な人生を生き抜いた、ある女性の物語です。
この物語の主人公の女性には実在のモデルが存在します。

 新聞の拡張が始まって間もない黎明期の頃に活躍されていた方で、新聞拡
張団がどのような経緯で組織されたのかを知る上でも歴史的価値の高い情報
をお伝えできるものと思います。 

 愛とは何か、正義とは何か、仕事とは何かについて考えさせられる作品で
はないかと思います。また大正、昭和といった時代背景にも注目してくださ
い。歴史書には記されていない真実を描くつもりですので。 

 私自身、彼女の生き様には深い感動を覚えました。私が、どこまで、それ
をお伝えすることができるかは、わかりませんが、精一杯頑張りますので、
ご購読のほど、よろしくお願い致します。

著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。