ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第375回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■続ゲンさんのゲンさんの勧誘・拡張営業講座 その1 新聞勧誘の心得

2015/08/14

■続ゲンさんのゲンさんの勧誘・拡張営業講座 その1 新聞勧誘の心得


「十年一昔」と昔から言われ続けているが、現在の10年は過去のどの時代よ
り物事の移り変わりが早くなっている。

10年前は最新のOSやったWindowsXPも今では過去の遺物になっているし、
10年前は世界でも類を見ないほどの機能を備えていた日本の携帯電話も今で
はスマホに取って代わられ、「ガラケー(ガラパゴス携帯)」と呼ばれ持って
いること自体、バカにされるようなところがある。

ちなみに、ワシとハカセは未だに、その「ガラケー(ガラパゴス携帯)」の愛
好者やがな。

それらの影響もあって、ネットの世界もこの10年の間に大きく変わった。

ワシらがHPを開設した11年前は、多くの個人、企業がそうしていた。ワシ
らのサイトも、その意味では当時、時代の最先端を行っていたと言えなくもな
い。

その後、ブログやツィツターが生まれ、さらにフェイスブックやラインといっ
たSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が当たり前の時代にな
っている。

10年前までは電車の中や歩きながら携帯電話をいじっている人間は皆無に近
かったが、今や大半の人間がスマホを片手に操作しているのが普通になってい
る。

ワシら昔の人間からすると、まるで『世にも奇妙な世界』にでも紛れ込んだよ
うな気になる。

ただ、それを批判するつもりはないがな。それも時代の流れと承知しているさ
かいな。

もっとも、スマホを歩きながら、あるいは自転車や車に乗っていて操作中の事
故が絶えんが、そういった事さえなかったらという注釈付きではあるが。

基本的にワシらは人に迷惑さえかけへんかったら何をしても構わんと考えとる。

逆に、年輩者が時折、「マナーが悪い」として電車の中などで若者がスマホを
操作していることに対して注意しているのをたまに見かけることがあるが、そ
れはあかんと思うとるくらいや。

まあ、それは昔からあった電車内での根拠のない「携帯電話使用禁止」の張り
紙のせいやとは思うがな。

現在、携帯電話を電車内で使用することによる不具合はないと科学的に証明さ
れているため、そういった注意書きもなくなりつつある。

過去には携帯電話を使うことで電子機器や心臓病患者が装着しているペースメ
ーカーの誤作動が生じると信じられていたが、それは根も葉もない間違った情
報だと判明している。

しかし、年輩者の多くは一度、刷り込まれたマナー違反に対して融通が利かん
ため、つい注意してしまうのやろうと思う。

マナーについて人を窘(たしな)める場合は正しい根拠に基づいた上でする必
要がある。闇雲に注意をすれば、ええというもんやない。

そんなことを言うと、「電車の中で携帯電話で話されるのは迷惑や」という声
が聞こえてきそうやが、それは携帯電話でなくても隣の者同士で話している場
合も同じことや。

たいていは、隣同士の人たちが話しているくらいで「うるさいから黙ってくれ」
とは言わんもんや。

それをマナー違反と捉える人が圧倒的に少なく、マナー違反と決めつける者の
方が、ひんしゅくを買う場合が多い。

よほど耳元で大きな声を出して喋っているのなら「うるさいから黙ってくれ」
と言っても筋は通るが、隣の人同士が小声で話しているのと同じ声のトーンで
あれば、携帯で話しているからという理由だけでマナー違反に問うのは違うの
やないかと考える。

過去のマナー違反が、今のマナー違反になるとは限らんさかいな。この事は時
の流れが、そう変えさせつつある、ええ事例やと思う。

それと同じように、ワシらは11年前、サイトを開設した時、『ゲンさんの勧
誘・拡張営業講座』(注1.巻末参考ページ参照)で新聞勧誘のあり方につい
て、

その当時の感覚で良かれと思ったことを掲載し、それを参考にするよう言い続
けてきたが、現在の状況に合わせて時の流れと共に変更せなあかん部分も多い
のやないかと考えるようになった。

時代に即した新聞勧誘営業方法が必要やないかと。

そこで、これから何回かに分けて『続ゲンさんのゲンさんの勧誘・拡張営業講
座』と銘打って、それに取り組み、このメルマガ誌上で話すことにしたわけや。

ただ、過去のものをすべて変更するというわけやないので、重複する部分も多
いとは思うが、それは分かって頂きたい。

その部分だけを除外して説明することなどできんさかいな。

取りあえず、今回はその第1回として『新聞勧誘の心得』について話すことに
する。

……………………………………………………………………………………………

続ゲンさんのゲンさんの勧誘・拡張営業講座 その1 新聞勧誘の心得


はじめに

新聞勧誘とは、訪問販売に属する営業行為になる。今更な話やが簡単なものや
ない。

それは訪問営業全般についても言えることやが、人から歓迎されることなど殆
どなく、多くは嫌われる仕事やからや。

その中でも新聞勧誘は最悪の部類に属するという認識を持つ必要がある。

営業というのは多くの職種で最も重要な仕事として認識され脚光を浴びるのが
普通やが、新聞の場合はメジャーな存在でありながら、その仕事ぶりが良い意
味で表に出ることは殆どない。

それどころか、新聞業界そのものが新聞勧誘の実態に関し、タブー視して隠す
傾向にある。

そのため業界における新聞勧誘員の地位は低い。それに伴い一般社会からの評
価も悪く嫌われているのが実状や。

もちろん、それにはそれなりの理由があるわけやが、新聞勧誘に携わる者は、
まずその事を覚悟して取り組む必要があると言うとく。

それが、どんなに理不尽だと感じることがあってもや。

ただ、そうした部分を乗り越えて契約が得られた時の喜び、達成感には格別な
ものがあると言うとく。

そのための一助になればとの思いを込めて精一杯語らせて頂くつもりや。


その1 新聞勧誘の心得

1.人間関係を作れ

こういうと何か難しい事のように捉える人がおられるが、要するに訪問する客
に気に入られ、嫌われんようにしろということや。

営業とは、人が人を説得し、物品を売り込む仕事や。それ以外に何もない。

相手が欲している物を売って買って貰うのは、それほど難しくはない。しかし、
買う気がない物をその気にさせて買わせるには、それなりの方法、技術が必要
になる。

そのための方法は、いくらでもあるが、ワシはその中でも『人間関係を作る』
ことが最善の方法やと昔から信じて、それを推奨してきた。

ただ、『人間関係を作る』というのは時間がかかるものと思われている人がい
るようやが、人が人を「気に入った」、あるいは「気にいらん」と認識するの
は、ほぼ一瞬で決定するもんや。

時間など、あまり必要としない。

人が人を判断するには「出会って3秒〜5秒」もあれば十分だと言われている。

これはアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが1971年に提唱した
『メラビアンの法則』に由来するもので、人物の第一印象の殆どは視覚情報と
聴覚情報から得られているとする概念のことを指す。

『メラビアンの法則』によると、人が初対面の相手を判断する場合、「見た目」
、「表情」、「仕草」、「視線」などによる視覚情報が55パーセント、「声
の質」、「話すスピード」、「声の大きさ」、「口調」などの聴覚情報が38
パーセントを占めるという。

両方で実に93パーセント。それを3秒〜5秒の短時間で直感的に相手の善し
悪しを判断しているわけや。

営業員からすると意外に思うかも知れないが、「言葉の意味」、「話の内容」
といった言語情報は残りの7パーセントほどしかないとのことや。

勧誘トークに磨きをかけることが不必要とは言わんが、それよりも第一印象を
良くする工夫に腐心した方が、ええのは確かや。

ここでワシの言う「人間関係を作れ」というのには、如何にして第一印象を良
くして「感じの良さそうな人」、「話くらい聞いてみても良いか」と思わせる
ための方法も含まれていると理解して貰いたい。

当たり前やが、第一印象が悪ければ、勧誘営業は、ほぼ絶望と考えてもええく
らいやさかいな。

反対に、最初のつかみで気に入って貰えれば高確率で上手くいく可能性が大な
のは間違いないからな。

そのつかみが成功した先に「信用」、「信頼」といった個人的な関係が生まれ
るものとワシは信じている。

そして、最終的に顧客と人間関係が出来上がり、「信用」、「信頼」を勝ち取
った営業員は間違いなく成功すると自信を持って言える。

その方法を話し出すと多すぎるので、他の回で詳しく説明するが、ここでは、
単に第一印象を良くするために人間関係を作ることが必要だと知っておいて頂
きたい。


2.現状を知れ

新聞勧誘営業の現状を把握している人と、そうではない人との差は大きい。

基本的に訪問営業はインターホンを押して出てきた客に物品を売り込む仕事や
が、訪問した先の家が留守、あるいは在宅していてもそのインターホンに出な
いで居留守を決め込むか、出ても面談に応じないというケースが多い。

中でも、「結構です」、「新聞はいりません」と、インターホン越しに断られ
る場合が大半を占める。俗に言う「インターホン・キック」というやつや。

概ね9割程度は相手にされなくて普通だと考えておく必要がある。「インター
ホン・キック」が多くて当たり前だと。

そのことを認識していないと、訪問する毎に、ことごとく断られることにより
意気消沈してやる気が失せてしまいやすいが、知っていれば「この仕事は、こ
んなものだ」と割り切り、続けていくことができる。

また、それぞれの新聞社や販売店、新聞拡張団の事情を知ることも重要やし、
勧誘する地域や客層の違いを把握もしておいた方がええ。

勧誘する時間帯、および季節、天候などの諸条件などの諸条件によっても違い
があるということを知っておくべきや。

そういった情報はワシらのもとに数多く届けられているので、それに関しても
伝えていきたいと思う。


3.基本を知れ

これも今更な話やが、営業をするには基本的なことを知っておく必要があると
言うとく。

営業テクニックの習熟は無論のこと、心構え、忍耐力、意欲などの精神面を鍛
え強くすることも重要やし、創造力、創意工夫のできる柔軟な思考力の向上も
大切な要素になる。

営業の第一義は物を売ること、契約をして貰うことや。

そのための方法は無数にある。一つの方法がダメでも別の方法が必ずある。

このシリーズが進めば、そういったことも分かって貰えるとは思うが、多くの
人は基本的なことを学ぶのは嫌がる傾向にあるようや。

「そんなことは常識やないか」、「今更な話は必要ない」と、つい考えてしま
うんやな。

しかし、何事においても基本ほど大切なものはない。基本を知らん者は絶対に
大成しない。そして、基本は繰り返し根気よく続けな意味がない。

ただ、基本だけでは、それ以上にはなれないのも、また事実や。基本を熟知し
た上で、その基本から離れた発想をすることも必要や。

もっとも、基本ができてないのに高度な技術を欲しても身につかんがな。これ
はすべてに共通する真理やと思う。


4.己を知れ

自分を知ることほど大切なものはない。しかし、それが実は一番難しい。

誰でも自分を知ったつもりになっているが、意外に気がつかないことも多いか
らや。

人には実際より高く自分を評価するナルシスト・タイプと自分の評価を低く見
積もる自虐タイプがいるが、いずれも誤った自己評価にしかならない。

誤った自己評価では、当然やが正しい自分を知ることなどできない。

自分を正しく認識することで客観性が生まれる。客観的に自分の評価ができれ
ば、様々な場面で、どう行動することがベストなのかということが自ずと分か
ってくる。

「彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず」という有名な孫子の教えがあ
るが、まさにその通りやと思う。

敵を知って自分を知っていれば必ず勝てるというのは営業の世界でも言えるこ
とや。

新聞勧誘営業の場合、『敵』とは『客』になる契約対象者のことを指すが、自
分がどんなタイプの人間かということを客観的に知っていれば、その『敵』を
どう攻めれば良いのかが分かるはずや。

また、そうなるように解説していきたいと考えている。


5.タブーを知れ

ここで言うタブーとは新聞勧誘員としてしたらあかんことや。

さすがに現在では、その昔主流やった「喝勧」のような人を脅して契約を取る
といった者は激減しているが、それでも皆無になったわけやない。

一部に残っているという話も未だに届けられるさかいな。

加えて「引っかけ」や「騙し」、「てんぷら(架空契約行為)」といった業界
での禁止行為も同じように、なくなったわけやない。

むしろ今は、そういった行為が表に出せん分、巧妙化する傾向にある。そうい
ったことも暴いていきたいと考えている。

人間は良い意味でも悪い意味でも、その方法を進化させる生き物や。

当たり前やが、やったらあかんことは、やったらあかん。

現在は、そのための法律が11年前とは格段に整備されとるから、そういった
事を中心に話していきたいと考えている。


6.勧誘営業を知れ

『続ゲンさんのゲンさんの勧誘・拡張営業講座』と銘打っておきながら、この
項目を最後に持ってきたのには、それなりの理由がある。

ワシらのもとには「勧誘営業について教えて欲しい」というメールが数多く届
けられてくる。

同然のように、「手っ取り早く勧誘のテクニックが知りたい」、「どうすれば
契約が取れるのか、その方法を教えて欲しい」といった類のものばかりや。

それは仕方ない。それを望んでいるのもよく分かるし、そういった質問、相談
をされる方が現在、契約が取れなくて切羽詰まった状況に置かれているという
のが分かるさかいな。

ただ、勧誘営業についての心構えができていないうちに、一足飛びにテクニッ
クだけを知っても上手くはいかない。

物事には、それなりに段階というものがあるからや。それを知って頂く意味で、
この項目を後回しにしたわけや。

けっして疎かに考えとるわけやない。ワシは、その方法を20年以上も日々考
え続け実践してきたから、それに対する思い入れも強い。

事に当たるには心構えが重要で、それなくして、どんな営業テクニックも身に
付くことはないと言うとく。

……………………………………………………………………………………………

以上が、このシリーズを始める前に言いたかったことや。

次回からは、より実践的な項目に移っていきたいと考えているので期待して頂
きたいと思う。



参考ページ

注1.ゲンさんの勧誘・拡張営業講座
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage9.html



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の8月7日から本日8月14日までに追加更新したものはありません。


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』配信中
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage14.html  

月額 210円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』掲載中。
第1回配信 2014. 7.26

作品紹介

 これは、ある新聞社と新聞販売店、新聞販売店と新聞拡張団、隣合わせ同士
の新聞販売店の争いを描いたものです。

 逆転につぐ逆転で、最後の勝者が誰になるのか。どういった結末を迎えるの
か。笑いと涙とサスペンスを交え毎回のように見せ場を作っていますので、ご
期待ください。

著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)……宅急便代金引換、コンビニ払い、ATM、ネット
バイキング、Edy払い可。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。