ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第367回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■拡張の群像 その16 セールス(拡張員)登録が抹消されない人たち

2015/06/19

■拡張の群像 その16 セールス(拡張員)登録が抹消されない人たち


以前から、セールス(拡張員)登録が抹消されないため他の新聞拡張団に勤め
ることができないという相談が、数多く寄せられていた。

『新聞インフォメーションセンター』(注1.巻末参考ページ参照)にセール
ス(拡張員)登録をすると、拡張員には、『新聞セールス証』、新聞販売店従
業員には、『従業 員(新聞スタッフ)証』がそれぞれ発行され、勧誘時には
常に携帯することが義務づけられている。

それらの証明証は、それぞれの新聞拡張団(新聞セールス会社)、新聞販売店
に雇用されて初めて登録され発行される。

当然のことながら、それぞれの新聞拡張団(新聞セールス会社)や新聞販売店
で従事している期間だけ有効ものとされ、その職場を辞めれば登録証を返納し
て資格を失うはずなのやが、なぜかそうならんケースがあるという。

セールス(拡張員)の二重登録は禁じられている。

そのため、その登録が解除されていないと、他の新聞拡張団(新聞セールス会
社)や新聞販売店でセールス(拡張員)として仕事できない、つまり雇って貰
えないということが起きてくる。

その解除をいくら頼んでも新聞拡張団(新聞セールス会社)の中には、それに
応じてくれず困っていると、ワシらに相談されて来られるわけや。

しかし、その特殊性のため本人が特定されると困るという思いが強いようで、
非公開を希望される相談が多い。

実際には、ご本人が思っておられるほど、そういったケースは特別でも何でも
なく、ワシらから言わせると「よくある話の一つ」にしか過ぎず、例えその話
の内容を公開したところで本人が特定されることなど、まずないと断言しても
ええのやが、それがなかなか分かって貰えない。

ワシらとしても慎重を期すために投稿者が特定される情報はすべて省いた内容
の回答を事前に相談者に送付して確認して貰ってから、メルマガやサイトのQ
&Aに掲載するようにしているのやが、それでも安心できない方が結構おられ
る。

そういった方から非公開を希望されると、ワシらとしては、それに応じるしか
ない。

そんなワシらの姿勢に対して、たまに読者の方から、「ゲンさんやハカセさん
は非公開の相談が多いと嘆かれていますが、そんな相談は断ったら良いのでは
ないでしょうか」とメールされて来られるケースがある。

そういったメールについては、その都度、

……………………………………………………………………………………………

ハカセです。

いつも励ましのお言葉とご意見、まことにありがとうございます。

>ゲンさんやハカセさんは非公開の相談が多いと嘆かれていますが、
>そんな相談は断ったら良いのではないでしょうか。

ということですが、基本的に私どもは、たった一人の方だけのためであっても、
できる限りその人の役に立ちたいと考えていますので、私たちが答えられない
ような筋違いの相談でもなければ断るようなことはなるべくしたくありません。

もともと、サイトのQ&Aとは、そうしたもので相談者の方に納得して頂くた
めに回答しているものですし、メルマガにしても一人の読者の希望で話すこと
も多いので、そのご意見を最大限尊重するようにしています。

その結果が、「非公開を希望する」のであれば致し方ないと考えているという
ことです。

ただ、そういったケースでは、ゲンさんの手を患わせるまでもないと私が判断
した場合、個人的な回答、アドバイスをすることはありますが。

私どもへのご心配からのご意見だとは重々承知していますが、そんなわけです
のでご理解頂けたらと思います。

……………………………………………………………………………………………

と返信しているという。

それなら、「非公開が多いと嘆くな」とのご意見も聞こえてきそうやが、非公
開にするのは勿体ないという思いから、ついそう口走ってしまっているようや。

今回の『セールス(拡張員)登録が抹消されないため他の新聞拡張団に勤める
ことができないという相談』もその一つや。

それもここのところ複数立て続けに同じような相談が寄せられてくるさかい、
このまますべてを非公開にするのは、まずいと勝手に判断して、このメルマガ
誌上で話すことにしたわけや。

こんな話ができるのは、ここくらいしかないさかい、ここで話していないと、
そういった事実すらなかったことになってしまうな。

もちろん、そんな事情やから、最近のそれに関した相談メールの内容は一切公
開はできんし、するつもりもないがな。

ここでは、同類の相談で過去に公開しているものを例に挙げて話すことにする。

最初に、この問題について相談があったのは、5年前の2010年3月26日
掲載のQ&A『NO.870 この体制についてどう思われますか?』(注2.巻末
参考ページ参照)やった。

その相談の中に、

……………………………………………………………………………………………

自分は拡張の仕事が好きですし、実績もそれなりにあります。が、北海道では
団から団へは移ることは出来ません。

うちの団長がなんとしてもセールス登録を外せないように手を回しているから
です。

それって許されることなのですか?

……………………………………………………………………………………………

という部分があった。

それに対して、

……………………………………………………………………………………………

『うちの団長がなんとしてもセールス登録を外せないように手を回しているか
らです』というのは、どういうことなんやろうか。

他では働かせんという意味でそうしとるというのは、『それって許されること
なのですか?』と確認するまでもなく許されることやないわな。

まあ、あんたの団は業界でも有名な会社で力も相当あるようやから、それがで
きるのかも知れんがな。

また、そうできると自惚れて言うとるとも考えられる。実際にそうしとるかど
うかは別にして。

『許されない』というのは、確かにそのとおりやが、残念ながらこの業界は力
関係が大きくものを言うから、そういうケースもあるかも知れんというのは分
かる。

もっとも、ワシ自身、そういう話は初めて聞くがな。

同一系列の新聞拡張団に手を回すというのはあり得るが、その団がいくら大き
くても他紙の拡張団までには、その力はおよばんと思うのやけどな。

ただ、『なんとしてもセールス登録を外せないように手を回している』という
のが、具体的にどんな方法かにもよるが、そいうものにはいくらでも対処のし
ようがあると思う。

例えば、あんたが、その団を辞めたいということで他団に移籍したいと考えた
とする。

その場合、あんたところの団長には、それを伝えず、「もうこの仕事は辞めた
い」とだけ言うて実際にその団を辞める。

ここでポイントなのは、その団との揉め事などの問題は一切起こさずに円満に
退社するということや。

そうしとけば、不法拡張員、要注意人物としての登録はされずに済む可能性が
高い。

また、業界情報誌などで、あんたにとっての不利な手配情報が掲載されること
もないはずや。

そして、例え短期間にせよ、次の拡張団に移るまでの空白期間を作る。その間
に、拡張員の登録先である「新聞インフォメーション・センター」に連絡して
「私は○○団を辞めてますので、その登録がされたままなら外してほしい」と、
その辞めたという証拠と一緒にそう申し出る。

その登録元である「新聞インフォメーション・センター」では、その在籍確認
ができない人間の登録は外さなあかん決まりになっとるから、団を介さずそう
申し出れば即座に登録を抹消するはずや。あるいは、その団にそうするように
連絡を入れる。

いずれにしても、そうしておけばその登録が外されるのは、ほぼ間違いない。
当たり前やけど、そこで仕事してないわけやから、仕事をしてない者をそのま
ま登録するというのは登録違反ということになるさかいな。

それを確認した後で、希望の団に就職すればええ。

……………………………………………………………………………………………

と回答した。

『他では働かせんという意味でそうしとるというのは……確認するまでもなく
許されることやないわな』と言うたのは、労働基準法第22条3項の(就業妨
害通信等の禁止)に抵触する立派な違法行為に該当するからや。

それについては、3年前の2012年5月26日の『NO.1131 セールスの登
録解除をしてもらえない時は、どうすればいいんでしょうか?』(注3.巻末
参考ページ参照)の中で指摘した。

その際、

……………………………………………………………………………………………

そのことは労働基準法第22条3項の(就業妨害通信等の禁止)に抵触する立
派な違法行為やから、そう言うて労働基準局に訴えればええ。

そうすれば、ほぼ間違いなく、労働基準局は「新聞インフォメーション・セン
ター(旧、新聞近代化センター)」やその拡張団に連絡して改善するよう指導
するはずやと思う。

さすがに、労働基準局から連絡が入れば、新聞インフォメーション・センター
の担当者も『それ以上は強く言えない』などというアホな対応はできんはずや。

拡張団も労働基準局から退職手続きを速やかにするようにと言われれば逆らう
ことはできんやろうと思う。

その拡張団の団長がどんな人間かは分からんが、それを無視して問題を拗(こ
じ)らせるほどバカやないやろうしな。

それでもラチがあかんかったら、今度は、その拡張団の所属する新聞社の販売
部に、労働基準局へそう通告したにも関わらず「拡張員登録を外して貰えなく
て困っています」と言うても効果があるのやないかと思う。

過去の相談でも、そこまですればたいていは拡張団の方で面倒になってセール
ス(拡張員) 登録の解除に応じとる。

……………………………………………………………………………………………

とアドバイスした。

ワシの言うとおりにしたという相談者の方が、そのすぐ後『NO.1133 セールス
(拡張員)登録が末梢されるまで動かない方がいいもんですか?』(注4.巻
末参考ページ参照)での質問では、

……………………………………………………………………………………………

ゲンさんの言われたようにセールス・インフォメーションセンターにまず連絡
したら、本社にしてくれと言われ、本社に電話すれば団長と直接話してくれと
言われました。

……………………………………………………………………………………………

ということで、たらい回しにされ、結局ラチがあかんかったと嘆いておられた。

最近の相談でも新聞インフォメーションセンターの担当者とやらが、「こちら
からは何とも言えないので、そちらから所属していたセールス会社に登録を外
して貰うよう交渉して欲しい」といったバカげた対応に終始して困っていると
いうのが多い。

それでは何のために新聞インフォメーションセンターの名前で『新聞セールス
証』を発行しとるのか分からんわな。

本来なら、僅かな疑いが生じた場合でも、その新聞インフォメーションセンタ
ーの担当者は率先して、その真偽を糺すよう対処せなあかんはずや。

せめて、登録員本人からのそういった真偽に関わる通報に対しては、「おたく
の所属セールスの○○さんが退社されて、セールス(拡張員)登録解除を希望
されていいますが、事実ですか」というくらいの確認は、その新聞拡張団に入
れてしかるべきや。

それでないとセールス(拡張員)を登録制にしてまで『新聞セールス証』を発
行して管理している意味がなくなるさかいな。

実際、嫌がらせのようにセールス(拡張員)登録を解除しない団長がいて困る
という話が数多く寄せられているが、そういうことになる原因の大半は新聞イ
ンフォメーションセンターの担当者の対応に問題があるからやということが分
かってきた。

すべてを承知で「見て見ぬ振りをしている」のやろうと。結局は何もできない
組織やと。

そう思われても仕方ないのと違うやろうか。

拡張団の団長がそうするには、それなりのメリットがあると聞く。

それは、登録しているセールス(拡張員)の数により、新聞本社から拡張奨励
金や補助金の類が貰えるからやと。

そのため実際に存在しなくてもセールス(拡張員)を登録しているだけで、新
聞本社から拡張奨励金や補助金の類が貰えるわけやから、新聞拡張団としても、
その登録を外したくないと考えても不思議やない。

それが辞めた後もセールス(拡張員)の登録が外されない最大の理由やと思う。

本来なら、それは不正行為になる。歴然とした背任行為や。

新聞社は当然として、管理する立場の新聞インフォメーションセンターも、そ
んな不正を見逃すことなどないはずや。

少なくとも、ワシはその実態を知るまでは、そう思うていた。新聞インフォメ
ーションセンターはセールス(拡張員)をしっかり管理している組織やと。

しかし、実際は責任逃れの物言いに終始して、分かり切った不正を見逃してい
るのが実情やというのが良う分かった。

はっきり言うが、こんな最低な組織は滅多にないで。飾りの組織にしてもお粗
末すぎる。

「新聞社に言うてくれ」、あるいは「当該の新聞拡張団と交渉してくれ」と言
うてるようでは、「私ら(新聞インフォメーションセンター)には何の力もな
い」、「組織として何のプライドもない」と言うてるに等しいことやさかいな。

在籍していないと本人が言うているにもかかわらず、その登録を抹消するには
当該の新聞拡張団と交渉してくれと言える神経を疑う。

あきれて物も言えん。世の中広しといえども、そんな組織はどこにも存在せん
やろうと思う。

しかし、そのあり得ん対応があまりにも多いさかい、ワシらとしても看過でき
んと考え、こうして話しとるわけやけどな。

いずれにしても、「当方では、そういう手続きをしません。できません」と言
うに等しい対応に終始する新聞インフォメーションセンターの担当者がいる限
り、いつまで経っても登録抹消にはならんわな。

当たり前のことを当たり前にできん組織を相手にしても無駄や。

退社によるセールス(拡張員)登録を解除しない拡張団が存在すること自体、
新聞インフォメーションセンターや新聞社の管理不足、ひいては新聞業界全体
の信用問題にも関わってくることやと思うのやが、そういう認識は彼らにはな
いのやろうな。

まあ、今ここでその新聞インフォメーションセンターや新聞社の担当者を責め
ても仕方ないから、次の段階に進むしかない。

この件は、先にも言うたように労働基準法第22条3項の(就業妨害通信等の
禁止)に抵触する就業妨害行為に該当する立派な犯罪やさかい労働基準局に訴
えることができる。

そうすれば、労働基準局はその訴えの真偽を確かめるためにも、新聞インフォ
メーションセンターや新聞社、及びその新聞拡張団に問い合わせる可能性が高
い。

そうなれば、いくら何でも、ええ加減な対応はできんやろうと思う。

事は就業妨害で犯罪行為に当たることやさかいな。労働基準局は、当たり前や
が労働法違反にはうるさいから、その事実さえ突きつければ、かなり効果があ
るはずや。

当然やが、労働基準局相手に「それは、そのセールス(拡張員)が所属してい
たセールス会社に言ってください」てなアホなことはさすがに言えんさかいな。

それで、「セールス(拡張員)登録が解除されていないから雇えない」という
事実が本当だと実証されれば、立派に就業妨害が成立する。

その実証といってもそれほど難しいことやない。離職している証拠を示し、実
際に経験した事実を伝えるだけでええ。その折り、それらの会話を録音してい
るデータがあれば尚ええ。

その後、どうなるかは、その労働基準局次第という側面はあるが、違法行為と
知って放置することはできんはずやから、その新聞拡張団には何らかの注意、
もしくはお咎めを受けることになるやろうと思う。

そうなれば、その新聞拡張団でも事が大きくなっては困るやろうから、申告者
のセールス(拡張員)登録の解除に応じる可能性が高い。

そこまで徹底する意思があれば、かなりの確率で希望が叶うとは思うが、残念
ながら実際にそうしたという方は、あまりおられない。

仕方ないとあきらめておられるケースが大半を占める。

ただ、あきらめた方たちでも他に手はある。

新聞インフォメーションセンターには、すべての新聞社が参加しとるわけやな
い。加盟しているのは全国紙5社と地方紙4社の計9社のみや。

それについては新聞セールス インフォメーションセンター(注1.巻末参考
ページ参照)のページで確認して貰えれば分かる。

その他のブロック紙や地方紙には、そもそも新聞インフォメーションセンター
もなければ、『新聞セールス証』や『従業 員(新聞スタッフ)証』といったも
のもない。

たいていの場合、その両者に協力関係などないのが普通やから、新聞インフォ
メーションセンターへの加盟新聞社と関係のない新聞拡張団であれば、そんな
登録など調べられることもないさかい自由に勤めることができる。

数は少ないが、実際そうしておられる人もいると聞く。

また、地域や新聞社を変え、また住所を変更し、名前の読み方を一部変えるだ
けで別人として登録できたというケースもあるという。

登録に関しては基本的に新聞拡張団からの申告によるもので、本人確認という
ても、せいぜい住民票と見比べる程度までのようや。

消費者金融で金を借りるとか、クレジット会社に加入するとなると、そんな姑
息なテクニックなんかは使えんやろうが、ええ加減な組織は、それだけ甘いと
いうことなんやろうと思う。

まあ、そういうことをしろと勧めるつもりはないが、さりとて止めろと言うつ
もりもない。

何をするにしても最終的には、その人自身の責任で決めたらええというのがワ
シらの考えやさかいな。



参考ページ

注1.新聞セールス インフォメーションセンター
http://w1.alpha-web.ne.jp/~kin-kyo/
 
注2.NO.870 この体制についてどう思われますか?
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage10-870.html

注3.NO.1131 セールスの登録解除をしてもらえない時は、どうすればいい
んでしょうか?
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage10-1131.html

注4.NO.1133 セールス(拡張員)登録が末梢されるまで動かない方がいい
もんですか?
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage10-1133.html



■HPのURLが3月1日より変更になりました


新HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』URL

http://siratuka.sakura.ne.jp/

これは昨年、当サイトが加入しているブロバイダーOCNより、

……………………………………………………………………………………………

いつもOCNをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
 
このたび、誠に勝手ながら、「Page ON」のサービスを、2015年2月28
日をもちまして終了いたします。ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけし、申
し訳ございません。

ホームページを引き続きご利用になるお客さまは、大変お手数ですが他のホー
ムページサービスへの契約移行、コンテンツのお引越しをお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………

という通知が来たことによる変更です。

尚現在、旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/

での閲覧も可能です。但し、2015年2月5日以前のものになりますが。

今後、いつまで旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』がネット上に残るのかは
分かりませんが、消滅するまでは当面の間、併用ということになります。



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の6月12日から本日6月19日までに追加更新したものはありません。


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』が35字×30行で225ページ。容量は
1.48MBです。

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』
初回発行日 2015. 2.14  現在配信中
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14-6.html


作品紹介

 これは大正、昭和、平成と壮絶な人生を生き抜いた、ある女性の物語です。
この物語の主人公の女性には実在のモデルが存在します。

 新聞の拡張が始まって間もない黎明期の頃に活躍されていた方で、新聞拡張
団がどのような経緯で組織されたのかを知る上でも歴史的価値の高い情報をお
伝えできるものと思います。 

 愛とは何か、正義とは何か、仕事とは何かについて考えさせられる作品では
ないかと思います。また大正、昭和といった時代背景にも注目してください。
歴史書には記されていない真実を描くつもりですので。 

 私自身、彼女の生き様には深い感動を覚えました。私が、どこまで、それを
お伝えすることができるかは、わかりませんが、精一杯頑張りますので、ご購
読のほど、よろしくお願い致します。

                                                著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。