ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第357回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんとハカセの時事放談……その2 圧力についての話

2015/04/10

■ゲンさんとハカセの時事放談……その2 圧力についての話


ある読者から、

……………………………………………………………………………………………

ゲンさん、ハカセさん、いつもお二人のメルマガを楽しく拝見しています。と
てもおもしろく、勉強になります。

ところで、もうすでにご存知のこととは思いますがネットで、

▼<テレ朝>古賀氏降板問題 「圧力」か「暴走」か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150406-00000005-mai-soci  

というのを見つけたのですが、このことについてお二人の見解をお聞かせ願え
ませんか。

宜しくお願いします。

……………………………………………………………………………………………

というメールが寄せられた。

以前から、その時々で世間を賑わせている話題について意見や感想を求められ
るケースが多かった。

中には新聞業界とはあまり関係のない話題もあるが、読者からの要望であれば
断るわけにもいかん。

メルマガやサイトでは読者の要望や質問を重視しとるさかいな。

それに、新聞記事になったものは広義の意味での新聞の業界話になるという考
え方も成立するしな。

それもあり、1年前の2014年2月21日、『ゲンさんとハカセの時事放談』
(注1.巻末参考ページ参照)と銘打って話すことにしたわけや。

今回が、その第二弾ということになる。

『<テレ朝>古賀氏降板問題 「圧力」か「暴走」か』というのは、

……………………………………………………………………………………………

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150406-00000005-mai-soci  より引用


<テレ朝>古賀氏降板問題 「圧力」か「暴走」か 


 放送現場で報道の自由は守られていたのか。コメンテーターの暴走だったの
か−−。テレビ朝日の「報道ステーション」で、元経済産業官僚の古賀茂明氏
が生放送中に突然、自身の降板をめぐる政権からの圧力を訴え、物議をかもし
ている。

 古賀氏、テレビ朝日、首相官邸それぞれの言い分は真っ向から対立している。

 ◇古賀氏「官邸から批判」

 3月27日の番組に出演した古賀氏は、古舘伊知郎キャスターから中東情勢
へのコメントを求められた際に、テレビ朝日の早河洋会長らの意向で降板に至
ったと発言し、「菅(義偉)官房長官をはじめ官邸のみなさんにはものすごい
バッシングを受けてきた」と語った。

 古賀氏は1月23日の番組では、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)
の日本人人質事件の政権の対応を批判し、「I am not ABE」と述
べていた。

 古賀氏は4月1日、毎日新聞の取材に約10分間応じた。「圧力」の内容に
ついて、菅官房長官が報道機関の記者らを相手に古賀氏らの番組での言動を批
判していた、と主張したうえで「官邸の秘書官からテレビ朝日の幹部にメール
が来たことがある」と語った。

 また、昨年末の衆院選前、自民党が在京テレビ局各社に「公平中立」を求め
た文書を配布したことについて「(テレビ朝日は)『圧力を受けていない』と
言うけれど、局内にメールで回し周知徹底させていた」と批判した。

 古賀氏はテレビ朝日が3月末に番組担当のチーフプロデューサーとコメンテ
ーターの恵村(えむら)順一郎・朝日新聞論説委員を交代させたことにも言及
した。

「月に1度の(ペースで出演していた)ぼくの降板はたいしたことがないが、
屋台骨を替えた。プロデューサーを狙い撃ちにし、恵村さんを更迭した」と語
った。

 一連の人事をめぐる古舘キャスターの対応については「前の回(3月6日)
の出演前に、菓子折りを持ってきて平謝りだった」と述べた。

 生放送中に、持論を展開した行動に批判が出ていることについては「ニュー
ス番組でコメンテーターが何を言うかはある意味、自由だ。

 テレビ朝日の立場では『降板』ではないので、あいさつの時間も与えられな
かった。だからどこかで言わなければならなかった。

 権力の圧力と懐柔が続き、報道各社のトップが政権にすり寄ると、現場は自
粛せざるを得なくなる。それが続くと、重大な問題があるのにそれを認識する
能力すら失ってしまう。

『あなたたち変わっちゃったじゃないですか』というのが一番言いたかった」
と語った。

 古賀氏は1日、市民団体のインターネット配信番組に出演し、「安倍政権の
やり方は上からマスコミを押さえ込むこと。情報公開を徹底的に進め、報道の
自由を回復することが必要だ」と述べた。

 報道ステーションでの発言に対する反応についても触れ「多くの方から大丈
夫かと聞かれるが、批判は予想より少ない」と語った。

 ◇テレ朝と政権「事実無根」

 テレビ朝日広報部は、古賀氏の言う「圧力」について「ご指摘のような事実
はない」と否定した。同社の早河会長も3月31日の記者会見で「圧力めいた
ものは一切なかった」と話した。

 広報部は毎日新聞の取材に対し、恵村氏の交代については「春の編成期に伴
う定期的なものだ」と説明した。さらに、プロデューサーを「狙い撃ち」にし
たとの主張についても「ご指摘は当たらないと考える」とした。

 その一方で、衆院選前の自民党の文書については「報道局の関係者に周知し
た」と認め、「日ごろから公平・公正な報道に努めており、特定の個人や団体
からのご意見に番組内容が左右されることはない」と回答した。

 菅官房長官は3月30日の記者会見で古賀氏の発言について「事実無根。事
実にまったく反するコメントを公共の電波を使った報道をして、極めて不適切
だ。放送法という法律があるので、テレビ局がどのような対応をされるか、し
ばらく見守っていきたい」と全面的に否定した。

放送法4条は「報道は事実をまげないですること」と規定している。
.
……………………………………………………………………………………………

のことで、古賀氏と古舘キャスターとの詳細なやり取りもネット上にあったの
で、それも一緒に知らせておく。

……………………………………………………………………………………………

http://mainichi.jp/select/news/20150328k0000e040223000c.html  より引用

報道ステーション:古舘キャスターと古賀氏のやりとりは…


 テレビ朝日の27日夜のニュース番組「報道ステーション」で、古舘伊知郎
キャスターと、コメンテーターを務めた元経済産業省官僚の古賀茂明氏とが激
しく応酬するハプニングがあった。古舘キャスターとコメンテーターの古賀氏
とのやりとりは次の通り。

(22時16分ごろ)

古賀氏 ……今日が最後ということで、テレビ朝日の早河会長とか古舘プロダ
クションの佐藤会長のご意向ということで私は今日が最後なんですけど、これ
まで非常に多くの方から激励を受けまして、

一方で菅官房長官はじめ官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてき
ましたけれども、それを上回るみなさんの応援のおかげで非常に楽しくやらせ
ていただいたということで、お礼を申し上げたいと思います。本当にありがと
うございました。

古舘氏 古賀さんちょっと待ってください。今のお話は私としては承服できま
せん。古賀さんが金曜日に時折出てくださって、大変私も勉強させていただい
ている流れの中で、番組が4月から様相が変わっていく中でも、古賀さんに機
会があれば、企画が合うなら出ていただきたいと、相変わらず思っていますし。

古賀氏 それは本当にありがたいことです。もし本当であれば、本当にありが
たいこと。

古舘氏 古賀さんがこれで、すべて、なにかテレビ側から降ろされるというこ
とは、ちょっと古賀さん、それは違うと思うんですよ。

古賀氏 いや、でも古舘さん言われましたよね。私がこういうふうになること
について「自分はなにもできなかった、本当に申し訳ない」と。

古舘氏 はい、もちろん、それは。この前お話ししたのは、楽屋で。古賀さん
にいろいろ教えていただいている中で、古賀さんの思うような意向に沿って流
れができてないのであるとしたら大変申し訳ないと、思ってる今でも。それは
極端過ぎる。

古賀氏 (さえぎって)いや私全部録音させていただきましたので、もしそう
いうふうにいわれるんだったら全部出させていただきますけれども。

古舘氏 いやこちらもそりゃ出させていただくことになっちゃいます古賀さん。

古賀氏 いやいいですよ。

古舘氏 だから、それはおいて、私は違うと思ってますが、ではイエメンのお
話に戻っていただけますか。

(22時32分ごろ)

.古賀氏 ……今日もですね、さっきああいうやりとりがありましたけれども、
やっぱり、我々は批判されたから言っちゃいけないというふうになっちゃいけ
ないので、そういう意味ではですね、テレビ朝日では作っていただくのは非常
に申し訳ないと思ったから自分で作ってきました。

(フリップを示す)「アイ アム ノット アベ(I am not ABE)」というの
をですね。でこれは、単なる安倍批判じゃないです。日本人がどういう生き方
をしようかということを、考えるうえでの一つの材料にしていただきたい、一
つの考え方を申し上げたと。

それはもちろん批判していただいてもいいですし、そういうことをみんなで議
論していただきたいなと思ってましたんで、まあこれはもちろん、官邸の方か
らまたいろんな批判が来るかもしれませんけれども、

あんまり陰で言わないでほしいなと思っているので、ぜひ直接ですね、菅官房
長官でも、ごらんになっていると思いますから、私のところにどんどん文句言
ってきていただきたいと思います。

古舘氏 あの、古賀さんのいろんなお考えは共鳴する部分も多々あるんですが、
一方で、はっきり申し上げておきたいなという一点はですね、マスコミの至ら
なさ、ふがいなさももちろん認めるところはありますが、

例えば私が担当させていただいているこの番組でいえば、数日前に川内原発に
関する地震動に対する不安の指摘、あるいは、3.11には核のゴミがまった
く行き場がない問題、

あと沖縄の辺野古の問題ですね、こういうところも、北部でのアメリカの海兵
隊の思惑があると、批判すべきところはやらせていただいているんです。

古賀氏 すばらしいですね。それ私も昨日ツイートしたんですよ。こんな立派
なビデオを作ってますよと。(テレビ朝日の)サイトに行って特集のところを
クリックしてくださいと。

並んでますよ、ぜひ見てくださいとツイートしたんです。すごく反響もありま
した。で、あれを作っていたプロデューサーが今度更迭されるというのも事実
です。

古舘氏 更迭ではないと思いますよ。私は人事のことは分かりませんが。

古賀氏 (さえぎる)いや人事のことを……

古舘氏 (さえぎる)人事異動、更迭、やめましょう古賀さん。これ、見てる
方よく分からなくなってくるんで。

古賀氏 やめましょう。僕はそんなこと言いたくないので。(用意されたフリ
ップを示して)いま安倍政権の中でどんな動きが進んでいるのかなと……。

古舘氏 ちょっと、ごめんなさい、時間が……

古賀氏 だからそういうこと言わないでほしかったんですよ。では最後にぜひ
これを古舘さんにお贈りしたいんですけど(ガンジーの言葉を引用したフリッ
プを示して読み上げ)

つまり、圧力とか自粛に慣れていって、何もしない、独りでやったってしょう
がない、たたかれるだけだ、ということでやっていないと、知らないうちに自
分が変わってしまって、本当に大きな問題が起きているのに気がつかないって
ことがあるんですよと。

私も今すごく自分に言い聞かせて生きているんですけど、ぜひこれはみんなが
考えていただきたいと思っています。

いろいろね、申し訳ない、口論みたいになっちゃって申し訳ないけれども、私
が言いたかったのは、言いたいことはそのまま言おうと。

自然に言って、もちろん違う意見の方は違う意見を言っていただいていいし、古
舘さんだって私の考えがおかしいと思えばどんどんおかしいと言っていただいて、
まったく何の問題もないんですけれども、

なにか言ったことについて裏でいろいろ圧力をかけたり、官邸から電話をかけて
なんだかんだと言ったりとか、そういうことはやめていただきたいと、そういう
ふうに思っただけです。

古舘氏 ……はい。それではいったんコマーシャルを挟みます。

……………………………………………………………………………………………

これが、そのやり取りのすべてや。

これについてのワシらの印象は、古賀氏が捨て身でテレビ局内の内輪話を視聴
者に曝露したんやなということや。

その事の是非について言及する前に、このやり取りから見えてくる事実関係に
迫ってみようと思う。

まず、『自身の降板をめぐり政権からの圧力』があったとする古賀氏の主張と
『そんなことはない。事実無根』とするテレビ局、および政府の言い分につい
てからや。

古賀氏が、『菅官房長官が報道機関の記者らを相手に古賀氏らの番組での言動
を批判していた』と言っているのは、間違いなさそうや。

この記事を書いたのは新聞記者やさかい、その古賀氏の主張が間違っていれば、
そもそもこの記事自体が存在しない。事実かどうかは仲間の記者に聞けばすぐ
分かることやさかいな。

事実だからこそ記事にしたと考えた方が自然やろうと思う。

古賀氏は政府からの圧力の証拠として『官邸の秘書官からテレビ朝日の幹部に
メールが来たことがある』と語っている。

それについては『昨年末の衆院選前、自民党が在京テレビ局各社に「公平中立」
を求めた文書を配布した』というのは公言しとるさかい、これも事実や。

それらの事実から導き出される答は、その事自体が政府から『圧力があった』
何よりの証拠と言えるということや。

これは、当時、原発の再稼働問題や沖縄基地移設問題など政府に対して批判的
な論調の放送が多かったため、それを選挙の争点にされては困る政府が、そう
求めたもので圧力以外の何ものでもないと考える。

暗に、「そんな論調は控えろ」と言うてるに等しいさかいな。

ただ、それを圧力と感じるか、どうかは受け手の問題ということもあり、テレ
ビ局が、『圧力とは思っていなかった』と言えば、圧力ではなかったというこ
とになるのかも知れん。

しかし、そうコメントしながら、『衆院選前の自民党の文書については「報道
局の関係者に周知した」と認め、「日ごろから公平・公正な報道に努めており、
特定の個人や団体からのご意見に番組内容が左右されることはない」と回答し
た』にもかかわらず、

『局内にメールで回し周知徹底させていた』というのは、報道機関としては大
いに問題があると言わざるを得ない。

そもそも報道機関というのは時の政府の監視役を自負していたはずや。本来な
ら、政府のそうした申し入れに対しては反発せなあかん立場やないかと考える。

少なくとも報道を自重しろと言うに等しい申し入れを、そのまま受け容れるべ
きやなかった。

それからすれば、『局内にメールで回し周知徹底させていた』というのは報道
機関として政府からの圧力に屈した何よりの証拠になるのやないかと考える。

圧力と感じていなければ、そこまでするはずがないさかいな。

また、政府から、その申し入れがあった後に、『3月末に番組担当のチーフプ
ロデューサーとコメンテーターの恵村(えむら)順一郎・朝日新聞論説委員を
交代させた』というのも、その圧力があった故と考えれば納得がいく。

その部分のやりとりについては、古館氏が政府からの圧力がなかった証拠とし
て、

『例えば私が担当させていただいているこの番組でいえば、数日前に川内原発
に関する地震動に対する不安の指摘、あるいは、3.11には核のゴミがまっ
たく行き場がない問題、

あと沖縄の辺野古の問題ですね、こういうところも、北部でのアメリカの海兵
隊の思惑があると、批判すべきところはやらせていただいているんです』と言
うている。

しかし、古賀氏は、『すばらしいですね。それ私も昨日ツイートしたんですよ。
こんな立派なビデオを作ってますよと。(テレビ朝日の)サイトに行って特集
のところをクリックしてくださいと。

並んでますよ、ぜひ見てくださいとツイートしたんです。すごく反響もありま
した。で、あれを作っていたプロデューサーが今度更迭されるというのも事実
です』と曝露している。

つまり、古館氏が自慢げに言った報道の制作者が降板させられた事実があると
言うてるわけや。

それを古館氏やテレビ局は圧力ではないと言う。単なる春の番組編成の一環に
よる交代にすぎないと。

ワシらは、それらの報道の功績が評価されて、そのプロデューサーが昇格でも
しているのなら、なるほどと思わんでもないが、実体は昇格どころか更迭に近
いものやったということが分かっている。

そして、『菅官房長官は3月30日の記者会見で古賀氏の発言について「事実
無根。事実にまったく反するコメントを公共の電波を使った報道をして、極め
て不適切だ。放送法という法律があるので、テレビ局がどのような対応をされ
るか、しばらく見守っていきたい」と全面的に否定した』と発言したこと自体
も、圧力を行ったと自ら認めとるのに等しいことやないかと思う。

特に最後の方に『テレビ局がどのような対応をされるか、しばらく見守ってい
きたい』と発言した意味は誰にでも分かる。歴然としすぎているさかいな。

『テレビ局の対応次第でどういうことになるか、覚悟しておけよ』というのが、
あからさまや。これほど分かりやすい脅しもない。

『放送法という法律がある』と言っている菅官房長官自身、その放送法第3条
に、

『放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉さ
れ、又は規律されることがない』

とあるのを知っているのやろうかと思う。

知らないで言うてるのやとしたら、やったらあかんことをした単なる無知な人
間ということになるが、知って言うてるのやとしたら、圧力をかけていること
が明白になる。

放送法は総務省の管轄ということになっている。

つまり、その法律の管轄者の上位者である菅官房長官が『テレビ局がどのよう
な対応をされるか、しばらく見守っていきたい』と言うてるわけや。

ワシが『これほど分かりやすい脅しもない』と言う所以や。これが圧力でなけ
れば何やと言うのか。議論の余地すらないくらい明白なことやと思う。

そして、政府の圧力に屈し、または政府に協力して古賀氏の排除を決めたとい
うのはテレビ局としては、あってはならん大問題や。

古賀氏が『権力の圧力と懐柔が続き、報道各社のトップが政権にすり寄ると、
現場は自粛せざるを得なくなる。それが続くと、重大な問題があるのにそれを
認識する能力すら失ってしまう』と言われておられるとおりになりかねんと、
ワシも思う。

日本は、かなり危険な方向に進もうとしていると。

今から80年前、太平洋戦争に突き進んだ頃の日本の状況と、現在が非常に酷
似している。

ハカセは現在、ある小説を執筆中で、その資料として昭和初期の文献を調べ、
その当時をよく知る方からの聞き取り調査などをしている最中とのことやが、
その過程で分かったことがあったという。

戦時中、『大本営発表』と題した嘘で固められた大誤報新聞記事が大量に出回
っていた事はつとに有名やが、実はそれは戦時中だけの事やなく、それ以前か
らあった。

その中の一つに、

……………………………………………………………………………………………

大阪朝日新聞 昭和12年12月11日発行夕刊 より引用

上海特電10日発 南京遂に陥落す


 南京城の敵は投降勧告に応ずる色なく十日朝来猛烈な抵抗を続け、午後には
遂に巨砲を打ち出して来たので、我が方遂に武力を行使するに決し、午後一時
一斉に総攻撃の火蓋を切った。

 わが軍の二回に渡る猛爆撃と相呼応し、砲兵隊は全力をあげて城内向けて砲
撃を浴びせ全線一斉に進撃を開始、同夕刻早くも各城内を占領し目下城内を掃
討中である。

……………………………………………………………………………………………

という新聞の報道記事があるのが、それや。

この時点での報道は政府が意図して流した誤報やった。この時には、まだ首都
南京は陥落してなかったのである。

軍部には、遠からず首都南京を陥落させられるという目算があったのやろうが、
まだ不透明な段階で、この記事を流すよう新聞社に指示したという。

その年の7月7日『支那事変(日中戦争)』が勃発した後、日本軍は上海や河
北の戦闘で苦戦を強いられ続けてきた。

それもあり、この『快報』により国内は一気に戦勝気分に包まれたのである。

日本全国各地で提灯行列が起き、「勝った、勝った、万歳、万歳」の叫びと軍
歌がそこら中に響き渡った。

何しろ、日本が単独で敵国の首都を占領したことなど今までなかったからや。

明治の頃、日清戦争と日露戦争に勝ったという名目上の出来事はあるが、それ
は部分的な戦闘に勝利した後、それぞれの相手国の国内事情もあり講和交渉が
有利に運んだ結果にすぎんかった。

そこへ行くと、敵国の首都が陥落させたというニュースは完全勝利を意味する
画期的な出来事やったと言える。

しかし、実際には、この報道が日本で為されていた時、日本軍は依然として激
しい抵抗を続ける中国軍に苦戦していたのである。

結果として、その3日後の昭和12年12月13日に首都南京をほぼ制圧した
ため、この時の報道は、後年になっても、それほど問題視されることはなかっ
た。

ただ、この時、日本政府、および軍部は、この新聞報道で国内の世論を簡単に
操作することができるという確信を持ったのは間違いないものと思われる。

それも予想以上の効果があったと。それが、その後の『大本営発表』の新聞記
事に繋がっていったのは容易に想像できる。

多かれ少なかれ、報道機関を牛耳りたいという思いは日本に限らず、どの国の
政府も持っている。それによって国民世論を操作できるさかいな。

せやから、古賀氏の言われるように『安倍政権のやり方は上からマスコミを押
さえ込むこと』というのは、ある意味、為政者としては当然の考えだとも言え
る。

しかし、今の時代にその考えは頂けない。一国民として絶対させてはいかんこ
とやとワシは思う。

太平洋戦争に突入するまでの当時の危険な日本政府の考えそのものやさかいな。

日本は、太平洋戦争の敗戦で戦争の愚かさを学んだ。

現在の平和憲法のもと、二度と戦争の起きない国に生まれ変わるという世界で
も類を見ない平和国家になった。

今までの自民党政府は、その平和憲法の象徴でもある憲法9条を変えるような
ことに誰も着手しようとすらしなかったが、現安倍政権は、それを執拗にしよ
うとしている。

歴史は繰り返されると言うが、それはいつの時代も過去の歴史を知らない者が
増えた時に、そうなっているという事実がある。

太平洋戦争を経験したことのある自民党政府の歴代の総理大臣すべてが戦争を
絶対に引き起こしてはいけないということを念頭においていたため現日本国憲
法を変えるような愚は考えつきもしなかった。

当然のことながら、自衛隊を「わが軍」と国会答弁で堂々と言い放つ総理大臣
も存在しなかった。

それは戦争を直接体験したことのない安倍総理やからなのかも知れん。

もっとも、ワシらも安倍総理とは、ほぼ同年代やが、その事を憂いている者も
いるさかい、単に戦争経験がないというだけで同列に見られるのも心外ではあ
るがな。

このままの状態が続けば、いずれ国家が、報道機関を掌握するようになる日が
くることも十分考えられる。

この一件を見る限り、すでにそうなりつつあるのやないかという気にさせられ
る。

すべての報道機関が政府の意向に沿うようになったら、日本は戦前の危険な状
況に逆戻りする懸念が大きいとワシらは見ている。

ただ、まだこういった報道をする新聞社が存在しているところに救いはあるが
な。

政府の野望をくい止める希望が残されていると。

今後、この問題がどう動くのかは、ワシらにも分からんさかい、これからも注
目していきたいと思う。



参考ページ

注1.第298回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんとハカセの時事放談
……その1 ゴーストライター問題について
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-298.html



■HPのURLが3月1日より変更になりました


新HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』URL

http://siratuka.sakura.ne.jp/

これは昨年、当サイトが加入しているブロバイダーOCNより、

……………………………………………………………………………………………

いつもOCNをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
 
このたび、誠に勝手ながら、「Page ON」のサービスを、2015年2月28
日をもちまして終了いたします。ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけし、申
し訳ございません。

ホームページを引き続きご利用になるお客さまは、大変お手数ですが他のホー
ムページサービスへの契約移行、コンテンツのお引越しをお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………

という通知が来たことによる変更です。

尚現在、旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/

での閲覧も可能です。但し、2015年2月5日以前のものになりますが。

今後、いつまで旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』がネット上に残るのかは
分かりませんが、消滅するまでは当面の間、併用ということになります。



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の4月3日から本日4月10日までの追加更新はありません。


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』が35字×30行で225ページ。容量は
1.48MBです。

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』
初回発行日 2015. 2.14  現在配信中
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14-6.html


作品紹介

 これは大正、昭和、平成と壮絶な人生を生き抜いた、ある女性の物語です。
この物語の主人公の女性には実在のモデルが存在します。

 新聞の拡張が始まって間もない黎明期の頃に活躍されていた方で、新聞拡張
団がどのような経緯で組織されたのかを知る上でも歴史的価値の高い情報をお
伝えできるものと思います。 

 愛とは何か、正義とは何か、仕事とは何かについて考えさせられる作品では
ないかと思います。また大正、昭和といった時代背景にも注目してください。
歴史書には記されていない真実を描くつもりですので。 

 私自身、彼女の生き様には深い感動を覚えました。私が、どこまで、それを
お伝えすることができるかは、わかりませんが、精一杯頑張りますので、ご購
読のほど、よろしくお願い致します。

                                                著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍紹介コーナー


□書籍タイトル『社長を目指す男への提言』

著者 今村英治 定価1,600円+消費税

出版社 セルバ出版 発売元 創英社、三省堂書店

発売日 2015年2月10日
http://seluba.shop-pro.jp/?pid=86443708


著者の今村英治氏は特定社会労務士、行政書士の資格を有し、平成9年に社会
保険労務士法人AXAIの代表となられ、様々な企業の経営コンサルタントを経験
して活躍されて来られた経験が、すべてこの本に込められています。

現在、また将来に渡って独立を考えておられる方には必見の1冊です。

尚、今村英治氏は当メルマガ、サイトのアドバイザーを好意的にして頂いてい
ます。

そのおかげでサイトのQ&A、このメルマガ誌上が充実したものになったと言
っても過言ではありません。氏の人柄はもちろん、その実力も私が保証します。

尚、この書籍については『第350回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■待望の書
……書籍『社長を目指す男への提言』とは』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-350.html

をご覧頂ければと思います。


□書籍タイトル『韓国呪術と反日』 

著者 但馬オサム   定価1,200円+消費税

出版社 青林堂   発売日 2015年1月23日
http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X


尚、この書籍については当メルマガ誌上でも紹介しましたので、詳しくはこち
らをご覧ください。

▼『第348回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■書籍『韓国呪術と反日』……な
ぜ韓国は、これほどまでに日本を敵視するのか?』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-348.html


□書籍タイトル『反日マスコミの真実2015』

出版社 オークラ出版 定価1,200円+消費税
http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X


ちなみに、この書籍のP.30〜33で、『悲鳴を挙げる販売店 新聞販売員
が語る「朝日問題」』と題した記事を私(白塚博士)が執筆しています。

これは、A新聞の不祥事問題が突発した直後から、当メルマガ、およびサイト
に寄せられた多くの業界関係者を含む読者の皆様方から頂いた情報をもとに書
いたものです。

その内容については著作権の問題があるため、ここではお伝えできませんので
直接、お近くの書店で確認して頂ければと思います。

尚、売り切れていた場合は、

▼『反日マスコミの真実2015』
http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X

にアクセスして頂ければ確認できます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  : hakase@siren.ocn.ne.jp
  
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。