ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第355回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞復活への試み……その2 マラソンドリルは効果がない?

2015/03/27

■新聞復活への試み……その2 マラソンドリルは効果がない?


ある常連の読者から、一通のメールが寄せられた。

……………………………………………………………………………………………

ご無沙汰しております。

以前家庭教育プロデューサーの酒井氏の件でアドバイスをいただいた者です。

そこでその後の様子などをご報告させていただきます。

ハッキリ言って、新聞販売店が酒井さんと手を組むことで善い事はありません
でした。 

講演会を開く事で、保護者の気を引く事には効果があったかもしれません。

また開催場所で未読の方から数件購読申し込みがあったと聞きましたが、その
後、酒井さんが考案したマラソンドリルを売りに行った時点で終わってしまい
ました。

酒井さんと手を組んだ本社販売部担当者は、『新聞を薦めに行くとドアは開け
てくれないが「ドリルの説明に来ました」と言えばドアは開けてくれる…』な
どと詐欺まがいのセールストークをやりなさいといまだに鼻息を荒くしており
ます。 

販売店主や、セールスマンが教材を売りに行く…その類のチラシを折り込む…
小中世帯にパンフをポスティングする…しょせん付け焼刃のトークが通用する
はずもありません。

この担当者も、言いなりになる若い店主も、子育てをした経験がないですし、
教育について何の知識もないのですから…突っ込まれても返す言葉がない…。

この担当者が何故このドリルに固執して、今でもなお売り続けようとしている
のか理解に苦しみます。

実際の話各販売店の扱いドリル部数は県内合わせても100部にも達しており
ません。強制的に買わされている販売店もあるようです。

またそれまで古紙回収などで学校関係者といい関係を築いてきたものが一気に
崩れ去りました。

その担当者は教育委員会の後援・協賛という事で、チラシやパンフを学校に持
っていき、生徒に配ってもらうという愚行を販売店にさせ続けてきました。

先生方にとってみれば「確かに新聞は良いとは思うけど、子供を利用してドリ
ルを新聞社が売り出すとは何事だ!けしからん!」というところでしょうか。

またその担当者は「学校だけの勉強では学力が身に付きません」なんて事を
「応酬話法でやれ!」って言うのですから、私が先生なら対応するのも嫌にな
ります。

100部に満たないドリルを販売するために、教育現場という聖域を荒し、多
くの教師を敵に回してしまった…という事実に良識ある販売店主が早く気が付
かないと今後も益々新聞は減り続けると思います。

それから一般読者の腹の中は「新聞屋も教材を売らなアカンぐらい、新聞が減
っとるンやなー」です。

取り急ぎ報告させていただきました。

……………………………………………………………………………………………

と。

これは、1年前の2014年3月14日のメルマガ『第301回 ゲンさんの
新聞業界裏話 ■新聞復活への試み……その1 マラソンドリルとシニアサポ
ートについて』(注1.巻末参考ページ参照)の中で、同じ読者から寄せられ
た、

……………………………………………………………………………………………

いつもお世話になります。

ゲンさん、ハカセさんは酒井勇介さんをご存知ですよね?

学研の社員だった方で、現在は退職して家庭教育アドバイザーとして新聞業界
での講演会などをされているのですが、今期も引き続き講演会を企画している
ようです。

昨年は県内で数か所やりました。

初回は無料という事もあって珍しさから会場も埋まったのですが、次第に参加
者も減っていきました。

そこで従業員が読者宅を回り参加者を募ることになったのですが、認知度の低
さも手伝ってか、結局当日のキャンセルが相次ぎ、結果はサクラというか、関
係者が目立つような状態でした。

まあイベントは新聞自体の価値を上げるためには必要な事業かも知れませんが、
問題は酒井さんが開発したマラソンドリルというものを販売(980円)する
ことになった事です。

「新聞以外に売れる商品が増えて、戦力がアップする」と言われますが、はた
してこの先、酒井さん&ドリルとコラボしてやっていっていいのか?

……………………………………………………………………………………………

という問いかけに、

……………………………………………………………………………………………

酒井氏の言われる趣旨は、新聞で子供の学力を上げようということのようや。

子供を持つ親に、その教育の重要性を説くことで、その親はもちろん、子供も
将来の新聞読者にしようと。

狙いは悪くないと思う。

中略。

『酒井さんが開発したマラソンドリル』とは、そのコンセプトに沿って作られ
た小中学生用の問題集のことを言うておられるのやと思う。

内容を確認したが、それだけやと学校や学習塾でありがちな国語や算数、社会、
理科の問題ドリルとあまり変わらんようにしか見えんかった。

ただ、新聞を利用する教育法という点で、今の時代では斬新と言えるかも知れ
ん。

……………………………………………………………………………………………

と答えたものや。

その方法もアリやと。

ただ、この読者のメールから、問題もそれなりにあるのやなというのがよく伝
わってくる。

『ハッキリ言って、新聞販売店が酒井さんと手を組むことで善い事はありませ
んでした』というのは、実際、それによって新聞購読者が期待していたほど増
えていないからやろうと思う。

どこに問題があるのか。

ワシらは酒井氏のことを取り上げる際、いろいろと調べさせて貰った。

以前のメルマガでは紹介せんかったが、『家庭教育プロデューサー・酒井勇介
さんがラジオで新聞の魅力を熱弁』(注2.巻末参考ページ参照)というのも
参考にさせて貰った。

それを見ると、「なるほど」と思えることも多かった。

幼児教育に新聞を絡ませるという発想自体は悪くない。新聞を読む習慣をつけ
れば子供の学力が向上するのは、PISA(学習到達度調査)でも実証されと
るしな。

しかし、この読者が言うておられることでも分かるように現場から、『酒井さ
んと手を組んだ本社販売部担当者は、『新聞を薦めに行くとドアは開けてくれ
ないが「ドリルの説明に来ました」と言えばドアは開けてくれる…』などと詐
欺まがいのセールストークをやりなさいといまだに鼻息を荒くしております』
と手厳しい批判が上がっているという。

この読者の方は酒井氏の『マラソンドリル』に問題ありと考えておられるよう
やが、ワシは少し違うと思う。

問題は、もっと根本的なところにあるという気がする。

ワシは、以前から新聞社には新聞読者を開拓するための営業力はないと言い続
けてきた。経験と実績が殆ど何もないと。

まあ、それも無理もない話で、今まで新聞勧誘に関しては新聞拡張団や新聞販
売店に丸投げしてきたさかい、それについてのノウハウなど何もなくて当然で
はあるがな。

ノウハウらしきものを掲げている新聞社もあるようやが、所詮は営業の素人が
頭で考えたものにすぎん。説得力に欠ける。そういうのが多い。

どんなに良い物でも売り方を誤ったら売れん。営業とはそういうもんや。

ワシにも経験があるが、新聞社の言うとおりにして顧客が増えたとか、契約の
獲得数が伸びたケースは今まで皆無に近かかった。

顧客は自分自身の営業力で増やすしかない。それが新聞勧誘の鉄則やと思うと
る。

本社販売部担当者自身、『新聞を薦めに行くとドアは開けてくれない』と言う
とるところを見ると、新聞勧誘が簡単やないことくらいは分かっているようや。

もっとも、新聞社の人間が、そう言うのはどうかとは思うがな。いくら、それ
が現実やとしてもな。

なぜ新聞勧誘が難しいのか。簡単にドアを開けてくれないのか。

答は至ってシンプル。多くの人に嫌われているからや。

ワシは日頃から、新聞営業の成功率として100軒以上の家を叩いた(訪問)
場合、ドアを開けて話を聞いてくれるのが1割ほどで、そのうち成約にまで持
って行けるのは、ええとこ1、2軒程度やと言うとる。

実は、その確率は新聞営業に限らず、すべての訪問販売に、ほぼ共通して言え
ることなんや。

『ドリルの説明に来ました』というのは、教材の訪問販売ということになるが、
これがすこぶる評判が悪い。その評判の悪さは新聞以上かも知れん。

時折、サイトに教材の訪問販売をしているという人からメールが寄せられるこ
とがあるが、その人の話では、毎日百本以上の電話をかけてアポを取り、土日
に現地へ赴き、1日中アポ先に勧誘して1本の契約が取れたら御の字やという。

何せ一般的な教材の売り込み価格は数十万円ということで営業報償金もそれな
りに貰えるから、それでも十分稼ぎにはなるとのことやった。

教材の訪問販売の評判が悪いという証拠に、『学習教材の訪問販売事業者に対
する業務停止命令』(注3.巻末参考ページ参照)というページがあるさかい、
それを見ればよく分かるやろうと思う。

それに騙された経験のある人たち、あるいはその悪評をよく知っている人たち
は「教材販売」と聞くだけ、察知するだけで拒否反応を起こすのが普通やとい
う。

売り込む『マラソンドリル』は980円とのことやから、他の教材販売に比べ
れば安いのやが、それは話を聞いてみないと分からんことや。

その話をする前にシャットアウトされていたんでは、どうしようもないわな。

その本社販売部担当者とやらは、『「ドリルの説明に来ました」と言えばドア
は開けてくれる』てなことを言うとるところからすると、そんな評判の悪い教
材の訪問販売より、新聞勧誘の方がさらに数段下やと自ら認めていることにな
る。

新聞を作っている側の人間がそれでは救いがない。プライドの欠片もないのか
と思う。

新聞勧誘を生涯の仕事、生業と考え長年続けてきたワシにとって、これほど残
念で情けない話はない。

そもそも、プロの教材販売員ですら売るのに困難な代物を畑違いの『販売店主
や、セールス(拡張員)』が売り込もうとしても売れるわけがないわな。

「そのくらいのことは分からんかい」と言いたい。

どんな世界の営業も、それほど簡単なものやない。その道には、その道なりの
やり方、ノウハウというものがあるさかいな。

この読者が『しょせん付け焼刃のトークが通用するはずもありません』と言わ
れるとおりや。

それに、『「ドリルの説明に来ました」と言えばドアは開けてくれる』という
のが、新聞の購読契約をするためということであれば、2009年12月1日
に施行された『特定商取引に関する法律』改正法に抵触する可能性が高い違法
行為になる。

『特定商取引に関する法律』の改正法の第3条ノ2第1項「勧誘の意志の確認」
で、

……………………………………………………………………………………………

販売事業者又は役務提供事業者は、訪問販売をしようとするときは、その相手
側に対し、勧誘を受ける意志があることを確認するよう努めなければならない。

……………………………………………………………………………………………

と規定された。

これにより、これからは、「新聞の勧誘をさせて頂きますけど、よろしいでし
ょうか」と確認してからでないと勧誘したらあかんということになったわけや。

この「勧誘の意志の確認」の中には身元を明らかにするということも含まれる。

『ドリルの説明に来ました』というのは、新聞勧誘とは明らかに違う。

関係のない偽りの言葉で客を呼び出し、最終的に新聞の勧誘をすれば、この法
律に触れる。

また、『マラソンドリル』を売り込むのが目的で新聞勧誘はしないということ
であっても、『販売店主や、セールス(拡張員)』は新聞社と『新聞本紙』を
売ることを条件に業務委託契約を交わしているわけやから、新聞関連以外の商
品を売るのは問題が大きいと思う。

当たり前やが、新聞販売店は教材販売業者とは違うさかいな。

そのことが何らかの法律に触れるかどうかは、その詳しい状況次第で違うてく
るので何とも言えん部分もあるが、顧客から不信感を持たれるケースならあり
そうや。

『それまで古紙回収などで学校関係者といい関係を築いてきたものが一気に崩
れ去りました』というのは、その典型的なことやと思う。

また『その担当者は教育委員会の後援・協賛という事で、チラシやパンフを学
校に持っていき、生徒に配ってもらうという愚行を販売店にさせ続けてきまし
た』についても信用を失墜させる大きな要因になるとワシも考える。

この読者の方が『先生方にとってみれば「確かに新聞は良いとは思うけど、子
供を利用してドリルを新聞社が売り出すとは何事だ!けしからん!」というと
ころでしょうか』と危惧するのも的を射ていると思う。

実際、そう考えている学校関係者、教師は多いはずや。

もっとも、『教育委員会の後援・協賛』というのが本当なら、新聞社に取り込
まれているものと考えなあかんさかい、学校関係者や教師たちも表立って反旗
を翻すことはできんやろうがな。

ただ、それでありながら『実際の話各販売店の扱いドリル部数は県内合わせて
も100部にも達しておりません』というのでは、この話を聞いてから1年が
経過していることを思えば、殆ど成果が上がっていないものと考えられる。

そんなものを売れと言われて、その気になどなれるわけがないわな。

さらに、『強制的に買わされている販売店もあるようです』というのが本当や
としたら、「押し紙」ならぬ「押し教材」ということになるが、とんでもない
話や。

こんなことをいつまでも続けとると、いくらその地域で最大のシェアを誇って
いる新聞とはいえ、このままでは信用をなくして、そのうち大勢の読者からも、
そっぽを向かれる日が来るのやないかと思う。

『100部に満たないドリルを販売するために、教育現場という聖域を荒し、
多くの教師を敵に回してしまった…という事実に良識ある販売店主が早く気が
付かないと今後も益々新聞は減り続けると思います』と言われているとおりに
なるのは、ほぼ間違いないという気がする。

ただ、この現状をどうにかしたくても、その本社販売部担当者とやらが、前の
めりになっている状態ではヘタなアクションは起こさん方がええやろうな。

一般的に実績の上がっていない方法に固執する場合、そこには何らかの裏事情
というのがあるのが普通や。

単に本社販売部担当者とやらの面子とか立場だけやなく、そうせなあかんわけ
があるのやとしたら、「ヤブをつついて蛇を出す」ということにもなりかねん
さかいな。

そこに公にできんような裏取引でも絡んでいた場合、新聞にとってさらに信用
をなくす大事件に発展する可能性も考えられるしな。考えすぎかも知れんが。

いずれにしても、そんな人間に意見するとロクなことがない。

第一、聞く耳など持ってないやろうからな。こういう輩は、黙って無視するこ
とが最良の方法やと思う。ワシなら、そうする。

昔から効果のないやり方をいくら新聞社の上層部の人間が指示していも現場の
人間は、そんなものは無視していたもんや。

もっとも、あからさまに「そんなことができるか」とは言わんがな。適当に
「分かりました。頑張ります」てなことを言うといて実際には何もせんことの
方が多かった。

俗に言う「面従腹背」というやつや。上辺だけ従う振りをして、実際には従わ
んようにすることや。

それが結果として、勧誘員自身を守ることにつながる。嫌なこと、明らかにマ
イナスになると思えることはバカ正直に従う必要はない。

実際、そう考えとる人はワシらの他にも多いやろうと思う。

その意味で「笛吹けど踊らず」ということになっとるのやないかな。

今回、そのやり方が上手く行かんかったのは、まさにそこのところに問題があ
ったと考えるしかない。

勧誘は、やる者が効果の上がる方法やと信じてやらな成功はおぼつかんもんや。
そうでない限り失敗する確率が高い。

いくら上の者が「このやり方は最高や」と考えていても、現場の人間が、そう
思えんようなものでは糞の役にも立たん。意味がない。

一般的に新しい勧誘方法をやらせようとする場合、勧誘員に成功体験を味わっ
て貰えるように教え、指導するところから始めなあかん。

それでないと勧誘員自身のやる気が湧かんさかいな。

やる気のない勧誘方法を、ただ命令されたからというだけでやっていて成功な
んかするわけがないわな。

はっきり言うて、本社販売部担当者がええという勧誘方法なんか、大半の勧誘
員は信用してへんと思う。

なぜなら、事、勧誘に関しては素人やからや。

本社販売部担当者とやらが、実際にその方法で月に100本の契約でもあげた
というのなら、「そら凄い方法やな」ということになって素直に従えるかも知
れんが、そんなことはまずあり得んわな。

できもせんことをできると言うのは「机上の空論」にすぎんことや。

特にワシらのようにプロを自認する人間の場合、そんなアホな素人の指示どお
りには動くことなど100%ないと断言する。

もっとも、表向きの処世術として、例えそうであっても「面従腹背」に徹しと
くがな。

結論として、今回の件に関して言えば、酒井氏の推奨する『マラソンドリル』
に問題があるというより、それを盲信した新聞社、および本社販売部担当者の
責任の方が大やと考える。

事、ここに至っては遅きに逸した感は否めんが、もっとやり方を考えるべきや
ったと思う。

例えば『講演会を開く事で、保護者の気を引く事には効果があったかもしれま
せん』ということがあるのなら、まずは当面の間、講演会を開くことだけに徹
するのも一つの方法やった。

『開催場所で未読の方から数件購読申し込みがあったと聞きました』というこ
となら、その場では食いつく人もいたわけや。

それなら、そういったことに興味のある人だけを少しずつでもええから増やす
努力から始めるべきやった。

それに興味があるのかないのか分からない他の多くの人たちに『マラソンドリ
ル』を売り込んだり、それを無理やり新聞勧誘につなげたりするから、結果と
して、こういうことになったのやと思う。

まずは、ええと思えるものは根付くまで地道に育てることや。本当にええもん
なら根付いて育てば勝手に実になるもんやが、そこまで待つ余裕がなかったん
やろうな。

いずれにしても「急いては事をし損じる」という見本のような話やったと思う。



参考ページ

注1.第301回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞復活への試み……その1
 マラソンドリルとシニアサポートについて
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-301.html

注2.家庭教育プロデューサー・酒井勇介さんがラジオで新聞の魅力を熱弁 
https://www.youtube.com/watch?v=Sb7arpvqKk4

注3.特定商取引法に違反した学習用教材の訪問販売業者に業務停止命令(2
か月)
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kurashi/kurashi/syobun/20090326.htm

学習教材の訪問販売事業者に対する業務停止命令(3ヶ月間)について
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenmin/press/2010/h23-g-kyouzai-teishi.html



■HPのURLが3月1日より変更になりました


新HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』URL

http://siratuka.sakura.ne.jp/

これは昨年、当サイトが加入しているブロバイダーOCNより、

……………………………………………………………………………………………

いつもOCNをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
 
このたび、誠に勝手ながら、「Page ON」のサービスを、2015年2月28
日をもちまして終了いたします。ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけし、申
し訳ございません。

ホームページを引き続きご利用になるお客さまは、大変お手数ですが他のホー
ムページサービスへの契約移行、コンテンツのお引越しをお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………

という通知が来たことによる変更です。

尚現在、旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/

での閲覧も可能です。但し、2015年2月5日以前のものになりますが。

今後、いつまで旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』がネット上に残るのかは
分かりませんが、消滅するまでは当面の間、併用ということになります。



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の3月20日から本日3月27日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1328 いわゆる切り取り行為は違法でしょうか?


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍紹介コーナー


□書籍タイトル『社長を目指す男への提言』

著者 今村英治 定価1,600円+消費税

出版社 セルバ出版 発売元 創英社、三省堂書店

発売日 2015年2月10日

http://seluba.shop-pro.jp/?pid=86443708


著者の今村英治氏は特定社会労務士、行政書士の資格を有し、平成9年に社会
保険労務士法人AXAIの代表となられ、様々な企業の経営コンサルタントを経験
して活躍されて来られた経験が、すべてこの本に込められています。

現在、また将来に渡って独立を考えておられる方には必見の1冊です。

尚、今村英治氏は当メルマガ、サイトのアドバイザーを好意的にして頂いてい
ます。

そのおかげでサイトのQ&A、このメルマガ誌上が充実したものになったと言
っても過言ではありません。氏の人柄はもちろん、その実力も私が保証します。

尚、この書籍については『第350回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■待望の書
……書籍『社長を目指す男への提言』とは』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-350.html

をご覧頂ければと思います。


□書籍タイトル『韓国呪術と反日』 

著者 但馬オサム   定価1,200円+消費税

出版社 青林堂   発売日 2015年1月23日

http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X


尚、この書籍については当メルマガ誌上でも紹介しましたので、詳しくはこち
らをご覧ください。

▼『第348回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■書籍『韓国呪術と反日』……な
ぜ韓国は、これほどまでに日本を敵視するのか?』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-348.html


□書籍タイトル『反日マスコミの真実2015』

出版社 オークラ出版 定価1,200円+消費税

http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X


ちなみに、この書籍のP.30〜33で、『悲鳴を挙げる販売店 新聞販売員
が語る「朝日問題」』と題した記事を私(白塚博士)が執筆しています。

これは、A新聞の不祥事問題が突発した直後から、当メルマガ、およびサイト
に寄せられた多くの業界関係者を含む読者の皆様方から頂いた情報をもとに書
いたものです。

その内容については著作権の問題があるため、ここではお伝えできませんので
直接、お近くの書店で確認して頂ければと思います。

尚、売り切れていた場合は、

▼『反日マスコミの真実2015』
http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X

にアクセスして頂ければ確認できます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作し
たPDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MB
です。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』が35字×30行で225ページ。容量は
1.48MBです。

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』
初回発行日 2015. 2.14  現在配信中
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14-6.html


作品紹介

 これは大正、昭和、平成と壮絶な人生を生き抜いた、ある女性の物語で
す。この物語の主人公の女性には実在のモデルが存在します。

 新聞の拡張が始まって間もない黎明期の頃に活躍されていた方で、新聞
拡張団がどのような経緯で組織されたのかを知る上でも歴史的価値の高い
情報をお伝えできるものと思います。 

 愛とは何か、正義とは何か、仕事とは何かについて考えさせられる作品
ではないかと思います。また大正、昭和といった時代背景にも注目してく
ださい。歴史書には記されていない真実を描くつもりですので。 

 私自身、彼女の生き様には深い感動を覚えました。私が、どこまで、そ
れをお伝えすることができるかは、わかりませんが、精一杯頑張りますの
で、ご購読のほど、よろしくお願い致します。

                                                著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォ
ン、Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。