ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第353回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの深イイ話 Q&A編 Part 7

2015/03/13

■ゲンさんの深イイ話 Q&A編 Part 7


早いもので、このシリーズも前回から1年が過ぎた。楽しみにされていた方に
は遅くなって申し訳なかったと思う。

いつでも、やれるという考えが、つい先延ばしになってしもうたようや。

言葉や文章は、それを読む人の人生に大きな影響を及ぼすことがある。

ワシらは常にそのことを念頭に話してきた。ええ加減なことは言えんなという
思いで。

それもあってのことか、ここで話す内容や文章、言葉を様々な人たちから評価
して頂くことが多い。

読者の方々から、「役に立った」、「考えさせられた」、「まったくそのとお
り」、「良いことを言うなあ」といった感想が寄せられる度に、本当に有り難
く嬉しいと思う。

ワシらは無理に、ええことを言おうとしているつもりはない。

自然にそんな言葉が湧き出てくるというと何か尊大な印象を与えてしまうかも
知れんが、単に長く生きた分、若い人よりかは多少いろいろなことを見聞きし
た結果にすぎんと考えとる。

特別、ワシらが優れているわけでも賢いわけでもない。

ただ、そう言うて貰えた文章や言葉を、それ以外の人たちにも知って欲しいと
いう思いから、このシリーズをやっているだけや。

少しでも誰かの役に立って貰えるなら、それに勝る喜びはないさかいな。

前置きは、このくらいにして始めさせて頂く。

……………………………………………………………………………………………

■ゲンさんの深イイ話 Q&A編 Part 7    56撰


普遍的な営業がしたいのなら、客の気を引ける話、ネタを探して雑談に持ち込
むことや。(Q&A1152)


ワシらには「書き込み」の裏も取らず、それを目にしただけですぐに文章にす
るという神経が信じられん。多くはコピペというから尚更や。(Q&A115
3)


論戦になれば勝てるかも知れんが、その前にあきらめる。ワシの経験上、論戦
でやり込めても「それでは仕方ありません。契約しましょう」とは、絶対にな
らんさかいな。(Q&A1155)


人の欠点や愚行に対して例え嫌われてでも、その人のために指摘する、口うる
さく言ってあげられるというのも広い意味での優しさになる。(Q&A115
6)


従業員の程度の善し悪し、販売店の優劣の評価の責任は、すべて経営者が被る
しかない。(Q&A1156)


『人柄のよい、経営者』が程度の悪い事務員を使って販売店をダメにしている
というのなら、責任は、その経営者にもある。(Q&A1156)


すべての競技は勝ってこそ、脚光を浴びる。それが、その競技の未来を左右す
ることにもつながる。(Q&A1158)


話を聞いて貰えんから仕事にならんと嘆く前に、聞いて貰える下地を作らなあ
かん。そのためには、どこでも誰にでも挨拶することを心がけることやとワシ
は思う。(Q&A1159)


地域の人のために新聞販売店があると考えれば、自ずからいろんなアイデアが
出てくると思う。(Q&A1159)


最善の営業は、人の心に訴えかけるというものや。(Q&A1159)


何事についても言えることやが、チャレンジする前にあきらめる必要はない。
(Q&A1161)


例えどんなに可能性が低かろうとゼロでない限りチャンスはある。(Q&A
1161)


朝起きて新聞がポストに入っていることに安心し、その新聞を取り出して初め
て、その日1日が始まる。それが数十年の長きに渡り、日々繰り返されてきた
日常でもある。その事実は高齢者の方にとっては重い。(Q&A1162)


例え読まなくても、そこにあるだけで安心する物。無用の有の最たる物。高齢
者にとっての新聞とは、そういう存在やということを理解して欲しいと思う。
(Q&A1162)


拡張員が今後も減少していくようでは何度も言うが、新聞業界全体が滅びの道
を突き進むのは間違いない。昔、新聞が全盛期だった頃は、やはり拡張員の数
も相当に多かったさかいな。(Q&A1163)


後退思考に生き残る術などない。(Q&A1163)


おそらく、その相手もバレたら揉めるということくらいは先刻承知のはずや。
そうなった時はそうなった時のことやというくらいにしか考えてないのと違う
かな。タチの悪い人間の思考とは、そうしたもんや。(Q&A1164)


初めて出会う客には、まず笑顔で「よいしょ」するのが基本やというくらいに
考えとくことや。客の気持ちを良くするのが一番で、よけいにサービス品を渡
すより、はるかに効果があると知っといて欲しいと思う。(Q&A1166)


契約違反やと言えるのは、それを約束した相手にだけで、その約束の存在を知
らん者に、その責任を押しつけることはできんということや。法律はそれを認
めていない。(Q&A1168)


次からは「上手い話」とか「内緒にして欲しい」というような話を持ちかけら
れて契約するのは避けられた方がええと言うとく。(Q&A1168)


確かに集金人にも非はあるが、あんたの愛犬が噛みついてケガを負わせたとい
う事実は、それ以上に大きな過ちやったと自覚されることや。ペットを飼うと
いうことは、そういうことやと。(Q&A1172)


結果論と言えば言えるかも知れんが、事前に打てる手は打っておく方が賢いと
言うとく。同じ事が二度と起きないためにも。(Q&A1172)


何事においてもそうやが、真実に基づいた主張をされることや。真実は何より
も強いさかいな。相手はその真実の前には腰が引けるし、あんたはその真実故
に強く出られる。(Q&A1174)


契約違反が認められても、それで得られる権利は、その契約の解除でしかない。
(Q&A1175)


人は環境が変われば、また違った生き方もできる。(Q&A1176)


やってしまった事は仕方ない。それについて責任を取るのは大人の義務や。た
だ、その責任の取り方は、あんたのできる範囲に限定しとくべきやと思う。
(Q&A1176)


どんな理由があれ、動いていなければ他人からはサボっていると見られる。拡
張の仕事とはそうしたもんや。(Q&A1177)


怪しげな話は、どんなに美味しそうに思えても必ず落とし穴がある。(Q&A
1179)


もともと新聞各社には共に繁栄しようという気など皆無といっても良い。表向
きは共に繁栄しようみたいな話をしている業界のトップはおられるようやがな。

そんなのは、ワシからすれば嘘くさいとしか言いようがない。自社の成績さえ
伸びれば、それでええ。本音はそこにある。それ故に長年、熾烈な部数獲得競
争、勧誘合戦が繰り広げられてきたわけやさかいな。(Q&A1180)


愚痴や不満をワシらにぶつけて、それで気が済むのなら、いくらでもそうされ
たらええが、本気で望みがないと考えとるようやと、いつか行き詰まる時が必
ずくるさかい、その前に方向転換した方がええのやないかな。(Q&A118
0)


微罪にまで一々正義感を発揮して怒っていては身が持ちませんからね。世の中
には、それ以上の悪質な犯罪行為は山ほどありますから。(Q&A1181)


私はありがちで無難な話なら小説にする意味がないと考えています。望みは、
誰も書かなかった、誰にも書けなかった話を書くことです。

その点、新聞販売業界の裏側を扱った小説というのは皆無ですし、これこそ私
にしか書けないものだと自負しています。(Q&A1184)


オンリーワンの小説を書くこと。それが私の人生最後の望みであり、未練と言
えるかも知れません。(Q&A1184)


小説は読後、「良かった」、「面白かった」と思って頂くために書くものだと
考えています。それが大前提ですからね。ただ、万人に読んで頂こうという大
それたことは考えていません。そんなことは不可能ですので。(Q&A118
4)


ワシらは同じ時事ネタを話すのでも、ありふれた内容にはしたくないという思
いが強い。常に、読者の方には「なるほど」、「良い情報を知った」と感じて
頂きたいと願っている。(Q&A1186)


何事も時が経てば好転することもあるということや。物事を先延ばしするとい
うのは、あまりええ方法とは言えんケースが多いもんやが、事、苦情処理にお
いては、この冷却期間を設けるというのは結構効果的な場合が多い。(Q&A
1188)


新聞社の連中には顧客の顔は見えんが、顧客にはワシらの顔しか見えない。必
然的に文句や苦情を言われるのは現場の者ということになる。それを理不尽だ
と嘆いても仕方ないということや。そういう世界で生きている限りはな。(Q
&A1188)


何でもそうやが、懸命に頑張って勉強をして損をするということはない。必ず
身につくし、そうして良かったと思える日が来るはずや。(Q&A1189)


タカが新聞の勧誘といえども、その道で成功するには、それなりに勉強もせな
あかんということや。一朝一夕に会得できるほど底の浅いものやない。(Q&
A1190)


自分で自分に「できない言い訳」を探して足枷をしているのと同じやさかいな。
初めからあきらめの気持ちが入っているようでは契約など上げられるわけがな
い。(Q&A1191)


何でも物は考えようで、不利に見える事が、却って有利に働く事などナンボで
もある。悪いように捉えれば、いくらでも悪く、良いように考えれば際限なく
良く思えるものなんや。どうせなら、良いように考えな損やわな。(Q&A1
191)


新聞営業は気持ちの持ち方が結果に大きく影響する。そして、新聞のブランド
力、ネームバリュー以上に、勧誘員個人の力量がモノを言う世界でもある。
(Q&A1191)


最初に毅然と断っておくべきやったと思うが、事ここに至っては遅きに逸した
と言うしかない。優柔不断な態度を取った結果やと。(Q&A1192)


人より営業成績が上げられるようになれば自信がつくし、人に負けたくないと
いう気持ちが芽生える。それが向上心を育てる。(Q&A1194)


道半ばの者が失敗することなど、どんな世界でも当たり前や。(Q&A119
4)


面白いと思う仕事をするのやなく、その仕事が面白いと思えるように自分を変
えたら、ええのやないやろうか。(Q&A1194)


どんな仕事も所詮は様々な制約の上に成り立っているもので自由気ままにでき
るというのは少ない。何でも面白いと思えればそう思えるし、面白くないと感
じれば、そうなる。仕事とは、そういうものやないかと考えるがな。(Q&A
1194)


僅かでも進歩できる人は必ずもっと進歩できる。(Q&A1194)


人が最も輝くのは愚直なまでに目標、目的に向かって突き進む姿やと思う。本
当の面白さとはその中から生まれてくるものやと。(Q&A1194)


正義感が強すぎるというのも、ある意味、欠点や短所になるかも知れん。(Q
&A1195)


ゲンさんの発言がすべて正しいということはないので、その発言の真偽や裏は
できる限り調べるようにはしています。ゲンさんに限らず人の記憶は良い加減
なところがあって、間違っている事でも正しいと思い込んで覚えてしまってい
るケースが結構多いですから。(Q&A1195)


事は相手の反応と言動を見てから対処するもので、勝手な予想を張り巡らせて
先走りしてもあまり意味がない。(Q&A1196)


揉める可能性のあることに対して『絶対に迷惑はかけないので大丈夫だ』とい
うのは気休めにもならんわな。(Q&A1197)


契約者以外の人間が、いくらその契約はおかしい、認められないと言うても、
契約者がそれと認めない、あるいは相手があんたとの交渉に応じなければ、ど
うにもならんということや。(Q&A1198)


契約を解除したいのなら、あくまでも契約者自身の確固たる意思、気持ちがな
くては始まらん。(Q&A1198)


恐怖心は一度芽生えると際限なく大きくなるさかい、あまり考えすぎん方がえ
えと言うとく。そんなしょうもない相手に気を揉んで体調でも崩した日には、
あまりにもバカらしいと思うしな。(Q&A1200)

……………………………………………………………………………………………

今回は、ここまでにしとく。

どうやったかな。何か一つでも心に残って引っ掛かるものがあれば、それで十
分や。

例え何もなかったとしても読んで頂いたという事実が、いつか必ず活きる日が
来ると思う。

その言葉が何かの拍子に思い出され、助けになることもあるさかいな。

ワシやハカセが、多くの書に触れ何気なく読み飛ばしていた言葉が、窮地に陥
った時にふとした弾みで思い出され、幾度となくピンチを凌げたように。

このシリーズのファンの方たちのためにも次回は、もっと早い周期でやりたい
と考えているので、それまでしばらくお待ちして頂ければと思う。



■HPのURLが3月1日より変更になりました


新HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』URL

http://siratuka.sakura.ne.jp/

これは昨年、当サイトが加入しているブロバイダーOCNより、

……………………………………………………………………………………………

いつもOCNをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
 
このたび、誠に勝手ながら、「Page ON」のサービスを、2015年2月28
日をもちまして終了いたします。ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけし、申
し訳ございません。

ホームページを引き続きご利用になるお客さまは、大変お手数ですが他のホー
ムページサービスへの契約移行、コンテンツのお引越しをお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………

という通知が来たことによる変更です。

尚現在、旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/

での閲覧も可能です。但し、2015年2月5日以前のものになりますが。

今後、いつまで旧HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』がネット上に残るのかは
分かりませんが、消滅するまでは当面の間、併用ということになります。



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の3月6日から本日3月13日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1325 勧誘員の自腹の購読料を貰った場合罪に問われるでしょうか?


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍紹介コーナー


□書籍タイトル『社長を目指す男への提言』

著者 今村英治 定価1,600円+消費税

出版社 セルバ出版 発売元 創英社、三省堂書店

発売日 2015年2月10日

http://seluba.shop-pro.jp/?pid=86443708


著者の今村英治氏は特定社会労務士、行政書士の資格を有し、平成9年に社会
保険労務士法人AXAIの代表となられ、様々な企業の経営コンサルタントを経験
して活躍されて来られた経験が、すべてこの本に込められています。

現在、また将来に渡って独立を考えておられる方には必見の1冊です。

尚、今村英治氏は当メルマガ、サイトのアドバイザーを好意的にして頂いてい
ます。

そのおかげでサイトのQ&A、このメルマガ誌上が充実したものになったと言
っても過言ではありません。氏の人柄はもちろん、その実力も私が保証します。

尚、この書籍については『第350回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■待望の書
……書籍『社長を目指す男への提言』とは』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-350.html

をご覧頂ければと思います。



□書籍タイトル『韓国呪術と反日』 

著者 但馬オサム   定価1,200円+消費税

出版社 青林堂   発売日 2015年1月23日

http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X


内容紹介

執拗な反日活動を繰り返す韓国人。 彼らの根底にあるのは「恨(ハン)」の情
念だった。

慰安婦少女像は怨念の象徴、呪像(totem)である! 

対馬に来た韓国呪術集団は200人! 

巫覡(シャーマニズム)と呪術の宝庫である朝鮮半島。

韓国人口「5千万人総シャーマン」の実態に迫る。


尚、この書籍については当メルマガ誌上でも紹介しましたので、詳しくはこち
らをご覧ください。

▼『第348回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■書籍『韓国呪術と反日』……な
ぜ韓国は、これほどまでに日本を敵視するのか?』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-348.html



□書籍タイトル『反日マスコミの真実2015』

出版社 オークラ出版 定価1,200円+消費税

http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X

内容紹介(発行元より引用)

朝日敗北で迎える戦後70年・反日メディアの反撃に退治せよ。

かつて筑紫哲也は拉致被害者を指してこう言った。

「彼らに落ち度があったとしたら、それは日本人だったからです」

その言葉、お返ししましょう。

「あんたらに落ち度があったとしたら、それは朝日だったからです」


対談

朝日新聞「敗北後」の日本/高山正之(評論家)×阿比留瑠比(産経新聞政治部記
者)

パブリックエネミーとなった朝日新聞─その捏造の歴史

新聞販売店員の現場からの悲痛な叫び! 拡張員の現場は捏造報道に泣いている

地上波TV報道 反日番組ランキング
NHKという無法地帯

報道されないニュース
・日本国民が知らない沖縄の言論空間
中国57番目の少数民族がお望みか? 沖縄メディア

もう隠せない! 韓国末期症状 あの国に国際大会は100年早い

ほか


ちなみに、この書籍のP.30〜33で、『悲鳴を挙げる販売店 新聞販売員
が語る「朝日問題」』と題した記事を私(白塚博士)が執筆しています。

これは、A新聞の不祥事問題が突発した直後から、当メルマガ、およびサイト
に寄せられた多くの業界関係者を含む読者の皆様方から頂いた情報をもとに書
いたものです。

その内容については著作権の問題があるため、ここではお伝えできませんので
直接、お近くの書店で確認して頂ければと思います。

尚、売り切れていた場合は、

▼『反日マスコミの真実2015』
http://www.amazon.co.jp/dp/479260513X

にアクセスして頂ければ確認できます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』が35字×30行で225ページ。容量は
1.48MBです。

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』
初回発行日 2015. 2.14  現在配信中
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14-6.html


作品紹介

 これは大正、昭和、平成と壮絶な人生を生き抜いた、ある女性の物語です。
この物語の主人公の女性には実在のモデルが存在します。

 新聞の拡張が始まって間もない黎明期の頃に活躍されていた方で、新聞拡張
団がどのような経緯で組織されたのかを知る上でも歴史的価値の高い情報をお
伝えできるものと思います。 

 愛とは何か、正義とは何か、仕事とは何かについて考えさせられる作品では
ないかと思います。また大正、昭和といった時代背景にも注目してください。
歴史書には記されていない真実を描くつもりですので。 

 私自身、彼女の生き様には深い感動を覚えました。私が、どこまで、それを
お伝えすることができるかは、わかりませんが、精一杯頑張りますので、ご購
読のほど、よろしくお願い致します。

                                                著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
  
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。