ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第344回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■美人拡張員アイちゃんのセールス奮闘記 その3 拡張乱売編

2015/01/09

■美人拡張員アイちゃんのセールス奮闘記 その3 拡張乱売編


1994年。アイは滋賀県の大津市から兵庫県加古川市に流れてきていた。団
を替え、扱う新聞もA新聞からY新聞に変えていた。

拡張員は団(会社)を替えることや扱う新聞を変えることに執着する者は少な
い。

ワシも京都のA新聞に始まり大阪のS新聞、東海のY新聞と変え、所属の団も
その数だけ替えた。今は某新聞販売店の専拡に収まっている。

それについて後悔などしていない。モラルや節操がないとも思わん。それぞれ
に事情があってのことで自然な流れやったと思うとる。

拡張員がそうするのは、それなりの理由がある。

多くの拡張員は、より稼げる団や地域、新聞を求める傾向にある。当然、ワシ
にもその思いはあった。むろん、それがすべてというわけでもないがな。

これが新聞社の社員やったら、他紙新聞社への移籍は節操がないと言われるこ
とが多い。

余談やが、過去に地方紙の新聞記者をされていた方が全国紙からヘッドハンテ
ィングされて移籍したという話をして頂いたことがあるが、やはり、やりにく
かったと言っておられた。

前の会社に恩義を感じないのか。愛着はないのか。恥ずかしいとは思わないの
か。

そんな陰口を叩かれていたらしい。

その人の場合は、最初から、そこそこの地位を与えられていたこともあり、単
なる嫉妬、やっかみがあってのことやとは思うが、社会の風潮として歓迎され
ていなかったのは事実や。

そのためか、新聞記者を辞められた方の大半が他の職種に就くことが多いよう
に思う。

新聞販売店の従業員についても同じようなことが言えた。新聞社の社員ほどで
はないが、他の新聞販売店に移籍するのは節操がないと思われているようなと
ころがあったさかいな。

地域にもよるが、同じ営業エリアを共有する新聞販売店間での従業員の移籍を
認めない、雇わないという協定を結んでいるケースもそれほど珍しくはなかっ
た。

当時は終身雇用という考えが国民全体に根強く、それが当たり前のことのよう
に考えられていた。愛社精神というものが崇高な考えだと賞賛されていた時代
やったわけや。

今は、いつリストラされるか分からんとか、いつ倒産の憂き目を見るか知れた
ものではないといった不安を抱えている人が多いためか、当時ほど勤めている
会社に思い入れをする人は少なくなっているようやがな。

愛社精神が色濃く残っていた時代に、拡張員がいとも簡単に団や地域、新聞を
替えていたのは、それなりの理由があった。

一言で言えば、拡張員は愛社精神が育たない環境で仕事をしているからや。

それには、新聞社や拡張団が拡張員を使い捨て同然の扱っていたためやと思う。
業界の仕組みがそうなっていたと。

当時の拡張員はフルコミ制といって個人事業者、請負事業者として雇われてい
るケースが多かった。

個人事業者、請負事業者と言えば独立した事業者で、一段上の立場のように思
われるかも知れんが、その実態は長時間拘束された労働者と何ら変わりがない。

労働者であれば、労働基準法で守られ、労災保険による労災事故も適用される
が、拡張員には労働者としての権利すらないのである。

いくら実態はタコ部屋に放り込まれた労働者と同じだと訴えても、どうにもな
らない。

個人事業者、請負事業者に労働基準法は関係ないから、労働者としての権利は
まったくないし、例え長時間働いていたとしても残業代など出るはずもなく、
使っている新聞拡張団は契約報酬以外の対価を支払う義務がないのである。

また、個人事業者、請負事業者は労働者ですらないと区分されているから労災
保険に加入することもできない。業種によれば特別加入制度というものがなく
はないが、拡張員は適用外とされている。

病気やゲガをした時、医者にかかる金がなければ、それまでの運命にある。

あまり知られていないが、実際、国民健康保険にすら加入していなくて病院に
も行けず野垂れ死にした者もいたさかいな。

そういった死者を出しても新聞社に塁が及ぶこともなければ、そんな拡張員を
雇っていた新聞拡張団ですら、どこからもお咎めを受けることなどないのであ
る。

もちろん、ニュースにすらならない。どこかでホームレスが一人寂しく死んだ
だけの話で終わる。

つまり、拡張員を守る法律はないに等しいのである。

しかも、新聞社は新聞拡張団に対して拡張員の待遇を改善しろとは一切言わな
い。むしろ、拡張員を締め付ける対策しか講じようとはしないのである。

そんな状況下で新聞社や新聞拡張団に対して愛社精神を持てという方が無理や。

新聞業界において新聞拡張員の待遇は最下位に位置すると言うても過言やない
と思う。

恩義は受けてこそ感じるもので、過酷な扱いから、そんなものが生まれるわけ
がない。

中には義理人情に篤い新聞拡張団の団長もいるが、そんな人は、ほんの一握り
にすぎない。たいていの新聞拡張団は拡張員など使い捨てにするものだと考え
ている。

成績が良いうちは、ちやほやするが落ち目になると途端に冷たく扱われる。拡
張員は、その日契約を上げられなければ一銭の金も手にできない。

契約の上げられない拡張員には地獄の生活しか待っていない。

ワシは拡張員とプロ野球選手とをよく比較することがある。どちらも成績の良
いうちが花で、成績が悪くなると戦力外としてしか扱われないという点で似通
っているからや。

基本的にプロ野球選手もプロ球団と請負契約をしている個人事業者、請負事業
者やさかいな。

拡張員は自分で自分の身を守るしかない。保険も老後の備えも個人の責任でせ
なあかん。

そのためには、少しでもより多く稼げる所で仕事するしかないと考えるのは自
然な流れやと思う。

拡張員は新聞社や新聞拡張団、新聞販売店のおかげで飯が食えているとは思わ
ない。

むしろ、逆で拡張員が契約を取ってくるからこそ、新聞社の社員は高給を得ら
れ、新聞販売店は存在できていると考えているくらいや。

新聞社の多くは自社のブランド力のおかげで契約が取れていると錯覚しとるよ
うやが、そんなものは存在しない。そう思いたいだけの妄想にすぎない。

日本の新聞にノーブランドで無名というのはあり得ない。地方紙にしても、そ
の地域ではすべて有名な新聞やさかいな。

関東、関西といった大都市部を除けば地方紙の方が全国紙を圧倒的に凌駕する
シェアを誇っていることでも、それが分かる。

ブランド力ということで言えば、むしろ地方紙の方が上やと言える。新聞にブ
ランド力がないとワシが言うのは、そういう理由からや。

拡張員にとって契約をあげられるかどうかは、あくまでも己の営業力だけが頼
りなのである。

それ以外の恩恵やアシストはないに等しい。そう考えている拡張員は多い。

ワシ自身もそうやったが、他紙他団に移籍したからと言うて、極端に成績が伸
びたり落ち込んだりするようなことはなかったさかいな。

もっとも、同じ地域で団や扱う新聞を変えるのは抵抗があったとアイが言う。
ワシも、それは同じや。

ただ、それは新聞社や新聞拡張団に対しての負い目というより、その地域の顧
客たちの手前、そうできないと考えたにすぎないが。

同じ地域の顧客たちに、昨日までA新聞の勧誘をしていて、明日からはY新聞
の勧誘をするのでよろしくと言うて廻るのは、やはり抵抗がある。

それもあり、アイは大津の団を辞める時、躊躇(ためら)わず誘われた兵庫県
加古川市の団に移籍することにしたわけや。地域さえ遠くに離れれば気にする
ことは何もないからと。

大津にいた時もそうやったが、その当時の拡張は「乱売」全盛時代で、今では
信じられないような拡材が飛び交っていた。文字どおり乱れた常識外れの売り
方をしていたわけや。

もっとも、「乱売」が一般的な時代に常識外れと言うのも変な話やけどな。

加古川では2年契約で、拡材サービスは2万4千円の商品券というのが多かっ
た。

これは他紙新聞販売店も同じようなもんやったから、これだけで勧誘するのは
厳しいものがあった。

それには現在、消費税5%が8%に増税して新聞の契約率が下がったのと似た
ようなことが起きていたからというのもあった。

その当時は、消費税3%から5%になろうとしていた時期やった。その頃はバ
ブル経済が弾けたといっても、その余韻がまだ色濃く残っていたから、今ほど
の不景気感はなかったと記憶している。

それでも、先行きの不安から一般家庭の財布の紐は堅くなっていた。それは現
在でも同じやと思う。

その頃から、節約の第一位に挙げられていたのが新聞代の始末やったからよけ
いや。

普通に拡張していたんではカード(契約)はあげられないと判断したアイは、
出入りの販売店の所長に頼んで、渡した商品券で新聞代を払えるようにして貰
った。

「消費税あがったら新聞代も、その分上がります。でも今契約して頂いたら消
費税分の値上げもなく千円引きで結構です。ただし、2年間だけの限定ですけ
ど」と言って煽り、さらに、

「この千円の商品券24枚を玄関の引き出しにでも入れておかれて、新聞代の
集金の時に1枚ずつ出して貰えれば良いので。本当はこんなことを店では認め
ていないんですけど、今回に限りこの方法を2年間だけOKという許可を店か
ら貰っているので、私を助けると思ってお願いします」と続けた。

結果的には、2年契約で2万4千円の商品券という拡材サービスに変わりはな
いのやが、このトークが当たった。

「なるほど」と考える顧客が相当数いたのである。

顧客の中には「2年契約で2万4千円の商品券」というサービスが餌で釣って
いると考える人もいる。そういう人は、そんなものに釣られるほど安っぽい人
間ではないと反発する。バカにするなと。

しかし、それが値引きのためのカモフラージュだと聞かされると「新聞販売店
もいろいろ大変なんやなあ」と同情する人も現れる。

男性客なら、美人のアイに頼まれた手前断りにくいという気になり、主婦の場
合は「なるほど実用的ね」と納得しやすくなる。

また、その方法を提示することで拡材で釣られたという意識がなくなるのであ
る。それが結構大きい。

本音のところでは少しでも得をしたいと考えていても体裁上、なかなかそうで
きない人もいるわけや。目の前の勧誘員に足下を見られたと思うんやな。

そこへ持ってきて「私を助けると思ってお願いします」といったアイの低姿勢
が功を奏したということもある。

本当に新聞代の集金の時にその商品券を1枚ずつ出しているか、どうかまでの
確認はしてなかったが、契約することへのハードルが下がったのは事実やった。

本当に、そうすることが人助けになると錯覚させることに成功したという。

拡張のような対面営業では、ちょっとした言葉のチョイスで納得させられるト
ークを使える者が好成績を残せる。

アイは極自然に、それを身につけていた。アイは、その手法により大津の時と
同じように契約をあげまくり一躍有名になった。凄腕の美人拡張員が現れたと。

これはアイの天性とも言うべきキャラクターとトーク力があってこそのもので
誰がやっても成功するとは限らんのやが、この業界は誰かが成功したやり方を
すぐに真似する、パクるということが日常的に起きる傾向にある。

アイが3千円で売って成功していることが評判になると、朝夕セット版で
3,925円の新聞代が他紙販売店でも3千円で入れるようになったというの
も、その一つのええ例や。

当時の加古川周辺では朝夕セット版の新聞代が3千円やと本気で信じていた人
もいたというさかいな。

それは最近の正常化の流れが始まるまで続いたという。

それにプラス洗剤などの景品も別に渡していたというから、アイの残した足跡
というか、影響は相当なものやったことになる。

たった一人の拡張員が、新聞代金や地域の勧誘システムそのものまで変えてし
もうたわけやさかいな。

アイもその事には心を砕いていたらしく、今回の話をする際には「当時の加古
川の新聞屋さんには、すみませんでした、と謝っておいてください」とメール
でワシらに言うてるしな。

この頃、アイは同じ兵庫県の淡路島でも仕事をしていたという。

淡路島は瀬戸内海最大の島で、北東から南西へかけて細長く伸びる淡路島は南
北約53キロメートル、東西約22キロメートル、周囲約203キロメートル
と広い。

人口も島全体で14万人強と多く、そこそこの市場と言えた。

アイが訪れていた頃は洲本市と10ほどの町で構成されていたが、2005年
の市町村合併政策により、現在は北から、淡路市、洲本市、南あわじ市の3市
体制になっている。

淡路島全島で一市構想もあったようやが、それは実現せんかった。ただ、それ
に替わるものができた。

淡路県民局というのが、それや。島の中央に位置する洲本市にあり、3市合同
の行政が行われている全国でも希有な地域だと言える。県庁ならぬ島庁といっ
たところやな。

アイにとっては、この淡路島も美味しい所やった。

通常の勧誘に加えて、喫茶店などの飲食店に、その地域を管轄する新聞販売店
の契約書の束を置いておくと、翌日には数枚のカード(契約)が自動的にあが
っていたため、かなり稼げたという。

これは当時の乱売により見返りが大きかったということもあり、店主たちが積
極的に訪れる客に売り込んでくれたからやった。

当時、淡路島で多くの新聞販売店を経営しているモリシタ会長と呼ばれていた
男がいた。

多くの新聞販売店の総帥をしているからなのか、地域の販売店協力会の会長を
しているから、そう呼ばれているのかアイには分からなかったが、モリシタ会
長というのが通り名のようになっていたさかい、そう呼んでいた。

本店は神戸にあるとのことで、アイが来る数年前から淡路島に進出していると
いうことやった。

アイから見てもモリシタ会長は、とんでもない常識外れなことをする男やった。
信じられないようなエピソード、伝説が幾つも残っている。

ある時、モリシタ会長は、たまたま乗ったタクシーの運転手に、いきなり「お
前、この仕事でどれくらい稼いでいるんや」と訊いた。

「手取りで月、25万程度ですかね」と、そのタクシーの運転手が適当に答え
ると、間髪入れず、「そうか、それなら月給50万やるから、うちに来い」と
言って、その場で引き抜いて経営する販売店の従業員にしたという。

モリシタの経営する新聞販売店に毎日のように入店している拡張員にイマダと
いう男がいた。

そのイマダは、お世辞にも契約を多くあげている拡張員とは言えなんだ。毎日、
契約があげられなくても、なぜかモリシタの店にばかり入り続けていた。

ある日、不審に思ったアイが「どうしてイマダさんは、モリシタ会長の店ばか
り入店されるのですか」と尋ねてみた。

すると、「家を買う金を貸して貰っているから仕方ないんや」という答が返っ
てきた。

それを聞いて、さすがのアイが絶句したという。一介の拡張員に家を買えるだ
けの金を貸すとはと。

ワシも、それには驚いた。この業界には豪気な新聞販売店経営者がいるのは知
っている。

ワシも過去、奈良県のある新聞販売店経営者が、生涯契約で死ぬまで新聞を取
り続けるという条件で拡材に乗用車1台を景品として渡したという話を耳にし
たことがあるが、このモリシタは家やさかい発想の桁が違いすぎる。

モリシタが経営する新聞販売店に入店すると使える拡材も群を抜いて他より多
かった。

店の裏側にある倉庫に行くとダンボールの箱やら木箱やらが山積みされていた。

中身は、洗剤、トイレットペーパー、柔軟剤、木箱は素麺セット、缶ずめセッ
ト、タオルケット、キッチンセットなどの拡材やった。

これだけなら、それほど凄いというほどでもないが、モリシタ会長はそれを
「車に積めるだけ積み込め」と言う。「全部、捨て材にするから」と。

捨て材というのは、一般的には新聞社のロゴの入ったゴミ袋とか、いろいろな
ところからタダで入手できる映画や遊園地の割引券といったものが主で、まさ
に捨てるような感覚で客のご機嫌伺いのためだけに渡す物のことや。

通常の拡材にしている物を捨て材に使うという話はワシも聞いたことがない。

それをモリシタ会長は「断った客でも構わんさかい、サービスやからと言うて
好きなだけ置いて来い」と命じていた。

アイが入店した時などは、断った客へ段ボールごとトイレットペーパー置いて
帰ったことがあったという。

さらに驚くのが、加古川で一般的になっていた新聞代の月3,000円が、こ
こでは月1,500円やったことや。

もっとも、淡路島は統合版といって朝刊のみしかなく当時の新聞代が月
3,007円やったから半額にはなるが、それにしても破格であることに変わ
りはない。

アイは、これほどの条件を出しているにもかかわらず、迷った素振りをする客
がいることに対して苛立った。

新聞嫌いじゃなければ取れよと。こんな美味しい話は、どこにもないよと。何
が気に入らないのかと。

もっとも、アイは喉から出かかったその言葉を呑み込んだというがな。

拡張員たる者、どんな時でも客に逆らってはいけないという思いが、かろうじ
てそうさせた。

ただ、それほどのサービスがあれば、強きの営業でも契約はあがった。

それにしても、これほどの拡材サービスの上に新聞代を半額にして儲かるのか
と思った。

普通に考えて、新聞社に支払う新聞の納入代金だけでも、その半額分に相当す
るさかい、その上に過剰な拡材をサービスしていては利益など出るわけがない。

大赤字になるのは免れない。しかし、それでもモリシタ会長が、そうしていた
のは、やはりそうするだけの理由があった。

それも計算された理由が。単に豪気なだけの男やなかったと後に知った。

モリシタ会長は、そうして拡張して大きくした店舗を売り捌いていたのである。

新聞販売店は部数によって売値が極端に違う。部数が多いほど売値も高い。

例えば、1千部の販売店が1千万円で売れる相場の地域やったとしたら、それ
を2千部にすれば2千万円で売れる計算になる。

そのため目に見える利益を度外視して部数を増やすことだけに専念していたの
である。

それが気前が良いとか、豪気な性格、凄い人といった感じに傍からは見えたわ
けや。

その店を買わされた者は、とんだ災難である。買い取った店の大半が月
1,500円しか払わん客ばかりやさかいな。

モリシタ会長、恐るべし。アイは、それまで、この業界には良い思い出が多か
ったが、この件で怖い部分もあると初めて知ったという。

人は外見だけで判断したらあかんと。人には裏があるもんやと。

ただ、それでも今と比べて新聞業界に活気があった時代だったのは間違いない
とアイは言う。

現在は、新聞好きの一主婦に過ぎないが、それでも世話になった新聞業界に元
気になって貰いたいと願っている。

心から応援したいと。そのためになる話なら、今後も喜んですると。



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の1月2日から本日1月9日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1313 大森氏は御健在ですか?


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』配信中
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage14.html  

月額 210円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』掲載中。
第1回配信 2014. 7.26

作品紹介

 これは、ある新聞社と新聞販売店、新聞販売店と新聞拡張団、隣合わせ同士
の新聞販売店の争いを描いたものです。

 逆転につぐ逆転で、最後の勝者が誰になるのか。どういった結末を迎えるの
か。笑いと涙とサスペンスを交え毎回のように見せ場を作っていますので、ご
期待ください。

                                                著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)……宅急便代金引換、コンビニ払い、ATM、ネット
バイキング、Edy払い可。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
  
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。