ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第343回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの初笑いジョーク集 Part 3

2015/01/02

■ゲンさんの初笑いジョーク集 Part 3


昨年は嫌な話題が多すぎた。それを忘れるためには笑い飛ばすのが一番や。

人にとって笑いほど有意義なものはない。まず健康にええ。人は笑うことで身
体の毒素の大部分を吐き出すことができるというさかいな。

その毒素の多くはストレスという形になって表れる。ストレスが溜まると、あ
らゆる病気を引き起こす要因になるというのは、そういう理由からや。

うつ病などの精神疾患は言うに及ばず、癌や生活習慣病の脳卒中、心臓病、糖
尿病などもストレスが大きく影響していると言われている。

ストレスが溜まると免疫力が低下して病気になりやすい体質になるというのは、
今や医学界だけでなく世間一般の常識になっている。

高価な薬を用いずとも、「笑い」でストレスの元になる毒素を体外に発散し、
それらの病気を予防、改善できるというのやから、笑わな損やわな。

今回は、シリーズ化している『ゲンさんの初笑いジョーク集』(注1.巻末参
考ページ参照)の第3弾として、面白いと思える話を集めたので紹介する。

新聞勧誘員の方には『ゲンさんの拡張ジョーク集』や『新聞の勧誘ユーモア&
ジョーク集』(注2.巻末参考ページ参照)も併せて見て頂けたらと思う。

それでは始めさせて貰う。

……………………………………………………………………………………………

【四つのバラの由来】

南北戦争当時のアメリカ。南軍の将校、ポールが美しい娘に一目惚れをした。

何度かアプローチしてプロポーズをするのだが、その娘にはライバルが多くて
迷っているのか、ポールの思いが上手く伝わらず良い返事が貰えない。

そこでポールは思い切って「明日の夜の舞踏会で、私のプロポーズにOKして
下さるのなら胸に赤いバラの花を一つつけておいてください。もし、あなたの
胸に赤いバラがなかったら、私はこの町を去ります」と言った。

舞踏会の夜。娘はなんと赤いバラを胸に四つもつけて現れたのである。当然の
ようにポールを含む4人の男たちが幸せな気分になって、その姿を見た。

これは、バーボン・ウィスキー『フォアローゼス』の由来とされる話である。

もっとも、女は怖いという話でもあるが。



【ノロケなのかグチなのか】

アツコがユウコに言った。

「私は夫以外の男の人とキスをしたことがないのよ」

「そう。で、それはノロケなの? それともグチなの?」


【本当の幸福とは】

「結婚して初めて本当の幸福というものが分かったよ」

「結婚って、そんなに素晴らしいものなのかい?」

「いや、失ったものの価値が良く分かったってことさ」



【5分待って】

夫が会社から帰るって来ると、まだ夕食の支度すらできていない。それに怒っ
た夫が出かけようとした時、妻が言った。

「あら、どこへいらっしゃるの?」

「レストランに決まっているじゃないか」

「それなら、5分待ってくれない?」

「5分待てば、夕食の準備ができるというのか?」

「違うわよ。5分あれば、わたしも一緒に行けるから」



【最初のうすのろ】

夫婦喧嘩をしている夫婦の会話。

「お前、そんなに何人もの男にプロポーズされたと言うのか」

「そうよ、何人もいたわ」

「そうかい、それなら最初にプロポーズをした、うすのろと結婚して欲しかっ
たよ」

「したわよ」



【小鳥のようになる理由】

夫婦喧嘩をしている若い夫婦の会話。

「世間で若い女のことを小鳥のようだと言っているのは、年中口やかましく囀
(さえず)るからだな」

「あら、わたしは虫けらみたいな男ばかりいるからだと思っていたわ」



【届かない願い】

「隣の奥さん、最近元気がないね」

「ご主人に愛されていないって言ってたわ」

「どうして?」

「奥さん、サンタクロースに宛てて、ブランド物のバックを下さいと書いた手
紙を、ご主人に郵便ポストに入れといてと言って頼んだらしいの」

「それで?」

「本当に、そのままポストに手紙を入れちゃったんだって」



【間違い電話】

医者の家に電話がかかってきた。

「おい、急いで俺の診察カバンを出してくれ」と医師である夫が言った。

「どうしたの? こんな夜遅くに」と妻が尋ねた。

「男が電話で今すぐ来てくれないと死ぬと言って、すぐ電話を切ったんだ。よ
ほどの急病だと思うから急いで行かなくちゃいけない」

「ちょっと待って、その電話、私にかかってきたんじゃないかしら」



【のぞきの常習者の言い訳】

夜更けの住宅街。

警官がパトロール中、一軒の家の中をのぞき込んでいる男を発見した。

「おい、そんなところで何をしているんだ」

「シーッ、ここは私の家なんだ。ところが今帰って外から中を見ると見知らぬ
男が妻と仲良くしているじゃないか。これは尋常じゃないと思ってその男の正
体を、こうして探っているんだ。大丈夫、警察の世話になるような面倒は起こ
さないから」

「そうですか」と言って、その警官は立ち去った。

その次の夜更け。前日の男が、まったく違う家をのぞき込んでいるのを、また
もパトロールをしていた同じ警官が見つけた。

「今度は騙されないぞ。署まで同行して貰おうか」

「シーッ、今この家に俺の妻が入ったんだ。相手の男が誰なのか知りたいだけ
なんだよ」



【珍しい電話】

「スザンヌ、スザンヌ」と寝言を言っているのを聞いた妻が、夫を揺り起こし
た。

「ねえ、あなた、スザンヌって誰なの?」

「スザンヌ? ああ、僕が賭けた牝馬の名前さ。競馬の夢を見ていたんだ」

翌日、会社を帰った夫が「留守中、何も変わったことはなかったかい?」と訊
いた。

「別に。ああ、そう言えば珍しいことがあったわ。あなたの賭けた牝馬が電話
をかけて来たわよ」



【思いは一緒】

海辺で超ビキニ姿の女が隣に寝そべっていた若い男に言った。

「あなた、今何を考えているの?」

「君と同じことだよ」

「まあ、いやらしい」



【言葉の意味】

小学校の教師が子供たちに質問した。

「空恐ろしい、の意味を知っている人?」

生徒の一人が答えた。

「ハーイ。飛行機事故のことです」



【脅迫】

ある家に強盗が押し入った。

「さあ、金を出せ。出さねえと命を貰うぜ」

「女房を持っていってくれ。女房が俺の命だ」



【凶器】

ある家で主婦が殺された。犯人は夫だった。

刑事が夫に「なぜ食卓の椅子で奥さんを殴ったんだね?」と訊いた。

「だって、テーブルは重いじゃないか」



【断る理由】

ある会社の社長が銀行の頭取に面会を申し込んだ。頭取は、秘書に何か口実を
設けて断るように秘書に命じた。

「申し訳ございませんが、頭取は、ただいま背骨を痛めておりまして、面会は
致しかねます」と秘書が社長に言った。

「なるほど。では頭取にもう一度、こう伝えて下さい。私が来たのは頭取とレ
スリングをするためではありません。お話をしたいだけです。と」



【それは凄い】

ホテルのバーで二人の作家が久しぶりに再会した。

「久しぶりだな。以前、君と会ってから私の読者が2倍になってね」

「それは、おめでとう。でも君が結婚したとは知らなかったな」



【来ないはず】

女性客が、かんかんに怒って電気店にやって来た。

「インターホンを直すのに誰か寄越してて言ったでしょ。なのになぜ誰も来な
いの?」

「すみません。修理人がお宅に行って何度チャイムを押しても誰もドアを開け
てくれないもんで、お留守かと思って帰ったと言うんです」



【忘れ物】

ある商店で買い物をしていた男性が、傘を忘れていたことに気づいて戻って来
た。

「ここで雨傘を忘れたんだが、知らないか?」

すると、その商店の店主が空を見上げて言った。

「旦那、良い具合に、もう雨は止んでますぜ」



【客の年齢】

ある店で女性客が店主に言った。

「この商品、昔は安かったのに、今はなぜこんなに高いの?」

「えーっ!」とわざと驚いた素振りをして、その店主が続けた。

「あなたのような若い女性が、そんな昔のことを覚えておられるとは驚きです」

「そう? どうやら、私の勘違いだったみたいね。今のこと忘れて」

その女性客は、まんざらではない様子で、その商品を購入した。



【保証人は神様】

「今、金に困っているんだ」

「なあに、そのうち神様が助けてくれるさ」

「それは分かっているんだ。だから、神様の保証でそれまで金を貸してくれな
いか」



【強運の持ち主】

「花束を一つ、奥様にいかがです?」

そう言って花屋の店主が道行く若い男に声をかけた。

「妻はいないよ」

「それでは、恋人にどうです?」

「恋人もいないよ」

「おお、何と運の強い方だ。羨ましい。ご自分のそのツキために花を一つどう
です?」



【挑戦者】

レストランで、体格の良い男がトイレに行った。

その時、洋服掛けに掛けられたコートに「このコートはレスリングチャンピオ
ンのものです。チャンピオンはすぐ帰って来ます」と書かれた紙切れが貼られ
ていた。

しかし、チャンピオンが帰って来ると、そのコートはなくなっていた。

代わりに「コートを持ち去ったのはマラソンの王者で彼は二度と帰って来ませ
ん」と書かれた紙切れだけが残っていた。



【神様にインタビュー】

新米の新聞記者が洪水被害に遭った地域に取材に行った。

その新米記者は、「町はまるで神の裁きを受けたように酷い有様だ」といった
抽象的な言葉で始まる小説のような美文、麗文の限りを尽くした記事を何度も
送ってくるのだが肝心の事実の描写がない。

苛立った編集長が一言。

「その神様にインタビューして来い」



【2人のバーテン】

ある親が成人になった息子を酒場に連れて行った。

「息子よ。酒は飲んでも呑まれるな。酔っぱらいほど恥ずかしく見苦しいもの
はない。そうなる前に飲むのを止めろ」

「では父さん、どういう状態になったら、酔っぱらっていると判断するのです
か?」

「酔っぱらうと物がはっきり見えなくなる。例えば、今目の前にバーテンが2
人いるだろう。あれが4人に見え出したら飲むのを止めろ。酔っぱらった証拠
だから」

「でも父さん、バーテンは一人しかいませんよ」



【家族の心理】

「この病棟には4号室があるんですね」と4号室の入室が決まった患者が、病
院の院長にそう質問した。

「ええ4は死に通じるといって嫌がる人はいますけどね」

「院長は、そんな迷信は信じておられないわけですね」

「いえ、病人をそんな部屋に入れたいっていうご家族も結構多いから仕方ない
んですよ」



【緊急事態】

「麻酔科医にも声をかけたんだが、それでもまだメンバーが足りないんだ。君
も大至急来てくれ」と内科医が外科医に電話してきた。

「分かりました。先生、すぐに参りましょう」

それを横で聞いていた妻が往診カバンを渡しながら「ねえ、あなた今日は私た
ちの結婚記念日よ。それでも断れないほど大切な用事なの」と不満そうに言っ
た。

「ごめん、どうも緊急事態のようなんだ。何しろ、すでに医者が3人も集まっ
ているから僕が行かなくちゃ、始まらないんだ」

その4人の医師たちは麻雀屋にいた。



【どちらに転んでもOK】

主婦同士の会話。

「最近、会いたくない訪問客が多いんだけど、どう対処したら良いかしら」

「そんなの簡単よ。帽子と手袋、そして鞄をいつも玄関に用意しておくだけで
十分よ」

「それで、どうするの?」

「チャイムが鳴ると、用意している帽子と手袋、そして鞄を手に持つの。嫌な
訪問客だったら、今から出かけるところなので、またにしてって言うのよ」

「でも、会いたい人だったら?」

「その時は、良かった、ちょうど帰って来たところです、って言えば良いわ」

……………………………………………………………………………………………

今回は、ここまで。楽しんで貰えたかな。

笑いは健康と心の薬や。また営業職に携わる者にとっては強力な武器になる。

さらに一般の人にとっても人との関係をスムーズにする潤滑剤にもなり得る。

それはなぜか? 答は単純明快。

ジョークを使うのは人を笑わせようとする気持ちがあるからや。人を喜ばせた
い、人を和ませたい、そういった思いは必ず相手に伝わる。

そんなジョークを言われて怒る者は少ない。

もっとも、ブラック・ジョークと言われているものには「皮肉」と受け取られ
るケースも多いから気をつけなあかんがな。

ジョークと皮肉の違いは一つ。それは使う相手に対する思いの違いや。

相手への心遣い、優しさがあれば、けっして皮肉にはならない。反対に、相手
に対して敵意があれば、どんなジョークも皮肉に聞こえてしまう。

そう心することや。

最後に一言。

ジョークは、そのまま使うのやなく、自分なりのアレンジを加えて使うた方が
ええと言うとく。

ジョークは使う場所や時、タイミングを間違えれば笑えないものも多いさかい、
使うにはそれぞれで工夫して欲しい。

ワシが、ここで紹介したジョークは、昔どこかで聞いたような話を自分なりに
アレンジしたものが多いしな。

皆さんも自由にアレンジしたジョークを駆使して頂きたい。周囲に笑いがあれ
ば必ず事は上手く運ぶさかいな。

それでは、今年1年、今までどおり頑張るので、よろしくお願いしたいと思う。



参考ページ

注1.第82回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの初笑いジョーク集
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-82.html

第239回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの初笑いジョーク集 
Part 2
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-239.html

注2.第167回 新聞拡張員ゲンさんの裏話 ■ゲンさんの拡張ジョーク
集 Part1
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage13-167.html

第175回 新聞拡張員ゲンさんの裏話 ■ゲンさんの拡張ジョーク集 
Part2
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage13-175.html

第68回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞の勧誘ユーモア&ジョーク集 
Part 1
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-68.html



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の2014年12月26日から本日2015年1月2日までに追加更新したも
のの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1312 専業の苦悩について

リンク集 その3 各種情報関連サイト・ブログ集NO.6
45 スギセイ畳商店……畳の選び方やメリットなど、価値を再発見できる畳店
のサイト


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』配信中
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage14.html  

月額 210円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』掲載中。
第1回配信 2014. 7.26

作品紹介

 これは、ある新聞社と新聞販売店、新聞販売店と新聞拡張団、隣合わせ同士
の新聞販売店の争いを描いたものです。

 逆転につぐ逆転で、最後の勝者が誰になるのか。どういった結末を迎えるの
か。笑いと涙とサスペンスを交え毎回のように見せ場を作っていますので、ご
期待ください。

                                                著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
  
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。