ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第186回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■2011年の出来事……歴史に残る東日本大震災と原発事故について

2011/12/30

■2011年の出来事……歴史に残る東日本大震災と原発事故について


今年を振り返るとき、3月11日に起きた東日本大震災と福島第一原子力発電
所の事故を抜きには語れない。

このメルマガでも8回に渡って、その問題点を取り上げてきた。(注1.巻末
参考ページ参照)

いずれも日本、いや人類の歴史上、消えることのない大災害であり、汚点とな
る大事故やったさかいな。

未来永劫、語り継がれることになるのは間違いない。

2011年3月11日14時46分18秒。東日本大震災が発生した。

震源地は三陸沖の牡鹿半島の東南東130キロの地点。震源の深さは約10キ
ロと比較的浅い。

地震の規模を示すマグニチュード(M)は9.0。阪神淡路大震災の約180
倍の破壊力やという。

気象庁の震度速報によると、宮城県北部で震度7、福島、茨城、栃木県などで
震度6強、岩手、群馬、埼玉、千葉県で震度6弱を記録したとある。

震源域は岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200kmの広範
囲に及んだ。

地震で北海道、東北、関東、東海、関西の太平洋沿岸のほぼ全域に大津波警報
が発令された。

その直後、岩手県、宮城県、福島県などでは最大15メートル超の津波が押し
寄せ、道路が冠水、海岸の車や住宅が押し流され、火災が発生するなどの被害
が発生した。

この火災の発生により沿岸の石油コンビナートの貯蔵タンクの破損、また津波
で押し流された船舶や車などからも大量のガソリンが漏れ出し、それが内陸部
まで運ばれた。

津波が引く際、海面に浮かんで漂っていた油が瓦礫の漂流物に取り付き、それ
に何らかの原因で引火したものと言われている。

専門家の話では発火の原因として、鉄と鉄とのぶつかり合う際にできる摩擦熱
や火花、千切れた電線によるショート、エンジンをかけたままの車の存在など、
さまざまなことが複合的に考えられるという。

その光景も、津波とはまた違う地獄絵図やったと言える。

この大津波のため、地震による直接的な建物や家屋の倒壊、および被害者は未
確認のままやという。

大半が津波に呑み込まれたために調べようがないと。

津波以外にも液状化現象、地盤沈下、ダムの決壊などによって、東北と関東の
広大な範囲で被害が発生している。

2011年12月22日現在、死者は15,843人、重軽傷者は5,890
人、警察に届出があった行方不明者は3,469人と発表されている。

建築物の全壊、半壊は合わせて35万戸以上。ピーク時の避難者は40万人以
上。停電世帯は800万戸以上。断水世帯は180万戸以上に上ったとされて
いるが、未だにその詳しい被害の実態が把握できていない。

また、高齢者を中心に避難所の不衛生や寒さなどによる死者は3月末までに2
80人を超えたという。

まさに未曾有の大震災やった。

それだけでも大変な災害やのに、それに輪をかける人災とも言える重大な事故
が重なった。

東京電力福島第一原子力発電所事故が、それや。

地震と津波により電源が使えなくなったことで原子炉を冷却できなくなり、炉
心溶融(メルトダウン)や水素爆発にまで至ったとされている。

結果、放射性物質が大量に外へ漏れ出し、現在も尚、出続けているという。

それまで最悪とされていたチェリノブイリ原発事故を超える大事故になった。

チェルノブイリ原発事故とは1986年4月26日、当時のソビエト連邦(現、
ウクライナ)で起きたものや。

その事故の際、広島に投下された原子爆弾約500個分に相当する量の放射性
物質が大気中に撒き散らされたという。

それよりも、今回の東京電力福島第一原子力発電所事故の方が大きいというこ
とになる。

大震災による津波被害だけのことなら、どんなに悲惨な状況であっても復興、
修復は少しずつでも前進することはできる。

残念ながら失われた人命は戻っては来ないが、後に残された者は辛くても、そ
の人たちの分も頑張って生きようと考えられる。

どんなに悲惨な状況であっても、その事が終われば、人は例え一からでも、マ
イナスからでも立ち上がって、やり直そうという気になれる。

日本が、戦後、驚異的な復興を為し遂げられたのも、そうや。

今回のように家々が瓦礫と化し、焼け野原になった状況が日本全体に点在して
いた。

そうであっても、それ以上は終戦ということで悪くなることがなかったさかい、
人々は明日に希望を持って頑張ることができた。

その頑張りにより、世界に類を見ないほどの驚異的な復興を成し遂げ、世界の
トップクラスの国にまで昇り詰めることができたわけや。

しかし、福島第一原発事故が、その復興に水を差した格好になっている。

事故そのものは、大震災と津波被害によるもので天災との見方もできるが、地
震国日本で、その主張は許されない。

日本では「地震は必ず起きる」というのは常識や。すべての建造物は、それを
前提として安全に建てる必要がある。

特に、原子力発電設備に関しては、その導入当時から賛否両論があり、万が一
事故が起きた場合の危険性を指摘されていたにも関わらず、それを「絶対安全
だから」と押し切って国策として作ったという経緯がある。

例え今回の地震の規模と津波の威力が「想定外」であったとしても、「絶対に
安全だ」と主張し続けた限りは、その「想定外」を理由にするべきやない。

どんな事態がおきようと、すべてを「想定内」とし、「絶対に事故が起きては
ならない」施設は、何があっても事故を起こしてはならんように配慮する必要
があった。

そして、現実に、こういった事故が起きたということは、その見込みが甘かっ
た、悪かったという何よりの証になる。

長年に渡り「絶対」という言葉を使って、「原発不要論」、「原発危険論」を
封じ込めてまで、強引に原発を導入してきた限りは、それでは済まされん。

福島第一原発事故には、未だにその終わりが見えない。

12月16日に野田総理が「原子炉の冷温停止宣言」(注2.巻末参考ページ
参照)を行った記者会見があるが、まったくの茶番としか言いようがない。

原発の第一人者でもある京都大学原子炉実験所助教授、小出裕章氏によると、

原子炉圧力容器の中に水がたまっている状態で炉心が水の中につかっていて、
その水の温度が100℃を超えない状況にあるというのが冷温停止という概念と
のことや。

それやのに、圧力容器はおろか格納容器すら破られているのに冷温停止という
言葉を使うこと自体がおかしいという。

工学的な常識をはるかに逸脱したことを言っていると。

現在もコンクリートの床の上に2800℃を超えた溶解物質がコンクリートを
溶かしながら、下にめり込んでいきつつある状態とのことや。

東京電力もそれは認めて、そう発表もしている。

その時に水を上からかけたとしても表面は冷やすことができるが、コンクリー
トの中にめり込んで溶けている塊までは、とても冷やせない。

それがもう突き抜けているかもしれない。誰もそれを確認することができない
状態にあると。

冷温停止状態どころか、これからまだまだ危険な状態になっていくと考えられ
ると小出裕章氏は言う。

小出氏の見解には説得力がある。まず、そのとおりに間違いないだろうとワシ
らも思う。

なぜ、いずれ分かってしまうような、でたらめを平気で言うのか。

答は一つしかない。

政府としては一日でも早く収束したという形にして、何とか原発の運転を再開
したい、原発事業を推進していきたいということに尽きる。

原発事故の発生した当時から、事態は日を追う毎に悪化していっていると、以
前のメルマガで言うたが、本当にそのとおりになっとる。

その過小評価の発表の裏には国民の原子力に対する無知につけ込んでのことや
ろうが、バカにするのもほどほどにしとけと言いたい。

誰も、この野田首相の冷温停止宣言なんか信用しとる者はおらんはずや。

これだけ、ええ加減な情報を垂れ流していたということが露呈している状態で
は信用しろと言われてもできるもんやないわな。

政府は必死になって原子力発電が否定されることを避けたいのやろうが、却っ
て逆効果になっとる。

はっきり言うが、政府や役人、電力会社が考えとるほど、国民はバカやないで。

多くの国民が、日本に『原子力発電は必要ない』という答を出しているという
事実をみても明らかやと確信しとる。

それを政府や役人、電力会社が認めたがらんだけの話でな。

まあ、本当のバカは、連中のように自分たち以外はバカやと考えとる人間やけ
どな。救いがない。

既得権益か何かは知らんが、多くの人たちの命と財産、生活を引き換えにして
まで得ようというのは大量殺人を犯した凶悪犯と何ら変わりがない。

一般人が放射性物質を空中に散布すれば確実に逮捕され刑務所行きは間違いな
い。

しかし、今回のように、その考えの甘さから大量の放射能洩れが起こっている
のにも関わらず、誰もその責任を取ることすらない。

それで良しとしとるようなところがある。

そんなバカな話があってええのかと思うが、そのバカな話があるのが、今のこ
の日本の現状なわけや。

そんなことが許されてええはずはない。また、絶対に許したらあかん。

それに対して、ワシら国民は大いに怒る必要がある。

その怒りは、原発の即時前面停止、廃炉の選択をするよう仕向けることでしか
表しようがない。

奴さんらは何より、そうなることが堪えるさかいにな。

それは、この事故が起きた結果論として言うてるだけやなく、実際にも、その
原発が生み出す電力そのものにも、人類にとって取り返しのつかないリスクを
負うてまで必要とする理由が何もないと断言できるからや。

原子力発電の推進者たちは、「原子力発電なしでは日本の電力は補えない」と
よく言うが、それは明らかな間違いで詭弁やったということが、この数ヶ月で
実証された。

12月現在、全原発54基中、7基稼働していて、原発稼働率は14%にまで
落ち込んどると言うが、それでも電力不足でどうにもならんという話は聞かん。

それどころか、原発稼働率がゼロになっても十分やっていけるという数字すら
出ている。

このまま原発が消えていってくれることを望むが、日本の原子力発電の推進者
たちは一筋縄ではいきそうもない。

国会議員や役人、電力会社のトップといった一部の既得権益者には政治的な力
を持つ者が多い。

その連中が、そのまま大人しくするとも考えられんし、日本の新聞、テレビ局
などのマスメディアもそれに荷担する姿勢が垣間見えることにも用心が必要や
と思う。

野田首相のわけの分からん冷温停止宣言を見ても明らかなように、原発を復活
させようという意図がありありとしとるさかいな。

『第182回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■報道のあり方 その2 消された
「原発国民投票」CMについて』(注1.巻末参考ページ参照)が、その最た
る例や。

「原発国民投票」の雑誌特集CMをテレビ局が放映拒否したというものやった。

それについては散々批判したから、ここでの言及は省くが、そういうことをす
る連中には、ワシら国民も本気で立ち向かうことを考えなあかん時期にきとる
と思う。

はっきり言うて、もう民主党の現政府はあかん。自民党も原発を推進してきた
から、同じ穴のムジナや。頼りにならん。

その2つの巨大政党が、そういう状況やから国民に選択権はなさそうに思えて
いたが、今は僅かながら希望が見えている。

橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」というのが、それや。

中央の政界に打って出るために「維新塾」というのを開いて国会議員を送り出
す準備をしとると言うが、もし、本気でそう考えておられるのなら、必ずや一
大勢力になるのは間違いないと思う。

橋下徹氏には既存の政治家には、なし得ないバイタリティと行動力を感じる。

原発は不要という主張一つとっても共感できる。役人に対して厳しく接する態
度もええ。既得権者に宣戦布告しとるのも小気味の良さを感じる。何より有権
者以外のバックを持たんという姿勢が素晴らしい。

現時点では、まだ希望的観測にすぎんかも知れんが、橋下徹氏が本気で国のた
めに立ち上がれば、本当に日本が変わるような気がする。

そう思わせるものがある。

少なくとも、ワシらが今選択するとしたら、橋下徹氏率いる勢力以外にはない。

民主党や自民党を選んでも、このままずるずると底なし沼に引きずり込まれる
だけやしな。

座して死を待つに等しい。

もうそろそろ日本の政治は組織票重視の時代は卒業せなあかんと思う。

組織におもねる限りは絶対にまとな政治なんかできるわけがない時期にきたと
知るべきや。

民主党も組織に依存しとるからこそ、あれだけ国民のためになると胸を張って、
その支持を得ていた根源でもあるマニフェストを悉(ことごと)く破らなあか
んことになっとるわけやさかいな。

財源不足やと言うが、その財源を今まで食い荒らして借金地獄に落とし入れた
のは、その政治であり、国の役人、行政の責任以外の何ものでもないわけや。

行政を徹底的に切り詰めさせれば、その財源なんかすぐ出てくるし、そこまで
すれば国民も協力する。

それに切り込めんのでは話にならん。

民主党のように公務員の労働組合が支持母体と言うんでは、公務員改革や霞ヶ
関改革など夢のまた夢やわな。

やれと言うてもできるわけがなかった。

それなしに増税だけすると言うのでは、本来責任を負うべき立場の役人たちを、
さらに優遇する結果にしかならんことは火を見るよりも明らかやと思う。

それが引いては原発を推進させる原資にもなり得る。

民主党政治の唯一の成果は、国民にそのことを気付かせてくれたことかも知れ
んという気がする。

本来、政治家がおもねるのは国民一人一人であるべきやと。

国民のために何ができるかが政治で、組織や一部の既得権者を守る、優遇する
ことやないと。

そして、組織に属する人たちも、単に上からの命令で組織票の一つに数えられ
るような愚はもう止めることやと言うとく。

ええ意味で自分というものを持って組織を裏切って欲しいと思う。

組織の前に、意志を持った一人の人間、個人であると。

ワシは、新聞拡張員ではあるが、その前に一人の日本国民であるという思いを
常に持っとる。

せやからこそ、新聞社や業界関係者が、国民に背くような真似をしとると気が
つけば、その行為に対して声を上げて反対、批判するようにしとるわけや。

これからもそうする。

組織の一員やからと言うて、どんな愚でも賛成するというつもりは、ワシらに
はさらさらないさかいな。

はっきり言うが、いくら組織のために尽くそうが組織は簡単に個人を見捨てる
で。

そうしても屁とも考えとらんし、何の痛痒も感じん。それが組織というもんや。

リストラが、そのええ例やと思う。組織は生き残るためには当然のように個人
を切り捨てる。そういう人は腐るほど見てきた。悲惨なものや。

僅かな希望であっても、来年にはそれが現実になるかも知れんという気がする。

もっとも、橋下徹氏に限らず、原発を廃止し、税金の無駄遣いをなくすために
本気で尽力する人物が台頭すれば、ワシらは及ばずながら応援したいと考えと
るがな。

来年こそは、そんな明るい未来が待っていると信じたい。

今年1年、お付き合い頂き、まことに感謝している。

それでは、来年2012年こそは、それぞれに良いお年でありますように。



参考ページ

注1.第145回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■東北地方太平洋沖地震の悲劇
の実態と今後の対策について
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-145.html

第146回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■情報を伝える人々の使命感と気概、
そして新聞の存在意義について
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-146.html

第147回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■原発事故による風評被害と震災に関
したデマ情報流布の対策について
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-147.html
 
第150回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■日本復興への提言 その1 原子力
発電の廃止とその代替案について
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-150.html

第153回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■日本復興への提言 その2 原子力
発電廃止の流れを止めるな
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-153.html

第158回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■日本復興への提言 その3 リーダ
ーの選択を誤るな 
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-158.html
 
第161回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■日本復興への提言 その4 「どな
いなっとんねん」が多すぎる
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-161.html

第182回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■報道のあり方 その2 消された
「原発国民投票」CMについて
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-182.html

注2.原子炉の冷温停止宣言
http://www.youtube.com/watch?v=MxUQKJwkIeY



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の12月23日から本日12月30日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1086 新聞を解約したいのですが損害金について教えて下さい

メールマガジン・ゲンさんの新聞業界裏話・バックナンバー
第181回〜第185回まで本文のみ公開

第183回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞の実像 その5 不毛な争いを
続ける新聞人たち 読後感想 同感です


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍紹介

ムック・シリーズ『利権マスコミの真実』
出版社 オークラ出版  2011年11月29日、全国の書店にて好評発売中
販売価格 税込み1,200円

書籍内容
〜「報道しない自由」を作ってきたのは誰だ〜
利権に絡みつき、情報を歪め、ブームをつくってきた者たちへのレクイエム

原発報道、記者クラブ、印象操作とステルスマーケティング、韓流ゴリ押し、
無視される国旗国歌、スポンサーという名の巨悪、TPPで買われる日本の
TV局、……もはやこの国のメディアは死に体だ。

戦後65年、一億総白痴化はどのように進んで行ったのか。気鋭の論客や著名ジ
ャーナリストから、元サラ金社員、現役新聞拡張員までもが参戦、日本のマス
コミのあり方を問う。与えられる情報を疑え! テレビを捨てよ町へ出よう!

メディアの黄昏
総特集1 原発村を支えるマスメディアの堕落
●メディアが加担し国民を洗脳する謀略を見抜け 「警戒区域」の背後にある
アメリカの策略/副島隆彦
●日下公人インタビュー メディアが報じない第三の原子力発電
●どの雑誌が東電とズブズブ? 言論誌・原発広告ランキング/佐々木奎一
●消えた『炉心溶融』を追え! 福島原発事故報道とメディアの情報操作/本
誌特別取材班
●御意見有用! 脱原発のカリスマ 小出裕章の政治観/早瀬善彦

総特集2 利権に蠢くマスコミという権力
上杉隆インタビュー /既存マスコミへの絶縁状
●パチンコ=マスメディアの負のスパイラル/若宮健
●サラ金広告解禁が生み出した多重債務者問題/笠虎崇
●電通─日本を影で操る情報工作機関はいかに巨大化したか/但馬オサム
●利権マスコミを貪ってきた政治家たち
●新聞社と販売店の「暗黙の了解」を現役拡張員が語る/白塚博士

特集1 メディアによる洗脳を解け
●三橋貴明インタビュー 本当にヤバイ日本のメディア
●メディアの「カモ」・ B層の正体/適菜収
フジテレビ抗議デモこそ、日本のジャスミン革命である/曙機関
●「花王デモ」はTVの「終わり」の始まりか/山際澄夫

特別3大対談
●政治と哲学・若手からの提言 これからの「政治」の話をしよう/横粂勝仁
×岩田温
●第3回 大丈夫。日本人は目ざめ始めている!/田母神俊雄×すぎやまこうい

●異色の解逅 パトリティズムあるグローバリズムを/元赤軍派議長 塩見孝
也×文藝評論家 山崎行太郎

特集2 報道されないニュース
●報道されない在日中国人犯罪/坂東忠信
●太陽光発電の伝道師・孫正義社長の行く末/町田徹
●民主党と北朝鮮?革命家?ライン/野村旗守
●韓流に隠された危険と希望/水島総

非常の思想 決断の時、それが危機/西部邁
百年剣を磨く UFOと国防/桜林美佐
たしなみとしての岩波文庫『ジョセフ・フーシェ』/岩田温
反日組織の思想解剖図 日教組の思想(後)/早瀬善彦
注目すべき日本人との出会い 魔術の女王・初代松旭斎天勝/但馬オサム
書行無常/杉原志啓

この本のP76に『配達されないシンブン「押し紙」の実態』と題された執筆
記事が、私、白塚博士名で掲載されているので、ご一読して頂ければと思いま
す。(管理人 ハカセ)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html
2011.4.27 App store(アップル・ストア)にて販売開始
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
必要端末「iPad(アイパッド)」、「iPhone(アイフォン)」、「iPod Touch
(アイポッド・タッチ)」


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)……宅急便代金引換、コンビニ払い、ATM、ネット
バイキング、Edy払い可。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
  
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。