ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第171回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞販売店物語 その4 暴力の代償

2011/09/16

■新聞販売店物語 その4 暴力の代償


「所長、一体どういうことや?」

専業員のカンザキは血相を変えて、ウエノ新聞販売店の所長、ウエノに詰め寄
った。

「何のことや?」

「とぼけるな! つい今しがた、代行のヒラヤマさんから電話があった。お前
の差し金やろ?」

カンザキは、ヒラヤマの紹介でウエノ新聞販売店で働き始めた。

ヒラヤマというのは、広域暴力団Y組の傘下組織○○組の若頭代行をしとる大
幹部でカンザキが現役時代の兄貴分やった男や。

つまり、カンザキは元タナカ組の組員でヤクザやったということになる。

カンザキは、あることからヤクザの足を洗うことにした。

そのとき、ヒラヤマから、その働き口としてウエノ新聞販売店を紹介して貰っ
た。

それには、ヒラヤマに「堅気(かたぎ)になりたいということやが、今まで何
か堅気の仕事をしていた経験でもあるのか」と聞かれ、「昔、新聞販売店で働
いていたことがあります」と言ったことから、そうなった。

もっとも、直接の口利きがあったかどうかまではカンザキには分からない。

「そこに面接に行ったら雇って貰えるはずや」と言われて、そうしただけやっ
た。

事実、簡単に採用されたさかい、それがあったものとカンザキは信じた。

カンザキのいた世界では、それで十分やった。すべては暗黙の了解の上に成り
立っている。

現在、新聞社関係者は当然として、新聞販売店や新聞拡張団においても暴力団
(ヤクザ)との付き合いや関係を持つ事は厳しく禁じられている。

それが発覚すると、新聞社関係者は処分され、新聞販売店や新聞拡張団は業務
取引が停止、つまり事実上の廃業に追い込まれるという。

そのため、表向きはそういう、つながりはないことになっとる。

せやから、所長のウエノにすれば、例え分かり切ったことでも「何のことや?」
と、とぼけるしかないわけや。

「このガキ!! いつまでも、とぼけられると思うとんのか」

気の短いカンザキは限界にきていた。

カンザキは、そのウエノ販売店に勤め出してすぐにツヨシという若い専業員と
仲良くなった。

職場ではツヨシの方が先輩ということになるが、ツヨシはカンザキとは年齢が
離れて若いということもあり、最初から「カンザキさん」と低姿勢で接してき
た。

そのため弟分ができたような気になり、ツヨシのことを可愛がった。

カンザキ自身は、元組員やったということは誰にも言うてない。また言うつも
りもない。

ヒラヤマから、「堅気で仕事を続けたいのなら元組員とは絶対言うな」と釘を
刺されていたということもあるが、チンピラみたいに後ろ盾に頼る必要などな
いという自信もあったからや。

現役時代から、そうやったように誰に対しても臆することがないというのが、
カンザキの誇りでもあったさかいな。

せなあかん喧嘩なら一人でする。

カンザキはツヨシから、業界の今の状況について、いろいろと聞いた。

17、8年前に高校を中退して家を飛び出していた頃、食うために一時期、新
聞販売店で仕事をしていたことがあったが、そのときとは、あらゆることが違
っていた。

新聞配達自体は一緒やが、今は順路帳はパソコンで作る時代やという。カンザ
キがやってた頃は、すべてが手書きやったさかい、まさに隔世の感がある。

ここのウエノ販売店では勧誘をせなあかんが、その昔、カンザキが勤めていた
販売店では、勧誘は拡張員の仕事と決まっていて、する必要はなかった。

しても、せいぜいが止め押し(継続依頼)程度のものやった。

集金は以前にもあったが、ここではその集金に問題があるという。

「カンザキさんは、切り取りというのをご存知ですか」と、ツヨシ。

「キリトリ? 何やそれ?」

「切り取り」というのは、新聞講読料の集金期日までに回収ができんかった場
合、その集金を担当した従業員の給料から一時立て替えをさせるシステムのこ
とをいう。

集金時に使う「証券」と呼ばれる領収書は二枚綴りになっていて、一枚が店に
提出する控え、もう一枚が客に渡す領収証になる。

それを最初から切り離すことで「切り取り」と呼ばれている。

集金さえ順調にできれば何の問題もない。集金した金とその「証券」の控えを
店に渡せばええだけやさかいな。

ところが、販売店によれば、集金期日というのを厳格に決めていて、その日ま
でに集金人が集金できんかった場合、集金できたときに渡す控えの「証券」だ
けを回収し、その代金の不足分を給料から差し引くというシステムを取り入れ
るケースがあるという。

強制的な立て替え払いということになる。

客の都合で「今日は持ち合わせがないから、少し待ってくれ」とか、その客と
なかなか会えずに集金できんというケースが、この業界には結構ある。

ある意味、仕方のないことなんやが、例えそうであっても、その責任を集金人
に押しつけるわけや。

そうすることで、その新聞代の集金が確実にできるさかいな。

そして、その立て替え分がほしかったら、自分で集金しろと言う。

販売店側の狙いは、回収不能金をなくしたいということだけや。そのためには
従業員を泣かしても構わんという理屈になる。

えぐいとしか言いようのない行為や。

はっきり言うて、こんなことをしとる業界は日本広しと言えども、この新聞販
売店業界くらいしかないと思う。

当然、違法性の高い行為ということになる。

労働基準法第24条第1項に定められている「賃金全額払いの原則」に違反す
ると考えられるさかいな。

その証拠を持って労働基準局あたりに、お恐れながらと訴え出れば、その販売
店は相当まずい立場になるのは間違いない。

これに対しての新聞販売店の言い分としては、「集金の使い込みやサボリを防
止するため」というのが多いようやが、労働基準局にそれは通用しない。

昔はそういう販売店も多かったということやが、今は少ない。

少ないが皆無というわけやなく、それで泣かされとる販売店の従業員が今も存
在するのは事実や。

その手の相談が、時折サイトのQ&Aに寄せられるさかいな。

ツヨシは、それで毎月かなりの回収不能金の立て替え払いをさせられているの
やと言う。

それだけやなかった。

「カンザキさんは、背負(しょ)い紙というのをご存知ですか?」

「な、何や? その背負(しょ)い紙ちゅうのは?」

長いこと業界から離れとると、次から次と聞き慣れん言葉が出てくるもんやな
とカンザキは思った。

本当はカンザキがやっていた頃にも、それらをやってた新聞販売店はあったの
やが、勤めていた店にはなかったから単に知らんかっただけの話やけどな。

一般でも新聞業界に関心のある人やと「押し紙」や「積み紙」というのを知っ
ている人も多い。

しかし、さすがに「背負(しょ)い紙」という言葉まで知っている人は、業界
以外では少ないと思う。

その「背負い紙」について説明する前に、押し紙や積み紙のことに少し触れと
く。

それが、分からんと、この「背負い紙」を理解できんやろうと思うさかいな。

押し紙というのは、新聞社の販売目標に合わせて、専属の各新聞販売店毎に割
り当てた部数を強制的に買い取らせる行為のことをいう。

業界では悪質な新聞勧誘の実態と同様に、長くタブー視されてきたことでもあ
る。

当たり前やが、「押し紙行為」のようなことはやったらあかん。

その存在が明らかになれば新聞特殊指定が外され、行く行くは再販制度の撤廃
につながりかねんことになる。

そうなると、新聞業界は窮地に立たされる可能性が高い。

事実、その窮地が2006年にあった。

新聞特殊指定の見直し問題(注1.巻末参考ページ参照)というのがそれや。

この特殊指定が見直しされると、新聞そのものの存在が危うくなり、衰退する
ことになるという思いが業界には強い。

新聞特殊指定では、新聞社や販売所が地域や相手によって定価を変えたり値引
きしたりすることを禁じとる。

押し紙があると、新聞販売店は少しでもその負担を軽減するために値引き行為
に走ると見られている。

実際、それにより無代紙サービスという新聞の無料期間を設定するケースも多
く、事実上の値引きをする販売店も存在するさかいな。

もちろん、その程度の事実は公正取引委員会では把握済みや。それ故の強行姿
勢ということになる。

過剰な競争がふさわしくない商品やサービスについて、独占禁止法に基づき公
正取引委員会が告示する特殊指定の一つに新聞は1955年に指定された。 

新聞は、この特殊指定と独占禁止法の再販制度によって維持されてきたという
側面がある。

製造業者が小売業者との間で定価販売をする契約は、独占禁止法で原則、禁じ
られとるが、新聞はその法律により適用除外とされた。

これが、再販制度(再販売価格維持制度)と言われとるものや。

つまり、新聞は法律で守られているということになる。

これは現在、世界を見渡しても日本にしかない特殊なことや。

外国の多くの新聞社が極端に衰退する中にあって、日本だけはさほどの影響を
受けていない理由がそこにある。

再販制度は、販売店が定価販売を守らんかった場合、新聞社がその販売店との
業務委託契約の解除が可能というだけで、値引き販売自体を禁じたもんやない。

そのため特殊指定では、新聞販売店の直接の値引き行為を禁止しとるから、実
質的に再販制度をより強固なものにしとると言うてもええ。

裏を返せば、この特殊指定が外されると、再販制度そのものが危うくなる。そ
う新聞各社は懸念しとるわけや。

そのため、公正取引委員会は2005年11月、特殊指定について、時代に適
合しているかどうかということで廃止を含めた見直しをすると表明した。

「事と次第によれば新聞の再販制度を廃止するぞ」と脅しをかけたわけやな。

結局、このときは何とか先送りという形で現状維持ということになった。

それには新聞社からの政治家への働きかけが功を奏したためと言われとるが、
この押し紙の存在そのものがなくならん限り、またぞろ浮上する問題には違い
ない。

もちろん、新聞社が公にその押し紙の存在を認めることはないがな。

新聞社の言い分は、あくまでも販売店の自主的な注文により、新聞を卸してる
だけやということになる。

また、必要以上の注文は控えるよう所属の販売店には文書で通知しとるとも言
う。新聞社によれば、その誓約書まで提出させとるということや。

しかし、その押し紙の負担に耐えかねた販売店が新聞社を相手取り裁判を起こ
したというケースが、過去にいくつかあった。

俗に言う「押し紙裁判」と呼ばれとるものがそうや。結果は一部の例外を除い
て大半が販売店側の敗訴となっとるがな。

裁判所も初めから新聞社の言い分を認めて「押し紙」はないものとして判決が
下されていたと見受けられるから、当然の結果ということになる。

それが2007年6月19日、福岡高等裁判所で、その「押し紙」の存在を認
めるかのような判決が下されたことがあった。

その判決文の中に、

……………………………………………………………………………………………

一般に,新聞社は,新聞販売店に販売する新聞代金と新聞に掲載する広告料を
主な収入としているため,その販売部数が収入の増減に直結することから,販
売部数にこだわらざるを得ない。

そのようなところから,拡販競争の異常さが取り沙汰され,読者の有無とは無
関係に新聞販売店に押し付けられる「押し紙」なるものの存在が公然と取り上
げられる有り様である。

……………………………………………………………………………………………

という部分があり、裁判所がその「押し紙」の存在を認めたとも受け取れる記
述がある。

もっとも、この一事をもって、すべての新聞社に押し紙が存在するという根拠
にはならんがな。

実際に、その押し紙などまったくない販売店も数多く存在するさかいな。

また、この裁判は、その経営権を新聞社から取り上げられそうになった販売店
が、その身分保全のために起こしたもので、押し紙自体の是非について争われ
たものやないということもある。

ただ、これにより今まで以上に「押し紙裁判」が増えるという可能性は考えら
れる。

実際、ワシらが知る限りでもその後、幾つかその手の訴訟が提起されとるさか
いな。

それでも、この判決があるからと言うて必ずしも原告の販売店側が勝訴すると
は限らんがな。

どんな裁判も事案毎にケース・バイ・ケースやから、その結果はその時々で違
う。

もっとも、今までのように一方的に無視されたような状況と違い、某かの影響
があるとは考えられる。

積み紙というのは、この押し紙とは逆で、新聞販売店自らの意志で余分な新聞
を買う行為のことをいう。

大型店と思われたいという見栄や改廃(契約解除による強制廃業)逃れなど理
由は様々やが、こちらの積み紙については新聞社の積極的関与はあまり考えら
れんのやないかと思う。

この積み紙の存在も、押し紙裁判では販売店側に不利に働いてきたということ
がある。

新聞社からすれば、これは、販売店の虚偽報告による架空読者計上ということ
になる。新聞社が違反行為に指定していることやと。

つまり、どこまでが押し紙で、どの部分が積み紙かを判別する難しさというの
があるわけや。

加えて予備紙の存在もある。

突発的な事故や不配、試読紙といって公に認められている一週間の無料サービ
ス分、契約時の半月以内の無料サービス分、あるいは販売店に直接買いに来る
客用に備えるためにも予備的な新聞が必要になる。

押し紙行為を指摘する者は、新聞販売店に残紙として存在する余剰紙すべてが、
そうやと指摘するが、それは違う。

押し紙はその中の一部というのが正しい認識やと言うとく。

しかも、それを裁判所は文書や書類の内容で判断するわけやから、どうしても
その認定をするには限界がある。

例え、2、3日でもええから担当裁判官が、その気になって当該の販売店に張
り付いて徹底的に調べたら、分かるやろうがな。

まあ、そんなことは民事裁判では、よほどのことでもない限りすることはない
やろうから、言うだけ無駄とは承知しとるけどな。

ただ、客観的事実として、工場出荷のままの残紙が多くの新聞販売店から古紙
回収業者の手に渡っとるのは確かや。

これは、その気になればデータとして集めることもできる。

その数量は、実に新聞発行量の1割強に当たる37万トンにも上ると言われて
いる。

日本の新聞古紙回収率が6割前後やから、それで計算すると新聞古紙量の2割
弱もの残紙が存在しとるということになる。

これは、どう考えてもやはり異常な多さやと言うしかないわな。

その異常なことが、この業界では、今まで異常と捉えられてなかったわけや。

ワシにしても、押し紙、積み紙の存在を知ってはいても、長い間に培われた仕
組みの一つやというくらいにしか思うてなかったさかいな。

一般にもそれほど知られてないのは、そういう報道が一切ないということもあ
るが、悪質な勧誘とは違い、購読者が直接、被害に遭うことがないからやと思
う。

少なくとも、サイトのQ&Aには、その押し紙のために困ったという一般購読
者からの相談は皆無やさかいな。

押し紙があろうが、なかろうが、それにより新聞代が別に徴収されるわけでも、
安くなるわけでもない。

新聞代は、その新聞社毎に一律と決められとる。今のところ、何があろうがそ
れが崩されることはない。少なくとも公にはな。

積み紙は別として、押し紙による直接的な被害者は販売店ということになるが、
そのための補助金や経営継続の保証もされとるのが普通やから、まったくのマ
イナスということでもないと思う。

これによる明らかな被害者は、折り込みチラシ業者ということになる。

新聞販売店には、公売部数と実売部数の二つの部数があるが、実売部数が表に
出ることはほとんどない。

実売部数2500部に予備紙、押し紙、積み紙分の500部がある場合、それ
を加えた3000部が、その販売店の公売部数ということになる。

折り込みチラシ業者には、その公売部数3000部に対して折り込みチラシを
納入するように指示する。

つまり、500部は水増し分ということになり、配ることのないチラシ代金を
受け取るわけや。

厳密に言えば、これは詐欺ということになる。

もっとも、販売店としては「実売部数はこれだけしかないのですよ」と口が裂
けても言えんという事情があるさかい、仕方のないことやとなるのやがな。

また、そういったチラシ業者が押し紙、積み紙などの水増し分がどのくらいあ
るか調べることができんというのもある。

それもあり、このことで摘発された販売店も訴えた業者も今までのところない。

直接、販売店に文句を言うた業者なら知っとるがな。

新聞店に依頼する折り込みチラシ1部の平均価格は3円程度や。500部の水
増しがあるとしても1回分は1500円にしかならん。

折り込みチラシ業者がその事実を知らんという場合もあるが、例え知ったとし
てもそれを取り返すために訴えるということは、まずないやろうと思う。

裁判費用の方が高くつき、費用対効果が得られんということもあるが、嫌なら
そのチラシを入れるのを止めたら済む話やさかいな。

あるいは、その事実をつきつければ、次回からのチラシ代金の値引き交渉も容
易にできると思われるから、するのならそうする方が賢い。

定期的に納入しとる業者なら、3円のところを2.5円くらいにはするやろう
と思う。

0円になるか2.5円かの選択なら、普通は安くても利益になる方を選ぶやろ
うから、その交渉は成立しやすい。

また、業者によれば、最初からその水増し分を見越して、公売部数の1割〜2
割減のチラシしか依頼せんケースもあるということや。

結果として、その押し紙に耐えきれず裁判に訴えた新聞販売店以外では、それ
ほど大きな社会問題にはならんということになる。

もっとも、それは新聞販売店にとってで、新聞社の方は微妙なところやと思う。

新聞社の主張する「余剰紙を抱えているのは販売店の責任」という構図が崩れ、
む押し紙は新聞社主体で行われていると裁判所あたりで認定されたら、大きな
社会問題に発展する可能性があるさかいな。

その押し紙裁判自体は、新聞紙面や新聞の影響の強いテレビ等で報道されにく
いというのもあり、一般にはあまり知られてないというのが実状や。

もっとも、新聞社憎しで凝り固まった人たちは、それを格好の攻撃材料として、
ネット上で使うとるがな。

しかし、その人たちでも、その押し紙、積み紙により、「背負い紙」が存在し
とるというのは知らんようや。

それを取り上げとるHPやブログというのが、ほとんどないさかいな。少なく
ともワシらは知らん。

それには、その情報を得られんということもあるのやろうが、押し紙行為を叩
くことで新聞社を攻撃さえできれば、それで良しという風潮があるからやと思
う。

そのために被害者は、その押し紙による販売店止まりにしとく必要があると。

押し紙被害に泣く販売店が冒している間違いには触れたくないと。

そういうことがあるのか、押し紙裁判にも、背負い紙の存在のカケラすら登場
することはなかった。

その「背負い紙」の被害者は、押し紙、積み紙による余剰分の新聞をさらに強
制的に押しつけられる販売店の従業員たちということになる。

世の中の仕組みすべてについて言えることやけど、理不尽な事というのは、常
に、立場の強い物からより弱い者へ順繰りに押しつけられていくという現実が
ある。

新聞社から販売店へ。販売店からその従業員へ。そして、従業員の中でも、店
長、主任クラスから一般従業員へと、より立場の弱い人間に、その負担がのし
かかるという構図になっとるわけや。

専業と呼ばれる販売店の従業員には勧誘のノルマがある。そのノルマが過酷な
販売店も多い。

ウエノ新聞販売店では、月最低でも新勧(新規勧誘契約)で10本というのが
ノルマになっている。

それに加えて止め押しという担当地域の継続客の契約更新を100%要求され
る。

そのノルマがクリアーできたら問題はないが、なかなかそれが難しく、できん
者の方が多い。

ツヨシがそうやった。

それに対して所長のウエノは厳しく、そのノルマが果たされへんかったら、ビ
ンタまでされて厳しく叱責される。

その叱責を逃れる目的で「背負い紙」というのをする専業員が多い。また、そ
れをウエノは強要することもあるという。

ツヨシはそれが積もり積もって毎月30部以上あるという。金額にして実に
12、3万円にもなる。

販売店は押し紙として、新聞本社から半強制的に部数を押しつけられるという
が、販売店は販売店で専業に、こういった背負い紙という形で新聞を買わすよ
うなケースもあるわけや。

もちろん、表面的には、これは従業員の希望ということになる。あるいは、別
人名義での購読という形にしろと言われる。

新聞社から販売店への押し紙と、まったく同じようなことが販売店からその従
業員に対して行われとるということや。

結果、常に最下層の者が泣かされることになる。

それに、先の切り取り分の新聞代の立て替え払いが重なる。

「ですから、毎月、一生懸命に働いても手取りは、ほんの少ししかありません」
と、ツヨシ。

「何やそれ? そんなことになっとんのに、何も言わずに我慢しとるのか」と、
カンザキ。

「そんなの無理ですよ。所長はヤクザやという話ですし、言うのも怖いですよ」
と、ツヨシ。

ウエノ自身がヤクザやないというのは、つい最近まで現役やったカンザキには分
かっている。

ただ、ヤクザではないが、ヒラヤマのような大幹部とつながっているのは確かや。

もっとも、これは一般の人が勘違いしやすいことやけど、ヤクザと顔見知りとい
うだけで、そのヤクザがその人間のために動くかどうかというのは別の話なんや
がな。

必ずしも、ヤクザの知り合いがいとる人間=ヤクザやないさかいな。

表面的には友好な付き合いのように見えていても、堅気とは一線を画しているの
が普通やさかいな。

言えば、ヤクザにとって堅気の知り合いとは単なる金のなる木、お客さんでしか
ない場合が多い。

その堅気のために動くことがあるとすれば、それ相応の金、あるいは利益を得ら
れる場合くらいのものや。それ以外で動くことはまずない。

素人が「オレのバックにはヤクザがいる」と言うのは、たいていの場合、ただの
ハッタリで言うてるだけというケースが大半や。

つまり、お互いがお互いを利用できればええという薄っぺらな関係にすぎん。

したがって、その程度のハッタリで怖がる必要はあまりないのやが、素人さんに
とっては、それでも脅威になる。

まあ、素人さんは、そう考えとった方が無難かも知れんがな。そんな、ややこし
いことを言う相手に絡むのは避けた方がええと。

しかし、カンザキは違う。

カンザキはヤクザでありながら、筋の通らない、曲がったことが嫌いな男やった。
損得で動くということもあまりない。

ヤクザの中にも、ごく稀にそういう人間がいとる。数は少ないがな。

カンザキは自分のために良くしてくれ慕ってくれとるツヨシのために、何とかし
てやろうと考えた。

また、このケースは、ヘタをすると自分の身に降りかかることになるかも知れん
から、よけいほっとくことはできんというのもあった。

例え、ウエノがヒラヤマに泣きついたにしろ、理はこちらにある。話せば分かっ
て貰える。

カンザキは、そう考えて、ウエノに直談判することにした。

「所長さんよ、ツヨシから聞いたけど、背負い紙たらいうのは止めにしたれや」
と、カンザキは現役さながらの迫力で迫った。

ウエノもカンザキが、つい最近まで現役のヤクザやったというのを知っとるさか
い、そう凄まれて気後れしたようや。

「そ、それは何かの勘違いと違うか。ワシは何もそんなことをしろとは一言も言
うてないで。それは、ツヨシが勝手にやったことや」と逃げた。

「そうか。それなら、ツヨシの判断で、その背負い紙分の負担はもうせんでもえ
えのやな」

「あ、当たり前や」

「分かった。それならそれで、ええんや。えろう、すんまへんでしたな」

カンザキは、それでその場は引き下がった。

それから数時間後、ヒラヤマから電話が入った。

「どや、カンザキ、真面目にやっとるか?」

「おかげさんで、楽しゅうやらせて貰ってます」

「そうか、それは良かった。それはそうと、カンザキよ、頼むからワシの顔は
つぶさんといてや」

その一言で、カンザキはすべてを察した。

先ほどのことで、ウエノがヒラヤマに泣きついたと。

「へぇ、それは良う分かってます」

カンザキは、その場はそう答えるしかなかった。

普通、元ヤクザと知って雇う新聞販売店の経営者は少ない。それも、名の通っ
た組織の元組員というのなら、よけいや。

その人間が何か問題を起こせば、新聞販売店としてはまずいことになる。

それでも、ヒラヤマの頼みを聞いておけば、後々何かと都合がええという計算
がウエノに働いたと考えられる。

広域暴力団Y組の傘下組織の若頭代行との付き合いは、それだけで十分役に立
てることがあると。

おそらく、ウエノはカンザキを引き受ける際に、ヒラヤマに念押しした可能性
がある。

カンザキが問題を起こしそうになった場合、それを押さえてくれと。

それがありウエノはヒラヤマに電話した。それで片がつくはずやと信じて。

カンザキも、今まで世話になったヒラヤマの顔をつぶすような真似はしたくな
い。

できれば矛を収めたいが、ウエノのやり方は狡猾すぎる。

ヒラヤマから「今回のことは泣いてくれ」と言うのなら、「この先、二度とな
いように約束してくれたら、そうします」ということでカンザキも引くことが
できた。

ツヨシにも、「もうこれからは、背負い紙や切り取りの心配はせんでもええ」
と言えるしな。

それをウエノは、ヒラヤマには何の事情も言わず、おそらくはカンザキが我が
儘勝手なことを言うて困るといった程度の説明をしたのやろうと思う。

ヒラヤマほどの人間なら、その事情を言えば、カンザキの希望する通りの落と
しどころを提示して話は簡単に終わっていたはずや。

それではウエノの方が困るさかい、何も説明せんかった。

カンザキはそう考え、冒頭にあるとおりウエノに詰め寄ったわけや。

「それに、お前の言うヒラヤマさんて誰や? オレは知らんで」と、さらにウ
エノはとぼけた。

その一言で、カンザキは完全にキレた。

知らんはずはないのに知らんと言う。

この時、販売店の経営者はそうせなあかんということに、カンザキは考えがお
よばんかった。

世話になったヒラヤマをコケにされたと考えた。

次の瞬間、カンザキはウエノの顔面にパンチを浴びせていた。

「な、何をするんや!! お前はクビや!!」と、ウエノが両手で顔を押さえ
ながら喚いた。

カンザキは自身の気の短さに後悔したが遅い。

こうなったら辞めるしかない。

しかし、けじめだけはつける。

カンザキはウエノの胸ぐらを掴み、「お前の望みどおり辞めたるが、ツヨシに
また同じような真似をしたら、何度でもドツ(殴る)きに来るで、分かったか
?」と、脅かした。

ウエノは小刻みに首を縦に振った。

幸い、そのことは、その事情を知らされたツヨシ以外には誰も知られずに済ん
だ。

ウエノも警察沙汰にはせんかった。

もっとも、そのことが公になって新聞ネタにでもなれば販売店もまずいことに
なりかねんという計算が働いたのやろうがな。

その事情を知ったツヨシから、ワシらに相談のメールが入った。

「何とかなりませんか」と。

ワシらは、相談相手がヤクザであろうが、誰であろうが請われれば、新聞に関
係するトラブルなら、どんな相談でも受けて、できるアドバイスは何でもする。

しかし、それはその本人がそう希望した場合に限る。

いくら知り合いが困っているからと言うても、本人がそう望まん限りは何を言
うても無駄やと考えとるさかいな。

それに今回のことは、事が起きてしもうた後やさかい、もう遅い。

唯一、手があるとすれば、その所長に詫びを入れて許して貰うくらいやが、話
を聞く限り、そのカンザキという人間では、そうすることはできんやろうと思
う。

カンザキのケースとは違うが、過去に元ヤクザの新聞販売店の従業員が引き起
こした傷害事件というのが、サイトのQ&Aにある。

『NO.116 新聞販売店リストラ殺人未遂事件について』(注2.巻末参考ペー
ジ参照)というのが、それや。

これは、山岡俊介氏という有名なジャーナリストのブログにあった記事につい
て、ある読者から意見を求められ、氏の許可を得て掲載したものや。

その中で、ワシは、

……………………………………………………………………………………………

元ヤクザの思考というのは、元いた組の自分の地位で物事を考えやすいという
ことがある。

B氏はヤクザ組織の中では相当、上の人間やった可能性がある。少なくとも、
ここの所長クラスは大したことはないと考えとったはずや。

ここの所長がこのB氏を雇い入れた経緯は知らんが、煙たい存在やったのは間
違いないやろうと思う。

『B氏が犯行に加わらなかったのは、A経営者等がB氏を信用してなかったた
めだという』というのがすべてを物語っとったと思う。

従業員に盗みをやらせるほど強権を持つと思われる人間が遠慮しとったわけや
からな。

更にB氏の抗議にも、このA経営者は耳を貸さず、B氏を抑えるために、ヤク
ザを使うたと言う。

それも地元の相当上のクラスらしい。それでないと、このB氏を抑えることが
できなんだのやろうと思う。

ここで、何があったか分からんが想像はつく。加えて首切りとなり、我慢の限
界を超え犯行となったということのようや。

任侠映画辺りに良うある話や。はっきり言うてこういうことをすると負けや。

どんな正義があろうとあかん。映画なら、その場面でエンディンクとなるから
格好ええで済むかも知れんが、現実の世界はそうはいかん。

力で解決出来ることは何もない。

最後の犯行以外は、すべてB氏に利のあったことが、これで消える。消えるど
ころか、悪者にされても何も言えんことになる。

このB氏は、なまじ自分に自信があるからこうなる。ワシら拡張員の中にも、
元ヤクザで真面目に仕事をしとる者もおる。

しかし、何かの弾みで昔のヤクザやった頃の顔が覗く。

ワシは、そういうとき、決まって「ヤクザに戻りたいんか」と聞く。答えは
「戻りたぁない」や。

「それなら、何があっても辛抱せい」とワシは言う。

そいつはヤクザが嫌で辞めた。しかし、持ってる思考というのはそう簡単に変
えられんようや。

元ヤクザということは、それを辞めたと思うてても何か事があると、それに気
持ちが戻ることがある。

どこかで、人に舐められたぁないという、しょうもない面子みたいなもんにこ
だわるわけや。

結局、それは気持ちが弱いということの証にしかならん。ワシはそう言うて、
そいつに諭すように言うたことがある。

起きてしもうたことを後からとやかく言うても、結果論でしかないが、こんな
場合は我慢してやられっぱなしになっとる方がええ。

強い者が弱い者のふりをするというのは、恥でもなんでもない。

むしろ、本物の男やと言うてもええ。格好ええことや。傍目にどう映ろうとも
な。この辺のところは武道家のあんたには良う分かることやと思う。

やられたことを警察に訴えるなり、裁判を起こすなり反撃する方法はいくらで
もある。

ヤクザに脅されたというのなら、それも出る所へ出て訴えたらええ。それが、
賢い人間の対応や。

そうすれば、この件ではB氏は正義の摘発者ということになり、不当なリストラ
をされた被害者になるから世間の同情も引ける。

その後の交渉や闘いも有利になる。結果的に、この経営者に与える打撃は襲う
てケガをさせるより効果はあったやろうと思う。

小学生の子供二人を抱えとるということなら、そうするべきやった。もっとも、
このB氏もその行動は悔やんどるかも知れんがな。

しかし、現実に包丁を持って襲うたということで、この殺人未遂事件の報道で
は新聞各社はリストラを逆恨みされたためと報じるということになる。

それで、正義の声もただの遠吠えになったわけや。

……………………………………………………………………………………………

と言うた。

カンザキの場合も、事件の大きい小さいという差はあっても、それが当て嵌ま
るのやないかと思う。

すぎたことは仕方ないが、これからも人生は続いていく。

カンザキという男に聞く耳があるかどうかにもよるが、次回に活かすためにも、
そのことを教えてやったらどうかと、ツヨシには言うといた。

本人から、もっと詳しい事情を教えて貰い、どうしたいかということが聞けれ
ば、また違ったアドバイスができるかも知れんが、今回のことでは、ここまで
が限界や。

最後に一言。

現在、このケースの他にも、悪質な経営者に泣かされていることに我慢ならず、
暴力に訴えたい、あるいはその一歩手前やと言うて来られる人が少なからず、
おられる。

その人たちには思い止まるように言うとるが、この話のウエノのような経営者
がなくならん限り、いつまた、この手の事件が起きんとも限らん。

それが大事件に発展する可能性もある。

従業員に恨まれていそうやという心当たりのある人は、それと気づいたら、な
るべく、その危険のないような接し方に変えるようにした方がええと言うとく。

人に恨みを買うというのはロクなことにならんさかいな。

また、そういう経営者憎しに囚われとる人は、先にそうした場合の結果を想像
することを勧める。

やってしまってから、起きてしまってから、その事を悔いても遅いさかいな。



参考ページ

注1.第85回 新聞拡張員ゲンさんの裏話 ■新聞特殊指定について
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage13-85.html

注2.NO.116 新聞販売店リストラ殺人未遂事件について
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage10-116.html



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の9月9日から本日9月16日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1056 何かいいアドバイス教えて下さい
NO.1057 どうやればお客さんは喜びますか?
NO.1058 何がだめなのか分かりません

メールマガジン・ゲンさんの新聞業界裏話・バックナンバー
第166回〜第170回まで本文のみ公開


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html
2011.4.27 App store(アップル・ストア)にて販売開始
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
必要端末「iPad(アイパッド)」、「iPhone(アイフォン)」、「iPod Touch
(アイポッド・タッチ)」


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)……宅急便代金引換、コンビニ払い、ATM、ネット
バイキング、Edy払い可。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。