トップ > ニュース&情報 > ジャーナリズム > ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



第162回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■転職……その甘い罠と実像

発行日:7/15

■転職……その甘い罠と実像


「話が違う……」

サチオはそう思い知ったが、すべては後の祭りやった。

サチオは以前、ある新聞販売店に勤めていて、そこでの待遇があまりに悪いと
考え転職することにした。

その多くは給料に不満があったからやった。

月給は18万円で社会保険やら所得税やらを差し引かれた手取りは約15万円
ほどにしかならんかった。

加えて、止押し(継続契約)や起し(過去読者契約)、新規契約のカード料
(契約報奨金)が極端に安い。

止押し(継続契約)で1本につき200円。起し(過去読者契約)で500円。
新規契約で1000円ほどしかない。

コンスタントに月100本以上、上げていたがその分は良くて2、3万円くら
いにしかならんかった。

配達を完璧にこなしても、集金を人より早くしても手当が貰えるわけでもない。

反対に配達で不配らをするとペナルティとして1件につき、500円の罰金が
科せられる。

年2回の賞与があるということやが、一度貰った額も働き始めて間がないとい
うことで、ほんの数万円ほどしかなかった。

それなら長期間働けばどれほど貰えるのかと、古参の従業員に尋ねても「賞与? 
そんなものアテにしてたらやってられんで」という答えしか返ってこない。

どうも、これ以上、給与の増える望みはなさそうやった。いくら独り者とはい
え、30代後半のサチオにとってはきつすぎる。

毎日生活するのがやっとで、将来に何の希望も持てない。

これでは貯金はおろか、結婚するのも無理や。何のために人より苦労してこの
仕事をしとるか分からんという気にもなる。

頑張り甲斐がない。

そんな不満が充満していたとき、同じ地区で配達している全国紙の配達員から、
「うちに来れば給料は最低でも月25万円は貰えるし、カード料も1本最低で
も2000円ほどあるから、あんたやったらかなり稼げるはずや」と聞かされ
た。

それでサチオの心が大きく揺らいだ。

ただ、そうは言うても、さすがに、その全国紙の販売店はサチオの店とはすぐ
近くにあるから、そこに勤めるわけにはいかんが、少し離れた地域の同じ系列
の販売店やったらバレることもないやろうということで、そこへ面接に行った。

その販売店で、部長と名乗るオオイワという男と面接した。

条件は、配達員が言っていたのとほぼ同じで、月25万円で、カード料は1年
契約で1本2000円、複数年契約やとそれにいくらかプラスされるという。

「あんたの成績やったら月35万円ほどになるんやないかな」と言われたこと
で舞い上がり、その場で即決した。

サチオはすぐに元の地方紙の販売店に辞表を出して、一週間後、その全国紙の
販売店で勤め出した。

しかし、その販売店での勤務が始まった日から、サチオにとっては驚きの連続
やった。

まず、最初の驚きは手書きの順路帳を渡されたことやった。

サチオのいた販売店では、コンピュータ帳票形式で出力した配達順路帳で、見
た目にも分かりやすく、常に最新の状態になっていた。

しかし、サチオが店から渡された順路帳は、いつ書かれたもかも分からんよう
な古いボロボロになった配達順路帳やった。

それには順路記号さえ書かれていない箇所も多く、とてもこれを見て配達でき
るといったようなものやなかった。

直接の上司でもある、その区域の前配達担当者イケシタと一緒に単車で回って
いたとき、あまりにも不明な点が多すぎるので質問すると露骨に嫌な顔を見せ
る。

それならとサチオは、その配達区域全体の「地図を印刷してほしい」とイケシ
タに頼んだ。

そうすれば、自分で配達先を確認して、新たな順路帳を作れるからと。

そう言うと、「面倒くさい奴やな」と言いながらコピーした、その地図を渡し
てきた。

それと、実際の配達先を一緒に回る際に確認したが、その元の順路帳がまった
くのでたらめやったというのが分かった。

その元の順路帳にあった家を飛ばすので、「なぜか」と聞くと「止め読者」や
という。

つまり、そういった基本的なチェックである「消し」さえしてない。当然と言
うべきか、反対に新規の「入り」の記載もしていない。

そういうのが多すぎる。

そんな状態でも不配すると、「お前は自分で作った配達順路帳で配っているん
やろ。せやのに何で不配するねん、理由を教えてくれ」と、イケシタがネチネ
チと厭味を言うてくる。
 
それでも不配した自分が悪いのは確かやさかいと考え、サチオは「すみません」
と謝るしかなかった。

しかし、そのイケシタが不配したときは、代わりを新聞をサチオに持たせて
「客に謝ってきてくれ」と平気で言う。

ホンマに性格の悪い男や。加えて、人使いも荒い。

夕刊を配り終えて、ちょっとでも休んでいたら「何しとんねん、仕事中やで、
さっさと拡張にでも行かんかい。お前はそれが自慢なんと違うんか」と、追い
立てる。

集金も雨の日は単車では回りにくいと言えば、「雨が降ろうが、槍が降ろうが
回れ。雨の日は客が家に居ることが多いから集金率は高いんや」と言う。

そう言うたイケシタも同じようにやっているのなら、まだ分かるが、当人は店
の車を使って回っているから、雨風に晒されることはない。

サチオの方は、カッパを着込んでいるとはいえ、汗と雨でスブ濡れになった姿
で集金や勧誘に行っても客には迷惑そうな顔をされるだけで思うような成果が
上げられない。

そんな不満もあってか、「以前勤務していた販売店では集金や拡張は雨の日は
せず、晴れた日の午前中や、夕刊配達後に効率よく回って、それなりの成績を
残していた」と話してしまった。

サチオにしたら、「ちゃんとやるから自由にさせてくれ」と言いたかったわけ
や。

しかし、イケシタは、それを逆らったと受け取った。

「それなら、雨の日は仕事せんと言うのか。それで通ると思うとんのか? 前
の会社は、前の会社、うちの会社にはうちの会社のやり方があるんや」と怒り
出して、とりつく島がない。

拡張員の出入りの多さにも驚いた。日に平均4、5人は入って来る。

前の会社では止押し(継続契約)従業員がしていたが、ここでは、そのほとん
どを拡張員がやっている。

サチオに与えられたのは拡張員が回って残った顧客への止押し(継続契約)だ
けで、後はすべて新規で上げろということやった。

普通に考えて、拡張員が断られるような客のところに行って店の従業員にカー
ド(契約)なんか上げられるわけがない。

後に、その拡張員たちは、かなりあこぎな勧誘をやっていて評判が恐ろしく悪
いと知ったが、それでは尚更救いがない。

それもあり、サチオの成績は前の販売店にいたときと比べると激減した。

拡張員が回って残った顧客への止押し(継続契約)に行くと、予期していたよ
うに苦情の嵐やった。

「あんたのところはウソばっかりで約束を守らん。そんなところと契約なんか
二度とするか」と言うのが多い。

その主な事例として、拡張員が「店に内緒で、後から商品券を持ってくる」と
言っておいて持って来なかったとか、「溜まった新聞は必ず回収します」と拡
張員が言っていたにも関わらず誰も来ない。

それらの苦情を客が店に言うと、「それは拡張員が勝手に言うたことで店には
関係ない」と突っぱねたという。

オマケに「こっちには契約書があるんやから、ちゃんと守って貰う」と、その
客に高飛車に迫る。

その客の多くは、それで押し切られ泣く泣くその契約が満了するまで我慢する
しかなかったと。

「そら、そんな店とは誰も契約したくもなくなるわな」と、サチオもそう納得
するしかなかった。

また、勤め出して日も浅いということもあり、そう言われてまで「そこを何と
か」と押す気には、とてもなれんかった。

店舗も汚い。以前の販売店とは大違いや。

パンクした単車が放置されたままになっていたり、ヘルメットをバックミラー
にぶら下っていたり、キーが差し込んだままになっていたりと、ルーズという
レベルをはるかに越えとる。

店の内外も、古紙や残紙を放置したままとか、チラシの残りがそこらに散らか
っている。

性質的に、そういうのが我慢できんサチオは誰に言われるでもなく片付けて掃
除した。

ヨシダという古いアルバイト配達員から、「店がこんなに綺麗になったのは久
しぶりやな」と言うて貰えたことが救いやった。

ある日のこと、イケシタから「今日、店の2階でミーティングがあるから、お
前も出ろ」と言われた。

その日は午後8時に仕事が終わった。いつもは夜の9時まで集金や勧誘をやら
される。

サチオが行くと、そこには缶ビールやらツマミやらが置いてあった。

仕事のためのミーティングがあるのかと待っていたが、そんなものは何もなく、
すぐにビールが空けられ宴会が始まった。

サチオはアルコールがまったく飲めないということもあり、「仕事でないのな
ら帰らせてください」と言って、その場を後にした。

イケシタからは「付き合いの悪い奴やな」と言われたが、そんな厭味は聞き慣
れとるから気にせず無視できた。

それよりも少しでも帰って寝ることを優先した。

翌日の午前2時。

サチオが店に行っても専業は誰も来てなかった。昨日の宴会で酔いつぶれとる
のやろうと思うた。

それでも、そのうち来るだろうと考え、一人で店の前に置かれた新聞の山を店
内に入れ、区域毎にチラシのセットされた束を新聞に挟み込む作業を始めるこ
とにした。

結局、アルバイトの人たちの方が早く来た。

サチオの話を聞いたアルバイト配達員のヨシダは、「またか」と言う。

「良くこんなことがあるんですか?」

「ああ、しゅっちゅうや」

ヨシダは、そう言うと片っ端から、イケシタら専業に電話していた。かなりき
つい口調で怒鳴っている。

「ほんまにしゃあない奴らやで」

まるで、店長か何かの立場のような言動やった。

実際、それで出てきた専業たちは、そのアルバイト配達員のヨシダには頭が上
がらないのか、ひたすら平身低頭やった。

そのイケシタらは、まだ酒臭かった。

そんなんで事故でも起こしたらどうすんねんと、サチオは考えたが何も言わず、
ほっといた。

言うても無駄や。おそらく聞くことはない。それどころか反対に噛みついてく
るのは目に見えている。

あるとき、サチオはヨシダに、「そう言えば、この店には店長がいてませんが」
と聞いた。

店の最高責任者は部長のオオイワとのことやったが、店長がいないことについ
ての説明は何も受けていなかった。

「前の店長は金を持ち逃げしたんや」と、ヨシダ。

ヨシダの話によると、つい最近、月末の集金集計日に専業員やアルバイトが集
金した金をそのまま持ち逃げしたということやった。

どうやら、とんでもないところにサチオは飛び込んでしもうたようや。

事はそれだけに止まらんかった。

月末の給料日。

その給料明細書を見て、サチオは凍りついた。

給料は月25万円という話やったが、20万円しかなく、不配分のペナルティ
や集金不足分が、それから差し引かれていて、手取り額は10万円余りしかな
かった。

サチオは、すぐさま部長のオオイワに苦情を言うたが、「話が違うやと? 話
が違うと言いたいのはこっちや。お前は言うてるほど契約も上げてないし、不
配も多い。集金率も悪い。まったくのアテ外れや。給料が20万もあるのはこ
っちの温情なんやで」と言い返された。

「嫌なら辞めてくれてもええんやで」と。

これなら前の販売店の方が良かった。

給料は安いが、社会保険などの福利厚生はちゃんとしているし、仕事もしやす
い。

こことは大違いや。

もちろん、このままサチオは泣き寝入りするつもりはなく、労働基準監督署に
訴えるつもりやった。

特に集金業務や勧誘営業だけ「請負業務」として切り離すのは違法性が高い。

サチオは、ワシらのサイトをいつも見ていて常々、過剰勤務について疑問を持
っていたという。

これについてはそのとおりで、当サイトの法律顧問、今村英治先生から寄せら
れた見解があるので、その部分を抜粋して紹介する。

……………………………………………………………………………………………

集金は業務外という理屈は、私には納得しかねます。100%歩合制だから労
働じゃない・・・ここまでの理屈は分かります。

では労働じゃないんだから断る自由もなきゃおかしいです。私は労働である配
達はしますが、請負の集金はしません。そんな自由が認められるとは到底思い
ません。

集金は業務に付随するどころか、業務そのものです。従業員の承諾なしにそれ
をやっているとしたら36協定違反や、残業代の未払いなども含め経営者サイ
ドの責任は重いです。

契約上どのような取り決めになっていようと、外形上判断すると、集金業務は
労働です。

多くの社会保険労務士及び労働基準監督官は、これを労働とみなすんじゃない
でしょうか。

……………………………………………………………………………………………

つまり、従業員、社員という立場でありながら、集金と勧誘は請負制にしてい
るというのはおかしいということや。

本来なら、出来高ではなく、それに要した時間外手当が支給されてしかるべき
やということになる。

従業員、社員は請負人とは違うさかいな。

サチオの訴えの根拠もそれや。そして、その時間外手当が認められたら、それ
相応の請求ができる。

そのために、タイムカードをコピーし、日々の行動を克明に記録しとるという。

ただ、そうは言うても販売店が集金や勧誘を時間外労働として、その対価を支
払えば、大変なことになる。

例えば、その住人となかなか会えず、何度も行かざるを得んことになり、結局、
集金するのに、時間外労働として延べ5時間かかったとする。

この程度のことはざらにありそうや。

その場合、1時間の時間外手当が1000円と算出すると5時間やと5000
円ということになる。

新聞代がセット版の1ヶ月3925円やから、販売店はその集金をするのに5
000円の残業代が必要になるということや。

勧誘にも同じようなことが言える。

ワシらの世界でも、営業に費やした時間が多いほど、契約が多く上がるものと
されとる。

結果として集金と大差ない費用か、それ以上かかることになる。

これでは新聞販売店は維持できん。そこで、その部分だけ請負という形にしと
るわけや。

法律的には、今村英治先生の『では労働じゃないんだから断る自由もなきゃお
かしいです』と言われるとおりなのやが、それを認める販売店は皆無やろうと
思う。

どこの店でも集金と勧誘は強制的にやらされる。

違法やからと、その実態を労働基準監督署に通報しても、どれだけ効果がある
かは疑問や。

今までの事例から考えても良くて、その販売店への注意、指導がされるくらい
が関の山やと思う。

それで、その従業員が救われることは考えにくい。

当然やが、そんなことをした従業員に、その販売店の経営者がええ印象を抱く
わけはないさかいな。

冷遇されるのは目に見えとる。

サチオは、それを承知で訴えるという。

そして、最終的には辞めるつもりやと。

そこまで腹を括っとるのなら何も言うことはない。

サチオがワシらに、この話をしたのは、自らのケースは上手い話に飛びついた
「自業自得」の面があるから仕方ないが、自分と同じような過ちを業界の他の
人にはしてほしくないという思いがあったからやという。

何でもそうやが、世の中、上手い話はないということや。そして、思わずそれ
に飛びつく人間も後を絶たん。

そのための警鐘になればということやが、哀しいかな人は、このサチオと同じ
ように、そうなって初めてそれと気づくのやないかと思う。

事前にそれと気づく人間は少ない。

ごく稀に、迷ったときにワシらに相談して救われるというケースがあるくらい
や。



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の7月8日から本日7月15日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1040 解決策はないのでしょうか?
NO.1041 ロングカードに持っていくコツを教えてください


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html
2011.4.27 App store(アップル・ストア)にて販売開始
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
必要端末「iPad(アイパッド)」、「iPhone(アイフォン)」、「iPod Touch
(アイポッド・タッチ)」

期間限定キャンペーン
2011.4.28〜2010.7.31まで

期間中に電子書籍を買って頂いた方に限り、ご希望があれば、ゲンさん直筆の
言葉を綴った小色紙 12センチ×13.5センチを1枚ブレゼントします。
但し、対象は日本国内に在住の方とさせて頂きます。

詳しくは、
▼電子書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html
をご覧ください。


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)……宅急便代金引換、コンビニ払い、ATM、ネット
バイキング、Edy払い可。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 何時も楽しく読ませて頂いています、元Y紙、関東の広域団拡張員です。自分自身も食い詰めて拡張員になりましたが、今は足を洗い、すっかり「訪問販売セールスマン」です(笑)

    お客さんにとって元々不要だった品物も「私との出会い」に依って、この世に二つとない「宝物」に「変換してみせる!」ことが新聞拡張員、自分の天職だと思っています。

    今の自分があるのも新聞拡張という仕事と巡り合ったからこそです。

    「職業に貴賎ナシ」なんて大嘘で、決してなりたくてなる商売ではありませんが「新聞拡張員」であったことを誇りに思っています。

    胸を張って言います、私は「元拡張員」です!

     2011/7/29

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  4. 大石英司の避難空港

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    2407人

    作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

  5. 情報化時代の雑学通信

    最終発行日:
    2017/06/19
    読者数:
    138人

    雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅していると肯定的にかんがえましょう。ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅くても広い雑学を求めていると思います。

発行者プロフィール

過去の発行記事