トップ > ニュース&情報 > ジャーナリズム > ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



第142回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■古き良き時代の新聞拡張員物語……その2 北陸拡張戦争前夜

発行日:2/25


■古き良き時代の新聞拡張員物語……その2 北陸拡張戦争前夜


昭和35年(1960年)1月19日。

Y新聞社北陸支社が富山県高岡市にオープンした。

伴内の所属する団は、その前年の昭和34年、東京荒川区から「先乗り特拡
(特別拡張)」として出向いて拡張を始めていた。

総勢20名。特拡としては人数は少ないが、伴内を始め、いずれも一癖も二癖
もある連中で、その実力のほどは確かやった。

言えば少数精鋭の拡張集団ということになる。

それを率いているのが、大河原トネ。この業界では珍しい女性の団長やった。

もっとも、性別が女性と言うだけのことで、並の男など足下にもおよばんよう
な桁違いの迫力と胆力をもった人物やったがな。

例えとして使うてええのかどうか迷うが、大物歌手の和田アキ子女史をさらに
パワーアップさせた感じの人物と言えば分かって貰えるのやないかと思う。

一言で言えば、女傑やな。

トネの旦那ゴンゾウはM新聞拡張団の団長やった。

伴内は、その拡張団が出していた新聞広告に惹かれ騙されているとも知らず、
愛媛県八幡浜市から、漁船の無線通信長の職を捨て、はるばる東京に出てきて
しまった。

その新聞広告には『M新聞社。営業マンを求む。東京都千代田区神田常盤町…
…M新聞販売部』とあった。

当時、M新聞と言えば飛ぶ鳥を落とす勢いがあり、日本三大新聞の一つと広く
認知されていた。

新聞社に勤めることができるかも知れん。

伴内は半信半疑ながら、ハガキで問い合わせてみた。すると折り返し「採用
通知」が届いた。

よほど「M新聞」は大きくなりすぎて人手不足なんだろうと思い、それなら新
聞社の社員になってやろうかと考えた。

新聞記者になるのも悪くはないと。

その頃、地方の若者の多くは東京に幻想、いや夢を抱いていた。もちろん、伴
内もその例に洩れず、東京にあこがれていたわけや。

このまま、この片田舎で朽ちたくはない。そのあこがれが、今現実のものにな
りつつある。この機会を逃がす手はない。

そう判断して上京したわけや。

指定された場所に行くと、そこには朽ち果てる寸前の木造家屋があった。

てっきり、M新聞社に採用されたものとばかり信じ切っていたさかい、その指
定された場所も、さぞかし大きなビルやろうと予想していたのやが、そのアテ
が外れた。

何かの間違いだと思い、もう一度、その募集広告を確認した。

すると、そこには小さな活字で「所属」の文字が印刷してあり、それに気づき
騙されたと知ったときには時すでに遅し、後の祭りやった。

何のことはない、M新聞の新聞拡張団の求人広告に引っかかったわけや。

逃げるように八幡浜漁港を飛び出して来た手前、もう帰る場所はどこにもない。

そこでその仕事をするしか選択肢はなかった。

伴内は切り替えの早い人間で、それなら、その道のエキスパートになってやろ
うと考え、拡張員に徹することにした。

そんなある日、団長宅で夫婦喧嘩があった。

結果は、カミさんであるトネの圧勝やった。

旦那のゴンゾウは団長とは言うても名ばかりで、実質的にはカミさんのトネに
団と生活のすべてを牛耳られていた。

ゴンゾウにとっては面白くない。面白くないが、表立って反旗を翻す勇気も根
性もない。

当然の帰結として、ゴンゾウは外でやすらぎを求めるようになった。

早い話が浮気してたわけや。

それを知ったトネが激怒した。

ゴンゾウはトネに顔がひん曲がるほどドツかれ(殴られ)た挙げ句、離縁を宣
告された。

その後、トネは団員の半数を引き連れてY新聞の拡張団を新設することになる。

なぜY新聞の拡張団やったのかという理由は良う分からんが、「坊主憎けりゃ、
袈裟まで憎い」ということでM新聞も嫌ったのやないかと、伴内は理解してい
たという。

一説にはM新聞社がトネの独立を認めんかったという噂もあったが、今となっ
てはその真偽を確かめる術はない。

「団員の半数を引き連れて」と言えば、意外にもフェアな印象を受けるかも知
れんが、実際は力のある団員、精鋭だけを引き抜いたという方が合っている。

残ったカスたちを旦那のゴンゾウに押しつけて。

トネから誘われた伴内も冷静に考えて、やり手のカミさんについていく方が賢
いと踏み、それに従った。

伴内たちが乗り込んだ頃は、北陸には新聞の勧誘員というものがほとんどおら
んような状態やった。

そのため、拡材サービスの粉末の台所用洗剤が貰えるというだけで、さしたる
抵抗もなく簡単に契約を取ることができた。

今でこそ台所用洗剤というのはありふれた物で、それほど喜ばれる物でもない
が、当時はまだ珍しいものやった。

伴内たちが拡材として使っていた粉末の台所用洗剤が発売され出したのは昭和
34年頃からで、その当時としては時代の最先端をいく商品やったわけや。

現在のように、洗濯用洗剤が拡材の主流になるのは、ずっと後になってからの
話や。

なにしろ、その当時、洗濯機そのものが3万円近くしていたから、一般の家庭
でおいそれと買える代物やなかった。

当然、その洗濯機に入れる洗剤も、まだ一般に必要と言えるもんやなかったさ
かいな。

当時のサラリーマンの平均月収が1万円前後という時代やったから無理もない
がな。

それでも、拡張の盛んやった東京などの大都会では粉末の台所用洗剤は拡材と
して定着しつつあったが、この北陸では、まだそこまでには至っていなかった。

もっと言えば、現在は半ば当たり前となっている契約書の存在すら知らんとい
うのもザラやった。

それは全国的な傾向で、地方によればホンの5、6年前までは、その契約書を
交わすことなく同じ新聞を何代にも渡って取っている長期購読者が半数以上を
占めている販売店の方が多かったくらいやさかいな。

契約書に縛られていない客で拡材を欲しがる客を翻意させることくらい楽なも
のはない。

加えて、当時の新聞購読率は日本全体で、まだ50%にも届いていず、この北
陸はそれ以下やったのは間違いなかったから、今のように他紙からの乗り換え
一辺倒の営業をする必要もなかったわけや。

入れ食い。極端なことを言えば、そんな状態やった。

東京でやっていたような、騙しや押し売り営業をせずとも比較的簡単に契約を
取ることができた。

それには、「新聞を読むと賢くなりますよ。勉強できますよ」、あるいは「賢
い人だと思われますよ」と言うだけで「そうか」と納得する人も多かったとい
うことがある。

勉強したいのなら新聞を読め。新聞に載っていることはすべて正しい。

というのは、その後、一般常識のようになっていくわけやが、そのきっかけを
作ったのは、紛れもなく拡張員やった。

何より当時は一般の間でも活字信仰が強く、活字で印刷された新聞記事は、そ
れだけで信用力抜群やったさかい、そう言うても説得力があったわけや。

また、その当時は字が読めない人も結構多く、そういう人には「新聞を取って
いたら、他人からそんな目で見られなくても済みますよ」と言うだけで、簡単
に契約が取れた。

読めもしない新聞を取ることで、そんな風聞を打ち消すことができたさかいな。

無用の用。

一見、役に立たない無駄なことのように見えるものが、却って大きな役割を果
たしているということや。

今の若い人たちには、とても理解できんことやろうけどな。

ただ、無理して新聞を取ることで、何とか新聞を読もうと努力する人もいて、
それで識字能力が格段に上がった例も多々あったというから、その意味では、
新聞記者にはなり損ねたが、それなりに社会の役には立っていたと考えること
ができた。

加えて、新聞も取ることができない貧乏人という陰口を叩かれるのを気にする
人も、ええ客になった。

新聞を取ることで、そうではないと証明できるということでな。

それには昭和34年頃のY新聞の購読料は朝夕セット版で1ヶ月390円やっ
たから、一般の手の届かん額でもなかったということもあった。

もっとも、新聞代金の決め方の基準は、常にその時代毎で一般の人が払えそう
な代金を設定してきたということやから、必然的にそうなるわけやがな。

原価プラス利益という一般的な料金設定ではないと。

もちろん、新聞各社はそれを否定するやろうがな。

ただ、現在の一般的な新聞の購読料は、1994年4月を最後に実に17年間
も値上げされていないという厳然たる事実がある。

それまでの戦後以降は、ほぼ1、2年間隔で頻繁に値上げしてきたのにな。そ
れからすれば、現在の状況は異常ということになる。

数年前、製紙会社が揃って新聞用紙の大幅な値上げをしたときでさえ、新聞代
の値上げはなかった。

正確には、それにより一部の地方紙が300円程度の値上げをしたことがあっ
たが、多くの新聞社はそれに追随していない。

その地方紙の例を見るまでもなく、それでは新聞は売れんと判断したわけや。

1994年という年はバブル崩壊が顕著になった頃で、それ以降、社会情勢的
にも値上げすることも値下げすることもできず、新聞各社は袋小路に陥ったの
やないかと考える。

つまり、それがワシの言う『新聞代金の決め方の基準は、常にその時代毎で一
般の人が払えそうな代金を設定してきた』からに外ならんということや。

純粋に原価プラス利益という一般的な料金設定をしていたのなら、値上げせざ
るを得んかったはずやさかいな。

話が少し脇道に逸(そ)れたので元に戻す。

要は、一般の人が払えそうな代金設定で、かつサービスも付随した商品(新聞)
を売り込むのに、それほど苦労することもなかったということや。

伴内たちはそのY新聞を売りに売りまくった。

伴内自身、1日、30本〜50本の契約をコンスタントに上げたという。

ちなみに1契約の拡張料は当時420円やったから、1日で12600円〜
21000円になった。

1日で一般的なサラリーマンの月収をはるかに超えた額を稼いでいた計算にな
る。

1ヶ月で4、50万円稼いだ者もザラにいたという。

その噂は、あっという間に東京に流れ、Y新聞の拡張員が大挙して押し寄せて
きた。

北陸でのY新聞の部数は飛躍的に伸びた。

そのため、翌年の昭和36年には富山県高岡市でY新聞の現地印刷が開始され
るまでになった。 

その様子を地元地方紙のK新聞も、ただ指をくわえて見ていたわけやない。

急ぎ、それまでそれほどでもなかった拡張員組織を編成し、それに対抗した。

また、立地的に近い東海の雄、ブロック紙のC新聞が地元紙を買収し、北陸C
新聞社を立ち上げ、その争いに参戦してきた。

ここに地方紙K新聞、北陸C新聞、Y新聞の三者の間で三つ巴の販売合戦が勃
発することになる。

熾烈を極めた戦いが繰り広げられた舞台として業界でも伝説の一つに数えられ
長く語り継がれとるものや。

それから30年後の1989年に公開された映画『社葬』で描かれていた新聞
拡張の主戦場として、その地域が選ばれたことからも、その争いが、いかに凄
まじく有名なものやったかが窺われると思う。

制作サイドの裏話として、それを長く温めていた人がいてたということやさか
いな。

当メルマガ『第47回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■映画『社葬』による新聞
への負のイメージについて 前編』、『第48回 ゲンさんの新聞業界裏話 
■映画『社葬』による新聞への負のイメージについて 後編』(注1.巻末参
考ページ参照)で、それに触れている部分があるので、見て頂ければと思う。

その映画の中で、

……………………………………………………………………………………………

ある一軒の農家に拡張員が走って行き、赤ん坊を背負ったその家の主婦に、
「おかぁちゃん、太陽新聞取って」と、いきなり馴れ馴れしく入り込んで新聞
を差し出す。

「うちは北陸新聞取っとるから、またにしてよ」

「雪の中、えっちらほっちらして死ぬような思いをしてやっと来とるちゅうに、
そりゃないぜよ。一月でもええがや。頼むっちゃ」

「そんなこと言うても読まんがっちゃ。ほなら、一月だけやよ」

「えらいねえ、おかぁちゃんは。さあさ、ハンコ出して」

言われるままに、その主婦が印鑑を取り出すと、「ああ、おかぁちゃん、ナベ、
ナベが吹きこぼれよるで」と注意を逸らす。

主婦が台所に行った隙に、その印鑑を契約書に押しまくる。

……………………………………………………………………………………………

という描写があった。

ワシには面白さを際立たせるための技法、演出というのは分かるが、観客の目
にどう映ったのか、それが気になる。

おそらくは、そういうことが普通に行われとると受け取る人の方が多いはずや。

これは、ちょっと、やりすぎな気がする。

ちなみに、その映画の冒頭付近で流れた、

……………………………………………………………………………………………

日本の新聞はインテリが作りヤクザが売る。

……………………………………………………………………………………………

というあまりにも有名なテロップは、放映されて20年以上経った今も、新聞
業界を攻撃、批判する格好のフレーズとして使われ続けている。

特に、ネット上にそれが多い。

それを見て、その言葉どおりやと信じる、あるいは納得する人も多いと思う。

それは、エンターティメントとしての面白さを誇張するためのつかみ、キャッ
チコピーにすぎんもので、真実は必ずしも、そのテロップどおりではない。

新聞記者にインテリだけが存在するわけでもないし、拡張員にも伴内のように
高度な知識と技術を持ったインテリと呼ばれてしかるべき人間も多い。

業界人なら、その程度のことは常識やが、ある一面だけを強調して見せること
で世間の認識は簡単にそれに傾き納得するわけや。

それを見て、その言葉どおりやと信じる、あるいは納得した人も少なくない。

それにより刷り込まれたイメージの大きさは測り知れん。

いくらエンターティメントとして、面白さを追求するために誇張されたもので
あると理解していても、現実の姿と大きく乖離(かいり)している部分が多す
ぎると思わずにはおられん。

まったくのでっち上げとまでは言わんがな。

しかし、その事実に関係なく、映画制作者側の思惑は成功した。いや、成功し
すぎた。

それにより多くの人に刷り込まれたイメージの悪さの大きさ、影響力には計り
知れんものがあり、現在も尚、それが尾を引いている。

その当時の熾烈な争いにより、3社による食い合いになったのかというと、あ
ながち、そうとばかりも言えん。

その当時、購読率自体が50%以下やったということもあり、それぞれが必死
に拡張をしたおかげで、結果的に、3社が3社とも本来の部数を大きく超える
顧客を獲得できたさかいな。

野生の動物なら、ここで満腹になって満足して喧嘩は収まるが、なぜか人間は
そうはならん。

その中で絶対的な勝ちを得ようとする。そこそこの成果で我慢するということ
ができんわけや。

それからが本格的な戦い、終わりなき仁義なき北陸拡張戦争の幕が切って落と
されることになる。

今までは、ただの前哨戦やった。

その戦いは現在に至っても残っている。

ただ、この話の主人公、伴内、ワシが多羅尾伴内と名付けた人物は、この後、
3年ほどして、この業界を去ることになるから、その後の本格的な争いの実態
は知らない。

せやから、ここまでの話で、その前夜として終わる。

そこで、その続きは別の人物の登場となるのやが、それは、またの機会に話す。

小出しにして申し訳ないが話し出すと、1、2回程度のメルマガで済みそうも
ないしな。

ただ、ここではその戦いで、当事者間に相当大きな遺恨が残ったとだけ言うて
おく。

その争いが勃発してから約15年後の1975年。

その年、Y新聞はC新聞の牙城を切り崩すために、その東海地域を攻めた。

Y新聞は、その東海地域だけ特別に朝刊のみで購読料月500円にするという
思い切った戦法に打って出た。

当時は、Y新聞を含む全国紙の朝夕刊セット価格が1700円やったから、実
に通常より1200円も安かったことになる。

ただ、その朝刊のみの紙面が16ページと他地域のものと比べてかなり少ない
ということもあったのやが、とにかくY新聞としては価格競争に持ち込みたか
ったようや。

価格競争になれば資金力という点で有利になると考えた。

しかし、これは当時の公正取引委員会から「不当廉売」を指摘され、排除命令
が出されて失敗に終わっとる。

この一件に関して、表面的には一方的にY新聞が悪いという印象で捉えられて
いるが、これなんかも北陸での戦いの余波、禍根によるものと言えば、「そう
か」と納得して貰えるのやないかと思う。

その争いの根は深く、未だに両者に歩み寄りの気配すらない。

長年のライバルであったA新聞とすら現在は手を携えて共同歩調を採っている
Y新聞にすれば、今以て、C新聞との間でその噂すらないというのは、よほど
の事があったと容易に推察できる。

ワシの考えすぎかも知れんが。

その後、多羅尾伴内氏は職を転々としながらも、ある事業で成功を遂げ、財も
得、現在は借家経営で悠々自適の生活を送っておられる。

その氏から先日突然、「少しヤバイ国々にボロバスに乗って旅にでます。いま、
にわかにスワヒリ語の勉強中です。年齢的に、行き倒れになるかも知れません。
」というメールが届いた。

スワヒリ語が必要なヤバイ国と言えば、今やと北アフリカ諸国しか考えられん。

それを知ったハカセは急いで「アフリカ方面にご旅行中とのこと、そちらは現
在政情が不安定のようですので、お身体に気をつけて、また身辺にも十分ご用
心ください」と返信したという。

すると、すぐに「トラック改造ボロバスで南アのケープタウンを目指します。
海を超えたらそこは南極。旅人は世界中から集まった人達です。主として全員
テント生活。旅の途中に息絶えた場合、そこの国の土になります。ルートはス
ーダン等、政情不安定な国は避けます」という返事が返ってきて、ハカセも一
安心したという。

氏は半年前にも南米一周の旅に行かれている。

その詳しいことを言うと氏の身元が分かるので控えさせて頂くが、けっして金
に飽かした優雅な旅なんかやなく、若者でもキツイと音を上げる貧乏冒険旅行
である。

氏は現在、70歳近いご高齢で危険な持病をお持ちとのこと。

それでも科学少年やった頃からの冒険心を未だに持ち続けて、それを実行され
ておられるということに、ある種の尊敬の念と感動を覚えずにはいられない。

その冒険心が災いすると、今回の話のように、とんでもない世界に飛び込む羽
目にもなるわけやが、それでも氏はどんな状況に置かれても後悔したことはな
いと言われる。

むしろ、その拡張員時代の出来事も古き良き思い出としてワシらに語ってくれ
ている。

すべては生きてきた証やと。

氏は今頃、夜になると、異国の天空に一年中輝き続けていると言われている壮
大なアルゴ船座を見ておられるはずや。

アルゴ船というのは、ギリシア神話に登場する巨大な船の名前やが、同時に、
冒険の象徴として語り継がれている存在でもある。

壮大なロマンと共に。

その星座にはアルゴ船の全形は見えず、船尾からマストにかけて分断されてい
る姿になっているという。

それには、アルゴ船が沈みかけても、人々が絶望しないようにとの天空からの
メッセージが込められていると。

どんなことがあっても希望の星は消えないと。 

そんな夜空を見上げる多羅尾伴内氏のように、幾つになっても夢と冒険心を持
ち続けていたいものやと思う。



参考ページ

注1.第47回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■映画『社葬』による新聞への負の
イメージについて 前編
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-47.html

第48回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■映画『社葬』による新聞への負のイメ
ージについて 後編
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage19-48.html



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の2月18日から本日2月25日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.984 専業で販売店の近くに引っ越すメリットはありますか
NO.985 新築のお客様について何かアドバイスください

リンク集
その3 各種情報関連サイト・ブログ集NO.5
収納家具を上手に使う!収納ボックス活用術……アイデア収納術を紹介してい
るサイト


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)……宅急便代金引換、コンビニ払い、ATM、ネット
バイキング、Edy払い可。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
  
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 他業界の嫌われ者ですが、参考にさせて頂きます。

     2011/2/25

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  4. 大石英司の避難空港

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    2407人

    作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

  5. 情報化時代の雑学通信

    最終発行日:
    2017/06/19
    読者数:
    138人

    雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅していると肯定的にかんがえましょう。ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅くても広い雑学を求めていると思います。

発行者プロフィール

過去の発行記事