病気・病院

潰瘍性大腸炎☆完全克服☆癒しのマニュアル

自ら潰瘍性大腸炎を発症し、西洋医学を頼らずに、治療力を活性することによって完全な健康体を取り戻した、その自然に根差した極意のノウハウと体験談、コラムなどを織り交ぜながら、プロの施術家が癒しをお届けします!

全て表示する >

「気づき」と「癒し」のメールマガジン

2010/05/09


☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 2010.5 .8  vol.103 ∽∽☆
   
  あなたも完全な健康体を取り戻すことができます!

             「気づき」と「癒し」のメールマガジン

.○*・゜゜☆・*.。.○・* .。.・゜゜☆・.。.。*○・゜゜☆・。.。*○・゜゜*.

         「潰瘍性大腸炎☆完全克服☆癒しのマニュアル」
           
              http://www.takumiseitaiin.com/uc-manual

☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆

-------I--N--D--E--X---------------------------------------------------

 ◎ 悪い言葉と悪想念は不運や病気のスイッチとなる 
 ◎ お断り
 ◎ 編集後記
 ◎ 発行者情報

-----------------------------------------------------------------------
■ 悪い言葉と悪想念は不運や病気のスイッチとなる

メルマガの、ご購読、誠に有難うございます。

現代の人間は1日に2万回もの想念の断片を頭によぎらすそうだ。

その中には、悪想念があり、その悪想念につられて、悪い言葉が口からこぼれ出るこ

とにもなる。

私達の常識では、悪想念や悪い言葉は、どんなに沢山よぎらせ、発しても何にも起こ

らないと思っている面があります。

だから、悪戯に、囚われ、悪い言葉を使っても平気なのです。

しかし、真実は違います。

悪い言葉と悪想念は不運や病気のスイッチになっていると言うことです。

そんなこと有り得ないと言い張る方も多いかも知れませんが、それは、原因と結果の

法則の時差の誤魔化しで分からなくなっているだけなのです。

忘れた頃に、繋がった不運や病いなどが起こることになるからです。当人は、災難だ、

悪い偶然だと言って逃れているだけなのです。

悪い言葉と悪想念は、悪い種とも言えます。その悪い種を蒔けば、何かしら、発芽し

て、成長し、自分が、その茎をからなければならなくなるのです。

そして、人は不運や病気になると、余計に悪い言葉と悪想念に囚われます。しないで

はいられないほどになっています。

それが、さらに、悪循環や悪連鎖に結びつくことになる。

人間ですから、悪想念や悪い言葉に囚われたり使わない訳にはいかないかも知れませ

ん。

しかし、言葉や想念が、或る意味で波動であり、エネルギーであることに気づく余裕

があれば、違って来ます。

相手を憎み恨むことは、自分を憎み恨むことに等しいものです。魔のエネルギーは、

発した自分に戻って来るものなのです。

全ての人が豊かになることを望むこと。それは、自分を豊かにするスイッチとなりま

す。

騙されたと思って試してみませんか?

逆に良い言葉と良想念は、幸運と健康のスイッチとなるのですから。

----------------------------------------------------------------------------
■ お断り

この「潰瘍性大腸炎☆完全克服☆癒しのマニュアル」の中で、連載して行く内容や情

報は、西洋医学で言う所の正規の方法ではありません。

私は医師ではありません。一介の施療家です。あくまでも、私個人が「どのような方

法で克服して来たのか?」をお伝えし、現在、それを応用し、発展させ、お客様の治

癒力を高めるお手伝いをしている施療方法の一部や極意などを御紹介して行こうと言

うものです。どちらかと言えば、代替医療と言う範疇の考え方で、東洋医学・霊学な

どを基本にしています。

決して、西洋医学の治療の考え方に対して反対するつもりはありません。ですから、

現在、発症されている患者さんやご家族などの考えを煽ろうとか、迷わせるつもりは

ありません。

西洋医学の正規の治療が全てであると思われている方もいらっしゃるかも知れません。

そうした方からすれば、インパクトが強く感じられ、不快に感じられる方もいるかも

知れません。

もし、そう思われるのであれば、ただちに、購読を中止してください。

少しでも、あなたの「気づき」と「癒し」の一助になることをお祈り致します。

--------------------------------------------------------------------------
■ 編集後記

人との付き合いで、表裏がない人などいないなんて言い切ってしまう人がいるもので

す。

それでは、お互いに、相手の心を探り合い、勘違いし合ってしまうことに繋がります。

考えていることと言葉(口)が違うとなれば、これも問題です。

しかし、人間は観る人から観れば、直ぐに分かるものなのです。

想念と言葉が違うと、何かしら目つきや口調、表情、手つき、姿勢などが普段と異質

になるものです。

自分では気づいていないかも知れないが、嘘をつく時には、誰もが何らかしら、普段

しない癖をするようです。

それは、取り繕おうとすれば、するほど、オーバーに表現される。

いっそのこと、表裏がない言葉を発したら良いのです。

これは勘違いされやすいかも知れませんが、正直が全て良いと言う意味ではありませ

ん。

表裏がないと言うので「嫌いな相手」に「嫌いだ!」と言ってしまっては、もともこ

うもありません。

相手の気持ちになって言葉を掛ける。そこには、表裏などないのです。

そして、自分を誤魔化さないことが大切です。

最後まで、ご購読いただき、誠に感謝いたします。

--------------------------------------------------------------------------

あなたは健康に生きるために生まれてきました
病気になるために生まれてきた訳ではありません
あなたの心の中には、本来、「健康の種」が蒔かれています
それを増やし、育てることが完全な健康を引き寄せることになるんです
できるだけ、健康にフタをしている思いや感情を解放してください
あなたは、もっと、自由に、無条件でなりたい自分を
望んでいいですし、思い描いていいんです
力を抜いてください
気張る必要はありません
思いは形になります
健康な思いと健康になる選択をなさってください
自然で楽に、自分の本心に正直に生きることを選択してください
病気の種を健康の種に変貌させた時から健康はあなたのものになります
収穫まで期間があるかも知れません
しかし、発育したものは病気に変わることはありません
健康の種を蒔き続ける限り‥‥続くのです‥‥

**************************************

あなたも、施療によって新しい人生の転機、運命の転機を作りませんか?

当店は病気の根本原因を身体、心、気、魂の次元で多角的に正常化、解決するホリス

ティック(全人的)スピリチュアル・ヒーリング(神霊治療)を行っております。

根本原因をリーディングし、明らかにして、アプローチするものです。

身体、心(感情、メンタル)、気(生体エネルギー)、魂(霊的)の次元に存在する

全てのマイナス因子を消滅させて、全ての悪感情等を開放、全ての因縁などを消滅、

全ての悪霊的な存在(霊障)を浄霊・消滅します。

自然治癒力を意識的に活性化する回復系、不思議系のヒーリングです。

外的要因や環境要因にも良い影響を波及させます。

病気を回復に導くだけでなく、運気も上がる癒しです!

あなたの病気の根本原因を特定します。ホリスティックな視点で解明する摩訶不思議

な遠隔リーディング! 只今、無料です! 

都内近郊どこでも癒しをお届けします!  出張&遠隔 スピリチュアルヒーリング

・悪因縁(カルマ)消滅&浄霊 KIREEK キリーク

http://www.kireek.info/

**************************************

======================================

■発行者情報

【発刊日】 毎週、土曜日発刊

【タイトル】「潰瘍性大腸炎☆完全克服☆癒しのマニュアル」

【発行者】 出張&遠隔 スピリチュアルヒーリング・悪因縁(カルマ)消滅&浄霊
      KIREEK キリーク 藤田 学道

【発行者Webサイト】 http://www.kireek.info/

【登録・配信解除】http://www.melma.com/backnumber_00174519/

【お問合わせ】 http://form1.fc2.com/form/?id=300473
   ご意見・ご感想・ご相談等、いただけたら幸いです

======================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。