映画

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★

最新映画情報から名作ビデオまで、紹介しています。読者ライターも募集していまして、参加型メルマガを目指しております!あなたも映画ライターデビューしませんか?

全て表示する >

週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.970(2018/4/21)

2018/04/21

  ****************************
  *■□■■□□■■■*週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★*
  *■□■■□□■☆彡*           第970号*
  *■■■■■■■■■*2018/4/21       *
  ****************************
※このメールは等幅フォントでご覧ください。
==【もくじ】========================================================
  □週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★第970号
  ■映画インプレッション『レディ・プレイヤー1』
  ■TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.624)
  ■石男的衛星電影案内(Vol.901)
  ■編集後記
====================================================================
■映画インプレッション(新作映画)by.STONEMAN
  『レディ・プレイヤー1』
  監督:スティーブン・スピルバーグ  主演:タイ・シェリダン
--------------------------------------------------------------------
  ☆日本のアニメやゲームからの影響も感じさせるアーネスト・クライ
  ンのベストセラーを、スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した
  SFアドベンチャー。2045年の近未来を舞台に、何にでもなれるVRワ
  ールド“オアシス”によって人生を一変させていく少年の冒険が描か
  れます。「機動戦士ガンダム」や「ストリートファイター」のキャラ
  クターなども登場します。

  西暦2045年。貧富の差が激しくなった世界では、人類の歴史を変えた
  バーチャルネットワークシステム“オアシス”の中に存在する理想郷
  だけが若者たちの希望となっていた。そこでは、想像したことすべて
  が現実になり、誰でも何にでもなれたのだ。そんなある日、突如、オ
  アシスに世界へ向けてメッセージが発信される。それは、この仮想世
  界を開発し、巨万の富を築いたジェームズ・ハリデーの死を伝え、オ
  アシスに隠された謎を解き明かした者にすべての遺産を譲り渡すとい
  うものだった…。

  社会派ドラマ『ペンタゴン・ペーパーズ』を撮ったと思いきや、今度
  はなんでもアリのスーパーエンタメの本作とは、スピルバーグ監督の
  若々しさは凄いですね。版権問題がどうしてもネックになりそうな本
  作ですが、スピルバーグ監督だからこそ映画化出来たのでしょう。

  冒頭のカーチェイスシーンだけで入場料の価値がある程ですね。デロ
  リアンと金田バイクにキングコングが邪魔をするヴィジュアルが素晴
  らしいです。

  個人的にはアイアン・ジャイアントが大好きなので、彼が去るシーン
  が泣けました。もちろんメカゴジラとガンダムの一騎打ちにも痺れま
  した。

  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

  STONEMAN推薦度★★★☆ 俺はガンダムで行く!度★★★☆
   (10点満点:★=2点・☆=1点)

====================================================================
■ TAK・Gのフィルム・コラム(Vol.624)
  『母という名の女』
  監督;ミシェル・フランコ  主演;エマ・スアレス
--------------------------------------------------------------------
  ☆朝食の用意を黙々とするクララ(ホアナ・ラレキ)・・・さわや
  かな朝の気配はするものの、そこに聞こえるのは、セックスをする
  若者の喘ぎ声でした。飄々とした表情のクララをよそ目に、何食わ
  ぬ顔をして裸で現れたのは、妹のバレリア(アナ・バレリア・セリ
  ル)だったのですが、細身であどけない顔立ちの彼女のお腹は、驚
  くほどすいぶんと大きくなっていました。まだ17歳の彼女は、そ
  の後部屋から出てきたまたあどけなさの残る面立ちの17歳の少年、
  マテオ(エンリケ・アリソン)の子を身ごもっていたのです。どう
  いういきさつからか、別居中の母、アブリルは、姉クララとは連絡
  を取りつつ、身ごもったバレリアの世話をしに家へ戻ってきて、懸
  命に世話をするのですが、次第に、アブリルは、バレリアとマテオ
  の娘、カレンを独占しようしてしまい、更には、マテオにまで迫っ
  ていくのでした・・・。

  メキシコでは、ティーンエイジャーの妊娠は少なくはない状況を知
  って、監督ミッシェル・フランコは、この物語を思いつくのです。
  今や、メキシコからの映画人の活躍は、「バベル」「バードマン 
  あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「レヴェナント:蘇え
  りし者」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督や、今年
  のアカデミー賞監督賞/作品賞などを獲得したギレルモ・デル・ト
  ロ監督などをはじめ、以前にもまして見られるようになりましたが、
  フランコ監督は、尊敬するルイス・ブニュエル監督(スペイン出身
  だが、1946年にメキシコへ移る。)のような、複雑な人間関係
  を、白黒つけず批判することなくシリアスに描きこみます。

  本作は、前作「或る終焉」の主演ティム・ロスを製作総指揮の一人
  として加わり、母アブリルに、ペドロ・アルモドバル監督作品の
  「ジュリエッタ」で記憶に新しいエマ・スアレスが、斬新な狂気的
  母を彼女らしい感性的かつ知性的な緻密な役作りでもって演じてい
  ます。そして、オープニングでは見られなかった存在感を徐々に見
  せつけてきたのは、17歳のバレリアを演じたアナ・バレリア・セ
  リルです。舞台出身で、本作が映画デヴュー作ですが、監督はすで
  に彼女の中に天性の才能を見出しているようです。

  邦題の「母という名の女」で、まず、クララとバレリアの母、アブ
  リルの魔性を思いつくことでしょうが、バレリアの子供をはく奪す
  るアブリルを、なぜか、事の前から親密性のない親子であり、疎遠
  だったバレリアは、一旦、カレンの面倒をよく見てくれたことで信
  頼しますが、アブリルの陰謀に巻き込まれます。それから、徐々に
  バレリアがアブリルを探しあて、カレンの母としての強さを見せつ
  けたラストシーンで、このタイトルは、バレリアのものとなったよ
  うな気がします。そして、原題「APRIL’S DAUGHTER (LAS HIJAS 
  DE ABRIL)」(エイプリルの娘)とようやく合点がいくのです。日本
  の配給では、コピーが、「お母さん、あなたはいったい誰ですか?」
  だったり「母性などない、あるのは欲望だけー隣にいるのは母親で
  はなく女という怪物だった」と、母アブリル向けのよう・・・。

====================================================================
■石男的衛星電影案内(Vol.901)4/21〜4/27 by.STONEMAN

  ★今週の石男が選ぶオススメの1本
  <NHK・BSプレミアム> デジタルBS-103ch
  4月23日(月)21:00
  『武士の献立』('13 日本)
  監)浅原雄三 主)上戸彩、高良健吾
  ※江戸時代。優れた味覚と料理の腕を持つ春は、ひょんなことから加
   賀藩の料理方・舟木伝内に見込まれ、彼の跡取り息子・安信の嫁と
   して迎えられる。だが安信は、春より4つ年下で、剣の腕は立つの
   に料理が大の苦手。春は必死に夫の料理指南を始めるが…。加賀料
   理の基礎を築いた舟木家をモデルに、主君とその家族の食事をまか
   なう役目として仕える“包丁侍”の家族を描くヒューマンドラマ。
   上戸彩と高良健吾が二人三脚の夫婦を好演。

  <GYAO!・無料動画> http://gyao.yahoo.co.jp/
  『ダンサー・イン・ザ・ダーク』('09 日本)
  監)ラース・フォン・トリアー 主)ビョーク
  ※チェコからアメリカにやってきたセルマは女手ひとつで息子を育て
   ながら工場で働いている。セルマを母のように見守る年上の親友キ
   ャシー、何かにつけて息子の面倒を観てくれる隣人ビル夫妻、セル
   マに静かに思いを寄せるジェフ。様々な愛に支えられながらもセル
   マには誰にも言えない悲しい秘密があった。病のため視力を失いつ
   つあり、手術を受けない限り息子も同じ運命を辿るのだ。愛する息
   子に手術を受けさせたいと懸命に働くセルマ。しかしある日、大事
   な手術代が盗まれ、運命は思いもかけないフィナーレへ彼女を導い
   ていく…。
   ★5/3まで無料配信中

====================================================================
*********************************************************************
■編集後記
  ☆瀬戸内七県を拠点としたAKB48グループ6番目のSTU48の
  当初のコンセプトが船上劇場で各県を周って公演をするというのもで
  したが、デビューシングルを発売して、結成一周年を迎えても船の話
  がまったく出ていなかったのですが、先日の岡山の握手会でようやく
  船が発表されました。これから改装して夏頃にデビューとのことです
  公演が始まったら是非行きたいです。

==================================================================
【オススメBlu-ray】
  『この世界の片隅に』 (特装限定版)
   http://amzn.to/2rDh3d0

==================================================================
【オススメ漫画】
  『認知症のある人って、なぜ、よく怒られるんだろう?』北川なつ著
  http://amzn.to/23McUzG

==================================================================
  *****************************************************
  当メルマガのfacebookページを作りました!
  http://on.fb.me/g2LofS「いいね!」を押して下さい!
  *****************************************************
  https://twitter.com/stoneman_ulc
  ↑ツイッターはこちら!フォローよろしくお願いします。
  *****************************************************
  ★ULCホームページ★(休止中)
  http://www.ulc-stone.com
  *****************************************************
  ●○●○●読者ボランティア・ライター募集中●○●○●
  映画の感想を投稿してくれるライターさんを募集中
  http://form1.fc2.com/form/?id=893941
  ↑詳しくはこちらのメールフォームからメールして下さい!
  *****************************************************
========================================================================
========================================================================
■週刊うるとら★ラッキー☆シネマ★ Vol.970(2018/4/21)
■発行:ULC (Ushimitu Listeners Club) http://www.ulc-stone.com
■編集長:STONEMAN (from HIROSHIMA city)
■問合せ先(ご意見ご感想も)> http://form1.fc2.com/form/?id=893941
■購読&解除はそれぞれの配信サービスにてどうぞ。
【まぐまぐ】ID:0000025922
  http://www.mag2.com/m/0000025922.htm
【メルマ!】ID:m00017409
  http://melma.com/backnumber_17409/
========================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-21  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。