トップ > 学校・教育 > 資格 > 【無料ダイジェスト版】プロマネ受験対策室

【無料ダイジェスト版】プロマネ受験対策室

RSS

情報処理試験プロジェクトマネージャの受験者必読!プロジェクトマネージャ試験に合格した筆者が、午前II試験と午後I/午後II試験(論述・小論文)の対応力を集中的に強化する方法を解説します!プロマネの基礎知識講座や、模擬試験などのコンテンツもあり情報満載です。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2014-11-21
発行部数:
105
総発行部数:
26534
創刊日:
2008-04-09
発行周期:
週刊
Score!:
非表示

【無料ダイジェスト版】プロマネ受験対策室 Vol.09

発行日: 11/21

◆◆◆ 無料版:プロマネ受験対策 メルマガにご登録の皆様へ ◆◆◆

 プロマネ試験勉強の有料メルマガの決定版!!
 
 <読者様のメリット>────────────────────────┐
 │                                 │
 │●学習効果の高い勉強方法や過去問題の出題方法をしています。    │
 │ 学習順序や、学習のしやすさを考えて、勉強方法も合わせてご提案して│
 │ います。また、過去問題は学習効果を考えて、出題順序をアソートして│
 │ 出題しています。これによって学習した知識を覚えやすい構成になって│
 │ います。                            │
 │                                 │
 │ 特に午後Iは学習効果の高い勉強方法を採用しており、あなたの合格率│
 │ を確実に上げることができます。                 │
 │                                 │
 │●学習のペースメーカになります。                 │
 │ 毎週送られてくるメルマガなので、学習のペースメーカになります。 │
 │                                 │
 └─────────────────────────────────┘

 すべての記事を参照できる有料版メルマガを発行しています。無料版は有料版の
 ダイジェストとしてお届けしております。ダイジェスト版は記事の分量を縮小し
 てお届けしています。
 
 有料メルマガ登録月は料金無料ですのでお試し購読が可能です。
 
 毎週月・水・金配信で全77号のメルマガ配信ですから、1配信あたりの費用は
 約65円と、とってもお得です。

 ぜひご検討ください。

 ◆【有料版】2015年向けメルマガの詳細と登録はこちらから
  プロジェクトマネージャ受験対策室−あなたの合格率を確実に上げます−
  → http://creative-1st.com/pm-wp/examaction/mailmaga 
  
 ◆ メルマガのこれまでの評価についてはこちらから
   ぜひ過去の受講者の皆様の声を参照下さい。
  → http://creative-1st.com/pm-wp/examaction/mailmaga/measure 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

VOL. 09 / 77号
                          発行日:2014/11/21
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2015年向け  情報処理試験 プロマネ完全対策

    −−− あなたの合格率を確実に上げます −−−
       
      「 プロジェクトマネージャ受験対策室 」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:みんなのSE創研 佐藤 創( http://creative-1st.com/ 


(注)本稿は等幅フォントでの参照を前提として記載しています。罫線などがず
  れて表示される場合は、ブラウザ及びビューアのフォントを等幅フォント
  に変更されることをお勧めします。

(注)本メールマガジンは長文になるため、複数に分割して配信される場合があ
  ります。メルマガのサブジェクトに(1/2)などの表記がある場合は分割され
  ていることを示します。

┌──────────────────────────────────
│●今回の目次
└──────────────────────────────────
 (1)学習スケジュールと現在地

 (2)午後I対策
    1.【タイム】一問一答解答パターン学習(3/5)






┌──────────────────────────────────
│(1)学習スケジュールと現在地
└──────────────────────────────────

 まず初めに全体の学習スケジュールと現在地を確認しておきましょう。
 プロマネ受験日である4月19日を見据えた上で、今後どのような学習をす
 る計画になっているのか、また現在地はどこなのかを見失わずに、着実に学
 習を進めていきましょう。



●全体学習スケジュール(週次概要)
         2014年   2015年
          11月   12月    1月    2月    3月     4月
    (*1)発行週  1 2 3 4  5 6 7 8 9  0 1 2 3  4 5 6 7  8 9 0 1 2  3 4 5 6(全26週)
         ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤
            :                          ▲4/19試験
イントロ      => 1/1回(完)
午後I対策       :
 出題傾向分析   =========================> 2/9回
 解答パターン学習 =========================> 8/30回★
 過去問題の学習    :          =======================> 0/20回
 復習         :                        ===> 0/6回
午後II対策       :
 出題傾向分析     :        ===> 0/4回
 題意読取り学習    :        =======> 0/8回
 過去問題意読取り   :         =====================> 0/16回
午前II対策       :
 出題傾向分析     :               => 0/3回
 過去問題の学習    :               ===============> 0/21回
 PMBOK&security学習  :                      =======> 0/9回
試験後振り返り     :                          ===> 0/5回
            :
 ※★:学習あり    :
 (*1)一桁のみ表記   ▲現在週(3週目)




●午後I対策 解答パターン学習のスケジュール
┌─────┬───┬─────┬─────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│ 発行週 │ 1 │  2  │  3  │  4  │  5  │  6  │  7  │
│     │   │     │    現在号    │     │     │     │
├─────┼───┼─────┼─────▼─────┼─────┼─────┼─────┤
│領域/号数│2│3│4│5│6│7│8│9│10│11│12│13│14│15│16│17│18│19│20│21│
├─────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│統合   │               :                       │
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│スコープ │               :                       │
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│タイム  │          ===================> 3/5★                │
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│コスト  │               :    =======>===> 0/3           │
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│品質   │               :          ===================>===> 0/6
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│人的資源 │               :                       │
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│コミュニ │===============>===> 5/5   :                       │
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│リスク  │               :                       │
├─────┼───────────────:───────────────────────┤
│調達   │               :                       │
└─────┴───────────────────────────────────────┘
 ※★:学習あり






┌──────────────────────────────────
│(2)午後I対策
└──┬───────────────────────────────
   │1.【タイム】一問一答解答パターン学習(3/5)
   └───────────────────────────────

 前回に引き続きタイム・マネジメント領域を学習しましょう。
 
 午後I試験学習の目標は、「絶対得点できる力」を獲得することです。

●絶対得点できる力の定義 ──────────────────────┐
│                                  │
│絶対得点できる力 = 学習済みの領域の問題が出題された場合は、満点を│
│           取れる。最悪でも部分点は取れる力。      │
└──────────────────────────────────┘
 
 このような状態が、問題への対応力がついた状態といえるでしょう。時間を
 あまりかけずに回答の方向性が見えてくるようでなくては、午後I試験の突
 破は難しいと思います。
 メルマガで繰り返し学習することで、確実に過去問への対応力はつきますか
 ら、あせらずじっくりと学習を進めていきましょう。
 
 
 
 試験解答パターン学習は、午後I試験の過去問題を一問一答形式に編集した
 ものです。これによって1問あたり3分程度で、回答と答え合わせが可能に
 なります。隙間時間を活用することで、いつでも・どこでも・誰でも学習で
 きる方法です。何度も繰り返し学習し、問題と答えを暗記するくらい読み込
 めば、午後I試験の得点力が短期間でアップします。
 
 
 
======================================================================
● 今回の出題テーマ
======================================================================
 
 今回は、大領域「スケジューリング」を学習します。
 午後I試験での出題数は多くはありませんが、ここを苦手としてしまうと、
 プロマネ本番試験で問題選択の幅が狭くなってしまいます。
 
 また、午前II試験では相変わらずこの領域の出題は多いです。PERTなど
 を読み取り、クリティカルパスを特定する問題などが出ています。
 
 ただし出題は午前IIも、午後Iも基本的な内容を問われているだけですから、
 対応は容易なのです。知識をインプットするのを面倒くさがることで、これ
 らの対応が容易な問題を逃すことにもなりかねません。


 
 ・学習状況一覧表(タイム・マネジメント)
 ┌─┬───────┬──────────────────┬───┬───┐
 │ │  大領域  │       小領域        │現在の│対応す│
 │ ├───────┼──────────────┬───┤学習 │る問題│
 │ │ 名称(出題率) │      名称      │出題率│状況 │の番号│
 ├─┼───────┼──────────────┼───┼───┼───┤
 ├─┼───────┼──────────────┼───┼───┼───┤
 │計│アクティビティ│アクティビティ定義     │ 11.0%│ ● │01〜04│
 │画│(38.4%)    │アクティビティ資源見積り  │ 8.2%│ ● │05〜06│
 │ │       │アクティビティ所要期間見積り│ 5.5%│ ● │07〜09│
 │ │       │アクティビティ順序設定   │ 13.7%│ ● │10〜13│
 │ ├───────┼──────────────┼───┼───┼───┤
 │ │スケジューリン│PERT          │ 2.7%│ ○ │14〜15│
 │ │グ(19.2%)   │クリティカルパス      │ 5.5%│ ○ │16〜18│
 │ │       │クラッシング        │ 6.8%│ □ │19〜21│
 │ │       │ファストトラッキング    │ 4.1%│ □ │22〜24│
 ├─┼───────┼──────────────┼───┼───┼───┤
 │監│スケジュール・│スケジュール・コントロール │ 28.8%│ □ │25〜33│
 │視│コントロール │リスケジュール       │ 5.5%│ □ │34〜34│
 │ │(42.5%)    │EVM状況把握       │ 8.2%│ □ │35〜38│
 └─┴───────┴──────────────┴───┴───┴───┘
  ※学習状況の説明:□⇒次回以降に学習予定
           ○⇒現在学習中
           ●⇒学習済み



======================================================================
● 問題の解き方
======================================================================
 
 出題は、1問毎に【問題】を記載した後に、【考えるためのヒント】を掲載
 し、最後に【答え】を掲載します。あわててスクロールしてしまうと解答例
 が見えてしまいますのでご注意下さい。
 
 解答例が複数ある場合は、どれかの解答例に一致していれば正答としてOK
 です。また解答例に含まれる主要な語句があり、回答の方向性が一致してい
 れば正答としてOKです。一字一句まで一致している必要はありません。
 
 また、文字数の制限を考えながら解答パターンを学習すると、文字編集能力
 も同時に磨けます。問題毎に制限文字数を記載しているので、参考になさっ
 てください。
 
 
 
 午後Iの解答パターン学習では、メールに直接答えを書き込んで学習されて
 いる方のために、回答文字数の目安となる表記を付与しています。
 
 具体的には、問題文の後に次の表記を入れています。
 
 
 ●回答作成時にご利用ください
  0     5    10    15    20    25    30
 ├────┼────┼────┼────┼────┼────┤
 ・

 ↑ 
 ここに回答を記載することで、文字数を数え直さなくても制限時数に収まっ
 ているのかを確認できるようになります。
 
 
 
 そして解答例にも、以下のような記載をしています。
  
  0     5    10    15    20    25    30
 ├────┼────┼────┼────┼────┼────┤
 ・デグレードが発生していないかどうか


 なので、自分の書いた回答内容を解答例の下に張り付ければ、どのような
 差分があるのかを文字数を比較しながら検証しやすくなります。
 
 
 
 
 
─────────────────────────────────────
      今 回 の 試 験 解 答 パ タ ー ン 学 習
─────────────────────────────────────
●出題テーマ:タイム・マネジメント − スケジューリング(PERT)


==========================================================================
【問題:No.14】H25問1設問2-(1)
          制限字数:なし
==========================================================================

 プロジェクトマネージャのA氏は、社内向け情報処理システムの開発プロジ
 ェクト計画を策定した。プロジェクトの作業工程図は以下のようになってい
 る。

   ┌───┐        ┌───┐
 ┌→│A、2├┬──────→│D、4├───────┐
 │ └───┘│       └───┘       │
┌┴─┐    │ ┌───┐ ┌───┐  ┌───┐│ ┌───┐ ┌───┐
│開始│    └→│B、2├→│C、2├┬→│G、2├┴→│H、2├→│I、2│
└┬─┘      └───┘ └───┘│ └───┘  └───┘ └───┘
 │ ┌───┐        ┌───┐│
 └→│E、1├───────→│F、2├┘
   └───┘        └───┘

 〔凡例〕
 ┌───┐
 │X、Y│X:作業ID
 └───┘Y:作業期間(単位:月)
 
 
 A氏はプロジェクト計画について上位管理者を交えたレビューを行った。そ
 の結果、開発期間を2ヶ月間短縮することが必要であるとの指摘を受けた。
 A氏は、この要望への対応として、クラウドサービスの利用をすることで、
 開発期間の短縮を行うことにした。

 調査した結果、X社、Y社、Z社の3社のクラウドサービス利用が可能であ
 ることが判明した。

 ・X社のクラウドサービスを利用した場合は、Bの作業が不要となり、開発
  期間は( a )か月となる。

 ・Y社のクラウドサービスを利用した場合は、Bの作業が不要となり、C、
  Dの作業期間が半減するので、開発期間は( b )か月となる。

 ・Z社のクラウドサービスを利用した場合は、Bの作業が不要となり、C、
  D、G、Hの期間が半減する。一方、Eの作業については2倍の期間が必
  要となるため、開発期間は( c )か月となる。

 a〜cに当てはまる数値を答えよ。




----------------------------------------------------------------------
【問題:NO.14】 考 え る た め の ヒ ン ト
----------------------------------------------------------------------

 ネットワーク図が読み取れるのかどうかだけを問う、単純な問題です。クリ
 ティカルパスの定義さえ知っていれば、問題なく正答できます。





----------------------------------------------------------------------
【問題:NO.14】 解 答 例
----------------------------------------------------------------------

 【a】10
 【b】9
 【c】8










==========================================================================
【問題:No.15】H23問1設問1-(1)
          制限字数:なし
==========================================================================

 プロジェクトマネージャであるA氏は、社内のシステム開発プロジェクトの
 スケジュール策定を行っている。プロジェクトでは作業項目を2チームに割
 り振り、開発チームがシステム開発を行い、基盤チームがサーバ導入を含め
 た基盤整備を担当する。作業項目は表1のようになった。
 
 表1
 ┌───┬────────┬────┬────┬───────────┐
 │作業ID│  作業項目  │所要期間│先行作業│     担当    │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ A │基盤設計    │ 2ヵ月│ −  │基盤チーム      │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ B │製品調達    │ 2ヵ月│ A  │基盤チーム、メーカ  │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ C │基盤構築・テスト│ 2ヵ月│ B  │基盤チーム      │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ D │外部設計    │ 2ヵ月│ −  │開発チーム      │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ E │内部設計    │ 2ヵ月│ D  │開発チーム      │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ F │プログラム製造 │ 3ヵ月│ E  │開発チーム      │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ G │システムテスト │ 1ヵ月│C,F │開発チーム、基盤チーム│
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ H │運用テスト   │ 1ヵ月│ G  │開発チーム、利用部門 │
 ├───┼────────┼────┼────┼───────────┤
 │ I │教育・移行   │ 1ヵ月│ H  │開発チーム、利用部門 │
 └───┴────────┴────┴────┴───────────┘
 
 
 上記の表に基づきA氏はネットワーク図を図1に示すように記載した。


 図1
   ┌─┬─┬─┐ ┌─┬─┬─┐ ┌─┬─┬─┐   
   │1│A│2│ │3│B│4│ │5│C│6│   
   ├─┤ ├─┤ ├─┤ ├─┤ ├─┤ ├─┤   
 ┌→│2│2│3│→│4│2│5│→│6│2│7│─┐ 
 │ ├─┼─┼─┤ ├─┼─┼─┤ ├─┼─┼─┤ │ 
 │ │1│ │0│ │1│ │0│ │1│ │1│ │ ┌─┬─┬─┐
 │ └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ │ │ウ│ア│エ│
┌┴────┐                    │ ├─┤ ├─┤
│START│                    ├→│オ│イ│カ│→・・
└┬────┘                    │ ├─┼─┼─┤
 │ ┌─┬─┬─┐ ┌─┬─┬─┐ ┌─┬─┬─┐ │ │キ│ │ク│
 │ │1│D│2│ │ │ │ │ │ │ │ │ │ └─┘ └─┘
 │ ├─┤ ├─┤ ├─┤ ├─┤ ├─┤ ├─┤ │ 
 └→│1│2│2│→│ │ │ │→│ │ │ │─┘ 
   ├─┼─┼─┤ ├─┼─┼─┤ ├─┼─┼─┤   
   │0│ │0│ │ │ │ │ │ │ │ │   
   └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ └─┘ └─┘   

 〔凡例〕
 ┌─┬─┬─┐ X:作業ID TF:トータルフロート
 │ES│X│EF│ DR:所要期間 FF:フリーフロート
 ├─┤ ├─┤ ES:最早開始
 │LS│DR│LF│ EF:最早終了
 ├─┼─┼─┤ LS:最遅開始
 │TF│ │FF│ LF:最遅終了
 └─┘ └─┘ 
 
 
 図1のア〜クに入る適切な数字または作業IDを答えよ。




----------------------------------------------------------------------
【問題:NO.15】 考 え る た め の ヒ ン ト
----------------------------------------------------------------------

 ネットワーク図のうち、PDM図を理解していないと正答できない問題です。
 
 考え方というよりも、知識として理解しているかどうかを問われている問題
 です。
 
 ア〜クのいくつかは、知識があれば計算なしに求めることができます。
 
 作業IDは、表1から考えれば自明ですね。DR、つまり作業の所要期間も計
 算なしで求められます。
 
 あとは、TFとFFですが、クリティカルパス上のタスクであるという点を理解
 していれば計算なしで求められます。クリティカルパスのタスクは、フロー
 トが0のタスクであるという特徴があります。
 
 よって、ア、イ、キ、クは最低でも埋められるはずです。
 
 あとの数値は計算して求めましょう。




----------------------------------------------------------------------
【問題:NO.15】 解 答 例
----------------------------------------------------------------------

 ア:G
 イ:1
 ウ:8
 エ:8
 オ:8
 カ:8
 キ:0
 ク:0







 ・・・これ以降の記事内容を参照する場合は有料版のご購読が必要です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 以上で、今回の一問一答学習は終了です。

 
 
 今回のメルマガは以上です。

 学習の途中で分らないこと、気になることなど、なんでも構いませんので、
 お気軽にご質問・ご意見を送付いただければ幸いです。本メルマガへの返信
 でOKです。できる限り回答させていただきます。
 
 今回も最後までお付き合い下さりありがとうございました。

 (メルマガ筆者:佐藤 創)









ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. のんびりやろう!情報処理試験! 〜1問1問コツコツと〜

    最終発行日:
    2016/12/09
    読者数:
    4416人

    基本情報技術者&応用情報技術者試験の午前対策を中心にITパスポートや高度区分まで幅広く対応。1999年創刊。

  2. フラワーエッセンスジャパンメールマガジン

    最終発行日:
    2016/12/07
    読者数:
    84人

    フラワーエッセンスとは、花のエネルギーを水に転写したものです。身体に直接作用するのではなく、感情や精神というスピリチュアルな部分に直接働きかけることにより、バランスを回復するのをたすけてくれます。 あなたもお花の力を体験してみてください。

  3. 大石英司の避難空港

    最終発行日:
    2016/12/10
    読者数:
    2390人

    作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

  4. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2016/12/09
    読者数:
    1460人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

  5. 「海を渡った自衛官─異文化との出会い─」

    最終発行日:
    2016/01/27
    読者数:
    1269人

    陸上自衛隊が初めて海外派遣されたカンボディアからイラク復興支援まで、海外に赴いた隊員数十人を直接取材し、彼らが現地で何を体験し、どうやって任務を遂行してきたのか、その実際を聞き書きしたものです。 派遣先での「異文化との出会い」に悩み、戸惑いながら、事態をどう解決してきたのか?知られざる自衛官の活躍を等身大で紹介します。

発行者プロフィール