トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > IISIA公式メールマガジン

IISIA公式メールマガジン

RSS

元外交官であるIISIA代表・原田武夫の言葉をお届けします!これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる「今日の焦点!」、そして「覇術」ではなく「王道」を語る珠玉の言葉をお届けする「今日の言葉」。平日12:30、ぜひご活用ください!



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-03-28
発行部数:
713
総発行部数:
3428859
創刊日:
2008-04-08
発行周期:
毎日
Score!:
66点

本日がボトム(底)?これからどうなる、マーケット?(IISIA原田武夫)

発行日: 03/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IISIA代表・原田武夫の言葉をお届けします!

             IISIA公式メールマガジン 2017年3月28日号
                発行:  http://www.haradatakeo.com/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、何が起きているのか!?

徹底分析いたしました!!

必聴です。

「ここから1か月があらためて“決定的”になるという分析
 ―――あらかじめ敷かれたレールの向こう側の“急騰”の
 タイミングを探る」

〜音声レポート「週刊・原田武夫」は↓こちら↓から!〜
                   https://goo.gl/2mVOo0

無料サンプルはこちら → https://goo.gl/XPFtfP

───────────────────────────────────


   □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

〜本日発売の音声レポート「日刊・原田武夫」は↓こちら↓から!〜
                     https://goo.gl/9RWq05


※無料サンプルはこちら → https://goo.gl/GRx7YO

───────────────────────────────────
●「今日の焦点!」
 〜これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる〜
───────────────────────────────────

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「橋下徹氏がワシントンを訪問」です。


⇒その理由は……:

 ─今起きていることの本質。
  それは新世界秩序への全面的な移行です。

 ―我が国も当然その中で動かされているのです。
  そこにおけるカギは対米関係の変更です。

 ―もっともそれは表面的な出来事ではあります。
  いわゆる根源的な階層ではルールが何も変わらないからです。

 −そうではあっても、注視する必要はあります。
  ルールが変わるのに旧態依然としたルールでは動けないのです。
 
 ―「そこ」に正にこれからに向け、生き抜くための鍵があります。
  これを無視しては前に進めないのです。

日本維新の会の橋下徹氏がワシントンを訪問したと報じられています。
「もっと日本に外圧をかけてくれ」と述べたといいます。

「外圧がなくては変わらない」
これが従来の我が国でした。

だから「外圧」だというわけです。
これまでのルール、であれば確かにそうです。

しかし「これから」は全く違うのです。
内発的な、ある意味、我々日本人の直観から変わっていく。

これが今後訪れるパックス・ジャポニカの本質なのです。
何を言われずとも己の心の内奥から湧き出て来るものに従って動く。

それが「これから」なのです。
それなのに「外圧」とは、全くもって笑止なわけです。

対するアメリカは冷静に見ています。
かつて「NOと言える日本」と語って結局、服従した者と同じ様に。

歴史は二度繰り返す。
一度目は悲劇として、そして二度目は喜劇として。

「喜劇」にもならないドラマがまた始まっています。
分かり、ますか?

───────────────────────────────────
◎ 本日(28日)発売の調査分析レポート《NEW!!》
───────────────────────────────────

◇音声レポート「日刊・原田武夫」(3月28日号) 11:30に発売開始!!
《詳細・お申込みはコチラへ⇒ https://goo.gl/9RWq05
                
「本日(28日)がとりあえずのボトム(底)になるという分析
 ―――その後、どうなるのか?」

《IISIAの音声レポートとは??》
─日々変わっていくマーケットとそれを取り巻く国内外情勢。
 それを毎日追って行くのは大変です。
─そこでその「ポイント」を代表・原田武夫がピックアップ。
 我が国のマーケットに大きな影響を与えるグローバル・マクロ(国際的な
 資金循環)を動かすホットな話題を、誰にでも分かりやすくご説明します
─「日刊・原田武夫」は月〜木まで15分。日々の最新動向とこれからを。
 「週刊・原田武夫」は金に50分。週明けを睨んでじっくりと。
 コンパクトにご説明致します。たくさんの方々にご愛用頂いています。

《そして気になる「最新号」の内容は・・・・??》
◎日米マーケット“振り返り”:「日米株価全面安」「金価格の動きに注意」他
◎国際情勢から見るマーケット:「トランプ政権の方針転換」「吠えるドイツ勢」他
◎日本マーケットの“これから”:「実は次のリーダーが決められている」「跳ねる瞬間」等

※お申込み・詳細は今すぐコチラへ:
URL https://goo.gl/9RWq05


※無料サンプルはこちら → https://goo.gl/GRx7YO

───────────────────────────────────

【 特別音声教材を発売いたします!! 】

来る4月2日をもって、弊研究所は設立10周年を向えます。
それを記念して特別講演会を4月22日(土)に開催し、
特別音声教材を発売いたします。

2017年1月末にリリース致しました中期予測分析シナリオ
「Commencement」の追補(サプリメント)として、
ここだけで直言する貴重な内容を収録します。

是非、お求めの上、お越しください!!

詳しいご案内はこちらから ⇒ https://goo.gl/C6VGJg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
(免責事項)
※本教材・セミナーは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。
 金融商品の売買は購読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。
 弊研究所は購買者が行った金融商品の売買についていかなる責任も
 負うものではありません。
----------------------------------------------------------------------
株式会社原田武夫国際戦略情報研究所
Institute for International Strategy and Information Analysis,Inc.
公式Webサイト URL:  http://www.iisia.com/ 
原田武夫.com  URL:  http://www.haradatakeo.com/ 
営業時間:平日(月〜金) 8:00〜16:30
※土日のお問い合わせに関しましては翌営業日にご返信申し上げます。
----------------------------------------------------------------------

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/28
    読者数:
    24200人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/28
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/03/24
    読者数:
    1459人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール