国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】本日台湾研究フォーラム講演会「台湾の法的地位を考えるー中国の一部でない根拠」

2018/11/11

本11日開催。ふるってご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

台湾研究フォーラム第181回定例会

演題「台湾の法的地位を考えるー中国の一部でない根拠」

講師 加藤恒夫(台湾研究フォーラム常任幹事、桐光学園高等学校教諭) 

台湾侵略を目論む中国は台湾を領土の一部だと主張して憚らない。実際台湾建国に向けた運動の現場でも、そう主張する中国人に出会うこともある。そこでこの主張が何の根拠もないことを、台湾が辿ってきた歴史のなかで検証したい。

日時 平成30年11月11日(日)18時30分〜20時00分

場所 文京シビックセンター内・区民会議室3階A+B
  (東京都文京区春日1−16−21)

交通:東京メトロ 後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
JR総武線 水道橋駅(東口)徒歩9分

参加費 会員500円、一般1000円
(会場に入会受付あり。年会費2000円)

問い合わせ 070-6484−2624

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。