国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】TBSがアジア大会で台湾選手を「中国」扱い!

2018/08/31

本稿は8月30日に書いたもので、その後TBSは訂正と謝罪を行いました。
しかしその訂正の仕方には問題が残っており、それに関してはまたこのメルマガでお伝えします。
━━━━━━━━━━━━

TBSに抗議を!アジア大会で台湾選手を「中国」扱い!訂正は拒否か


ブログ「台湾は日本の生命線」より。ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3336.html

2018/08/30/Thu

TBSが八月二十九日夜に放送の「アジア大会2018」は陸上二百メートル決勝を生中継したが、これを見て悔しい思いをした在日台湾人は少なくないはずだ。

何しろ「台湾最速男」と称えられる期待の楊俊瀚が、わずか千分の二秒の差で小池祐貴に敗れ、金メダルを逃したのだから。

台湾人にとってそれは痛恨の極みだろうが、実はそれだけではなくもう一つ、台湾人の感情を踏み躙るものがあったのだ。

それはこのヒーローの国の国籍名を、番組画面が「中国」と表示したことだ。

これに台湾人が早くもTBSに抗議したそうだ。それを受け台湾のメディア各社も、今回の誤表示事件を速報した。その報道のどれもが、台湾人としての悔しさ、怒りが滲む内容だった。

アナウンサーはこの日、台湾を「台湾」と呼んでいた。台湾は「チャイニーズ・タイペイ」の名での参加を強要されているため、時には「チャイニーズ・タイペイ」と呼ぶときがあっても、すぐに「台湾」と付け加えていた。

したがって今回は、文字のみの誤りだったといえそうだが、問題はなぜここまでひどいミスをしたかだ。これではまるで中国覇権主義の「台湾は中国の一部だ」との政治宣伝への加担ではないか。

中国の歓心を買おうとしての故意だったのか。あるいは台湾と中国との違いに無頓着な者の過失だったのか。そのいずれにしても、放送局としては断じて許されるものではない。

それでは番組は訂正を行ったのだろうか。私が電話でTBS視聴者センターに聞くと、驚くべき回答が返ってきた。

「訂正したかどうかは答えられない」の一点張りなのだ。「確認しようがない」とも繰り返していたが、そんな馬鹿なことがあるか。

そもそも最初は私に対し、「中国」表示があったのは「何時何分ごろか」と聞き、画像を確認しようとしていたではないか(その後、今回のミスには触れない方がいいと判断してか、「確認できない」とも言い出したが)。私が「台湾のメディアも問題視しているのだ」として、事の重大さを伝えても埒はあかなかった。

要するに、訂正はしていないというわけだ。

TBSのサイトではアジア大会での台湾の名称は「台湾」になっているらしい。視聴者センターは抗議者に対しそう強調している模様。要するにそれで抗議を封じようという印象操作だ。そこまで抗議を恐れているのだから、もしすでに訂正しているのであれば、はっきりそう明言し、問題の幕引きを図るはずである。

そこで私は再度電話で確認した。

私:なぜ訂正したか否か確認できないのか。
視聴者センター:こちらに情報が来ていない。
私:訂正したなら、訂正したという情報は来るのか。
視聴者センター:おそらく。

そういうことだ。訂正はしていない。そしておそらく今後もしない構えだろう。

なぜなら「中国ではなく、正しくは台湾だった」などと言えば、今度は中国がTBSを許さないからだ。

「台湾人は概して性格が大人しく、しつこい抗議はしないし、日本人も大抵は台湾に無関心。ここは中国を刺激しないよう、有耶無耶にしてしまおう」と考えているに決まっている。なぜなら、それが従来の日本のマスメディアの手口である。

しかし今日、台湾を一刻も早く併呑したい中国が海外企業に対して台湾を「中国台湾」と表記せよとの圧力掛けを強めつつある中、中国及びそれに屈従する企業への反撥は、台湾でも日本でも広がっているところだ。

そこで日本人も台湾人もここは一つTBSに対し、「台湾は中国ではない。虚偽報道はやめろ」とし、訂正と謝罪を要求するべきだと思うがどうだろう。こうした積み重ねが台湾を守り、日本を守ることにもなるのである。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/01

    TBS局の政治思想は社会主義的な左派なので、スポーツ放送でもその思想は息づいています。

    だから中国寄りの回答しか得られません。

    台湾の方々には負けずに頑張ってほしいです!