国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】毎日新聞はJAL・ANAの中国屈服を評価/これでは日本は覇権主義に立ち向かえない

2018/06/22

毎日新聞はJAL・ANAの中国屈服を評価/これでは日本は覇権主義に立ち向かえない

ブログ「台湾は日本の生命線」より。ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3320.html

2018/06/20/Wed

中国民用航空局からの要求に屈服し、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)はそれぞれ六月十一日と十二日、公式サイトで「台湾」の表記を「中国台湾」へ切り替えた。

これは「中華人民共和国台湾」の意であるから、完全な事実捏造だ。もっともここまでの媚中、悔台行為を日本人や台湾人、その他世界の人々に見せるのはさすがに憚れたようで、中国向け、香港向けサイトだけでの改竄にとどめた。

日本向け、台湾向けサイトや、その他各国向けの英語サイトでは従来通り「台湾」表記のまま。それで中国民航局には納得してもらったのだろう。中国からすれば、外国企業がかつて中華皇帝の前で額づいた各国からの朝貢使のように、台湾を中国領土の一部とする「一つの中国」宣伝を唯々諾々と受け入れ、中国の台湾侵略の正当性を認めたとの事実が重要なのだ。

そのため台湾外交部は十八日、両社に抗議を行い、「不当な呼称の修正」を求めた。そして国際社会に対しても、「中国政府が政治的力を濫用し、各国の企業に干渉する横暴なやり方を直視すべきだ。各国の政府、企業は尊厳と正義を堅持し、道徳的勇気を発揮して中国の無理な要求に抵抗してほしい」と訴えている。

まさにそのとおりだ。JALとANAは今回、「正義と尊厳」を忘れてしまった。そして「道徳的勇気」を示すことなく、あの覇権主義国家に屈従してしまったのだ。

ところが日本では、そんな堕落しきった二社を擁護するマスメディアが存在するのである。

毎日新聞だ。十九日の記事において、たとえば次のように報じた。

―――中国人客向けのHP上で台湾の表記を「中国台湾」とした。ただ台湾人客向けのHPでは両社ともこれまで通り台湾を他の国・地域と同列に表記している。中国の要求を受け入れる一方、台湾にも配慮した形だ。
 
「台湾にも配慮した」と強調することで、両社に理解を示しているではないか。しかし台湾を「他の国・地域と同列に表記」し続けるのは当然のことであり、ここでは中国への間違った「配慮」を非難すべきだろう。

そしてこんなことも。

―――中国は台湾を「中国の領土」とするが、台湾は「中国の一部ではない」との立場。中国は各国の航空会社に明確な表記を要求し、応じなければ行政処分を科すとした。

この「立場」とは「考え方」という意味だ。要するに中国はこう「主張」するが、それに対して台湾はこういう「考え方」だと述べて両国を相対化し、中国の「要求」にもそれなりに理があるかのような印象を作り出してしまっている。

だが「中国の一部ではない」は、何も台湾だけの特別な考えではなく、世界の多くの国も認める国際法上の真実なのである。したがってこの場合、毎日は次のように書くべきだった。

「中国は台湾を『中国の領土』とするが、台湾は中国の一部ではない。それでありながら中国は各国の航空会社に明確な表記を要求し、応じなければ行政処分を科すとした」

このように書けば、中国の横暴さが国際秩序に悪影響を与えつつあるという今回の問題の本質を読者に正確に伝えられたはずなのだ。だが毎日は敢えてそれをやらなかった。

更によく読んでほしい、以下のようにも書いている。

―――JAL、ANAの広報部は「各HPを利用するお客様にとって分かりやすく受け入れられる表記にした」と説明した。だが台湾外交部(外務省)は18日、両社に抗議するコメントを出した。   

中国人客にはそれが「受け入れられる」よう「中国台湾」にし、台湾人客にはそれが怒らないよう「配慮」し、「台湾」のままにするJALとANAの「お客様」思いの措置を評価しながら、それを理解することもなく我を通し、両社に抗議する台湾外交部に眉を顰めてみせている。

Aさんの所有物を「俺のものだ」と主張するBさんに対しては、「これはBさんのもの」と言って歓心を買う一方、Aさんの前では「これはAさんのもの」といって叱られないようにするJALとANAもひどいが、それを評価するする毎日もひどい。中国迎合とは、かくも腐敗、欺瞞に満ちたものなのだ。だから尊厳を傷つけられて抗議する台湾外交部をも、平気で批判できるのである。

中国は今、各国の政府、企業に政治的影響力を及ぼし、戦略的要衝、台湾を併呑してアジア太平洋地域に覇権を打ち立てようと躍起になっているわけだが、このような誤った報道がまかり通る限り、日本はいつまでも、それに対する警戒心すらしっかりと持ち得ない。

ところで、今回の問題の本質をついているのが朝日新聞の十九日の記事である。

―――中国は、台湾と外交関係を結ぶ国々に断交を働きかけるなど外交圧力を強めており、航空会社への修正要求もその一環とみられる。台湾外交部は18日、日本の航空会社への抗議を表明する一方で、国際社会に対して、「中国の無理な要求を拒む道徳と勇気を発揮してほしい」と呼びかけた。

ここに書かれているのはいうまでもなく事実だ。中国は今、世界の国々に圧力をかけて台湾を孤立させ、最後は併呑、抹殺してしまおうと狙っているわけだが、そうした台湾侵略の謀略の一環が民航局の動きなのである。そしてその危険な謀略に、JALとANAは加担してしまったというわけだ。

ちなみに、朝日は記事でこうも書いている。

―――日本政府は18日までに、外交ルートを通じて中国側に懸念を伝えた。日本政府関係者は「最終的な対応は各社に任せている」としながらも、「罰則を設けて民間企業を脅すようなやり方は好ましくない」と話した。

毎日新聞もよく政府の話を聞くべきである。中国が行っているのは民間企業への「脅し」である。その脅しに屈したJALとANAを評価するような報道はやめるべきだと、私は何度も強調したい。

ちなみに政府ももっと頑張らなくては。国内の企業が中国政府の強大な「脅迫」の圧力にさらされているのだから、「最終的な対応」は政府が買って出なくてはならない。IATA(国際航空輸送協会)も、こうした政治的な問題は企業に代わって政府が中国と協議すべきだと言っているではないか。

中国の邪悪な影響力がかつてないほど広がる中、それに有効に対処するべく企業もマスメディアも政府も、もっと「道徳的勇気」を持たなくては。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
台湾は中国領土ではない!
中国の不当要求に屈したJALとANAに対し
「中国台湾」を「台湾」に訂正せよと求めよう!

■JAL お客さまサポート室

メール https://www.jal.co.jp/voice/ →「問い合わせフォーム」
電話 0120-25-8600 携帯電話からは0570-025-519 [有料] 9:00〜17:00 [年中無休]

■ANA ご意見・ご要望デスク

メール https://contact-jp.ana.co.jp/app/ask_anacs_pcjp

電話 0120-029-787 携帯電話からは:03-6735-7922 9:00〜17:00 年中無休

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【過去の関連記事】

台湾政府もJALとANAに抗議!日本政府は中国との交渉に乗り出せ!18/06/19
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3319.html
日本人と台湾人が日航と全日空に抗議開始!(付:台湾チャンネル関連報道動画) 18/06/18
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3318.html
日本航空も中国に屈従!ANAと足並みそろえた台湾侮辱 18/06/14
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3317.html
全日空が陥落!中国の圧力で「台湾」を「中国台湾」にー抗議を!媚中企業撲滅運動に協力を!18/06/13
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3316.html

抗議成功!JALとANAが「台湾(中国)」表記を訂正!18/06/08
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3315.html
台湾を中国領土扱いするJALとANAのフライトマップ 18/06/07
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3314.html
国際航空業界が中国に抵抗?「一つの中国」強要のシャープパワーには勇気と団結で 18/06/04
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3312.html
乗客と中国のどちらが重要?―JALとANAが回答メール(付:関連報道動画) 18/06/01
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3310.html
中国に負けるな!JALとANAに声援を!18/05/30
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3309.html
JALとANAに訴えよう!中国の圧力に屈して道義を捨てるなと 18/05/29
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3308.html
自己検閲?読売は「台湾は中国ではない」と断言して 18/05/28
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3307.html
中国発表―JALもANAも台湾を裏切り?18/05/27
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3306.html
頑張れ日航、全日空!中国の圧力跳ね返せ 18/05/23
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3303.html
まるで朝貢!中国の圧力で「台湾」を裏切る外国企業 18/05/16
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3299.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。