国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】頑張れ日航、全日空!中国の圧力跳ね返せ

2018/05/26

頑張れ日航、全日空!中国の圧力跳ね返せ

ブログ「台湾は日本の生命線」より。ブログでは関連写真も
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3303.html

2018/05/23/Wed

中国の民用航空局が同国に就航する海外三十六の航空会社に対し、それぞれのウェブサイトで「台湾」は「中国台湾」に改めよ、中国地図には台湾を含めよ、などと要求する書簡を送りつけたのは四月二十五日。これに米ホワイトハウスは激怒。「ウォーエリアン」(監視管理を旨とする全体主義)だと痛罵したことは日本でも報じられた。

書簡には、三十日以内に要求に従わずば処罰を加える、とあったが、間もなくその期限を迎えようとしている。五月二十三日午前の段階で、すでに二十社が中国の報復を恐れ、台湾を中国領土扱いの記述に切り替えて、台湾の尊厳を傷つけた。たとえ台湾人の乗客数は減っても、中国を怒らせるよりマシだとの判断だろう。

覇権主義国家に対する屈服、迎合というものは、往々にしてかくも不道徳なものであるが、そうした堕落の道を選んだのには、ルフトハンザドイツ航空、マレーシア航空、ブリティッシュエアウェイズ、エアカナダ、フィンエア、スイスインターナショナルエアラインズ、アエロフロートロシア航空などだ。

台湾を中国領土と認めることは、中国に台湾併呑の権利ありと認めることだが、これら企業にとって、そんなことはお構いなしなのだろう。

一方、いまだ要求に応じていないのはデルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空、ハワイアン航空、シンガポール航空、カンタス航空、エミレーツ航空、カタール航空、エールフランス、ターキッシュエアラインズ、タイ国際航空、大韓航空、そして日本の日本航空、全日本空輸だ。

私は日本の名誉のために、日航、全日空が目下要求を受けいれていないことに安堵している。

実は私は、これらが中国の圧力に屈しはしいないかと、度々両社のサイトをチェックしていた。そうしたのには理由がある。なぜなら日本では企業(マスメディアを含む)、そして政府に至るまで、中国の「一つの中国」宣伝に迎合したがる傾向があるからだ。

実際に日航などは数年前、機内誌に掲載の中国地図に台湾を含めていた(中国の国土を赤色で示し、その色を台湾に及ばせた)。

今回の中国民航局の書簡には、地図では中国と台湾とを同一色にせよとの要求があったが、日航はそうしたものに従っていたわけだ。それに気づいた私は当時、修正を要求したところ、それは受け入れられた。「台湾人乗客がこれを見たらどう思うか」との私の訴えが響いたのかもしれない。

しかし結果的には台湾からではなく、台中両方から色が抜かれた。これであるなら台中の色を分けたことにならない、という中国への配慮である。

そんな日航であるから、今回の書簡にはさぞや苦悩しているはずである。しかしここは全日空ともどもぜひ頑張っていただき、不当な要求は断固拒否してほしい。

「軟らかい土を深く掘る」というのが中国の民族性だ。その恫喝に日本企業が安易に屈すれば屈するほど、あらたな不当要求が突き付けられてくるはずであるから、ここは踏ん張りどころだ。

またそうすることで、日本人は台湾問題に関心を持ち、中国の台湾侵略、併呑は許さないとのメッセージを送り、「日本は必ずしも軟らかい土ではない」との認識を強化せしむることにもなるだろう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。