国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】『広辞苑』の予約取消、購入拒否を!―真実を訴える時こそ「ことばは、自由だ」

2018/01/11

本1月11日夜8〜11時、Twitterデモを実施し、有害図書『広辞苑』不買を訴えます。
参加される方は「広辞苑は買わない」等々と書き、以下のタグをお付け下さい。

#広辞苑7不買 #岩波書店不買 #広辞苑7 #広辞苑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『広辞苑』の予約取消、購入拒否を!―真実を訴える時こそ「ことばは、自由だ」


ブログ「台湾は日本の生命線」より。ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3261.html

2018/01/10/Wed

■媚中出版社・岩波書店の傲慢さは卑屈さの裏返し

「ことばは、自由だ」なるキャッチフレーズの下、『広辞苑』第七版を一月十二日に発売予定の岩波書店。この「自由だ」には、「何を記述しても、広辞苑の自由だ」との傲慢極まりない響きが伴う、と感じるのは私一人ではないはずである。

なぜなら、台湾は中華人民共和国の領土の一部であり、それは日本政府未承認しているなどとする第六版での誤記がマスコミに指摘され、さらにはその訂正を我々一般国民、在日台湾人、更には台湾政府からも求められながらも、この第七版刊行はそれらを無視した上でのものだからである。

これを傲慢と呼ばずして何かということだ。ただし事大主義者が往々にして傲慢なのを見れば明らかなように、傲慢はしばしば卑屈の裏返しである。

広辞苑 言葉は広辞苑の自由だ

岩波書店の傍若無人の振る舞いにしてもその背景には「台湾は中国の一部」と宣伝する中国覇権主義への媚び、従属があるのである。

■ウソの上塗り―反論もやはり中国の虚構宣伝

我々が訂正を求めて来た第六版での「誤記」とは以下の三点だ。

(1)【台湾】の項目における「一九四五年日本の敗戦によって中国に復帰し」

広辞苑第6版第6刷【台湾】赤

(2)【中華人民共和国】の項目に掲載の「中華人民共和国行政区分」地図における「台湾省」

広辞苑 赤中華人民共和国行政区分 第6版

(3)【日中共同声明】の項目での「日本が・・・台湾がこれ(中華人民共和国)に帰属することを実質的に認め」

このどれもが、台湾は中国の一部とする中国の「一つの中国」宣伝の定型表現、定型図表を引用したがための誤りである。これでは学校図書室で「台湾」あるいは「中華人民共和国」を調べようと『広辞苑』を開いた生徒たちなど、ただちに中国の虚構宣伝に惑わされてしまうではないか。

ところがそれらの深刻な誤りを指摘されても岩波書店は、断じて非を認めようとはしないのである。

たとえば「頑張れ日本!全国行動委員会」が書面で三回にわたって行った誤記の指摘に対し、岩波は(1)については、日本のポツダム宣言の受諾による「中国への復帰」だと言い張り、(2)に関しては、中国の「行政区分」図を使っただけだと釈明し、そして(3)については、日本は中国立場を「理解し尊重」と表明したからだ等々、あくまで中国の宣伝そのままの反論をするのである。

「頑張れ日本」はそうした宣伝こそが間違いだと指摘しているのだが、これでは話にならない。要するに岩波は、そうした「頑張れ日本」の正論に対し、「ウソの上塗り」で応えたのである。

■インチキ出版社に辞書を編纂・販売する資格はない

それは学術出版社の権威と広く認められてきた岩波が、その醜悪な媚中インチキ体質を自ら暴露した瞬間だった。誤記があってはならない辞書を編纂する資格など、この企業にはないことが判明した瞬間でもあった。

また「頑張れ日本」は、さらに次のような質問も行っている。

もっともこれらを一々読まなくても結構だ。ただこれらに対して岩波が、よほど自分たちの嘘が明らかになるのを警戒したのだろう、「すでにお答えした通りです」などと全くのウソを吐き、回答を拒否したことだけを知っておいてほしい。

【1】 広辞苑第六版には、明らかに事実に基づく政府公式見解と異なる内容が表記されている。直接問い合わせた外務省の広報担当も政府見解とは違うと明言した。貴社は、広辞苑の表記が政府見解と異なることを認識しているのか。あるいは知らなかったのか。

【2】 日中共同声明の文言に反する解釈が、広辞苑という辞書になされることは、表現の自由の範囲だと考えるか。

【3】 広辞苑の当該表記が、中国政府の見解や主張と同一なものであることを貴社は、認識していたか、そうではなかったか。

【4】 台湾は中華人民共和国の領土の不可分の一部とする中国政府の「ひとつの中国論」の主張について、貴社はそれが正しい、あるいは「事実」として、判断、認識しているのか。

【6】 貴社は尖閣諸島や南シナ海の中国主張の「領土」も記載するのか。また、中国による法定の行政区分を尊重し、台湾をその「台湾省」とするなら、その「台湾省」への帰属が規定される尖閣諸島も中国の「領土」と認識しているのか。「尖閣諸島」の項目で「中国も領土権を主張している」と書くのは、そうした認識に立ってのものなのか。

【7】 日中共同声明で日本が台湾を中国領土と認めたと断じる論拠は他にもあるのか。たとえば「認めた」結果として実際にいかなる状況が見られるのか。

このように正論を突き付けられて狼狽し、ウソの上塗りや回答拒否など、常人では思いもよらぬ行動をとった岩波。中国への「忠義」のためなら最早形振り構わない、その卑屈な実態を見よ。

■「六月までに二十万部」と豪語する岩波を放置して好いか

そして中国の前で卑屈であるが故の自国民(あるいは台湾)に対する傲慢さをも見よ。

すでに岩波は上記の「ウソの上塗り」釈明を堂々と自社ホームページに掲載し、まるで訂正要求を行うものこそが間違っているかの印象操作に打って出るとともに、毎日新聞の取材に対し「今年6月までに20万部が目標」などと豪語しているのである。

台湾を併呑してアジア太平洋地域に中国中心の新秩序を建設し、以って「中華民族の偉大なる復興」を遂げようと躍起となる中国が、台湾侵略を正当化するために展開するのが「一つの中国」宣伝だが、そうしたものを忠実に記載した『広辞苑』を、さらに二十万部(電子版を含まず)も売りさばこうというのだから、実に強大なる中国の傀儡ということができる。

そこで『広辞苑』の予約取消、購入拒否を全国の個人、図書館、そして学校に呼び掛けたい。

また全国の心ある国民に『広辞苑』不買の訴えを行ってもらいたい。

遠慮はいらない。世のため人のため、そして台湾と日本、さらにはアジア太平洋全体の平和と安定ために真実を訴える時こそ、「ことばは、自由だ」。
━━━━━━━━━━━━━━━━
■『広辞苑』の誤記訂正を求めよう!

「台湾」の項目―「一九四五年日本の敗戦によって中国に復帰」は誤り!
「日中共同声明」の項目―「日本は台湾が台湾が中華人民共和国に帰属することを実質的に認めた」は誤り!
「中華人民共和国」の項目―「中華人民共和国行政区分」図に「台湾省」を含めるのは誤り!

・岩波書店『広辞苑』編集部 

電話03−5210−4178
フェイスブックメッセージ https://www.facebook.com/iwanami.kojien/?fref=ts

・岩波書店問合せ 
https://www.iwanami.co.jp/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━

【過去の関連記事】

徹底論破!誤記訂正を拒否した岩波書店「釈明」の欺瞞を暴く!これが左翼出版社の「権威」の実態 17/12/24
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3254.html
中国人は大喜び!岩波書店『広辞苑』の誤記訂正拒否で得意満面 17/12/25
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3255.html

岩波『広辞苑』に訂正要求!(1)―日本は台湾を中国領土と認めていない 17/11/16
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3236.html
岩波『広辞苑』に訂正要求!(2)―これでは中国公定の捏造史観と変わらない 17/11/18
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3237.html
岩波『広辞苑』に訂正要求!(3)―台湾が「中国に復帰した」は全く根拠なき中国の宣伝 17/11/20
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3238.html
「国民的辞書」に中国製インチキ地図!―岩波『広辞苑』に訂正要求!(4) 17/11/22
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3239.html

いよいよ中共が介入!『広辞苑』訂正要求運動で岩波書店を擁護 17/11/24
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3240.html
岩波『広辞苑』の中国傾斜の歩み―宣伝に迎合・抗議に抵抗!版を重ねるごとに悪化する理由は 17/11/26
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3241.html
岩波書店が敵意剥き出し!『広辞苑』誤記訂正要求に拒絶姿勢(附:11・30抗議行動への参加呼びかけ)17/11/28
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3242.html
岩波書店に抗議デモ!『広辞苑』の媚中誤記は訂正されるか?待たれる回答(附:抗議活動の報道動画)17/12/06
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3244.html
岩波書店に誤記訂正の意思はない?/中国に媚び国民を裏切る『広辞苑』問題ー台湾研究フォーラム報告 17/12/07
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3245.html
台湾紙が詳報!岩波『広辞苑』の「媚中反台」誤記問題 17/12/12
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3247.html
台湾政府が岩波書店に抗議!日本の恥『広辞苑』はなおも中国の虚構宣伝に従うか 17/12/17
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3249.html
広辞苑誤記問題で中国政府も参入!「媚中無罪」時代の終焉で岩波書店に打つ手はあるか 17/12/20
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3251.html
近く態度表明の岩波書店の詭弁に注意!『広辞苑』が隠蔽する「台湾」の歴史真実を語ろう!(附:台湾チャンネル関連報道番組動画)17/12/21
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3252.html
中国がここまで我々の動きを警戒する理由―岩波『広辞苑』誤記訂正の要求運動を巡り 17/12/22
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3253.html
台湾でも報道!岩波の『広辞苑』誤記訂正拒否ー大きく損なわれた日本の信頼 17/12/27
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3256.html
岩波書店と交渉中!『広辞苑』誤記問題で「ウソつき」相手の闘いにもまた意義あり(附:チャンネル桜関連番組動画) 17/12/31
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3257.html

岩波『広辞苑』は中国の宣伝媒体になるなー懸念されるその影響力 08/02/20
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-299.html 
岩波『広辞苑』は十年来の誤情報散布の責任を取れ 08/02/26
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-304.html
岩波『広辞苑』は媚中誤記を訂正したかー第七版刊行前に確認したい 17/11/11
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3233.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。