国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】バスケW杯は台湾侵略を支持するか―国際スポーツ界の堕落

2017/11/30

バスケW杯は台湾侵略を支持するか―国際スポーツ界の堕落

ブログ「台湾は日本の生命線」より。ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3231.html

2017/11/04/Sat

バスケットボールワールドカップのアジア予選が間もなく始まるが、主催者である国際バスケットボール連盟(FIBA)のホームページが掲げた出場チーム一覧で台湾は「Taiwan,Province of China」(中国台湾省)と表記された。

台湾は国際五輪委員会(IOC)の方式に従い、「Chinese Taipei」の名称で参加することになっている。

台湾メディアの十一月一日の報道によれば、台湾のバスケットボール協会はこの「誤植」を糾すようFIBAに要請。私が四日にホームページを確認したところ、すでに「Chinese Taipei」へと修正されていた。

しかし、これを「誤植」と言うのだろうか。「Chinese Taipei」にしても「中国領台北」の意だ。なぜこれに対しても「誤植だ。Taiwanと呼べ」と訴えないのか。

台湾では、この「China」は中華人民共和国ではなく中華民国を指すとして自らを納得させ、国際スポーツ競技会から排除されないようにしてきた、しかし中華人民共和国の顔色をうかがってばかりのIOCにとり、「China」とは中華人民共和国以外の何物でもないのである。

もしそれが「中華民国」を意味するのなら、中華人民共和国はそれを断じて許さない。

「Taiwan,Province of China」とは、まるで台湾が中国に侵略、占領されたかのような悪夢を連想させる、実にショッキングな「誤植」だが、「Chinese Taipei」も全く同様だ。そもそも同じ意味だからこそ、FIBAはこうした「誤植」を犯したのだ。

それにしても国際スポーツ界とは、なぜここまで中国に迎合し、台湾の尊厳すら一顧だにできなくなっているのか。中国迎合が生んだ堕落だ。スポーツマンシップも何もない。

中国の台湾侵略を正当化するようなことはしてならない。二〇二〇年に開催されるの東京オリンピック、パラリンピックは日本での開催だ。正義を愛する日本人は、断じて「Chinese Taipei」などと台湾を呼んではならない。

台湾でも今、「Taiwanと名のろう」との声が急速に広がりつつある。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/11/30

    スポーツに政治を持ち込むのはご法度なのに、台湾問題はどの国も機関も国際スポーツの場でも中国の言いなりである。

    ならば中国の読みもチャイナではなく支那でよいだろう。