国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】台湾の敵ジャッキー・チェンの統一戦線工作に台湾人が抗議行動

2016/01/06

台湾の敵ジャッキー・チェンの統一戦線工作に台湾人が抗議行動

ブログ「台湾は日本の生命線」より。ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2726.html

2015/12/31/Thu

台湾台北の故宮博物院は日本でも有名だが、その「南院」が南部、嘉義県に設置され、十二月二十八日に開幕式が行われた。国民党が中国から持ち込んだ歴代王朝の宝物を陳列し、「中華民国こそ中国の正統政権」などと宣伝するのが台北の故宮なら、故宮南院はアジア全体芸術品を展示する。

さてその開幕式だが、そこには香港の映画スター、ジャッキーチェン(成龍)が招かれた。最寄りの新幹線駅から馬英九総統とともに自転車に乗って現れ、「龍馬精神(精神旺盛)」をアピールした。

実はジャッキー・チェンは北京の円明園にあった十二支の首像(円明園十二生肖獣首銅像)の模造品を南院に寄贈している。

十二支首像と言えば、彼が主演の中国映画「ライジング・サン」でもおなじみだが、今回の模造品はその劇中で使用されたものだ。

おそらくこの「龍馬」両人は、これを台湾海峡両岸の「中華民族」の絆の証と位置付けたいのだろう。

馬英九は当然そう考えたはずだ。なぜなら彼は台湾で育ちながらも、いまだ台湾人意識を持つことのできない中華民族主義者だからだ。

一方ジャッキー・チェンも中華民族主義者だ。中国人民政治協商会議(政協)の委員になるなど、中共べったりの姿勢が香港で批判されているが、「中国統一」(台湾併呑)を公然と主張するなどの反台湾の姿勢で、台湾人からも大いに嫌われている。

たとえば二〇〇四年の総統選挙中に発生した民進党の陳水扁候補への銃撃事件を自作自演と言わんばかりに揶揄し、それで台湾人の間で非難の声が広がると、今度は「民進党政権であるうちは台湾へ行かない」と宣言。〇八年に馬英九の国民党政権が発足するや、さっそく訪台したが、空港には抗議の群衆が殺到している。

来年には再び民進党政権が発足する可能性が高まる中、「今の内に訪台し、中国統一に向けて一仕事しよう」と考えたと、台湾人なら想像するだろう。

今回の十二支の首像の贈呈も、台湾人を籠絡し、台湾国内に中国シンパを増殖させる統一戦線工作(統戦)の一環だと広く受け止められた。

そこで三十日、台湾独立運動団体「台湾国」弁公室が抗議に動いた。メディアに対し、「竜と馬の首にペンキをかける」と予告した上で、同室のリーダー、王献極と二人の青年男女が行動に出た。馬首の台座には「文化統戦」とも大書した。
青年達はこう語る。

「南院は台湾文化を発揚させるために開設されたが、中国統戦の獣首を置いたのは恥だ」(陳儀庭)、「一人の台湾人として、絶対に文化侵略と殖民は受け入れない」(陳妙●)。

●=女に亭

統戦とは硝煙なき戦争であり、中共が得意とする「戦わずして勝つ」の謀略である。現場では見学者が彼らを非難したとういうが、こうした思い切った実践行動に出なければ、庶民はいつまでも統戦を統戦とすら認識できずにいるのである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.10 頑張れ台湾!日台連帯国民集会 

台湾では1月16日、天下分け目の総統選挙の投開票が行われるが、それによる政権交代を警戒するのが台湾併呑を目指す中国だ。
一方、日本にとり台湾はかけがえなき友邦にして生命共同体であり、日本人も台湾の自由、民主、国家主権が中国の脅威から守られるよう応援するべきだ。そこで同月10日、都内で「 頑張れ台湾!日台連帯国民集会」を開催し、国民に「台湾支持」「日台関係の強化」「中国の台湾侵略反対」を訴えると同時に、YOUTUBE、NICONICO動画の生中継を通じ、台湾へ日本人の声援を送りたい。奮って参加を!一人一人が台湾へ友情のメッセージを届けよう!

日時 平成28年1月10日(日) 14時00分〜17時00分

場所 渋谷駅ハチ公前広場

注意事項
・ プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)。
・ 国旗以外の旗類・拡声器の持ち込みはご遠慮ください。

主催 頑張れ日本!全国行動委員会 http://www.ganbare-nippon.net/

後援 台湾研究フォーラム、台湾建國應援團、台湾独立建国聯盟

ご連絡先 頑張れ日本!全国行動委員会
       TEL 03-5468-9222
       info@ganbare-nippon.net

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。