国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】中国の脅威の前で武器になる日本と台湾の友情と団結(付:チャンネル桜の番組動画)

2011/11/08

中国の脅威の前で武器になる日本と台湾の友情と団結(付:チャンネル桜の番組動画)


ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1681.html

十月末にNHKが放送した「のど自慢IN台湾」では、世代を超えた台湾の人々が日本の歌を熱唱し、「まさに台湾と日本の人々の情誼を描いたドキュメンタリー番組」(台湾紙聯合報)となっていた。実際にあの番組を見た幾万もの日本人は、台湾の親日感情に感動し、自らも親台感情を高めたことだろう。

だから約七年前、日本の大好きな台湾の日本語世代のため、日本国内で「のど自慢」台湾公演を要請する署名活動が行われた際、NHK側が「財政難」を理由に拒否したのは、日本と台湾の「情誼」が深まるのを恐れる中共への配慮があったからではないかと思うのだ。

中共が目下全力を挙げて進める戦略は、東支那海、南支那海、西太平洋の制海権を握り、第一列島線を自国の勢力範囲に収めることを目標としている。

日本と台湾によって形成される第一列島線は、米国を中心とした海洋勢力の中共という大陸勢力への防波堤としての役割を果たしてきたが、ここを中共が抑えるなら、瞬く間にその海洋への拡張の拠点と化することだろう。

だから何としてでも日本と台湾の弱体かを望んできた。そのためにやってきたことは日米分断、台米分断であり、日台分断、日台連帯阻止の工作なのだ。よっていうまでもなく、中共は日台が仲良くなることを極度に警戒してきたわけである。

日本の政府、メディアが台湾に冷淡な姿勢を取り続けて来たのはほかならぬ、中共の日台分断工作の結果である。日台交流は控えろとの中共の圧力が加えられてきたのだ。

だが民間交流までは中共も日本政府もさすがに阻止できない。李登輝氏の総統退任後の私人としての日本訪問も、日本政府はさすがに拒否できず(日本滞在中の行動にさまざまな制限を加えたが)、李登輝=台湾人気は高まり、その日台生命共同体の理念は多くの日本人に受け入れられた。

二〇一〇年十二月に朝日新聞が行った世論調査では、「台湾海峡で戦争が勃発し、米軍が軍事援助を与える場合、日本の自衛隊が米軍に物資や運輸などの援助を与えるべきか」について、賛同した回答者は五七%にも達していた。

ちなみに日本での台湾人気の高まりは、中国人気の低下と反比例しているようだ。上の台湾支援支持のパーセンテージも、中国の脅威への警戒感昂進と連動するものである。

ところで話を「のど自慢」台湾公演に戻すが、それではなぜNHKは今回、それの放送に踏み切ったのだろうか。

考えられる理由としては「財政難」が解決されたという以外には、東日本大震災後に台湾で見られた日本支援フィーバーを受けての日本での台湾への関心、好感度の高まりに応えようとしたというのもあるのだろうか。

それから実際に台湾メディアも指摘するように、「JAPANデビュー」で台湾侮辱報道を行い、一万人集団訴訟まで起こされているNHKが、訴訟を有利に持って行こうと、台湾重視のアリバイ作りを試みたとの見方もある。

もしかしたら中共が台湾公演に反対しなくなったからかも知れない。何しろ今や台湾の政権を握るのは中国傾斜を強める国民党だ。逆にこうした日台の民間交流を盛んにさせて国民党に花を持たせ、政権維持に役立たせようと考えている可能性は高い。実際に中共は国民党政権発足後、日台交流に今までになく寛大になっているように見える。

これは決して好ましい状況ではない。なぜならそれは、中共が日台両国政府の中国傾斜の様を見て、日台分断で慌てるまでもないと思っている証だからだ。

日台の「情誼」に基づく強力な団結こそが第一列島線の防衛で大きな力を発揮するのだ。だから私は、「のど自慢」で見られた台湾の親日感情に注目せよと訴えたい。日本に対するそのような友情、信頼が持たれているかぎり、そしてそれに日本人が感動することができる限り、いつでも日台の提携、団結は可能なのだ。

日台団結は必ず中共の脅威の前で武器になる。ただ日本人の場合、なかなかそこまで考えることができないできた。だが今なら、日本人の多くはそれを理解できるようになっているかも知れない。何しろ上述のように、日本では台湾への関心、好感度がどんどん高まりつつあるからだ。

そこで私は先ごろチャンネル桜の「今日の自衛隊」に出演した際にも、「日台の団結は武器になる」と訴えた。以下はその動画だ。多くの人々に耳を傾けてもらえたら幸いである。

【永山英樹】台湾に仕掛ける中国〜日台安保の絆を守れ![桜H23/11/2] 
v=pqZL5zcNfG4&feature=player_embedded

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2011/11/09

    毎日配信ありがとうございます 日台関係、中共のことこれまで以上に関心をもって読んでいます 第一列島線は破られてはだめだということも おかげさまで分かってきました