国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】中国に台湾が呑込まれればアジアの海、そして日本はー米シンクタンク報告

2011/10/22

中国に台湾が呑込まれればアジアの海、そして日本はー米シンクタンク報告


ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1668.html

米国のシンクタンク、アメリカンエンタープライズ研究所(AEI)とプロジェクト2049研究所が八月三十日に「二十一世世紀のアジアの盟邦」と題する報告書を公表した。まとめたのは元国防相中国部長のダン・ブルーメンソール氏、同じくマーク・ストークス氏、元国務次官補代理のランディー・シュライバー氏、ジェームズタウン基金会「チャイナ・ブリーフ」編集長の蕭良其氏、AEI研究員のマイケル・マジャー氏ら、著名な中国問題の専門家たちだ。

そこでは米国や日本は台湾問題を重視すべきだとの訴えが見られる。たとえば「中国軍は台湾への武力侵略能力を増強させているほか、台湾有事の際に台湾を救援しようとする第三国に対する恫喝、阻止能力も高めている」と。

そしてこうも指摘する。

「中国は明らかに台湾への恫喝に成功している。台湾への安定政策に成功しているだけでなく、米台感の安全関係もほとんど切断してしまった。アジアの盟邦は北京の対台湾政策を見て自国の国防政策を練り直すべきだ」

「もし台湾が中国の手中に落ちれば、アジアはおそらく二分され、米国のアジア太平洋地域での指揮部門にいっそうの危機が及び、南支那海は中国の内海となり、日本は戦略的縦深性を失うことになる」

「中国の主要な対台湾戦略は空軍とミサイルによる海上封鎖。中国軍はすでに米日部隊の接近を海と空で阻止する能力を持つに至っている」

そしてその上で「台湾が北京の攻撃を受ければ、軍事介入を行うとの意思を米国と日本が明確に表明するなら、それは中国への抑止力となるだろう」と強調している。

報告書はまた「台湾には中国における軍事目標への打撃能力が求められている。特に攻撃力ある空軍が必要だ」とも書いている。

これを受けて台湾軍高官は「我が国はすでに中国の沿海部だけでなく、深く内陸にまで届く打撃力を備えている」とのコメントを見せたが、それに対して台湾紙自由時報は「たとえ攻撃する能力が備わっていても、やはり問題は有事の際に三軍の司令官である馬英九総統に、それを用いる決心があるかどうかだ。これは本当に憂慮すべき点である」と論じている。

また同紙は、報告書が「もし中国が台湾への軍事威嚇の策略を成功させれば、次はその他のアジア太平洋地域の国家に対処することだろう」と指摘していることを受け、次のように論じる。

「台湾の周辺国家は決して国民党と共産党が一つの中国コンセンサスのもとで台湾の主権を鯨呑、蚕食しようとしていることを、自国と無関係などと絶対に考えないことだ」「もし今日の国共両党の『平和の煙幕』などに騙されることは、台湾を中国の虎口に落とすに等しい。そしてそれによって中国の覇権はさらに拡張されるが、そのときになったら手遅れだ」

「中国の国力の増強と台湾の馬英九の内応により、中国の南支那海、東支那海での動きはますます横暴になっている。想像してみよう。中国は台湾問題を解決した後は東支那海と南支那海へ全力で出撃する。そのときアジア太平洋地域は親中、反中の二陣営に分裂することだろう」

そしてこうも書く。

「米国と日本はサンフランシスコ講和条約の主要当事国であり、そこで台湾は中国に帰属しないことを示す条文があることを誰よりも知っている。そして国共両党がこの国際条約に違反し台湾を呑みこもうとすることを阻止する責任がある。もしそれを怠れば、中国はさらに国際的な文明準則を無視するのは必至である」

そして「もし台湾が中国の手中に落ちれば」との報告書の仮定に対し、「その答えは六十年前、すでにマッカーサー将軍が出している」という。

マッカーサーも台湾に関し、「友好国の手中にあれば敵の極東への進出を扼し、その東南アジアでの資源獲得を阻止することができるが、不友好国の手中にあれば、敵は平時は空軍、海軍の基地とし、戦時は日本、沖縄、フィリピンと連なる境界線を断ち切る不沈空母となり、敵が米国を攻撃する能力は倍増する」と語っていたのだ。
もしそのような事態になれば、本当に困るのは米国ではなく日本だろう。

やはり日本政府は、台湾有事に際しては「軍事介入を行うとの意思」を明確にするべきだ。そうした意思表示は対中抑止力を形成するだけでなく、台湾を激励し、米国の東亜防衛の意思を強固なものにするはずだ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2011/10/22

    日本は米国から、弾道ミサイルを買え。