国際情勢

台湾は日本の生命線!

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。


全て表示する >

【メルマガ台湾は日本の生命線!】報告ー26日名古屋「感謝!台湾」

2011/06/29

【報告】26日名古屋・東京同時開催「感謝!台湾」


日本李登輝友の会愛知県支部HPより
HPでは写真多数
http://www.ritouki-aichi.com/katsudo_20110626kansha_taiwan.html

台湾は、多額の義援金を寄せると共に、いち早く救援隊を申し出たにもかかわらず、台湾領有を主張する中国に気兼ねする政府民主党は、中国救援隊を大歓迎する一方で、台湾救援隊を足止めにしました。また、世界各国からのご厚意に対し、米国、英国、フランス、中国、ロシア、韓国の新聞7紙に限定し、感謝広告を掲載したことに疑問を投げかけた国民の声に対し、菅首相は、台湾への感謝広告を拒否しました。
 
これを、見かねた国民が、有志を募って、民間で台湾へ向けての「謝謝、台湾運動」を展開しました。

私ども、日本李登輝友の会愛知県支部は、このことを多くの方に知っていただき、日本と台湾との民間交流を深めるため、6月26日、名駅タワーズ前にて〜感謝「台湾」〜街頭情宣を行いました。なお、この日は、東京と連動し、東京では、午前に新宿、午後に渋谷で台湾研究フォーラムが実施しました。

6月26日、午前10:00〜12:00。JR名古屋駅タワーズ前にて、参加者14名が参加し、「感謝台湾」を記したチラシを配布し、東日本大震災において多大な支援をいただいた台湾への謝意を、政府に代って訴えました。

また、台湾の厚意にもかかわらず、中国に媚びる政府や、台湾を中国の一部とする地図帳が、学校で使われていることに対し、国民の声で訂正を求める訴え掛けをしました。 

この度の運動は、台湾紙「自由時報」に掲載されました。
----------------------------------------------------------

(自由時報「図文万象」)

日本国民が街頭演説

日本の台湾研究フォーラムと日本李登輝友の会愛知県支部は26日、それぞれ東京の新宿・渋谷と名古屋駅前の繁華街で街頭演説を行い、台湾人の日本 大地震に対する巨額の義捐金の善意に感謝するとともに、「日本国民が台湾の国家主権を認め、中国の台湾併呑の企図に声高らかに反対することこそ、 台湾に対する最大の恩返しだ」とアピールした。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。