トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 台湾は日本の生命線!

台湾は日本の生命線!

RSS

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新のコメント

  1. 心強い限りです。

     2017/1/14 このコメントがついた記事>>

  2. 本当に大きな一歩だと思います。

     2016/12/30 このコメントがついた記事>>

  3. 十二月二十四日夜、北海道の新千歳空港における中国人の集団の騒ぎは、これからはより一層頻繁におきてくると思う。私たち日本人は毅然とした態度で対処できるようにしないと馬鹿にされることになる。

     2016/12/29 このコメントがついた記事>>

  4. また尖閣に行ける機会はないでしょうか

     2016/12/26 このコメントがついた記事>>

  5. 私も以前「日本がまた台湾を指導する必要がありますか」と言われ、ア然としたことがあります。

     2016/11/23 このコメントがついた記事>>

  6. ダライ・ラマ師のチベットと共に!

     2016/11/17 このコメントがついた記事>>

  7. 許さまじ!!文科省の教科書検定官恥を知れ!

     2016/10/20 このコメントがついた記事>>


  8. 脱法蓮舫のせいで未だに台湾人は怒り狂っているらしい「台湾の親日路線は折れそうになる」
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48470601.html

       


    【台湾】蓮舫が“中華民国”籍を放棄を申請すれば放棄証明を受ける「未だに証明証明書を受け取っていない」
    http://mizuhonokuni2ch.com/blog-entry-18975.html

    【速報】蓮舫が台湾政府からボロッカスに非難されるwww 民進党丸ごと中国のスパイ認定キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 
    http://www.news-us.jp/article/20160918-000007z.html

    台湾政府が蓮舫氏に抗議する模様 「台湾は国家ではない」発言
    http://military38.com/archives/48442364.html

    【速報】蓮舫の母親は日本人ではなかった!!! 両方とも中国人と判明キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 父親が と ん で も な い 人物であることも暴露される!!!
    http://www.news-us.jp/article/20160914-000003z.html

    【画像】蓮舫「台湾は国じゃない。だからセーフ」→台湾でトップニュースに!! 台湾人「蓮舫は台湾を裏切って、薄情な、残酷な女!」
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48439116.html



     2016/10/19 このコメントがついた記事>>

  9. 頑張れ!台湾!応援するぞ!!

     2016/10/17 このコメントがついた記事>>

  10. 売国左翼新聞朝日を早く倒そう!!

     2016/10/16 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/01/15
    読者数:
    13270人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/01/18
    読者数:
    23886人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. メールマガジン日台共栄

    最終発行日:
    2017/01/18
    読者数:
    3514人

    日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/01/18
    読者数:
    5517人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/01/13
    読者数:
    7068人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事