コスメ・美容

“ ヨガ伝道師(ヨガ評論家)が伝えるヨガ伝道師思考、ヨガ的ライフのススメ・ヨガQ&Aマガジン ”

ヨガに関する疑問や問題を改善し、ヨガを10倍楽しく見る(する)方法、ヨガ思考で人生をより良くする方法をお届けします。

全て表示する >

“ ヨガ伝道師が伝えるヨガ伝道師思考、ヨガ的ライフのススメ・ヨガQ&Aマガジン ”

2008/06/07

Q.『体調が思わしくない日でもヨガできますか?』


A.『無理をしないことが大切です!』




体調が思わしくない日。

と、一言で言っても症状は様々だと思います。

少しカゼ気味かしら?と思うこともあれば

もともとの持病が今日は思わしくないといった場合や

ケガをしてしまいましたと言った場合や…

ケースによって一概にOKとは言えない場合もあります。


まずは、掛かりつけのお医者様がいらっしゃるのであれば

相談してみるのが一番です。

ヨガは基本的に勧めるお医者様が多いですが

症状やケースによって異なりますので

必ずお医者様にご相談ください。


お医者様に掛かっていない場合でしたら

ご自分の判断となりますが、

無理せずまずはできる範囲で行うこと。

できる範囲を理解する。

それもご自分を見つめる、理解するというヨガの一部です。

がんばることがヨガではないですヨ。



ヨガをすることでホルモンのバランスが整えられたり

血行や代謝をよくしたりリラックスしたりという効果もあるので

治療やリハビリなどにもメンタル的な部分も含め

ヨガを取り入れられる機会も増えてきました。

ヨガの効果は大きいですが

まずはご自分のお体が一番です。

無理せずご自分のできる範囲で楽しくヨガと生活してくださいネ!









Q.『家でヨガをしたいのですが、どんなポーズがオススメですか?』


A.『ご自分の好きなポーズ、できるポーズがオススメです。』



ヨガを習い始めて慣れてきた方、

これからヨガを始めようと本やDVDをご覧になっていらっしゃる方。

このご質問と同じことを思われた方、

いらっしゃるのではないでしょうか?


ご自宅でのヨガ。

お好きな時間にご自分がリラックスできる空間で

ヨガできることはとてもよいことです。

しかし、実際ポーズはどれを行っていいか迷ってしまいますよネ。


まずは。

瞑想・呼吸などを行って心と体をほぐしてあげましょう。

そしてゆったりとした簡単なポーズから始めてみましょう。

ポーズは2〜3ポーズでも構いません。

ご自分の好きな時間、楽しみましょう。

そして最後も呼吸と瞑想。

心と体と呼吸と一体化したご自分を

今度は自然・大地のエネルギーと一体化してあげましょう。

心も体も浄化され、その後に生活するのも寝るのも

とても充実できるでしょう。

※ 食直後のヨガは避けましょう。
 (2〜3時間はあけましょう。空腹時はベストです。)



ここで大切なのが『好きなポーズ・できるポーズ』を行うこと。

ヨガはポーズの完成を求めることではありません。

おうちで難易度の高いポーズにチャレンジすることも

決して悪いことではありませんが

体の使い方を間違ってしまう可能性もあります。

『うる覚えでやったら逆にねじってましたf^^;』

なんてお話しも聞いたことがあります。

それでは余計に体に負担をかけてしまいますよネ…。


ヨガは正しく体を使うことが大切です。

正しく使えるポーズ、覚えている(理解できる)ポーズを

実践してあげましょう。

そして、ご自分の時間を楽しんでください。

ヨガを楽しむこと。

それがヨガ的ライフの第一歩です!







『KEEP SMILE 』 




†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†

本日は実践編のご質問を集めてみました。
2つともご自分の判断が要されます。上記にも記載しましたが、ご自分を理
解することもヨガの大切な一部です。無理は禁物ですヨ。
レッスンをしていると、呼吸が乱れてしまうほどがんばってしまったり、痛
みや辛さは発生してしまうほど体を酷使してしまったりする方がいらっしゃ
います。ご自身ではがんばっているつもりがなくても呼吸が乱れてしまった
り、痛みや辛さが発生している状態は『がんばりすぎている状態』です。
正しく体を使うこと。ポーズがキレイなことではなく、ポーズができること
でもありません。しっかり体を理解・意識し、心と呼吸を調和させてあげる
ことです。
できる範囲でいいんです。ヨガ的ライフを楽しんでくださいネ!

†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。