時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2019/06/08

**
▲▽ガッジッラ▽▲

※ 「育休復帰、即転勤」で炎上、カネカ元社員と妻を直撃
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/060300015/?P=1

>約30日間残っていた有給休暇を2週間くらい取得して、6月中下旬まで待っても
らえませんか、と伝えると「その方向で進めよう」と。
 でも、その後メールが来たんです。「5月末で辞めてくれ。時間は短いけど引
き継ぎはやってほしい」と<

 はい。この話はこれで終わりね。これで解散解散。馬鹿な会社ですよ。社とし
ての怒りをぶつけるためだけに年休を認めなかったばかりに、このSNS時代、
たかがその程度のことで炎上して株価が下がるような時代になったということで
す。人事の自業自得とは言え、この会社には来年以降、ろくな人材は採れずに、
人事は惨めな思いをする羽目になる。
 株主は取締役の責任を問うべきだよ。

※ 「中国共産党こそ真の敵」アメリカ国防総省、最新報告書の衝撃
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-00065053-gendaibiz-int&p=1
*中国軍増強で、米軍は台湾や南シナ海に近づけなくなる
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/cnas_1.php
*アングル:殴り合う米中、残されたカードは何か
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-levers-idJPKCN1T803P

>中国以上に自由で開かれた地域や国際システムから利益を享受できる国はない。
また、中国は数億人の人々が貧困を脱して、繁栄と安全を手にしたのを目撃して
きたはずだ。だが、中国国民が自由市場や正義、法の支配を渇望しているにもか
かわらず、中国共産党が支配する中国は、自国の利益をむさぼることによって、
国際システムを傷つけると同時に、ルールに基づく秩序の価値や原則の数々を侵
食している<

 一番上の現代ビジネスの記事は、執筆者名を見て昨日はパスしたのですが、こ
こに引用したことは、実はクリントン政権の頃からずっと指摘されてきたことな
わけでしょう。
 冷戦時代、ソヴィエトを包囲するためのツールであった、自由貿易という枠組
みを中国は最大限利用して、それで儲けた金で軍備を整え、経済でも軍事でも覇
権を得ようとしている。
 オバマ政権は、恐ろしく無能だった。それは事実です。でもオバマの責任かと
いうと、ブッシュ息子政権だって、テロとの戦いに集中するために、中国問題に
蓋をした。
 依然として、この自由貿易体制の重要なプレーヤーでありナンバー2の稼ぎ頭
である中国を排除して、中国共産党を倒すという明確な覚悟がアメリカにあるの
か? ないでしょう。
 国防総省が、中国への警戒を喚起するのはこれが初めてではない。今回、トラ
ンプはすごんでみせたけれど、じゃあそれは議会や国務省、CIAを含めてアメ
リカの明確な意思だと受け取って良いのか? ファィブアイズの中で、「中国共
産党を倒すまで今度は行く。これが最後の冷戦だ」と腹をくくって、それを同盟
国に求めて来るなら別だけど、そんな状況でもないでしょう。
 もう目覚めたゴジラを倒す術は無い。われわれはもう負けたんです。太平洋上
の聞いたことがないような島国すら繋ぎ止められなくなった。

※ ユニクロとKAWSのコラボTシャツを巡り争奪戦が発生。背景には「転売ヤー」の存在も?
https://www.huffingtonpost.jp/entry/kawsqianggou_jp_5cf74410e4b0dc70f44ec37f

 昨夜のWBSで、中国での騒動をレポートしていたけれど、そのTシャツにあ
りつけた若者が、「好きな人は手に入らないし、好きでもない人はこれで儲け
る!w」とか満面の笑顔でインタビューに応じてて、この国には勝てないorz、と思った。

※ 米・ロシアの駆逐艦、フィリピン海航行中に異常接近
https://jp.reuters.com/article/usa-russia-navy-incident-idJPKCN1T829C?il=0
*Video shows Russian destroyer nearly colliding with U.S. warship
https://www.cbsnews.com/news/russian-destroyer-admiral-vinogradov-nearly-collides-uss-chancellorsville-today-2019-06-07/

 NHKは15メートルとか書いているけれど、2、30メートルは近づいてま
すよね。冷戦時代なら当ててた。

※ 日本がF35を「爆買い」のウラで、米軍はF15の大量購入を決めた
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65008

 結論ありきな話に読めてしまうんだけど、戦闘機なんて欠陥潰しながら運用す
るわけで、確かに空自にいろんな誤算はあったけれど、実はそれは米空軍も同じ
なんですね。
 彼らだって、イーグルをまた量産する必要があるなんてことは全然思ってなか
ったことでしょう。A−10やB−52の継続運用に至っては、米空軍って、意
外に出鱈目だよねw、という感想しか抱けない。

※ 防衛省報告書、グーグルアースプロと酷似 初歩的ミスか
https://www.asahi.com/articles/ASM67533KM67UBUB00Q.html?iref=comtop_8_08

 地図製作って、陸軍の基本であり任務でしょう。きっと誰かが、Google earth
の信頼性はこの程度で、Google earthを使えば、こことあそこは排除できます!
 と気付いたとしか思えないけど、たぶんそんな深謀遠慮が働いたような話じゃ
ないんだろうなぁw。

※ 防衛省、調査・研究予算を執行できない状況に
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3692585.htm?1559952014826

 契約先の企業に、一筆入れて貰うしかないでしょうね。

※ 中国国産空母にはJ-15は搭載せず?「すでに何度も墜落事故」と米メディア
https://www.recordchina.co.jp/b718292-s0-c10-d0135.html

 頑丈で軽くて、もっとパワーのある戦闘機が良いと思うけれど、艦載機にする
からには頑丈に作れば重たくなるのは避けられないし、パワーのあるエンジンは
まだ時間が掛かるし、しばらくはこれを使うしか無いんじゃなかろうか。

※ 米海軍のもっとも高価な空母は戦闘機と適合せず
https://jp.sputniknews.com/us/201906076338028/

 単に電磁カタパルトはまだ完全ではありません、な話にしか見えないけれど。

※ 余命3年の社長が前科者500人を雇う理由
https://president.jp/articles/-/27615

 昨夜の報ステで、この人のレポートを流してたけれど、泣いちゃった。世の中
には絶望が溢れて溺れそうだけど、頑張っている人たちを見て、俺たちはまだま
しだ。何の努力も苦労もしてない! と自分たちを奮い立たせるしかない。

※ フジテレビ「差別意図なかった」
https://this.kiji.is/509654609274668129

 それを一応を考えたけれど差別意図は無いからオッケーとかん信じられない。
明らかにBPO案件とすべきケース。

※ ロンドンでレズビアンカップルが暴行被害 キス見せるのを拒み
https://www.afpbb.com/articles/-/3228997?cx_part=top_latest

>ロンドン北部でバスに乗車した後、午前2時30分ごろに

 ソーホーとかで飲んだくれた連中が郊外へ戻って行くためのバスでしょう。地
元民ですら避けたいバスだと思う。

※ 人口自然減、初の40万人超…死亡数は戦後最多
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190607-OYT1T50345/

 政令指定都市の半分に匹敵する人口が毎年消えて行くなら、そら地方が浮揚す
るはずもない。

※ 2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/2050-2_1.php

 先進国は、その気象災害のコストを払えるんだろうけれど、途上国とかはそれ
が発展の芽を摘むことになるんでしょうね。資本で搾取され、挙げ句にはゴミか
ら温暖化のツケまで払わされる。

※ 市場規模が拡大するアニメ業界 受注増でも経営が行き詰まる理由
http://news.livedoor.com/article/detail/16582803/

 いずこの業界もこれで命脈を繋いできたわけでしょう。アメリカやヨーロッパ
はどうやって回しているんだろう。何か参考になりそうな業界ルールとかはない
んだろうか。

※ 長女にヘッドスピン強要、携帯で薄くなった髪撮影
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190608-OYT1T50151/

 10年くらいぶち込んで欲しいけど、どうせ男はマックス5年、女は執行猶予だよね。

※ 裏返しの靴下に妻激怒 夫の反応に“気づき”も...
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190607-00418919-fnn-soci

 子供は駄目ですね。いくつになっても、裏返しだなんだの前に、解けてない状
態で脱ぎ捨てる。

※ 今朝の空虚重量76.5キロ

 金曜午後、酷い雨なので、ジャージーにポンチョという、とても二子玉に出か
けるとは思えない格好で歩いて二子橋を渡る。さすがにこの格好だと高島屋とか
には入れない。

※ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
https://godzilla-movie.jp/
*『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』撮影現場で見た監督のこだわり
https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2019/06/post-12279_1.php
*伊福部昭 / バンドのための「ゴジラ」ファンタジー
https://www.youtube.com/watch?v=TEn1zB-8CBY

 以下、たいしたネタバレはないつもり。

・レジェンダリー作品だからおもろいエンタメという以上のものを求める気は全
く無い。
・家族物語は明らかに余計だったけれど、ミリー・ボビー・ブラウンがヒロイン
役だったから許す。それに、「いったいこの脚本は何だよ? というとってつけ
たような人間ドラマでどっちらけた前作」よりは遙かにまともな家族物語だった。
今のハリウッドでは、家族愛を入れるというのが、金を出す連中の基本的要求な
んでしょうね。
 ちなみにミリー・ボビー・ブラウンは、 Netflix の「ストレンジャー・シン
グス」でブレイクしたんだけど、ドラマ登場時からしばらくは丸刈り頭で出てい
たのね。それが番組終盤に向けて、超絶かわい子ちゃんに変身していく。でも、
この映画のミリーは、あの頃より明らかに太っている。大人になったというより
太った。
・海外テレビ・ドラマ・ファンには馴染みのキャスティングがイイネ! ウエス
トウイングのジョシュ・ライマン役のブラッドリー・ウィットフォードが美味し
い役で出ているんだけど、この人も老けそうで老けない人なのね。あと、黒人の
女大佐役は、スカパーやHuluでやっている「911」の消防士さんなんだけ
ど、あれは絶対ミス・キャスト。大佐というがらじゃない。
・我らがケン・ワタナベは今回は台詞もやたら多くて格好良いんだけど、ゴジラ
を日本語読みする所には違和感しか無かった。たぶん彼のこだわりなんだろうけ
れど、あそこは「ガッジッラ」で通して欲しかった。
・同僚役のチャン・ツィイーが、最初、誰だか解らなかった。短い髪も良い。こ
の人ももう40歳なのね。
・モナーク、世界中に豪華な秘密基地を5、60箇所は持っていそうなんだけど、
いったいこの組織の資金源はどうなっている?
・オスプレイが露出し過ぎ! もうオスプレイしか出て来ないんだけど、あんな
んほんの2、30人しか乗れない機体で民間人を避難とか無理歩。チヌタンとか
出せば違和感無かったのに。
・エンド・クレジットの後のおまけシーンは、まあ見なければ見なくても良い。
単に、続編ありますから、な前振りに過ぎないから。
・にしても、ゴジラ映画は久しぶりだったせいで、やっぱハリウッドのCGは凄
いわorz。特に、ゴジラが超絶巨大であることを上手く描けている。
・音楽を含めて、日本版ゴジラへのオマージュがふんだんに盛り込まれている。
・ハリウッド版ゴジラとしては、一番面白かったと思う。でもストーリーは、怪
獣大進撃というより、パシフィック・リムに近かったよねぇ。

※ 有料版おまけ 糞みたいなモバイルnanaco

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点