時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2019/06/05

**
▲▽天安門事件30年▽▲

※ 天安門事件から30年、「鄧小平の勝利」が中国人にもたらした激変
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65006
*中国は永遠に民主化しない?政治的迫害が頂点になれば…
https://www.asahi.com/articles/ASM626GVKM62UHBI01X.html?iref=comtop_8_03
*天安門事件30年 中国当局が「追悼」封じ込め 透析患者を山間地で軟禁も
https://news.nifty.com/article/world/china/12274-295893/

 30年前、まさか中国が未だに一党独裁だなんて誰も思わなかったし、まさか
この繁栄も想定しなかった。こと中国に関しては、全員がその予測を外した。
 監視社会を実現した中国は、このまま情報を遮断し、個人を一人残らず監視す
ることで、この独裁体制を維持し続け(られ)るのかどうか?
 一度組み上げたシステムから足抜けするのは難しい。恐らく、システムは、個
人をランク分けし、要注意人物のネットは全て監視され、外出時は24時間ド
ローンが追いかけるような時代に辿り着くでしょう。中国国内で暮らす限り、い
かなる不満も表明できないような社会になる。
 そういう時代になっても、国民が昨日より豊かになれば、統治は成功するだろ
うと言えるのかどうか。

※ カネカ続報、「即転勤」認める社長メールを入手
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/060400016/
*育休・報復転勤で炎上のカネカ、墓穴の掘り合いで形勢が二転三転
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65942889.html

 報ステを見ていたら、カネカのCMが流れて来て、報ステのスポンサーなのね。
そらテレビや新聞はこのネタは滅多に扱えません罠。

 しかし日経さんは容赦無いw。旦那は起業を準備していたとか暴かれて、奥さ
んの上昇志向の高さもあれだけど、それはどうでも良い話でしょう。
 働き方改革の大号令が掛かっている最中に、労使関係を巡って法令違反を疑わ
れかねない問題が明るみに出れば、株式会社は致命的な傷を負うという自覚を持
たなきゃ。こんな嫌がらせを社員相手にしでかせば、今時、SNSで砂を引っか
けられ、株価もそうだけど、一発で採用に響くとどうして解らないのか? 現に
週明け前から内定辞退祭りになっていた。
 今年まで早慶の生きの良いのを採れていたのに、来年からは他社から採用貰え
ないようなランク下の人材しか採れないってことですよ。そのダメージは何年も
引きずることになる。その程度のイメージも湧かない経営陣は駄目でしょう。

 あと、所帯持ちなら転勤を拒否できるのか? 子育てなら転勤を拒否できるの
か? という話にもなっているけれど、基本的にはそういうことですよ。拒否と
は言わないまでも、誰から戦場に赴くかと言えば、後腐れの無い独りもんから出
撃させるのは致し方無しです。だから、リーマンの皆さんは、焦ってさっさと所
帯を持つべきなんです。
 そんな理屈が通用するのはおかしい、というのであれば、これからはそういう
理屈が通用する時代になるんです。労働者の権利が向上するというのはそういう
ことです。
 だから会社は変わるしかない。マイホームを人質に出来た時代は終わって、そ
れなりのインセンティブも与えた上で、社員が気持ちよく単身赴任に赴けるよう
な労使関係を築くしかない。

 ただ、転勤を巡る問題がニュースになるたびに思うんだけど、欧米企業だって
転勤はある。欧米企業では、どんな労使慣行になっているんだろう。

※ プラスチックごみ問題で千載一遇のチャンスを得た意外な日本企業
https://diamond.jp/articles/-/204448

>なんと千載一遇のチャンスを手にした企業がある。三菱ケミカルやカネカなど
の、放っておけば土に還る「生分解性プラスチック」を製造できるメーカーだ。

「ささ、編集部員の皆さん、編集長の回りに集まりなさい。ここに記事がある
ね? プラゴミ問題を扱ったダイヤモンド・オンラインのコンパクトな記事が。
実にタイムリーな記事です。なぜか他の記事と違ってちょっと短いのだけれど。
言うまでもなく、われわれは日経ではありません。悲しいかな日経さんのような
取材力も度胸もない。しかし、これを読みなさい。『カネカ』でググったら、こ
ういう新着記事に辿り着くわけです。頁ビューをガッツリ稼げるわけです。
 企業の炎上案件が発生した場合、われわれはどうすべきかの見本がここにあり
ます。いっちょ噛みする提灯記事を書くことで、頁ビューをがっつり稼いだ後は、
営業にバトンタッチし、『この度は、御社も不運な目に遭いましたが、われわれ
は御社の味方です。何かお手伝いできることはありませんか?』と取り入って、
広告やパブ記事の一本も書かせて貰う。私は、皆さんにも、したたかなビジネ
ス・センスを身につけて貰いたいと思うのであります」

※ 毎日終電で帰る夫が、娘の習い事のある日だけ送迎のためにフレックスにし
たら給料を月5万減らされ退職に追い込まれた話
https://togetter.com/li/1362815

 それは単に残業代が減ったからという話ではないのか? という話にも見える
けれど、これも労基署案件だよね。SNSで嘆いている暇があったら、さっさと
労基署に駆け込むべき。

※ マイナンバーカード 保険証に 22年度中に全国で 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45649820U9A600C1MM0000/?n_cid=SNSTW001

 早よ電子カルテと処方箋の紐付けもやって。これやるだけで医療費を相当削減
できると解り切っているのに、なんで厚労省はやらないんだろう。

※ 韓国選手の優勝カップ踏みつけ、「中国が猛批判するのは劣等感から」と韓
国メディア、「謝罪したのにカップ剥奪おかしい」とも
https://www.recordchina.co.jp/b717621-s0-c50-d0135.html

>誠意ある謝罪を受け入れない中国の態度は、大国としてしかるべきものではない。

 どの口でそれを言うんだ?w

※ 「NEWS23デビュー」小川彩佳を「全力で潰す!」包囲網の“メラメラ現場”とは?
https://www.asagei.com/excerpt/127726

 テロ朝は編成が下手くそ。報ステなんて、スポーツ・コーナーの後の23時に
掛かる辺りにミニ特集を持って来れば良いのに、二週間に一回あるかないかなの
ね。私なんて天気予報が始まったら、いつもそこでテレビ消しますから。レコー
ダーだと早送りして、もうこの後に特集はないなと見切ってWBSに切り替える。

※ 「雷のドシャーンの音が…」「車が宙を…ひっくり返った」 福岡・多重衝突事故
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000122-mai-soci

 ドラレコの動画が上がっているけれど、とんでもないスピードで突っ込んでいるのね。

※ 保守速報に「余命三年時事日記」の広告が掲載、差別・ヘイト大手がタッグ
を組む最悪の事態に
https://buzzap.jp/news/20190604-hosyusokuhou-yomei-ad/

 余命てそんなに金持ちだったの?

※ 「行方不明」の海洋プラごみはどこに? 謎解明に一歩前進
https://www.afpbb.com/articles/-/3220189

 そうだよね。海岸に流れ着いているゴミなんてほんの一部なんでしょうね。

※ F-35デモパイロットによるコックピット内映像公開
http://zapzapjp.com/55386282.html

 A型はやっぱ後方視界は良いよね。ただ、コクピットって、あんなに振動する
ものなんだ。

※ オプジーボ、結核の副作用 厚労省が注意喚起指示
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000087-kyodonews-soci

 どういう因果関係なんだろう。

※ YouTube、大人の同伴なしの13歳未満によるライブ配信を禁止へ
https://japan.cnet.com/article/35137941/

 18歳以上で良い。

※ 情熱大陸「ドローンパイロット・?梨智樹」
https://dizm.mbs.jp/title/?program=jounetsu&episode=96

 面白かった。彼はギフテッドだろうか。こういう若者を工学部とかでちゃんと
勉強させたいですけどね。日本の教育システムでは救済できない。

※ アップル、独自SFドラマ『For All Mankind』予告編公開。ソ連が先に月面到達 
https://japanese.engadget.com/2019/06/03/sf-for-all-mankind-wwdc2019/

>Apple TV+

 これを見るためだけに契約するのもちょっとなぁ。

※ 前日の空虚重量

※ 有料版おまけ エア・ストライク−ブルースよ、札束に色は無いか?

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点