時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2018/09/25

**
▲▽曲学阿世▽▲

 連休明けのニュースと言っても、それが配信されたのは連休期間中なわけで、
いったいこのニュース量は何だろうと呆れています。なぜ貴方たちは休まないの?

※ 同性婚「憲法で認められない」は間違い、憲法学の通説は「違反しない」…
木村草太教授が解説
https://www.bengo4.com/internet/n_8579/

>「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」

 これは別に新しいテーマではなくて、憲法学会では、「この条文は、同性愛者
の婚姻を阻止する目的で書かれたものではない」と解釈されてきたわけですね。
同性愛に関しては触れていないからオッケーだと。
 でもそれを言うなら、芦田修正と同じだよねw。貴方たちは全員、芦田修正を
認めてくれるんですね?
 そら、現憲法を制定した時には想定されていない状況だから、別に目くじらを
立てる必要は無い。寝た子を起こす必要は無い。ただ一方で「両性」という言葉
は、他に解釈のしようもないでしょう。
 現状では、ゲイの婚姻は憲法違反であると言わざるを得ない。単に目くじら立
てるような話ではないというだけで。
 これを現状追認するには、当然憲法改正が必要であって、それをするしかない
でしょう。でも日本の憲法学者に取って、それは不磨の大典だから、憲法を改正
して、同性の婚姻を記述すべきとは口が裂けても言えないわけですね。だから解
釈改憲で合憲だと言い張るしかない。成文憲法でそれは許されないと散々言って
来た人々が、あっさりそれを認めるのはどっちらけです(*所で、ゲイの婚姻は
憲法違反だと主張している憲法学者はいないのだろうか)。

 どう考えてもこれは改正するしか無い話で、9条と一緒にやれば良いじゃ無い
ですか。ちなみに私は、この件だけで、改正に○×を付けろと言われたら、迷わ
ず×を付けます。結婚は異性間で行うべきものだと思うから。役所が事実婚に
ペーパーを出す程度のことは構わないけれど、憲法でそこまで認めるべきだとは
思わない。9条改正とセットで、新憲法という総枠で出されたら、それは認めま
す。私に取っては9条改正が優先事項だから。それに別に憲法でゲイの婚姻を阻
止する理由もなければ防げるわけでもないし。

 所で、現状憲法違反であるゲイの結婚に関して、事実婚として自治体の窓口が
応じるようになったわけですが、これを誰か第三者が「それは憲法違反である」
と訴訟を起こしたらどうなるんだろう。当然最高裁の大法廷まで行くわけだけど、
最高裁は、「そもそも現憲法は時代にそぐわない」なんてことを言えるんだろうか。
 せめてこれは裁判を起こして、「現憲法は同性婚を想定したものではない」と
いう裁判例くらいは取るべきだよね。本来なら判例が欲しいけれど。

※ <米中貿易戦争>WTO無力 トランプ政権、対応に不満
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000054-mai-bus_all
*米、対中関税第3弾発動 中国も報復 摩擦激化
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018092590070147.html

 貿易摩擦はだいたい買っている側が勝利するんだけど、こういう関税合戦にな
ると、WTOって存在意義があるの? と言いたくなる。
 ただ、もし日本がトランプに譲るとしたら、貿易で負け、いらん兵器を買われ
ることで結果として防衛費を圧縮する羽目になり、いったいトランプとアレ総理
の個人的な友情って何だったの? ということになる。

※ 戦争は政治力で防ぐ! 日米同盟に頼りすぎるな!
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/082800235/092000007/?P=1

>民主党政権が2012年に下手くそな国有化をして、中国のメンツをつぶしたことです。

 これを民主党のせいにして欲しく無い。引き金を引いたのは石原都知事、「大
事にはならない」と明後日な判断をしたのは外務省のチャイナスクールなんだから。
 柳澤さんの話はいつも傾聴に値すると思うけれど、ちょっとナイーブな所はあ
るんだよね。中共の台頭がまだ萌芽ですら無かった頃の官僚だから、国際政治に
夢見がちな所がある。

※ 米最高裁判事候補に新たな性暴力疑惑 大学時代に露出か
https://www.bbc.com/japanese/45622787

 アメリカは先週、このニュースと自然災害のニュースが日替わりでトップでし
た。くだんねぇことに熱中するなぁ、と思っていたけれど、今週もこのニュース
で埋め尽くされるんだろうか。

※ 中国の人口構成に潜む“時限爆弾”が、世界経済を揺るがす日がやってくる
https://wired.jp/2018/09/24/china-one-child-policy/

>老いゆく2人の両親と4人の祖父母を養う責任

 そういう時代が来る前に、中華経済頼みの隣人としては、早く現役を終えたいw。
でも、さすがにそんな状態で、いつまでも町工場で労働者が、西側向けのおもちゃの
パーツを作ってますな生活は出来ないよね。
 今はこうやってぶいぶい言わせているけれど、どうするんだろう。

※ モルディブ大統領選、野党候補が勝利宣言 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35693420U8A920C1000000/

 良かったですね。これで中国の影響力に少しブレーキが掛けられる。

※ 新潮社看板に「ヘイト本」 「新潮45」批判で落書きか
http://www.sankei.com/affairs/news/180924/afr1809240012-n1.html

 それなりのフォントで、スプレーで落書きとは違って時間も掛かっている。警
備も強化されていただろうに、どうして見逃したんだろう。

※ それでも「オスプレイ」が欲しいワケ すでにある大型輸送ヘリと併用した
い陸自の思惑
https://trafficnews.jp/post/81521

 乗り物ニュースには時々、奇っ怪な記事が載るんだけど、陸自がオスプレイを
欲しがっている事実なんて微塵もありません。いったいこれは誰が書かせたんだ
ろう。とりわけ陸自航空隊は頭を抱え込んでいるのに。
 そもそもが、陸自航空隊は空自のエアカバーなんて微塵も信用してない。陸自
自体が、これまでは、制空権を喪失してからが俺たちの出番だ! というスピリ
ッツでやってきたわけですよ。海兵隊は自前の戦闘機部隊を持っているから、オ
スプレイで良いけれど、陸自は相変わらずオスプレイでカミカゼ攻撃するみたい
な話になっている。そも、制空権があるという状態は、敵の地上部隊が上陸でき
ない、上陸してても空からの攻撃で潰滅状態にあるわけで、そこでは陸自の出番
もないでしょう。政府が立てた前提条件自体がナンセンスなのよね。こと島嶼防
衛に限定すると、陸自にとっては制空権がある内に展開する、制空権を失ったら
展開できないのオールオアナッシングなわけで。
 それとこの記事には肝心な情報が抜けている。今ですら、CHは速度が速すぎ
て、武装ヘリ部隊が随伴できない。ヘリボーンする時にCHの突出を抑える編成
を組むことに腐心しなきゃならないのに、陸自がそれ以上速度が出るヘリを欲し
がるはずもない。それが武装ヘリならともかく。

※ 離島防衛に超音速滑空弾=防衛省、26年度実用化目指す−沖縄に配備念頭
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018092400366&g=soc

 ただ超音速というだけでは、迎撃は可能だよね。迎撃にそんなにハードルがあ
るとは思えない。利点としては、誘導ミサイルより安上がりに調達できることだ
けど、果たして独自開発して、それがコスト安に済むかどうか。

※ C-2が軽装甲機動車を輸送…自衛隊がジブチ共和国等で外邦人等保護措置訓
練(国外)を実施!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/52477564.html

 現地でランクルを調達して、目立たないよう走り回るのが良いと思う。

※ ハンコよさらば! 茨城県庁の決裁、ほぼ100%電子化
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000013-asahi-pol

 お役所はどこもこうなるべきよね。ただまぁ、文書に押された10個20個の
決済印を見ると、決裁文書の重みというのを、お役人さんたちは再確認している
んだろうなとは思う。

※ 東京都、個人のEV購入に補助 最低20万円上乗せ支給
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35692090U8A920C1MM8000/

 金持ちヒャッハー! こんなことをするんなら、車関係の税金を下げるべきよ。

※ ドクターヘリ、心肺停止の少年を救う「奇跡の社会復帰」
https://www.asahi.com/articles/ASL9M4Q4DL9MOHGB00F.html

 それはドクターヘリでなければ助けられなかったのか? 欧米なら救急隊員レ
ベルで助けられたのではなかったのだろうか。

※ 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に
盗撮疑いも /大分
https://mainichi.jp/articles/20180323/ddl/k44/040/308000c

 良い話だなぁ……、ていつもの大分ほのぼのネタにしか読めない。

※ 過去には滝川クリステルとイベントも 獣医師が告発する「ピースワンコ」の偽善
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00548957-shincho-soci&p=1

 くりタソが輝くための犬猫保護じゃんか。

※ 藤崎八旛宮の例大祭で馬虐待か。ムチ打ちして“後ろ蹴り”させる動画が拡散
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00010002-huffpost-soci

 よかよか、熊襲の国でしでかしたことなら見なかったことにすればよか。

※ 専門学校留学生100人超、在留認められず退学
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180924-OYT1T50135.html?from=ytop_top

 学校自体を潰すべきだとしか思えない。

※ フラれた男、鴨川で「マンマ・ミーア」熱唱し動画作成
https://jp.sputniknews.com/us/201809245374105/

 とっとと国に戻って学業に専念しろ! ハーバードの学費を舐めてんのか!

※ ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
https://mainichi.jp/articles/20180924/k00/00e/040/157000c

 楽天で検索したら、一応商品として全国流通はしているみたい。でもちと高い。

※ スタートレックのバルカン星を発見?、16光年先に系外惑星
https://www.cnn.co.jp/fringe/35125977.html

 意外に近いじゃん。これはもうクエラードライブ搭載の無人探査機でも開発し
て探査にいくしかないね!

※ 前日の空虚重量74.7キロ

※ 天園街道ハイキング

 月曜、懸案だった鎌倉天園街道フルコース縦断に挑む。天気は良いつもりで準
備していたら、朝まで時々小雨が降っていた。大船駅(10時過ぎ)で降りた後、
三菱の工場沿いに歩く。そこから多聞院の切り通しへと向かっているつもりが途
中で解らなくなり、やむなくGoogle 先生に道案内させたら、住宅街を突っ切る
ルートで六国見山頂上へと出る羽目に。頂上過ぎに卵が孵ってやっとケンタロス
が出る。だいたい40個目くらいだったorz。
 ここから明月院上の稜線上のコースに出られるつもりでいたけれど、結局適わ
ず、いったん今泉方面に降りることに。帰宅してから地図を確認したけれど、ど
うもいったん山を降りるしかなく、そもそも稜線が切れているみたい。研究の余
地あり。半僧坊着が12時過ぎ。とにかく暑い。凄まじい湿度で、長ズボンがべ
ったり張り付く。ハイキングには一番不向きな天気。汗が眼鏡に滴り落ちて来る。
 ジジババな観光客集団が建長寺から登ってきて煩いことこの上無い。さっさと
出発し、遠回りして大平山へ。登山道は広くて快適。頂上のすぐ下まで、鎌倉カ
ントリークラブのグリーンが迫っていて駐車場もそこにある。トイレもあって良
い場所。ここがこのコースのピークで、瑞泉寺へと降りる。
 下りの地面は岩場が多く、濡れていてちと辛い。一箇所だけちと滑った。瑞泉
寺、昭和の鎌倉攻めから生き残ったエリアで、ここが二階堂地区。高山の二階堂
家は、この二階堂がルーツ。ましかしあの時代に、「今度、領地をくれてやるか
ら感謝してさらに励めよ、場所は熊襲のもちっと南な」と言われた気分はどうだ
っただろう。辿り着くだけでも命懸けだったと思うが。永福寺跡横を通って歩く。
なんでも、ここが二階建て(元は中尊寺の二階大堂を真似た)だったことから二
階堂と呼ばれたらしいが、今度ゆっくり来て散策することにする。歩いて鎌倉駅
へ。街中はピーカンで気温も高く、路面からの照り返しもきつい。やむなくグラ
サンを出す。ラーメンを食べて電車に乗ったのが三時半過ぎ。鎌倉駅のホームは
とんでもない混雑だった。観光で食べているとは言え、住民には同情を禁じ得な
い。4時間くらいの行程を見込んでいたが、登り始めからはほんの3時間で降り
た。
 天園ハイキング・コースは、そんなに見晴らしが良いわけでは無いけれど、高
度がないから高尾山よりは遙かに楽。こんなお年寄りがというご老人のソロも見
掛けた。ステッキは一本あったほうが良いけれど、鎌倉の歴史を学びつつ、良い
ハイキング・コースです。普通は建長寺から登るのが一般的なコースで、これだ
と瑞泉寺へ回ってもせいぜい90分弱、藪漕ぎもなく、快適に歩けます。

※ 有料版おまけ 免許返納

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点