時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2018/04/13

**
▲▽区別と差別▽▲

 今日は、ニュースの総量としては、アベレージな量だけど、いわゆる暇ネタが
少ない週末です。

※ トランプ氏、TPP復帰検討を指示 議員との会合で 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29343440T10C18A4000000/

 ほんに気まぐれなお人よね。

※ 国務長官指名のポンペオ氏、公聴会で北体制転換論を否定
http://www.sankei.com/world/news/180413/wor1804130025-n1.html

 昨夜の報ステで「米本土に到達する核ミサイルの破棄」云々という話になって
いるので、ノドン等に関しては、見逃すという方向で話が進んでいるということ
でしょう。
 ただこれは、トランプ政権がそこで妥協点を探っているということではなく、
そもそも米政権は、一貫してノドンは見ないふりをして来たんだよね。あの頃は、
ノドンに積める核も無かったし。テロ支援国家も外したわけだし。それがテポド
ン辺りになって、ちょっと慌て出した。

※ 「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180412-OYT1T50101.html?from=ytop_top

 ただ読売はまだどっちつかずで、会社として、倒閣に傾いたとはとても言えな
いんだよね。

※ 佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず
https://mainichi.jp/articles/20180413/k00/00m/040/151000c

 昨日の今日で、なんでもうそんな結論になるんでしょうね。

※ 「首相案件」の何が“違法”なのか?野党は140字で説明してね − 新田 哲史
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00010011-agora-pol&p=1

 私は、この執筆者がどういう人か全く存じ上げないし、興味もありません。ノ
ビー先生の Twitter で、しばしばそのtweetを拝見するけれど、物事を短く纏め
ることに長けた人だという印象しか持っていない。
 もっとも、このモリカケ問題では、高橋洋一と同レベルのことしか言えなくな
ったノビー先生の Twitter って、昔から、どうしてこんな連中の tweetなんか
引っ張って来るんだろう、という状況があったわけで、私の中では、あそこにリ
ツイートされたらオワコンw、みたいな印象もあるわけですが……。
 で私が申し上げたいのは、この方はここで長々とそのモリカケ報道を批判して
らっしゃるのだけど、どうして、批判している相手に対しては、140字で説明
しろと無茶なことを仰るのだろう。それがキャッチーなコピーであることは認め
るけれど、Yahoo-JAPANの記事は、Yahoo-JAPANとしての精査や推敲や編集が全く
為されていない。個人のブログやSNSでこういうことが書かれることに関して
は、私は何の意見もないけれど(読まなければ済む話)、これをある種のニュー
スやコラムとして、ニュース系サイトに転載されることには強い疑問を感じざるを得ない。

※ ハリルホジッチ氏が語る衝撃の解任劇「金とビジネスで…」
http://news.livedoor.com/article/detail/14567823/

 やっぱり金と欲だったのか!(>_<)。

※ 「ちびっこ相撲」で女児を土俵に上げず 今まで参加出来ていたのに相撲協
会が「女は土俵にあげるな」
http://gogotsu.com/archives/39036

 相撲協会は、女相撲の復活でも恐れているのかw。まあ、この人たちとしては
辛い所です罠。女は駄目絶対!と言いながら、ちびっこは構わないとしたら、ど
うして大人の女は駄目なんですかぁ? と突っ込まれる羽目になるから。

※ 採用間もない19歳の警官、拳銃携行に問題は 射殺事件
https://www.asahi.com/articles/ASL4D5WY3L4DPTIL017.html?iref=comtop_8_04

 でもねぇ、全国のお巡りさんの中では、首筋が冷たくなった人と、「まあピス
トルを使うのは御法度ですよねぇ」(棒読みw)、と同僚や上官に応じた部下さ
んとか大勢いたんでしょうね。

※ 杉田水脈VS牟田和恵〜阪大教授のフェミニズムを巡って
https://togetter.com/li/1217328

>それから、国益に反する研究は自費でお願いいたします。学問の自由は大事で
すが、我々の税金を反日活動に使われることに納得いかない。

 いいぞ! 杉田水脈、征け征け杉田水脈!
 つかさ、国益に反するか否かということを、誰が判断するの? 国会議員? 
別に国会議員がそれを判断しても良いんだけど、その場合は、与党の個人が判断
してそう断じるのではなく、個別の案件を、文科行政の委員会なりに持ち込んで、
野党議員もいる中で議論して、議決して、「これは反日研究だから国費を引き上
げます」くらいの透明性は確保して欲しいですね。
 予算を審議して通すべき立場にいる国会議員が、あれやこれや反日のレッテル
を勝手に貼り始めたら収拾が付かなくなるでしょう。征け征け! 杉田水脈w。

※ 絶賛炎上中の「LGBTが気持ち悪い人の本音」記事はなぜ完全にダメなのか
http://buzzap.jp/news/20180410-lgbt-harada/
*千葉市LGBT対応指針で「呼称表現自粛は言葉狩り」ばかりが話題になりがちだ
が「書類上の必要最低限は性別廃止」も賛否両論へ
https://togetter.com/li/1216401

>「心で思う」ことと「表現する」ことは完全に別物である
>LGBTを「理解」する必要は無い

 私は賛成できない。たとえばユダヤ人差別に関して、ユダヤ人は大嫌いだ! 
という思いを抱くことは自由だが、それを表明することはまかり成らん、という
話は、少なくともドイツでは無理でしょう。差別を無くすためには、そういう思
想、心自体をどうやって変えていくか、という話は避けて通れない。
 私はLGBTを理解するのは真っ平だし(正直、最近の海外ドラマで、主要キ
ャラがどいつもこいつも同性愛キャラに変わっていることをうざったく白々しく
も思っている)、最近の千葉市の話は、正直、時期尚早だろうと思っているけれ
ど、やっぱり社会としては、それを表現することは御法度です、ではなく、そう
いう偏見を無くす方向へと行くしかない。そのためには、個人の心の中に踏み入
って、貴方が区別だと思っているのは、ただの差別です、と訴えるしかないでしょう。

 で結局は、そういう話は、互いの衝突を繰り返して、どこかに妥協点を設けて
前進していくしかないんですよ。

※ 14年前の広島・女子高生殺害容疑、山口の35歳男逮捕
https://www.asahi.com/articles/ASL4F1R3VL4FPITB001.html?iref=comtop_8_01

 事件発生直後は、確か同窓生の男子とかが疑われたのよね。昔の事件だから、
慎重に捜査して欲しいですけどね。

※ 島を奪われることを前提にする日本の論外な防衛戦略
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52829?display=b

>「取らせてから取り返す」は防衛戦略とみなせない
>「島嶼防衛=接近阻止」

 接近阻止に陸自の出番はありません。その部隊を事前に尖閣に配備するという
ことでも無ければ。そんな無駄金があったら戦闘機でも買って下さい。
 ただ、島嶼防衛が現在の戦力や位置関係から難しい現状では、いったん取らせ
るのは仕方無いでしょう。で結局、護衛艦を並べて、戦闘機を集めている最中に、
米帝から「ポチ、あんな無人島のために血を流すのか? それより、『いつかは
尖閣奪還!』を錦の御旗に防衛力整備に金を使った方が良いだろう」と言ってく
るわけですよ。

※ いずれF-22を超える? 中国初のステルス戦闘機J-20
https://www.businessinsider.jp/post-165210

 この機体に、ロシア製の最新鋭のエンジンを搭載しても、ロシア製のステルス
戦闘機を越えることはないでしょう。

※ 駐在夫人 柔道技でさい銭ドロ逮捕 使命感で「けさ固め」 さいたま市
http://www.sankei.com/affairs/news/180412/afr1804120021-n1.html

 ダイナマイツ!

※ 海保、尖閣航空要員を増強 新型2機60人増、哨戒強化
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000054-san-pol

 少なくともその機体は、那覇にいる必要は無いよね。沖永良部や徳之島で十分じゃん。

※ 自転車の男 7歳男児を"ひき逃げ" 左足骨折重傷 コンビニ防犯カメラに一部
始終記録 札幌市
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000008-hokkaibunv-hok

 ま、逃げちゃ駄目だろうとは思うけれど、その監視カメラの動画を見ると、ぶ
つかった方もちと可哀想。

※ 前日の空虚重量79.5キロ

※ 有料版おまけ インクスポット作戦

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点