時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2018/01/16

**
▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

 そろそろ生活リズム修正フェーズなので、今週は、就寝前のタイマーセット更
新です。ちなみに今日は、午前4時過ぎのセットです。

※ ロング・ロード・ホーム
http://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2342

 このドラマの話題を、ずっとメルマガのおまけで書いていたのですが、先週放
映が終わりました。糞みたいなドラマでした。ドラマを見ながら毎回五分置きに
「糞! 糞! 糞!」と突っ込みを入れながら見てました。誰かが感想を書かな
きゃ拙いだろうから、私がここに書き残しておきます。
 もう、一片の希望もない展開でした。「バンド・オブ・ブラザーズ」のように、
ウインターズ大尉の成長と栄達を楽しむような余裕も無い。ただひたすらに、い
ったいこの21世紀に、世界最強の軍隊が、何でこんなこと(無様な展開)にな
ったんだろう、次は誰が撃たれるんだろう、と苛々しながら見ている自分がいる。
 2004年3月31日に、ファルージャ市内でブラックウォーターの傭兵が殺害
され、橋に吊される事件が起こる。快勝したはずのイラク戦争に暗雲が漂い始め
ていることを世界が認識することになる印象的な事件でした。
 まさにその日、現地に到着したばかりの部隊が、4月4日、市内のパトロール
に出かける。似たような建物が碁盤の目のように建ち並ぶ街並みの中で、一個小
隊18名がサドル派民兵の待ち伏せ攻撃に遭い、まずハンビーのガナーが戦死す
る。何の防弾装甲もないすっぴんのハンビーでパトロールに繰り出していた状況
に驚きます。
 ハンビーが動かなくなり、彼らは街中で立ち往生し、組まされたばかりの信頼
関係の無い現地人通訳を連れて、平凡な家族が暮らす一軒家に立て籠もる羽目に
なる。
 所がこの人たち、2004年だというのに、GPSナビゲータとか一切持って
いない。自分たちがこの広大な都市の何処にいるのか正確な座標を味方に伝える
ことが出来ない。
 大隊本部はすぐ救出部隊を送り出すけれど、彼らとて装備は似たようなもので、
またぞろ裸同然のハンビーやトラックに乗って出撃する。そして同じように、ま
たも敵の罠に掛かってしまい、部隊は散り散り、蜂の巣にされて車両故障、撤退
を余儀なくされて誰も近づけない。しかも、敵陣に新たな部隊が取り残される羽
目になる。

 土砂を運ぶための大型ダンプがあるでしょう。側面だけ衝立で覆ってある。あ
んな感じで、ルーフも無いトラックに、側面だけ気休めの鉄板を立てて兵士が街
中を走って行く。
 所が、イラクの街並みというのは、だいたい二階建て三階建てで、ベランダが
あり、洗濯物を干す屋上まである。そういう所から、容赦無く撃ち降ろされ、ト
ラックの荷台はたちまち血の海になる。戦死者と負傷兵に挟まれて、兵士は反撃
し続ける。じきにそのトラックも、エンジンを撃ち抜かれて、街中で動かなくな
るわけですが。
 やがて日没を迎えるのに、ここまで一切の航空支援はない。UAVも飛んでい
ない。不思議なことに、航空支援を要請したのか否かを含めて、そういうシーン
は一切描かれなかった。

 一軒家に立て籠もる羽目になった一個小隊(でもドラマに登場するのは実質分
隊規模)は、昼間の任務のつもりで出撃したせいで、ただの一個も暗視装置を持
っていない。地元民は目が良いから、屋上に陣取った所を四方八方から狙撃される。
 地上からは、女子供を横一列に並ばせて人間の盾にしながら、民兵が後ろから
銃撃してくる。屋上でも、重機の攻撃を受けて、盾にしていた壁が徐々に削られて行く。

 味方は戦車部隊を前面に押し立てて数度の救援を試みるものの、まず歩兵が乗
った裸同然の車両が殺られるわけです。すると、「戦車部隊は視界が限られる、
歩兵の援護なしに前進させるのは危険だから全部隊撤収せよ」、となる。当然の
判断です。
 深夜になってようやく武装ヘリ部隊が上がるけれど、立て籠もった小隊の位置
が全然解らない。照明弾はとっくに使い果たした後。反射板を屋上に広げるけれ
ど、民家は何処も屋上で布きれがひらひら舞っていて「上からは区別が出来な
い」と言ってくる。仕方無く、戦闘服の袖を破いて積み上げて火を点け、それで
ようやく発見して貰って座標が固定する。所が向かって来た戦車部隊と無線通信
が上手くいかず、戦車は民家を通り過ぎてしまう。
 各自、もうマガジンに数発しか弾が残っていないという過酷な状況下で、小隊
長が飛び出して戦車を追いかけ、ようやく戦車部隊が一帯のコントロールを確保
して救出される。
 その一個小隊を助けるために、8名戦死。50名以上の負傷者を出す。驚くの
は、そんな犠牲を払いながらも、彼らは夜が明けると、またパトロールに出撃し
ていくんです。赴任したばかりだから、まだ300日も任務が残っていた。

 基地に残された家族の元に、戦死を伝える場面まできっちり描かれるわけです
が、辛いですね。戦場の息子に手紙を書き終えた直後にドアをノックされたり、
どう考えても、この格好でこのコンビでの訪問ならその話しかないだろう! と
いう訪問を受けているのに、終始笑顔で応対して、事実を頑なに受け入れない奥
さんがいる。
 兵士たちのその後もテロップで流れるけれど、指揮官クラスは、その後も何度
もイラクに出撃し、全員生き残って栄達を続ける。でも一般兵士のことは伝えな
いのね。たぶんその後の戦闘で戦死した兵士が一定数いるはずなのに。トラック
で移動中に背中を撃たれた一人の兵士は、車いす生活になり、その後、反戦運動
に身を投じたけれど、若くして亡くなる。

 後に、イラクの泥沼を象徴することになるファルージャの戦闘が、いかに出鱈
目な状況で始まったか、当時の米軍がいかに慢心していたかを示すドラマなんだ
けど、実はこの作戦が失敗した要素の全ては、1993年のモガディッシュの戦
闘でも米軍は経験済みだったんですね。人も組織も過去の戦訓に学ぼうとしない。
本当に苛つく場面ばかりだけど、しかし戦場のリアルを描いた作品です。Hulu
でも放映中ですが、いずれDVDになるでしょう。

※ 民進との統一会派が引き金に 希望の党「3分裂」の現実味
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/221252/1

 分裂は仕方無いとしても、維新と合流するのだけは勘弁して欲しい。そもそも
維新が次の選挙で生き残れるかどうかも怪しいのに。

※ 「公益資本主義」探る議連、自民有志が設立へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180112-OYT1T50023.html

>企業が株主の短期的利益より、中長期的な視点に立った経営を優先する社会を目指す。

 大きな御世話だよね。企業にそんな責任はない。政府が無能だからって、企業
に責任を押しつけないで欲しい。これではまるで国営企業。

※ 「知韓派」日本言論人が見る最近の韓日関係(1)
http://japanese.joins.com/article/519/237519.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news

 叩かれているせいか、凄くまともなことを仰っているのね。でも少なくとも、
年寄りが書いている朝日の社説は、そんなことは言ってないと思う。

※ 米が反日韓国を再教育へ、キーマンは次期駐韓米大使 専門家「『最低限、
日韓合意は守れ!』と圧力かけるのでは」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000008-ykf-int&pos=3

 なんでこんな幻想を抱けるのかさっぱり解らない。

※ 北の五輪参加巡り17日に実務会談…南北合意
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20180115-50117/

 案の定、北に取り込まれているorz。明治政府が、朝鮮の扱いに困って併合し
た訳がわかるように気がしますね。その優柔不断と統治能力の無さがアジアを不
安定にする。

※ 潜水艦「把握せず」=中国外務省
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000107-jij-cn

 これは面白いw。たぶん国内的に、何か拙い話になったんでしょうね。

※ 新元号、日本人の生活に深く根ざすものに…首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180115-OYT1T50121.html?from=ytop_top

 はあ……。「残業」とか、「過労」とか?w

※ 猫からの感染症か、国内初の死者…60歳代女性
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180115-OYT1T50063.html?from=ytop_top

 これだからぬこは飼えない。トキソプラズマなんて、妊娠中に罹ったらすごい
面倒なことになるのに。

※ ソニーは、なぜおかしくなってしまったのか
http://toyokeizai.net/articles/-/204386?display=b

 出井批判がメディアでタブーになっていることを考えると珍しいですね。ただ、
それ以外の話も面白い。

※ 「風刺漫才」が日本では受け入れられない理由
http://toyokeizai.net/articles/-/204297?display=b

 以前は「ザ・ニュースペーパー」とか地上波で政治風刺のコントをやっていた
けれど、すっかり見なくなりましたね。B層に風刺漫才なんて受けないんでしょう。

※ 小林よしのり、芸人コメンテーターに「ムカムカ」 「ウーマン村本のこと?」
https://www.j-cast.com/2018/01/15318665.html?cx_recsWidget=pcTop&cx_recsOrder=9#cxrecs_s

>「ワイドショーや政治評論で、善人ぶってる芸人を見ると、ムカムカして、奴
らが滅びるのも間もなくだと予感がする」

 地上波なんて見なきゃ良いじゃんw。

※ フィン氏、首相に面会断られる
https://this.kiji.is/325460302690092129

 この人、ぶつぶつ言っているらしいけれど、日本で遊んでいる暇があったら平
壌にでも行ってくれないか。

※ 5歳児が1人でアイスを買いに行く途中… 車にはねられ死亡に「親の責任」
を問う声も
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161460004/

>「親のモラル」は低下している?

 結果を考えると、五歳児を独りで外出させた親の責任は免れないけれど、それ
はモラルの問題じゃないでしょう。
 子供を一人で出歩かせるのは駄目というなら、これからもっと多くの徘徊老人
が街に出歩く時代になるのに、五歳児以下の惚け老人の交通事故をどうやって防ぐの。

※ 「不正だと自覚できない」 外国人技能実習生、3年で22人が“労災死”
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1801/15/news106.html

 危険な仕事は多いとはいえ、この数はちと多すぎるでしょう。就業前に、自分
の身を守るための法知識の教育はどの程度為されているのか。

※ 滑走路外れたトルコ旅客機、エンジン出力が突然上昇か 操縦士が説明
http://www.afpbb.com/articles/-/3158637?cx_part=topstory&cx_position=1

 過去にあったかも知れないけれど、私の記憶の中には、エンジンが勝手にパ
ワーを増して……、という事故の記憶はありません。

※ 外務省の新・北米課長 父親はあの「アメリカに物言う論客」
http://www.news-postseven.com/archives/20180115_644020.html?PAGE=1#container

 外務省て所は、三代続いてやっと一人前な所だけど、北米課長とか外務省って
本当に人事はおおらかな所なのねw。

※ 銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180114-OYT1T50135.html

 転職するなら早い者勝ちだけど、本当にそういう状況なんだろうか。

※ たくさん食べるからじゃない…フルーツビュッフェで「男性客のみの来店」
をお断りしていた理由
https://togetter.com/li/1189762

 それ変じゃん。あんたらそれイタリアでも言えるのか?

※ 大阪・道頓堀ドンキで観覧車試乗会 15分の空中旅行
https://www.asahi.com/articles/ASL1H35SNL1HPTIL00C.html?iref=comtop_photo

 10年も止まっていて、その間の税金とかどうなっていたんだろう。

※ 日本史の幕末が分かりづらいのは「悪の江戸幕府を正義の薩長が倒した話」
と考えてしまうから?
https://togetter.com/li/1190022

 はぁ? おまんさぁおいの眼前で同じことを言うてみ! 正義もくそもない。
300年虐げられた者の復讐じゃなかか!
 しかし日曜の西郷どんも良かったですね! 官軍に追い詰められたせごどんが、
「もうここらでよかど……」と最期を悟り、親指を立てて溶鉱炉に沈んでいく
シーンには号泣しますた!(>_<)。
 そして後に、転生したのがモンゴルのチンギス・カンなわけです。時代がだい
ぶ遡ってないか? 良いんだよ、こまけぇことは。日本の英雄はみんなチンギ
ス・カンに転生すんだから!

※ 医師が支持する糖質制限に学会がお墨付きを与えない不思議
http://diamond.jp/articles/-/154685

>企業エグゼクティブの秘書

 エビデンスとかもっともらしい台詞が出て来る話で、何? このパワーワードはw。
いったいこれどういうアプローチの記事よ。

※ 夜にアメ車集う披露会、水戸で30年 取り締まるべきか
https://www.asahi.com/articles/ASL1D6SNQL1DUJHB00V.html?iref=comtop_8_01

 休日の昼間にでも集まれば客も呼べるだろうに。夜だと、どんな連中が見物に
来るかだいたい想像できる。

※ ATRと京都大学、fMRIで測定した人間の脳活動のみから、その人が見ている
画像を機械学習を用いて再構成する提案を発表。心の中でイメージした内容の画
像化にも成功
http://shiropen.com/2018/01/14/31458

 てことは何か? ぼくが考えた最強のナイスバディ・モデルを映像として具現
化できるということなのか?(ペンタブで描いた方が早いだろうw、てそのスキ
ルはない) 

※ 新型ドイツ軍艦は不合格、背景に何が
http://jp.wsj.com/articles/SB12404974170281193886104583639271413624366

 までもドイツって元々陸軍国じゃん。

※ 波紋を呼んだ「ゴリラ」誤認識、機械学習ではいまだ解決せず
https://www.technologyreview.jp/nl/google-photos-still-has-a-problem-with-gorillas/

 これはつまり、米語で、黒人をゴリラ扱いした投稿がそれだけ多いということ
なんでしょうね。

※ なぜ起きた? 総務省が検証報告「グーグル発大規模ネット障害」のメカニズム
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00010002-binsider-sci

 ネットって、何が原因で止まってしまうか解らないから怖いですよね。その気
になれば米露なんて、それと悟られずに、インターネット網を完全麻痺させるよ
うな技術を持っているんでしょうね。

※ 日本の空港で驚かされるのは、レストランの値段が市街地と同じことだ=中
国メディア
http://news.searchina.net/id/1651543?page=1

 それな、嘘だからw。あんたたちの頭にあるのは、銀座とか六本木の市街地だろう。

※ この世で最も黒い鳥の秘密が判明する! 99.95%の光を吸収し極度に黒を
保つ 羽根に凄い秘密が
http://gogotsu.com/archives/36266

 この鳥の動画とか見ると、下手くそなCGで塗りつぶしたとしか思えないのね。

※ 建物2階に車が突っ込む〜米カリフォルニア
http://www.news24.jp/articles/2018/01/15/10382959.html

 まるでテーマパークのオブジェみたい。

※ 大事故をハリウッド映画並みの超絶挙動で絶妙に回避する「スリップ車」のムービー
https://gigazine.net/news/20180115-car-spins-out-of-control/

 これはでも、後ろから突っ込んで来てあっという間に消えて行く車が凄いたち
が悪いよね。これまでもこいつが原因で事故った気の毒なドライバーとか居そう
な気がする。

※ 折畳み式2画面スマホ「M」はどう使う?4つの画面モードをおさらい、使い勝手を検証
http://japanese.engadget.com/2018/01/14/2-m-4/

 良いなと思ってドコモのサイトを覗いたら、お値段があいぽんX並なのねorz。
Androidのタブレット端末に10万円出せるか? と問われたら、私は出せない。
それがSSD搭載のウインドウズPCなら悩むけれど。

※ ストリップ・ロボットダンサーは踊りながらあなたを監視する
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9306.php

 これ本当にロボットの絵なの? ちと不鮮明ではっきり解らないんだけど。

※ 前日の空虚重量77.9キロ

※ 有料版おまけ 余裕

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点