時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2017/06/26

**
▲▽iPhoneで死にかける▽▲

 パリ出発日の前夜、iPhoneで死にかけましたw。
 と、その前に、週刊AERAのぐっちーさんのコラムに関して話します。毎号楽し
みに読んでいます。この人のコラムは毎号、自分はどんなにビッグな人間か、そ
れに比べて世間はバカの集まりだ! という一貫した主義主張のもとに書かれて
いて、こんなに自慢話が好きな人って、日垣隆以来のビッグスターだなぁ、と思
いつつ読んでいるのですが、週刊AERA自体が、お前ら貧民のそのライフスタイル
は間違っている。上級国民の暮らしぶりをみよ! という選民思想丸出しの雑誌
だから、編集部の方針にがっつりマッチしているのでしょう。

 先週発売号は、グッチーさんのフランスでのウーバーの隆盛に関する自慢話で
した。ウーバーってこんなに便利なのに、それを許さない日本ってダメよね。ス
タバは、ライバルの成長に手を貸して、そうすることが自社の販路拡大に繋がる
と信じて敵に塩を送ったのに、本当に日本ってダメよね、という記事で、私は、
タクシーの話と、飲食業界のビジネスをリンクさせて一緒くたに語るなんて、な
んて才能に恵まれた天才だろう! と感服驚嘆しながら拝読したものですた。自
分の才能やお仕事をここまで素直に躊躇いも無く自慢できる人って羨ましい限り
です。
 率直に言えば、その街を知る術としては、タクシーより地下鉄だし、ボルドー
のワインをいくら褒めちぎった所で、この温暖化ではもうボルドーもだめだなと、
つくづく感じています。

 所で、私のパリ行きはいつも、市内からCDGまでのタクシー代を残し、なお
いくらか、円に戻せる感じでキャッシュを用意します。
 今回、水に予算を使いすぎたせいで、週の半ばには、これタクシー代がなくな
るなぁ、と思い始めた。日本円を更に換金するという手もあったし、カード決済
できるタクシーも増えている。ウーバーに登録して見ようかな、とも思ったけれ
ど、まあ電車で何とかなるかと思った。
 ちなみにパリの地下鉄は、辛うじて、登りエスカレーターが付いている所もあ
る、という程度で、エレベーターなんてまずありません。
 だから、20キロ超のスーツケースに、レンズとカメラボディを入れたミニ・
スーツケース。背中にはペーパーを入れたザック、首にはPCを入れたショル
ダーという、とんでもない格好で、狭い階段を上り下りしなきゃならない。

 前置きが長くなりました。
 泊まった最寄り駅で普段使ってる改札には、スーツケースを抱えて入れるよう
な自動改札機はありませんでした。パリの地下鉄は、入る時だけ検札があり、出
に関しては、自動ドアを出て行くだけです。逆からは入れない。実際には、スー
ツケースだけ通せる、ペットの出入り口みたいな空間があるのですが、シャンゼ
リゼからの帰り、地下鉄で電車から出る時に、普段使っている改札ではなく、反
対側だったらスーツケースも通せるドアがあるのでは? と思って、反対側から
出てみた。ドアはあったけれど、マイクとスピーカーで、反対側の事務所にある
駅員さんにお願いして開けて貰う構造だった。
 まあなんとかなるかと思って、地上に出たら、何しろ夜です。何処に出たのか
全く解らない。でも首からiPhoneをぶら下げているから、その地図を見ながら歩
けばいいやと思って、地図を呼び出した。
 パリに来てからずっと気になっていたんだけど、iPhoneの地図って、地下鉄の
駅名とか一切表示されないんですね。国内ではどうか知らないけれど、パリでは
そうでした。だから、地図を見ても、自分が今どこにいるのか全く解らない。自
分の記憶にあるランドマークが全くないし、地図上の目印として記憶していた
カーブした通りすらない。
 ただの大通りの下をまっすぐ走っているだけの駅を巡って30分も行ったり来
たりしました。
 だんだんパニックに陥ってくる。時間も遅いし、地図はさっぱりだし。

 最終的に私を救ってくれたのは、持っていたfreetel のスマホのGoogle マッ
プでした。一発で地下鉄駅が出て来て、想定している場所よりかなり離れた場所
を往復していることが解った。

 翌日、その話をiPhoneユーザーにしたら、iPhoneの地図は全く使い物にならな
いから、みんなGoogle マップをiPhoneに入れるんですよ、と教えて貰いました。
 そもそもiPhoneって、自分はまず使わないだろう山のようなアプリのアイコン
を絶対にトップ頁から消せないんだけど、なんであんなの我慢してジャップは有
り難がって使っているの?

* 余談ですが、今回、パリ・ヴィジットは買わずに初めてナヴィコを買いまし
た。前回、パリ・ヴィジットの切符が全く改札を通らずに苦労したので。あちこ
ち聞いて見たら、パリ・ヴィジットって本当に使い物にならない。こんなものを
未だに日本国内で旅行者に売っているのは詐欺だという声が多かった。
 ナヴィコは顔写真入りのパスですが、凄く快適でした。ただくせものなのは、
そもそもパリの自動改札機は、動いていない機械が一杯あるw。それも動いてい
ないということが解らない構造になっていて、改札に入ってナヴィコが反応しな
い。動いてない、こいつは壊れていると解ったら隣に移動するしかない。そうい
う代物です。

※ 海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その1
http://blogos.com/article/230881/
*ベルヘリコプター、海自UH-XにV-22を提案の意向
http://www.tokyo-dar.com/news/2825/

 困りましたねぇ(^_^;)。だって、ただでさえ揉めに揉めている案件に、ベル=
富士重組がオスプレイを引っさげて参戦すると言うんですから。
 ちなみに、そのベルさんの日本人プレス向けのブリーフィングは、なぜか日本
人はほんの数名しかいなくて(みんな日本支社社長と顔見知り)、白人さんの方
が圧倒してまして。なんでこの人たちは、ベルの日本市場にこんなに関心を持っ
ているんだろうと不思議だったのですが。

 まず、「UH−Xの開発は順調です」、という話のあと、塩害対策のビデオの
紹介がありました。つべでググると、「Bell H1 Marinization」という動画が上
がっています。これに日本語字幕を付けたものをアップするからという話でした
が。ああやって塩害対策するのね。これはこれで面白い動画です。
 それからAH−1Zヴァイパーの話になって、陸自にはぜひこいつを提案した
い。マリナイズもされて、そもそも海兵隊も絶賛導入中だし、DDHでも問題な
く運用できるよんと。それが買えれば苦労は無いけどなぁ……、と思いつつ聞い
ていたら、海自のUH−Xの話になって、オスプレイがしのごのと聞こえてくる。
きっと疲労のせいだ……、今朝は5時置き、朝飯抜きで朝の6時にホテルを出て、
8時開始のMRJの撮影に間に合うよう走りまくって疲れている、と思って聞い
ていたわけです。いやこれはS−92の間違いだろうと。でもS−92ってシコ
ルスキーだよなぁ……。てか、これ、ミリタリーの話をする場だったのか?w。
私はウェルカムだけど。
 じゃなんで前回は手を上げなかったの? という質問が出たら、ま前回はいろ
いろと条件が合わなくて。だって買えないじゃん、こんな高価な機体……、と思
っていたら、大丈夫です。その機数を揃える必要は無い。オスプレイはパフォー
マンスが高いから、ヘリ何機分の仕事もするから、結局はその予算内で収まると。
 この会社、30年前から一貫してそう説明して売り込んできたけれど、それを
真に受けた軍は一つも無い現実をどう思っているんだろう……、と疑問に思った
わけです。
 日本人プレスの受け止め方としては、陸自の調達が、現在確定済み分の機数で
終わることは避けられないから、それでキャンセルされる分を、どうにか海自に
買わせたいという目論見なのだろうと思いました。
 上手く行くかですか? だって陸自のUH−Xの時だって、ほとんど芽は無か
ったのに巻き返したんですよ。富士重の力や米帝の影響力は侮れない。

※ 豊田真由子氏の騒動「あれ女性ですよ」 麻生太郎氏の発言に呆れる声続出
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/24/that-is-woman_n_17285746.html
*議員バッジに執着 豊田真由子氏の裏の顔を“政界の親”語る
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208048

 でも麻生さんはそういう人だしね。帰国してから彼女のニュースを見ていて、
小さい頃のガキ大将みたいなエピソードも流れているけれど、明らかにサイコパ
スではない。女のガキ大将がそのまま大人になった感じで、リミッター解除する
ことで、自分の心の平安を毎日保っている。わりと良く居るパターンですね。会
社にもご近所にもこういう人はいる。スーパーやコンビニで突然ブチ切れる人や、
毎日部下に当たり散らす上司とか。ただ国会議員としては少ないだろうというお話で。

 問題は、恐らくは性格的な問題であるものを、精神医学的なアプローチやカウ
ンセリングで修正とか、あるいは治療とか出来るものなのか? その辺りの専門
医の解説を欲しいですね。

※ 「福島の責任果たさぬなら東電つぶすべき」朝日新聞記者の発言に批判「自
分の会社はどうなんだ」
http://www.buzznews.jp/?p=2109256

 企業に無限責任を負わせて良いのなら、朝日にもそうして頂くしか無いけれど、
新聞の悪い所で、いったい何をどうすることで、その責任を果たしたと言えるん
だろう。察するに、東電や国がどう頑張った所で、この記者さんが生きている間
にはとうてい処理しきれないような責任を求めているようにしか思えないけれど。

※ 韓国の慰安婦合意“新共同宣言”提案は「動くゴールポスト」…専門家「隣
国との関係悪化にうろたえる必要はない」
http://www.sankei.com/west/news/170625/wst1706250004-n2.html

 そうは言っても、これは韓国にとっては、対米ご注進案件なんだから、いくら
こっちが無視したくとも、米帝からやいのやいの言われたら対応するしか無いでしょう。

※ 吉田清治氏の慰安婦謝罪碑書き換え 韓国警察が元自衛官の奥茂治氏を出国
禁止 損壊容疑で取り調べ
http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260007-n1.html

 私は支持しない。こんなことをした所で、韓国内で事実が知られるわけでないし。

※ 市川海老蔵、公演千秋楽終える 「すごい妻を天から授かった」
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12160-1696193/

 この人、本当は、ただのワルなんでしょう。別にそのことで非難する気はさら
さらない。芸人と物書きにモラルを問うなという主義だから。
 でも歌舞伎役者なんて、飲む打つ買うが一人前に出来ての芸事じゃないですか。
それをこの人は、この後一生、出来た人間、父親の理想像を演じて生きなきゃな
らない。もちろん一生なんて無理だから、ほとぼりが冷めた頃までは大人しくし
とけという話になるんだろうけれど、にしても辛いです罠。

※ タレント上地雄輔さんの父、横須賀市長に初当選
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170626-OYT1T50002.html?from=ytop_main6

 あ〜あ、地方で議会を敵に回すとこうなるよね。

※ 去年の山岳遭難 2番目の多さ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170626/k10011030081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

 それだけ高齢者ハイカーが増えたと言うことですよね。

※ 朝日新聞・冨永格記者「ネトウヨは痛いところをツイートされた時に盛んに
反応してくる」
http://netouyonews.net/archives/9590760.html

 征け! 紅衛兵。ネットの戦士たちよぉ!

※ 【イメチェン】兵庫県知事選の勝谷w
http://matometanews.com/archives/1856277.html

 酷ス!w。有権者のレベルを小馬鹿にしているようにしか見えない。

※ 高度1万メートルを巡航中のエアバスA319型機に高高度気球がニアミスして
150メートル下から撃撮
http://gigazine.net/news/20170625-weather-balloon-capture-airplane-fly-past/

 こういうのはトラポン積んで貰うしか無いですね。

※ 脳卒中 傷ついた細胞を食べ、脳の修復促す細胞を発見
https://mainichi.jp/articles/20170625/k00/00e/040/161000c

 これ良い研究ですね。卒中患者の社会復帰に貢献できる。

※ インスリン注射「トイレで打って」 理解進まぬ教育現場
http://www.asahi.com/articles/ASK6T5TZFK6TPLBJ002.html

 悪戯を仕掛ける子供もいるだろうことを考えると、教室での注射は全く感心し
ない。トイレは不衛生だし、保健室が遠く無いなら、そこでさせるべきだと思う。

※ 子供「なんで『いただきます』と言うと笑われるの?」ラーメン屋で「いた
だきます」をカップルに笑われた後の親の返しが鋭すぎる
https://togetter.com/li/1122811
*いつでも大声で「今日楽しかった!」という長女、理由を聞いてみると…脳み
そ単純理論という持論があった
https://togetter.com/li/1123767

 嗚呼! にっぽん人!に生まれて良かった(>_<)。

※ 前日の空虚重量78.0キロ

 肩、軽度の腰痛が始まる。

※ 有料版おまけ 絶対仕事させないホテル

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。