時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2017/06/23

**
▲▽往く人は戻らず▽▲

※ 乳がんで闘病、小林麻央さんが死去…34歳
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170623-OYT1T50080.html?from=ytop_main3

 春先から、なんとなく、旅先で彼女を訃報を知ることになりそうな予感がして
いました。
 過去にも書いたように、私はこの姉妹のぶりっこキャラが生理的に駄目なの
で、個人的にどうこういう気持ちはありませんでした。

 彼女の癌宣言が公になった時、世間は皆、ああ、もう余命宣告が出て助からな
いんだなと気付いたわけです。
 彼女の癌に関しては、世の中に誤解があり、彼女も後悔している部分かもしれ
ませんが、彼女の場合、その年齢では滅多に受けることの無い人間ドックで、最
初に異常に気付いたけれど、しばらく放置していた。それが命取りになったみた
いに言われていますが、これは間違いです。なぜなら、彼女みたいな若さ、しか
しも子育て中の女性は普通人間ドックなんて受けません。
 彼女が乳がんをはっきり自覚した時点、これが世間一般の女性のスタートライ
ンになります。全ての治療はここから始まり、この時点からでも9割の患者は助かる。

 では彼女はなぜ駄目だったのか? それは癌のタイプが凶悪だったからです。
われわれ素人は、癌と聞くと、その発生部位しか考えません。せいぜい違いが分
かるのは、胃がんのスキルス性か否かくらい。大腸癌や乳がんなら普通は助かる
けど、脾臓とか、あそこは駄目かなぁ、と感覚的に解る程度です。
 でも癌の専門医は、生検で得られた情報を元に、その癌のたちの悪さを判断す
る。うちの女房は、大人しいタイプだと主治医は説明してくれましたが、実際は
転移しまくっていました。それもMRIやCTにほとんど見えなかった。生存率
の高い乳がんといえども、まだそのレベルです。
 彼女の癌は、最凶タイプでした。その人間ドックで引っかかった時に切除して
いたら、いくらかは助かる可能性もあっただろうけれど、タラレバの話でしかあ
りません。

 私が最初に、彼女の癌宣告を知った時の感想は、「神様は平等だな……」でし
た。気まぐれな神は、彼女に美貌と才能とチャンスの全てを与えたけれど、幸せ
の絶頂にいたある日、躊躇いも無く全てを奪い去った。それもこの上無い苦痛を
じわじわと与えつつ。神がいるとしたら、その残酷さは誰に対しても平等である。
 私も今は、その乳がん患者の家族の一人となりました。うちの子供たちはもう
大きい。親のことなんかより、自分の輝く未来を夢想できる年齢になりました。
幼子を遺して往かねばならなかった母親の心中を思うと、気の毒でなりません。

※ 欧州広域で記録的熱波、溶けだす路面 スカートはく男性運転手も
http://www.afpbb.com/articles/-/3132990

 昨日の夜辺りから涼しい風が吹くようになって、今日辺りから、週前半より1
0度気温が下がるという話だけど、どこまで真に受けていいやら……。
 そう言えば、ルマンから転戦してきた記者の方からお話を伺えたのですが、あ
っちも気温が馬鹿高くて、各チームが想定していたより、4、5度も高くて、そ
れでみんなばたばたリタイアした。タイヤが駄目になり(でもみんなミシュラン
だからこの条件は一緒)、最近のレーシングカーは、ハイブリッドで走っている
んですか? それでバッテリー周りが駄目になって、ばたばた斃れていったと……。

※ 有料版おまけ たぶん今日までお休みです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。