トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:5/18

**
▲▽裸の王様▽▲

※ 1〜3月期GDP、年率2.2%増 個人消費がけん引
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL18HLW_Y7A510C1000000/?dg=1&nf=1

 やっとキタキタ! このまま堅調さを維持できれば良いですけどね。私がこん
なことを書くと、え? と思われるかも知れないけれど、あらゆる数字が、景気
の回復と拡大期に入ったことを指し示しています。不安材料は、米経済というか、
アメリカ政治の混迷を別にすれば、住宅関連くらい。もちろんそれは、今現在景
気が良いことを意味するものではありません。これから消費が牽引して、それが
賃金増へと結び付くかどうかが、日本経済の正念場ということになる。

※ 文科省の審議会 新設獣医学部に「課題あり」と報告
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010984151000.html

 今頃になって梯子を外す話だけど、これは二つの見方が出来て、一つは、文科
省の官邸への攻撃、反乱。そっちがその気なら、加計学園の件はチャラだという
脅し。もう一つは、これはそもそもが官邸の、官房長官辺りの深謀遠慮で、この
話は「条件を満たさず」という形で無かったことにするから、痛み分けというこ
とで、世論も納得してくれ、というバーターですよね。世論の落とし所としては
悪く無い戦術です。
 話がここまで大きくなって、何もございませんでしたで、計画を続行するわけ
にもいかないでしょう。

※ 加計計画「できない選択肢ない」 内閣府要求の日時記録
http://www.asahi.com/articles/ASK5K7GR3K5KUTIL04Z.html?iref=comtop_8_01

 昨日一日、文書の真贋を巡って官邸やネトサポ界隈が騒いでいたことにちと驚
きました。防衛ラインはそんな所でいいの?w。連日一面トップで、総理の首を
獲る気満々で来ているスクープ記事なんだから、そんなもん、誰が書いたかまで
裏取ってるに決まっているでしょう。
 本来なら、とっくに特捜部が動いて文科省や大学にガサ入れが入っている所で
す。ところが、特捜部はもうガタガタでそんな体力はない。アメリカと違って、
他人から貰った民主主義の守り方も知らん国です。王様は裸だよ?w、と喝破で
きない雰囲気がいつの間にか出来てしまった。
 森友の問題は、「女房がバカな女でして」と頭を下げれば済む話ですが、こっ
ちは総理自身の利益誘導に他ならない。

 この利権のドンである麻生さんは、要らないと言っていた。最終的に、他大学
を押しのけて加計に落ち着くよう、文科省提示の条件は次々と誘導されて行った。
地元の獣医師会の反対を押し切り、別に財政が潤沢とも言えない自治体で、10
0億もの資金を提供して学部を新設する。そのお金はもちろん最終的に国、つま
りは国民が被ることになる。
 私が驚きを禁じ得ないのは、にも関わらず、あたかもどうでも良いような態度
を取るアレ政権の支持者が大手を振ってネットの中を蹂躙している。
 王様は裸じゃないか? という告発を潰そうと躍起になっている。いつから日
本の民主主義はここまで劣化したんだろう。そもそも、その程度の未熟な政治だ
ったんだろうか。

※ 交信後謎の急降下 雲中「空間識失調」指摘も 陸自機墜落
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0400373.html

 昨日ずっと、機体を急降下させた要因は何だろう? と考えていました。空間
識失調はあるか? 当然あります。たとえパイロットが二人乗っていても、二人
供同じ作業をしているわけじゃありません。とりわけ着陸寸前なので、一人が操
縦、もう一人がチェックリストに取り掛かっている可能性が高い。そこで操縦棹
を握ったパイロットが空間識失調に陥ったら、もう一人が気付くタイミングは、
だいぶ後になります。ひょっとしたら気付かないままかも知れない。
 私が注目したのは、機体構造です。あの機体に、ちょっと特有な構造があると
したら、T字尾翼です。T字尾翼起因のディープストールに陥った可能性もゼロ
ではないけれど、イメージ検索すると、あの機体には、それを防ぐための大きな
ドーサルフィンが尾部に付いているのが解る。
 もう一つ。たとえば、雷であるとか、何かの原因で、水平尾翼の一部が欠けた、
もしくは脱落した可能性。普通の十字型尾翼と違い、T字型尾翼の昇降舵や水平
尾翼が破損すると、機体は一気に安定性を喪失します。極端な機首上げ機首下げ
が起こり、リカバリー不能の状態に陥ることがある。それで墜落した事故が、北
米のコミューター航空で何件か発生しています。

※ 稲田防衛相は日報問題やる気なし 担当者“海外栄転”の姑息
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/205524

>小川修子・統合幕僚監部参事官付国外運用班長

 ひでぇ!〜。でもこの記事は、言外に、こいつが握りつぶしの下手人だよw、
と教えているのね。

※ 韓国特使、日本へ…「特使が“慰安婦再交渉”はオーバー…国民の気持ちを伝えたい」
http://japanese.joins.com/article/158/229158.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news

 お気持ちはお聞きしマスタ。お帰りはあちらのドアです。

※ 韓国が竹島周辺で海洋調査=外務省が抗議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000000-jij-pol

 独立国家なら、抗議とか生ぬるいことはせずに、ちゅど〜んと撃沈したれよ!
 ゴルウァ。ましかし、これが韓国の新政権の正体だと解ったじゃん。反日の烙
印を押すな、とか呑気なことを言っている連中がいるけれど、そら無理でしょう。
 よしなにお願いします、と特使を送ってきた傍らで、こんなふざけた挑発に及
ぶ指導者を誰が信頼なんてするか。

※ 辛淑玉さんがRT「中国を包囲するつもりの安倍外交、いつの間にか日本だけ
が蚊帳の外」「世界中から自信過剰被害妄想国と馬鹿にされろ」
http://gensen2ch.com/archives/70644107.html

 征け、紅衛兵! ネットの戦士たちよ〜!(>_<)。こういう人に真顔で物
言っちゃ行けないんだろうけど、でも外交とか全く考えることもない世間のマジ
ョリティて、こんなもんなんだよね。
 そういう人々に向かって、別に中国包囲網なんてやってないし、米中はとっく
に握り合っているし、でも現状の中国をそのまま容認することは難しいんですよ、
と説いて聞かせるのは至難です。

※ 他人への大切さを忘れ、何となく「戦争」に向かう日本人
http://news.livedoor.com/article/detail/13076467/

>特に安倍晋三首相は敵と味方を明確に分けて、世論を二分して巧みに反対意見
の牙を抜いていくことに長けている。

 全くその通りだよ! でも野党も一緒だよね。本来の保守は包容力があるけれ
ど、革新はその点、不寛容で、何事も旗幟鮮明にすることを相手に求めたがる。

※ ハリス米太平洋軍司令官、「日本最西端」の自衛隊駐屯地を訪問 河野克俊
統幕長が招待、中国を牽制
http://www.sankei.com/politics/news/170517/plt1705170034-n1.html

 え? この人は昨日、笹川財団でスピーチしていたんじゃないの?

※ トランプ氏「FBIにフリン氏の捜査中止を要請」=米報道
http://www.bbc.com/japanese/39944839

 こんなに早く独立検察官や弾劾云々の話が出てくるなんてねぇ。

※ 武蔵小杉の西武・そごう閉店へ 高級路線では客足伸びず
http://www.asahi.com/articles/ASK5K54RZK5KULOB00Y.html?iref=comtop_8_03

 全然知らんかった。までも、所詮はショッピング・センターだもんね。デパー
トの価格でやっていけるとは思えない。

※ てんとう虫のはね 折り畳みの様子を解明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010982931000.html

 良い話だなぁ〜。こんなどうでも良い、およそ何かに応用出来るとは本当は誰
も思っていないw、しかし少年の遊び心を満たす研究に没頭して、東大の肩書き
と給料を貰えるんだから、やっぱ理系はパラダイスだよ!

※ 鹿児島での空中戦映像 大分の団体、米から新たに入手
http://www.sankei.com/region/news/170513/rgn1705130074-n1.html

>鹿児島県・喜界島周辺での空中戦は旧日本海軍の戦闘機「紫電改」が攻撃を受
ける場面が写されている

 この紫電改は、いったい何処から飛んで来たんだろう。

※ 【学校のギモン】なぜこんなに重い?通学かばん10キロにも…教科書、ゆと
り時代の1・5倍
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00010003-nishinpc-soci

 うちの子たちも鬼のように重たい鞄を抱えて毎日電車に乗るけれど、正直、私
立なんて親に金出させてタブレット端末を買わせれば、持ち歩くのはノートと弁
当だけで済むのにねぇ。私立の場合、給食は無いし、水筒を持参しろという所も
あるから、もう山用ザックで良くね? と思うことがしばしばあります。20リ
ットルの鞄に収まらないですから。

※ 「50代は転勤願出せ」女性社員らへのパワハラ認定判決
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000071-asahi-soci

 今時、これは珍しいよね。報道はきちんと実名を出せ!

※ 菊川怜の結婚相手に“第4の婚外子”がいた!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170517-00002536-bunshun-ent

 女子高生は拙いよね。親は何してたの? という疑問を抱くけど、まあお二人
のことは良いんじゃないの?w。男は、連れて歩けるアクセサリーを欲しがり、
女は金満生活を夢見たわけで、別に、「二人で暖かい家庭を築きたいと思います!」
てな話でもないじゃん。

※ 泰葉が香山リカ氏に怒りあらわ ブログで批判
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-01824861-nksports-ent

>「これあり?見てもない患者よわたし メディア報道だけで診察下す?」

 その通りだ!w。てあの人は、エア診断が持ち芸だからなぁ。早く専門医の診
断を受けた方が良いとは思うけど。

※ NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1060103.html

 へぇ〜、CPUの節電技術とかに応用出来るのかしらん。

※ アリゲーターガー1匹を捕獲 名古屋城の外堀で
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000101006.html

 チッ! 国家権力の罠にはまって遂に捕まってしまったのか!(>_<)。
もう一匹はガンバレよ!

※ あの頃これが欲しかった!ズバッと参上し、ズバッとコントロールできた三
洋電機の超音波式リモコン『ズバコン』
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170518-00010000-dime-sci

 あの時代の少年の願いは、このズバコンと、キドカラーの飛行船を目撃するこ
とだったよねん。

※ 色気で稼ぐ「生中継アイドル」を量産する現場
http://toyokeizai.net/articles/-/171337

 今度生まれ変わったら、中共の生中継アイドルに……。

※ 前日の空虚重量77.5キロ

※ 有料版おまけ 機会損失に鈍感すぎる日本の商売

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事