トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:5/17

**
▲▽加計学園弾ける▽▲

※ 加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書
http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html?iref=comtop_8_01

 今朝の朝日の首都圏版の一面トップです。右から左へ全部使っての大きなス
クープ扱いです。ただしこれは、朝日のスクープというより、文科省のリーク。
文科省の、官邸への反撃と理解した方が良いでしょう。
 あんたのバカ女房の盾になり、国会で大見得を切るアホ総理の尻ぬぐいをさせ
られているのに、一方で、天下り問題でぶつぶつ言われて、いったい何のための
忠義だ? という鬱憤が溜まってきて、こういう形で反旗を翻す事態になった。

 言うまでも無く、これはもう総理が国会で大見得を切った以上は、当然、内閣
総辞職案件になるわけです。これは明らかに忖度というレベルとは次元が違う話
です。ただ、官邸は、第一期安倍政権が、その霞ヶ関の反乱で潰された苦い経験
から、素早く高級官僚の人事権を握り、一方で、さっさと構造改革を諦め、霞ヶ
関の利権には立ち入らず、絶妙な緊張関係で今日までやってきた。
 第一期政権を潰された時、厚労省や財務省は、それなりの力を持っていたけれ
ど、文科省に、そこまでの影響力は、今も昔もない。文科省としては、官邸と差
し違える気満々かも知れないけれど、果たしてそこまで行けるかどうか。

※ 行き詰るアベノミクスに不満?自民議員の勉強会発足
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000100891.html

 自民党内に、アレノミクスの行き詰まり感があるかというと、そんな感触は受
けないですけどね。

※ 陸自機墜落:4人死亡 北海道の山中、谷の斜面に衝突か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000131-mai-soci

 殉職した隊員のご冥福をお祈りします。
 さっぱり解らん事故です。FDRは前日外されたばかりだったらしいけれど、
原因解明に悔やまれる事実です。
 こういう事故が発生すると、過去の事故事例から、だいたいこんな因果関係で
墜ちたんじゃないか? と推定できるものですが、今回は、さっぱり解らない。
 まず、一番引っかかるのが、山の東側斜面に突っ込んでいるという事実です。
徐々に高度低下して、梢に引っかけて墜落したという感じでは無く、真正面から
急斜面に突っ込んだ、もしくは叩きつけられた感じです。それが西側斜面なら理
解出来るけれど、なぜ東側斜面であんな衝突痕になるのか? 急激な高度低下を
窺わせる。
 函館の滑走路進入は12で、コース的にも全くずれていない。正常なアプロー
チ・コースに乗っており、そろそろILSの誘導に乗ろうかという距離です。に
もかかわらず、一気に2000フィート前後も高度を落としている。
 当時は深い霧が出ていたそうだけど、高度計が不安定になる傾向があると言っ
ても、狂いが大きすぎるし、他の高度計もある。かと言って、霧が出ていたとい
うことは、マイクロバーストのような、機体を叩きつける突風が生まれる状況が
あったとも思えない。風は比較的安定していたはずです。仮にエンジントラブル
が発生して、二発とも止まったとしても、乗員は4人。即座に失速墜落する高度
でも重量でも無い。
 現状で唯一考えられるのは、何かの装置、単独のトラブルではなく、複数のシ
ステムが不調に陥っての事故。たとえば、まず、高度計が何かの不調でおかしく
なり、それにILSの不調が重なって、機体をコースアウトさせたとか……。

* この事故から想起される比較的最近の事故としては、2009年にオランダ
で発生した、トルコ航空1951便墜落事故というのがあります。B737です。グ
ライドスロープの上を飛んでいて、その電波を捉えようと、スラムダンク・アプ
ローチをしていた。ところが電波高度計が故障していて、地面に潜っている状態
を指し示していた。オート・パイロットが、着陸寸前だと錯覚して、パワーを絞
って機体にフレアを掛けた。一方、正副パイロット二人は、着陸前チェックリス
トに忙殺され、速度低下にも高度喪失にも一切気付かないまま、突然、失速警報
が鳴り始め、対応したが間に合わず地面に突っ込んでしまった。

※ 米大統領、ISに関する機密情報をロシアに提供か
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/16/news113.html
*米国土安全保障省、機内電子機器持ち込み禁止措置拡大の公算=報道官
http://jp.reuters.com/article/hls-pc-idJPKCN18C2NU
*米大統領、側近の捜査中止要請か FBI長官に
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017051701000760.html

 これはイスラエルが入手したパソコン・テロの情報を、事前の調整無く勝手に
トランプがロシアに漏らしたという話らしいけれど、ホワイトハウスが「そんな
事実はない」と火消しに回るそばから、トランプはさっさと Twitter で自白し
ているんだから、もうどうしようもないw。
 ただこれ、何かに違反しているかと言えば、そんなこともなくて、最終的に、
それを判断する権限は、もちろん大統領が持っているわけで、彼がそう判断した
以上は、機密漏洩には当たらない。
 この件で注目すべきは、いったいその情報は、どこからリークされたのか? 
です。ホワイトハウスでの会議で、恐らく、限られた国務省スタッフと、身内し
かいなかったはずなのに、どこから、そんな話がリークされたのか? ひょっと
してNSAは、ホワイトハウスの中まで盗聴しているの? という話になる。
 いずれにせよ、情報機関の信頼を失いつつあることは重大でしょう。トランプ
政権に留めを刺す情報が、ウォーターゲート事件の時のようなディープスロート
によってリークされ始めるリスクが増す。

※ 秋篠宮家の長女眞子さま、大学時代の同級生男性と婚約へ
http://www.asahi.com/articles/ASK5J6FSLK5JUTIL069.html?iref=comtop_8_01
*眞子さま、大学時代の同級生の『海の王子』小室圭さんとご婚約へ「合コンの
上品な言い方が意見交換会だということが判明した」
https://togetter.com/li/1111050

 めでたいお話ですが、この男性は司法浪人しているの? しかし、日本の晩婚
化って、思い起こせば、皇太子婚姻が原因よね。あの時、宮内庁が責任逃れで、
どんどん後回しにしたせいで皇太子の婚期が遅れて、なんとなく、日本社会全体
が、結婚は急がなくて良いんだ、という雰囲気に染まった。

※ 【報ステ】テロ対策か?“共謀罪”とパレルモ条約
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000100921.html

>条約に入るための国連の“立法ガイド”を書いた国際刑法の専門家、ニコス・
パッサス教授は「条約の目的はテロ対策ではない」と明言。

 やっと見つけたパッサス教授。

※ 週刊文春、ライバル誌「盗み見」の疑い 週刊新潮の中づり広告を業者から
事前入手か 新潮側「スクープつぶされたことも」
http://news.livedoor.com/article/detail/13071579/

 どこもやっているお話でね。ただ、そのレベルで横流しするのは止めてくれな
いか、というお話ではあります罠。

*安倍政権御用達・乳首レイパー山口敬之、嘘発見器もかけられた!? “逮捕揉
み消し”を裏付ける情報が次々暴露、泥沼不倫のゲスすぎる顛末も…!
http://tocana.jp/2017/05/post_13227_entry.html

 さすがの文春は、このネタだけは扱えないから、新潮は、文春を叩きつぶすチ
ャンスですよ。まだ第3弾もあると思った方が良い。

※ ひろゆき氏、最高年収を告白 − 賠償請求30億円を放置し続けたワケ
http://news.livedoor.com/article/detail/13068986/

>西村氏は放置し続け、現在では時効を迎えたという。

 こんな輩を、ネットメディアがちやほやするから、世間はネットをまともに見
ないんですよ。本来なら、刑務所に入っているべき奴なのに。なんでこんな奴を
司法は野放しに出来るんだろう。

※ 「乗り換えで歩く距離」が長い駅ランキング
http://toyokeizai.net/articles/-/172050

>渋谷駅のJR埼京線から東急東横線への乗り換えで、766.5メートル。

 これは酷い!w。までも、ムサコの乗り換えは20位以内に入ってこないのね。
首都圏で限定したらどうなんだろう。

※ 卓球部が超人気って本当?
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010983441000.html?utm_int=news_contents_news-closeup_003

>人気のあるお笑いタレントが、テレビ番組で暗いスポーツの1つとして、卓球
を取り上げたことがきっかけ

 ちゃんとタモリと書けよ!w。

※ 手榴弾……ではなく、これでもか!と「サバイバルグッズ」を詰め込んだキット
https://www.digimonostation.jp/0000095821/

 これは欲しくなる! ぜひ日本で提携先を見つけてマッチも同梱して欲しい。

※ ディズニーのリゾートホテル、沖縄進出を検討 宜野湾「インダストリアルコリドー地区」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00097748-okinawat-oki

 沖縄も良いけれど、USJは東京に来るべきだし、TDLも関西に出るべき。
そうすれば、インバウンドを二箇所で吸収できる。

※ 「乃木坂見たい」偽造学生証提示容疑 教諭を書類送検へ
http://news.livedoor.com/article/detail/13069131/

 なんでバレたんでしょうね。その身分証の情報が出回っていたということだろうか。

※ パナソニック、タブレット端末のバッテリー発火で無償交換へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/16/news140.html

 軍用品でこれは止めて欲しい。

※ 製鉄所の酸化鉄で温暖化 中国からの大気を分析
http://www.sankei.com/photo/daily/news/170516/dly1705160021-n1.html

 これはでも、それで化学変化を起こして云々という話ではないのよね。

※ 「週刊少年ジャンプ」、200万部割れ
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/16/news106.html

 これが少子化の現実よね。

※ 育毛には本わさび 毛乳頭細胞活性化、市販剤の3倍
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051602000241.html

 練りわさびを頭に塗れってか。

※ 魚群探知して魚を釣れる「水中ドローン」日本上陸 価格は17万円……ターゲットは?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/16/news114.html

 釣り人としては、荷物は増やしたく無いと思う。ガイドロープ付きだと、遠く
にも行けないし。

※ The Orville :「テッド」のハレンチなクマのセス・マクファーレンが主演
をつとめて、もろに「スター・トレック」をパロディするSFコメディ・ドラマの
新TVシリーズ「ジ・オーヴィル」
https://ciamovienews.blogspot.jp/2017/05/Seth-McFarlane-Star-Trek-The-Orville-Trailer.html

 出演者は、みんなガチな面子だけど本当にやるのか?w。

※ 前日の空虚重量77.3キロ

※ 有料版おまけ 一年生も多忙

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    24268人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    5695人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事