トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:5/12

**
▲▽ワンダーアニマル▽▲

 昨日は、大きなニュースが無かったせいか、動物絡みのニュースが目立ちました。

※ マヤカシの人手不足と完全雇用 なぜ賃金は上がらないのか
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/205154

 いつも書いているように、少子化というのは、何より最優先で取り組むべき問
題であって、そこへのアプローチが、安倍政権に極めて希薄だったことは事実な
れど、ただ少子化って日本だけのことではない。先進各国はどこも大なり小なり
少子化に陥っていて、それがないのは、移民が押し寄せるアメリカくらいのもの
でしょう。
 そして、それらの国々はどれも、全て、日本より高い株高に至っている。こん
なに駄目駄目なのは日本だけの現象であって、それは少子化だけでは説明出来な
い。
 報酬を上げずに済む日本独特の雇用制度や、転職を嫌う社会慣行もあれば、
ブードゥーマジックを真に受けたアッパラパーな総理とか……。

※ 室温28度は「科学的根拠ない」クールビズ見直し検討
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000100508.html

 快不快には湿度も大きく関係することを思えば、温度だけ規定するのってナンセンスよね。

※ 23区で大学定員増認めず 東京集中是正へ新法制定も
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017051101001477.html

 そもそも少子化で定員増なんてあり得ない話だとは思うけれど、東京への集中
是正でそれを認めないというのは変な話でしょう。逆に、じゃあ少子化+過疎化
もあるのに、地方の大学はまだ野放図に定員増を認めるんですか? な話になる。

※ 安倍政権御用達・鬼畜レイパー山口敬之記者が「乳首から血が滲むほどのレ
イプ&揉み消し」疑惑!暴露された“もう1つのヤバすぎる不倫”とは?
http://tocana.jp/2017/05/post_13164_entry.html

 なんでトカナがこんなネタを扱うんだろうw。そっちの疑問の方が大きい。ま
しかし、できる男はあっちもお盛んなのね!

※ 石嶺香織市議が自衛隊DVDをファミマから撤去させた?自衛隊反対派の悪質なデマ! 
http://ksl-live.com/blog8803

 そんなものがコンビニで売れる時代になったのね、という思いの方が大きい。

※ 森友保育園に保育士不足で異例の事業停止命令へ
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170511-OYT1T50073.html?from=ytop_main5

 この地域の保育園不足や保育士不足がどのくらいなのか知らないけれど、市が
保育士を仲立ちして送り込むことだって出来たはずですよね。早いこと潰した方
が良いとは思うけれど。
 先日も、TBSのインタビューに応じているのをちらと見たけれど、政治家の
威光を利用することに、ここまであっけらかんとしていると、清々しさまで感じ
る……。いや感じないけどw。でも一家そろって憎めない雰囲気があの人たちにはある。

※ 警戒せよ! 秋田の「人食いグマ」は3頭生き残った
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170510-OYT8T50063.html?from=ytop_os1&seq=01

 地域社会は少子高齢化で、熊だけでなく、猪や鹿の被害も拡大する一方。都市
部ですらもはや無事では済まなくなった。その内、野獣駆除の専門部隊を立ち上
げる日が来るんじゃなかろうか。

※ アリゲーターガー、8カ月ぶりに顔出す 名古屋城の外堀
http://www.asahi.com/articles/ASK5C56QQK5COIPE013.html?iref=comtop_8_03

 リンク先の別記事に、釣りが出来ない理由が書いてあるけれど、そんなことを
言っている場合じゃないでしょう。ただ、この魚は、何かの悪影響を及ぼしてい
るとも思えないけれど。

※ 何の金なのか? 現金7億円キャリーバッグ4つに?器用?に小分け 韓国
人の関税法違反事件
http://www.sankei.com/west/news/170511/wst1705110098-n1.html

 思わず、写真に拝んでしまったw。これを見ても、1億を警察の保管所から奪
い出すって大変よね。

※ 学校史などの切り取り被害 群馬や山梨の図書館でも
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170511/k10010978001000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

 動機がわからない。そこに名簿があるわけじゃないだろうし。

※ 迷惑ウニ、廃棄野菜で美味に変身? 商品化へ実証実験
http://www.asahi.com/articles/ASK4T51RCK4TULOB01N.html?iref=comtop_8_07

>海藻を食い荒らし、駆除の対象となっているムラサキウニに、

 確かに、食害は酷いし、凄まじい繁殖能力を持っているけれど、でも美味しい
ことは美味しいんだよね。

※ 優木まおみ「バーキン自慢」で炎上 「子供のものは100均かい」
https://www.j-cast.com/2017/05/11297641.html?p=all

 美味しゅう頂きましたw。やらせる側もやっている方も、ヲチは解っていての
話じゃん。

※ 「尿まき散らしつつ歩行」学生に告ぐ 明治大「張り紙」にネット騒然
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-297707/

>明治大学生田キャンパス

 お茶の水でやらかしたのかと思ったw。うちの長男は小学校の頃から、模試で
何度もここに来ているせいで、明治だけは絶対嫌だ、東京に行きたい! と言っ
ているけど。

※ シャチがホホジロザメを餌にし始めた
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/post-7571.php

 ユニークな捕食方法は面白いけれど、シャチがホホジロザメを食べているのは、
今に始まった話じゃないでしょう。

※ 害虫アリモドキゾウムシ 鹿児島新港で見つかる
http://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2017051100022993

 あんな小さい虫がお船に紛れ込んで密航するのを防ぐのは無理よね。

※ HIV感染者の平均余命、今では一般とほぼ変わらず=英研究
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-39880346-bbc-int

 ウイルスが消えるまでに研究が辿り着くのはいつかしらん。

※ 「ウォーキング・デッド」ユージーン俳優に殺害の脅し SNS閉鎖へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000027-flix-movi

 おいらも、昔からユージンだけは許せない!

※ 前日の空虚重量77.0キロ

 昨日暑かったせいか、今年初めて蚊に喰われる。

※ 有料版おまけ 青梗菜再び

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24271人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    5699人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7048人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事