トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:4/23

**
▲▽攻撃の敷居▽▲

※ 核実験場の活動再開か=北朝鮮の衛星画像―米研究所
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000038-jij-n_ame

 ぜひやって欲しいですね。米帝は、核実験なら別の対応をしたと言っているん
だから、それを披露して貰おうじゃございませんか。ああん?w
 北としては、中国が影響力を行使した、と国際社会で評価されるのは気にくわ
ないだろうから、やるかどうかは刈り上げ坊主の胸三寸でしょう。

※ 対北朝鮮「武力行使なら全面戦争」=米専門家にインタビュー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000054-jij-n_ame

 ソウルが火の海になるのはデフォというか、対北攻撃では大前提ですよ。その
程度のことは、前世紀からアメリカは覚悟している。ただ、歩兵部隊の38度線
突破はほとんどあり得ないから、野砲やミサイル攻撃で発生するだろう民間の死
傷者数をどの程度見積もり、それを許容できるかでしょう。
 北京へと靡く韓国人がたかだか1万人死ぬ程度のリスクを、トランプがどう判
断するかの話。

※ 安藤優子「大変痛々しい姿で……」 がん闘病中の中川俊直議員の妻を取材
し土下座する姿を放送したフジテレビに批判の声
http://getnews.jp/archives/1709992

 そら、不倫略奪で結婚した安藤さんと、その旦那が作っている番組で、そんな
ことをさせちゃ叩かれるよねぇ。
 ところで、問題の中川さんだけど、結婚式を挙げちゃったわけですよね。重婚
罪というのは、どの時点で成立するんだろう? これって非親告罪? で、たぶ
ん婚姻届を提出しないと、挙式を上げた程度では立件は無理そうな感じだけど。
 そうやって挙式を上げたという話が時々ニュースになるけれど、重婚罪そのも
ので逮捕されたというニュースは聞いたことが無い。

 ところで、民進党は、この件で審議拒否とかやらかしているんだけど、いった
いどういう理屈なの? 女好きな議員の重婚騒動より、党首の二重国籍問題の方
が遙かに重大事だと思うけど。

※ 「議席ゼロも覚悟」民進都議選候補また3人離党
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170423-OYT1T50007.html?from=ytop_top

 もう党首として責任が問われるレベルだよね。自分のお膝元なのに。

※ 遅れた「無電柱化」にリカバリー機運 関連株は右肩上がり 全国的に関心高まる 
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170422/mca1704220500012-n1.htm

 どうして日本は電線の地下化に失敗したんだろう。やり通すチャンスはいくら
でもあったはずなのに。

※ 米軍が警告「エナジードリンクに健康リスク」
http://news.livedoor.com/article/detail/12969847/

 アメリカ人が飲むこの手のドリンクなんて、カフェインや何やら日本製のそれ
の10倍くらい入っていそうだよね。

※ ジャワ高速鉄道 中国から日本へ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010000-jindepth-int

 本当かな。政府として決定したことなんだろうか。

※ 朝鮮人追悼碑モチーフの作品、指導で解体撤去 群馬
http://www.asahi.com/articles/ASK4Q639TK4QUHNB00L.html?iref=comtop_8_03

 ググって見たら、ややこしい話なのね。その記念碑を作った頃は、行政の理解
もあって、イベントに知事のメッセージや県関係者の参加もあったのに、だんだ
んその場での発言が政治色を帯びてきて、昨今の日韓関係も反映して、県が撤去
を命じて裁判になったと。

※ 自動改札機のない通路に驚く中国人学生 加藤 隆則
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170421-00010000-agora-int

 乗客の一定数、たぶん1割以上がキセル乗車することを前提に動いている欧州
の地下鉄を考えると、日本人の遵法精神って、それはそれで度が過ぎている希ガス。

※ アパートに侵入し女性を暴行容疑、2等空尉逮捕
http://news.livedoor.com/article/detail/12971335/

 年齢を考えると、別に金に困っていたとも思えないけれど。

※ ロボットと仕事競えますか 日本は5割代替、主要国最大
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO15581470R20C17A4SHA000/?dg=1

 日本の場合、もろもろ自動化が遅れているから、当然そういうことになります
罠。ところでこの記事の中には、自動運転に関する記述はないのね。ドライバー
商売が生き残れるか否かでも、この数字が更に大きく動きそうに気がするけれど。

※ 太陽光だけで大気中の水を収集できる、画期的なデバイスが誕生
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7442.php

 もの凄く水不足が深刻な土地で、ひとまず飲み水を確保するためなら使える技
術かも知れない。でもそんな土地でも、ペットボトルをトラックで運んだ方が安
上がりよね。

※ アメリカン航空職員に体調不良者が続出、「新制服」が原因か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00016011-forbes-hlth

 染料の問題です罠。たぶん中国製なんだろうけれど。

※ 米アメリカン航空 謝罪 機内でトラブル、ベビーカー巡り
https://mainichi.jp/articles/20170423/k00/00m/030/085000c

 日本のエアラインでは基本、ヘビーカーは荷物扱いだけど、欧米は持ち込ませ
る所が結構ありますね。

※ ダイエット飲料飲む人、脳卒中・認知症リスク3倍 米大
http://www.asahi.com/articles/ASK4P44GGK4PUHBI01L.html?iref=comtop_list_sci_n01

>人工甘味料の摂取が発症リスクを高めるのか、発症しやすい体質や生活習慣の
人がダイエット飲料を好んで飲んでいるのかは現時点でわからない

 たぶん後者だろうと思うけれど、これを報じたCBSニュースでは、「じゃあ
何を飲めば良いんですか?」というキャスターの問いに「普通の炭酸飲んどけw」
と研究者が答えていた。

※ 某大学生物系の1年生向け実験が入学早々鬼畜と話題に!タンポポを数えろ!
https://togetter.com/li/1103116

 フィールド調査なんてそんなものだと思うけど。

※ 前日の空虚重量77.0キロ

※ 有料版おまけ 遭難記

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24334人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/27
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事