トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:4/21

**
▲▽唸る札束▽▲

※ 「知人から頼まれて現金を預かった」3億円持つ男ら発見、福岡空港 福岡強奪事件
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00010011-nishinpc-soci

 昨日、捕まった韓国人は結局は無関係だったらしいけれど(それはそれで、こ
の連中はなんで大金を持ち歩いていた?w)、犯人像より、この被害者の方が怪
しいのね。なんでそんな大金を、そんな若者が一人で運ぶ羽目になったのか? 
そもそも、どうしてその場所は、東京や大阪でなく、福岡だったのか。

※ 空母はまだ来ない‥と日本政府は知っていた?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00010004-houdouk-int

 知ってるのは当たり前ですよ。米艦隊の動きは、海自は全部把握しているんだ
から。トランプ政権の無知につけ込んで、アレ政権は森友隠しに利用したんですよ。

※ 銀行カードローン、高額融資 80行「年収3分の1超」
http://www.asahi.com/articles/ASK4N5QMTK4NULFA030.html?iref=comtop_8_01

 それがどうした! 貴族新聞の上級国民様は借金の世話にならずに人生を送れ
るんだろうが、国民はそうはいかないんだぞ。その傲慢な親切心で、民の懐に手
を突っ込むな。大きな御世話だ。

※ 児童手当見直し議論 18年度予算編成
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H58_Q7A420C1EE8000/?dg=1

 ほらねw。高額うんちゃらと言いながら、ふたを開けてみれば、また中間層か
らごっそり抜くんですよ。財務省の手口なんて、全然変わってないじゃん。何度
騙されれば気が済むのか。

※ 日本郵政が減損処理 数千億円、豪子会社巡り検討
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H5F_Q7A420C1EE8000/?dg=1

 大企業、総身に知恵が回り兼ね……。

※ 【社説】習近平主席はその危険な歴史観について釈明せよ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000036-cnippou-kr

 あんたたちが自分でそういう選択をまたしたんだから、仕方無いじゃん。

※ 金正恩氏に「読唇術」解析…軍事パレードで「作り物のミサイルでも気づかないよな!」
http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20170419003.html

 本当にこんなこと言ってんのかなぁ。そら韓国側は、メディアも政府も、読心
術で解読しているとは思うけれど。

※ 北朝鮮への進撃想定演習に参加の「米強襲揚陸艦」艦長交代…「プロとして
実行」 佐世保基地
http://www.sankei.com/west/news/170420/wst1704200034-n1.html

 米海兵隊って、なぜかスキージャンプ台が嫌いなのね。ヘリ運用に制限を受け
るからというのが表向きの理由だったような気がするけれど、海兵隊がこのクラ
スの船でF−35Bを運用することを考えると、海自にした所で、あれを改造し
てスキージャンプ台構造にする必要は必ずしもないってことなんですね。

※ 女性問題の中川俊直氏 強まる辞任論 国会審議もストップ 政府・与党首
脳も突き放す
http://www.sankei.com/politics/news/170420/plt1704200036-n1.html

 この人は、まだまだスキャンダルがあって、政務官とはいえ、なんでこんな人
を登用したの? という人じゃん。先代からの番頭とか残っていたはずなのに、
なんでちゃんと手綱を握っていなかったのか。

※ 信号異常 “一瞬で青から赤”で人身事故 大津市の交差点
https://mainichi.jp/articles/20170420/k00/00e/040/199000c

 そんなに複雑なシステムとも思えないけれど、なんでこんなことが起こるんだろう。

※ 芦田愛菜さんがあこがれる病理医とは?〜女性にも女優にも向いた職業です
https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20170420-00070091/

 芸能活動しながら医学部推薦は無理よ。医学部推薦を得られるような子は、も
う中1の最初のテストでだいたい周囲は悟るらしいから。そこから6年間常にク
ラスのトップだった子だけが推薦を得られる。

※ なぜ日本はクロマグロの漁獲枠を守れないのか?
https://news.yahoo.co.jp/byline/katsukawatoshio/20170420-00070068/

 水産庁に仕事する気が無いからでしょう。もう無用の官庁としか思えない。

※ 「一目惚れしたんだよ…」出会い頭に恋の告白するも110番通報される 国分

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19857.html

 この少子化社会に世も末だなorz。もうこうなったら、年一回、一晩だけおっ
とい嫁女を解禁する法律でも施行するしかないぞ。
 イーサン・ホーク主演でハリウッド映画化とかどうよ! 続編として「おっと
い嫁女リターン」、3作目に「おっとい嫁女アポカリプス」。ちょっと間を置い
て新三部作とか。

※ 思わぬ逮捕に怒り心頭 沖縄のハブ捕り名人
https://news.nifty.com/article/magazine/12107-20170420-2017041900024/

 日本では、逮捕=実名報道=有罪なんだから、不起訴にするんなら司法当局は
きちんとその理由も公表すべきよね。

※ 塩分のとりすぎによって生じるのは「喉が渇く」ことではなく「お腹が空
く」ことだと判明
http://gigazine.net/news/20170420-salty-diet-make-hungry-not-thirsty/

 へぇ〜。だったら甘いものを食べれば良いんですかぁ?

※ 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
http://jp.reuters.com/article/tennis-us-idJPKBN17M0DD

 なんで? だってテレビ中継するほどの試合なら、それなりの場所でしょう?
 まさか、洗濯物を干したベランダが連なるアパートの裏で新戦車を披露するよ
うな狭っちい国でもあるまいに。

※ 米大、"マイナス"の質量を作ることに成功
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1056074.html

 そんなものがあるんなら、人間は空を飛べたりしないんだろうか。

※ 生命に適した惑星が新たに発見 地球から約39光年先
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/20/news118.html

>重力は地球の3倍だという。体重が約75kgの人はこの惑星では225kgぐらいに感
じるということだ。

 ちょっち移住は出来ないかなぁorz。

※ 前日の空虚重量77.0キロ

※ 有料版おまけ 朝鮮戦争空中戦

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5699人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事