トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:4/3

**
▲▽日本人はなぜ景気を無視するのか?▽▲

 安倍政権の発足直後はともかく、リフレ派が退場してなお、アレノミクスをネ
トウヨのみならず、国民の大多数が是としている理由は何なのだろうか? と思
っています。もちろん、日本の政権の場合、この四半世紀、景気が悪いというだ
けで退陣を強いられた宰相は恐らくいないわけですが。
 ネトウヨさんが、やっとうまれたウヨ宰相を守りたいというのはさておき(そ
れはそれでどうかと思いますよ? 劣化右翼の見本みたいな男を担いでいるわけ
だから)、日本人が景気に無関心なのはなぜか? を考えてみました。

1、外の世界を知らない。

 単純に井の中の蛙、外の好景気を知らない。この四半世紀、堅実に成長を続け
た欧米を知らないものだから、景気というのはこんなものだと思うようになって
しまった。これが最大の理由だろうと思います。
 景気が良いというのはどういう状態か? 首都の不動産が高騰し、賃貸住宅が
借りられない。所帯持ちは郊外へ逃げ、若者はルームシェアでなければ暮らせな
い状況が続くことです。NYやロンドンがそう。もちろんそれが良いとは言わな
いけれど。
 そういう景気の良さから四半世紀遠ざかったせいで、景気が良いという状態を
誰も理解できなくなっている。

2、すでにリタイアした世代が世論の主導権を握っている。

 投票にしても世論にしても、日本のメインストリート、メインストリームにい
るのは、現役世代では無く、すでに退職して年金で暮らす人々です。この人々の
暮らしにとって、景気の善し悪しはほとんど関係無い。せいぜい気になるのは、
孫の就職口くらいの話に過ぎないから、景気に鈍感でいられる。

3、景気に無関係な仕事が多い。

 これも日本の特殊性と言えるけれど、会社員という、日本人の王道、その就業
形態が、景気の影響を極力受けないような形になっている。終身雇用はその最た
るものです。景気が悪くなったからと簡単に首は切れないけれど、逆に、景気が
良くなったからと言って、給料にダイレクトに反映されることもない。景気変動
の波から社員を守れる日本独特の雇用形態が、景気への関心を喪失させている。
 これは公務員に関しても全く同様です。景気が悪いからと公務員の給料が下が
ることはないし(海外では首もある)、2.5割自治以下の過疎な自治体でも、
ありえないような高給で公務員を雇用できることが、景気への関心を失わせている。

4、サイレント・マジョリティ、ノイジー・マイノリティ。

 よくわからないのは、誰がサイレント・マジョリティで、誰がノイジー・マイ
ノリティかです。リフレ政策が潰えた後も、安倍政権の経済運営に問題無しと主
張する人々は、ノイジー・マイノリティなのか? たぶん違う。アレノミクスを
批判する私のような人間は、サイレント・マジョリティなのか? これも明らか
に違う。
 経済というのは恐ろしく複雑な要因で動き、依拠するポイントは個々人によっ
てあまりにも違う。
 日本という国は、何事もコンセンサスで動く。強いリーダーシップの存在を許
さず、忖度を美徳とする。海外なら1年で済む改革を10年係りでやらないと気
が済まない。それがこの不景気の最大の要因になった。
 良い方向に向かっているのか? 向かっているのかも知れないけれど、明らか
にそのスピードは遅く、安倍政権誕生時のような熱気は最早無い。国民は経済を
諦め、外交的成果に日本の威信とその復活を見ようとしている。それで構わない
と考える国民がマジョリティの間は、この国の景気回復はないでしょう。

※ 企業の景況感、2四半期連続で改善 3月日銀短観
http://www.asahi.com/articles/ASK30658LK30ULFA02X.html?iref=comtop_list_biz_n01

 でも消費は伸びないって奴でしょう。国破れて山河あり、消費者死んで会社あり。

※ 焦点:トランプ大統領の保護主義が先鋭化、失地回復は為替政策か
http://jp.reuters.com/article/trump-protectionism-idJPKBN17215B?sp=true

 うまく行かなかった為替頼みの景気回復策を綺麗に捨て去る、絶好のチャンスですよ。

※ 森友学園 海外メディア在京4特派員「私はこう見る」
http://mainichi.jp/articles/20170403/k00/00m/040/109000c

 女房がしでかした不始末とは言え、海外からみればそういう話になります罠。

※ アパートローン「プチバブル?」マイナス金利追い風で急増 増える空室…
日銀など対策へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000047-san-bus_all
*自己破産13年ぶり増、銀行カードローン急増が背景か
http://www.asahi.com/articles/ASK425DWBK42ULFA003.html?iref=comtop_8_04

 こうやって国家が、民の財布の使い道に手取り足取り介入を繰り返すから、日
本の景気はいつまでたっても回復しない。

※ コラム:「絶望死」が増加する米国社会の暗い闇
http://jp.reuters.com/article/usa-death-failure-column-idJPKBN17218X?sp=true

 景気が良くても、競争社会には苦労が絶えないという暗部ですよね。それを、
景気はどうにもならんが、国債ばんばん刷りまくって、ツケは全部後の世代に回
して、とりあえず全員を救いましょう! という日本は、見事な国家社会主義で
すよ。岸信介の野望を孫は達成しつつある。

※ 自民議員“陰毛事件”スルー 森友の幕引き許す民進の逃げ腰
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202705

 よ、よしゲンダイ!(>_<)、あちこちずれまくっているというか……、
全部ピンぼけしていると思うがorz、その意気込みで頑張るのだ!

※ 8人死亡雪崩事故、山岳隊男性が救助の状況語る
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-87589/
*雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒
http://www.asahi.com/articles/ASK4254C3K42UUHB005.html?iref=comtop_8_02
*那須雪崩 県高体連、呼吸空間確保法を教えず
http://mainichi.jp/articles/20170403/k00/00m/040/118000c

 昨日、書き忘れたけれど、事故当時の朝の天気だと、実は地形は全く読めない
んだよね。樹林帯の上がどうなっているかなんて、全く見えない。たぶん樹林帯
も上半分は全く見えていない。トップが見えないまま、その山を全く知らない人
間が、何を根拠にしたのか「絶対安全だ」と判断して事故になった。

 あと、雪崩れに巻き込まれた時はどうすべし、と言われるけれど、こんなの無
駄ですよ。雪崩れというから誤解されるけれど、実質的に、これは土石流です。
土石流に巻き込まれて助かるなんて誰も思わないでしょう。

※ 東京で「慰安婦」博物館会議 韓国や中国から関係者参加
http://www.asahi.com/articles/ASK423T4GK42UTIL007.html?iref=comtop_list_nat_n05

 小さな火の粉を誤魔化すために、朝日は燃料を注ぐ気満々らしい。

※ 危険手当、中間搾取で1万円が300円に 福島第一、廃炉作業員
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017040202000058.html

 これ読んで思うのは、下請け孫請けで労働者を転がすほどぼろい商売はない!w、
という感想よね。

※ 「今だけ無料」処分…アディーレ法律事務所、代表弁護士ら「懲戒審査相
当」 東京弁護士会などの綱紀委議決
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/sankei-afr1704030004.html

 これはぜひ、弁護士ドットコムで解説して貰わねばなるまい!

※ 高校時代にイジメ被害にあっていた女性が、美容院でイジメ加害者に遭遇した時の話
https://togetter.com/li/1096750

 読み手として興味が尽きないのは、その虐めた側が、それで首になったかどうかよね。

※ ハリウッドも見放すか 渡辺謙「不倫騒動」の重すぎる代償
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202713

 なんで? たかが不倫じゃん。ハリウッド俳優に対して、何を無粋な話をしてんの?

※ 「助手席の女子が爆睡してくれて本当に嬉しい」
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/194452/033100112/

 イイネ! これは良い記事(読んで無いけどw)。やっぱり車ってのは、リア
充が女をこましてマウンテンするためのツールじゃないですか!(読む気も無いけどw)。
 動くラブホテル。おんなをこますための全ツールを完全装備した戦闘車両! 
そういう発想が無くなり、女をこますためのツールとしての自動車を堂々と語れ
なく無くなったせいで、車は売れなくなったんですよ。
 田舎で車は必須だけど、金無いから軽でいいや、とりあえず就職に必要だから
免許取るしかねぇだろう、な後ろ向きな発想でしか車を語れなくなった。
 今一度、二次元野郎を駆逐殲滅し、女をこますための最強ツールとしての自動
車を復権させるべきよ。

※ ARCA Spaceは、世界初のシングルステージ方式の次世代打ち上げロケット「Haas 2CA」を発表した。
http://businessnewsline.com/news/201704021316380000.html

>リニア・エアロスパイク・エンジン

 へぇ〜。一時期NASAが熱心に研究していたけれど、ものになったんだろうか。

※ 金型付き菓子パンで「歯にひび」
https://this.kiji.is/221129083436418554

 さすがにこれは無いと思うけどなぁ。無くなった時点で、「あれ? どこ行っ
たの?」くらい気付くと思うけれど。

※ 鹿児島ユナイテッド連勝 FC東京23に2−1
http://373news.com/_news/?storyid=83335

 試合があることを知らされたのがつい前夜で、いろいろあって行けなかったorz。

※ ローランド創業者の梯郁太郎さん死去、87歳
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170403-OYT1T50009.html?from=ytop_main6

 この人の技術無くしてわれわれの音楽生活は無かった。合唱……、いえ合掌。

※ 前日の空虚重量76.5キロ

 南武線に関して、最近ずっと気になっていたことがあります。南武線だけでな
いかも知れないけれど、首都圏の電車って、ダイヤを守らずに、平気で定刻前に
発車しますよね。まずノクチ駅がそうです。改札を潜った上の電光掲示板を見て
ホームに降りると、15秒から30秒早く、さっさと発車していく。それでいて、
武蔵中原で1分間の時間調整とか平気でやらかす!
 昨日でした、ムサコで横須賀線から乗り換えた時、電光掲示板を見て、間に合
うと思って、慎重に走りました(でも後で、治った肉離れがちょっと悪化した)。
 私は、あいぽんの時間表示を見ながら走っていたんだけど、南武線の電車は定
刻より早くホームに入って来て、それでも私は、全然時間になってないから間に
合うだろうと思ったら、発車時刻より前にドアは閉まった。私は、無理な駆け込
みは止めて、車掌さんに向かって腕時計を示し、時間前だということをアピール
したけれど、向こうは知らん顔だった。
 こんなことをバスでやらかしたら、速攻でバス会社や自治体に抗議の電話が入
る。JRはどうしてタイムテーブルを守らないの? 教えて鉄ちゃん? どこか
に文句を言ったら改めて貰えるの?

※ 有料版おまけ CoCo壱番屋

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24273人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/27
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事