トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:3/25

**
▲▽アキエリークス▽▲

 今日は、詰まっていたパイプが一気に流れ始めたようなニュース量で、ちと往
生しました。

 さあ、新刊はもうお手元に届きましたかぁ! 電子版の発売がいつなのか聞い
ていないのですが、私の過去の著作で、電子化されていないものや、上巻は電子
化されているのに、下巻がそうでない、という作品があります。
 その辺りの事情を先日、担当に尋ねたのですが、どうも著作権が絡む事例が多
いようです。私の作品ということではなく一般論としてのお話ですが、たとえば、
デザイナーさんに依頼しての図版等が入っている場合、今の契約は電子化を前提
としているけれど、そうでなかったつい最近まで、そこまで詰めた契約書では無
かったので、Kindle 化が見送られている作品が一定数あるんだそうです。
 あと、今は、Kindle や、他プラットホーム展開前提のフォーマットで全ての
原稿データを処理しているけれど、Kindle が流行る以前は、自社サイトのフ
ォーマットでの販売しか前提にしてなくて、これからKindle 展開となると、
データを一からくみ上げなければならないから、どうしても腰が重くなる、な状
況はあるみたいです。

※ 「辻元清美議員は幼稚園に侵入していない!」 民進党が籠池氏妻のメールに反論
http://www.sankei.com/politics/news/170324/plt1703240072-n1.html
*民進党が籠池夫人メールに反論 辻元議員記述に誤り
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1797246.html
*【炎上】安倍昭恵・籠池夫人のメール公開で辻元清美のスパイやらせ工作がバレた
http://netgeek.biz/archives/94208

 やっぱり辻元がラスボスだったのか!(>_<)。

 まず、この公表されたメール内容ですが、これって、これで全部なの? 改変
や削除は無かったの? という疑問は持つべきだろうと思います。所詮は、アッ
キーを守る立場にある官邸側が一方的に出した内容に過ぎない。

 それと、昨日、辻元の名前が出て来たことで、俄然ネトサポ部隊が勢いづき、
うちみたいな場末のブログにまでいらしたけれど、何が問題なのか、肝心なこと
は誰も指摘してくれない。
 一部に、その辻元が潜入させたスパイが、作業員としてインタビューに応じて
嘘を垂れ流した、な話もあるけれど、肝心のそのインタビューの動画とか内容ま
で私は辿り着けていない。そういう事実はあったんだろうか?
 それとも、辻元が幼稚園に許可無く押し入ったことを問題にしているの? そ
れが何か問題でしょうか? プロ市民がポスティングで官舎に入っていくような
もので、単なる形式犯に過ぎない。たとえその事実があったとしても。自民党支
持者がそこで反撃するのは自由だけれど、そんな枝葉末節な話は、世間は気にし
ない。
 ネトサポ部隊が、辻元のどういう行動を問題視して反撃しているのかさっぱり
理解出来ない。

※ 高市総務相、資金往復で還付金受け取る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000042-mbsnews-soci

 森友問題に隠れて全くニュースにならなかったけど、それを規制する親元の総
務省のトップが、こんな汚い手口を使って資金洗浄して、自ら「合法です」と開
き直っている。
 森友問題が無ければ、今頃、国会で追及されている大事件です。

※ オバマケア代替案の採決断念…トランプ氏に打撃
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170325-OYT1T50008.html?from=ytop_main1

 良かったじゃない。国民にとっても良かったし、実はトランプにとっても良か
った。何しろ、それを試みて、「阻止したのは議会だ!」と言い逃れできるから。
しばらく時間を稼げる。

※ タリウム事件の元少女に無期懲役判決 名古屋地裁
http://www.asahi.com/articles/ASK3R4VCBK3ROIPE014.html

 良かったですね。恐らく高裁に上がっても、この判決は覆らない。裁判官にも
裁判員にも、サイコパスの認識があったということでしょう。
 でも考えてみれば、彼女も気の毒な話で、サイコパスを生む要因って、はっき
りしないんです。以前は、サイコパスやシリアルキラーは、殺人遺伝子が原因だ
なんて言われた頃もあったけれど、今は否定される傾向にある。
 育った環境云々ということも言われるけれど、裕福な家庭の人間の方が、サイ
コパス気質は多いとも言われている。
 いずれ将来、サイコパスの研究が進めば、治療法も見つかり、彼女が、娑婆に
出られる日が来るかもしれない。それには、まだ四半世紀以上の研究が必要だろ
うけれど。

※ スマホ決済 中国8億人に ネット大手テンセント
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX23H1S_T20C17A3FFE000/

 羨ましい話です。現金決済を捨てれば景気も上がるのに、日本では、日銀券へ
の異常な信認が、政府のインフレ政策にまで影響を及ぼしている。

※ 当たり前の“習慣”なのに…捕獲ハブ「保管」で逮捕の裏側
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202133

 これは駄目だよね。こういうのは、まず監督官庁からの指導が入って、それに
従わない場合の逮捕でしょう。それが無かったとしたら、裁判になっても無罪に
なる可能性が高い。
 検察は、筋ワルと見て起訴猶予処分でしょう。

※ JAL、定員オーバーで出発 パリで二重発券
http://www.aviationwire.jp/archives/115292

 明らかにシステムの問題だと思うけれど、われわれがびっくりしたのは、オン
シーズンですら滅多に満席になることはないのに、この時期、しかもあのテロが
あったパリ発便が満席だったなんて、その事実の方が遙かに大きな事件ですよ。

※ 車上荒らし「なりすまし捜査」で無罪判決 鹿児島地裁
http://www.asahi.com/articles/ASK3S3QQ6K3STIPE00N.html

 いくらど田舎だからって、これはアウトだろうw。ここまでやって点数稼ぎし
なきゃならないって可哀想。高裁判決が楽しみ。

※ パン屋「郷土愛不足」で和菓子屋に 道徳の教科書検定
http://www.asahi.com/articles/ASK3P7KX3K3PULZU00T.html

 ワロタw。それ、土人の国ではセーフでも、今時、日本でやるべきことなのか。

※ なぜ日本の街にはゴミ箱や灰皿が少ないのか
http://www.newsweekjapan.jp/nippon/mystery/2017/03/188670.php

 東京オリンピックを前にさっさと改善しなさい! 世界に自慢しているばやいではない。

※ インフルエンザが喉スプレーで防げるようになる日、研究進む微小チューブ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000008-wordleaf-sctch

 それが生体に安全かどうかよね。

※ 「魔法の図形」を使えば無人運転自動車を閉じ込めてしまえるのでは……と
いうコンセプト動画
http://dailynewsagency.com/2017/03/24/autonomous-trap-b2v/

 これ考えた人は天才!w

※ 頭のいいバカはもういらない センター試験と偏差値序列社会の終焉
https://dot.asahi.com/aera/2017032200058.html

 この時期、週刊朝日の「東大合格者速報!」で荒稼ぎし、散々お受験を煽って
来たAERAに言えた義理か?

※ 中学受験300万円、留学半年で200万円…。これだけかけて最終学歴がGMARCH
でいいのか? 
http://diamond.jp/articles/-/95898

 私自身は、子供といえども、健康が第一という主義なので、それはそれで仕方
無いと思うけれど、親としての本音を言わせて貰えれば、こんだけ金掛けて
MARCHはあり得ない! な部分は当然あります。せめて早慶一橋以上。それが無
理なら地方に出て阪大東北大くらいにして貰わないと、投資コストに見合わない
思いはある。
 ただ、首都圏の私立一貫校の総生徒数を積み上げれば、上位校限定ですら、そ
の生徒数を漏れなく早慶や一橋で吸収できるわけでもない(文系は可能。学部さ
え問わなければ早慶に全員入れる。そのレベルにないと、一貫校に通わせるメリ
ットはない)。
 それを考えると、これから求められることは、生徒を受け入れる側のMARCHが、
この入り口にたどり着くまで、莫大な投資をした保護者に、「うちは十分、それ
で元が取れる大学ですよ」と、何をアピールできるかでしょう。
 学生の充足感でアピールするのか、就職率でアピールするのか。

※ 先日かかってきた詐欺電話の手口がかなり凝っていてゾッとした「劇団みた
い」「これは騙されそうで怖い」
https://togetter.com/li/1093784

 素朴な疑問だけど、そういう近似な固定電話番号って、あっという間に規制さ
れるから、その番号の取得コストを考えると、割に合わない詐欺では無かろうか。

※ アニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」はゴジラの支配する2万年後の地球を描く
http://gigazine.net/news/20170324-godzilla-anime-movie/

 要は、恐竜時代にタイムスリップしたというお話になるわけよね。で、いざ戻
ってみたら、そこでは文明を喪失した人類もしぶとく生き延びていました、と……。

※ 函館発台北行きの飛行機が思わぬトラブルで遅延、機長の行動が乗客を逆に
感動させた!=台湾メディア
http://news.searchina.net/id/1632081?page=1

 ええ話やないかい!

※ 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH47のようなドローンの利用を計画
http://news.militaryblog.jp/web/USAMRMC-Eyes-Dragonfly-Pictures-Mini/CH-47-Drone-for-Casualty-Evacuation.html

 チヌークというより、バートルという希ガス。

※ 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコ
レート・スナックバー」支給を計画
http://news.militaryblog.jp/web/USARIEM-MND-develops-new-bedtime-snack/bar-boosts-Calcium-Vitamin-D.html

 むしろ今までこういう発想が無かったのが不思議よね。米帝のレーションとい
うと、カロリー一辺倒な印象があるけれど。

※ DARPAの新型ドローン発射装置「SideArm」の実力
http://wired.jp/2017/03/24/watch-darpas-creepy-project-sidearm/

 却下。他にどんなやり方があるんだ? と問われると困るけれど、もっと斬新
なアイディアが欲しい。

※ 深宇宙探査、物理学の限界を超えて<1> 人類はどこまで行けるのか
http://www.cnn.co.jp/fringe/35098685.html

 これ、面白い! 今の技術でも十分、そのシールドを作れたりして。

※ 松山市の川に外来ザリガニ 1匹で繁殖「生態系に影響」
http://www.asahi.com/articles/ASK3Q3TFSK3QPFIB008.html?iref=comtop_8_06

 原産地不明とか変じゃん。ググったらフロリダ辺りだそうだけど。

※ 発見2例目の深海魚か、静岡
https://this.kiji.is/217993294108526071?c=39546741839462401

 せめて、何の仲間なのかを書いて欲しい。

※ 前日の空虚重量76.4キロ

※ 有料版おまけ The Gift

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24273人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/27
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事