トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:3/17

**
▲▽ワンマンショー▽▲

※ 籠池氏の証言、与野党に衝撃広がる 「放っておけぬ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000006-asahi-pol

 ふふw……。ついに俺の時代が来た! わいこそが今年のマン・オブ・ザ・イ
ヤーや! 喚問当日は、NHKからあのテレ東まで、横並びで電波ジャックやで
ぇ! まずは議員と供に教育勅語の唱和に始まり、不埒な日共を糾弾し、在日を
disり、最後は八紘一宇を唱えて、男、一世一代の大勝負やw。わいのワンマ
ンショーにしたるでぇ!
 キャー! 父ちゃん、惚れなおしたわ(>_<)。

 NHKとか、証人喚問中に「ただいま不適切な発言があったことをお詫び申し
上げますorz」のテロップとか流すんじゃなかろうか。
 寄付の件は、普通に考えれば、講演の謝礼を巡る押し問答があって、受け取れ
ないと仰るなら、これは安倍さんからの寄付を頂戴しました、ということにしま
しょう! てな話が、学校の宣伝のために桁が一つ増えた、ということではなかろうか。

※ 大阪府が近畿財務局との交渉記録作らず
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170316/00000060.shtml

 ねぇw。府知事は元気に、うちは圧力を受けた側だと弁解しているけれど、維
新のずぶずぶぶりは、今更誤魔化せません罠。

※ 安倍首相の親友が経営する“第二の森友”加計学園の関係者を最高裁判事に
任命! 司法までオトモダチで支配
http://lite-ra.com/2017/03/post-2997.html

 な、なんだってぇ!(>_<)。アレ総理は司法にまで介入したのか!
 本命はやっぱりこっちでしょう。奥さんがこの件を巡っても、役所に圧力を掛
けたということだから、明らかに総理の監督責任は免れられない。
 そろそろ、安倍退陣の新聞辞令が出てもおかしくないんだけど、第一次安倍政
権当時と違って、国会のねじれ現象がないから、支持率の低下を、そこそこのと
ころで食い止められれば、なんとかなる。ただしそのためには、「女房がバカで
すみません」と国民に頭を下げるしかない。
 この期に及んで、「女房は私人」で通るか? バカ総理!

※ 日報隠し、監察に着手…統幕長は「承知せず」
http://news.livedoor.com/article/detail/12808613/

 とにかく、事務次官以下を首にするのが先。海幕長も理不尽な理由で詰め腹を
切らされて、今回また、事務方の命令で無茶なことを強いられて陸幕長の首が飛
んだら、制服組も黙っちゃいないでしょう。

 しかし、本当に浅はかな話で、こんなもん、お役人は記録を残すに決まってい
るんだから。ましてや電子データなんていくらでもコピーできる。
 稲田さんの責任云々になると、日報問題が発生した時に、事務方を問い詰めて、
「あたしを舐めてんのか!」と一喝すべきだった。それを、自らちっとも信じて
無いくせに、「ルールに従って破棄されました」なんて答弁したら、あんた、た
だのお飾りの操り人形かよと、そら辞めろコールも起きるでしょう。

※ 米国務長官「北朝鮮の非核化失敗」岸田氏と会談
http://mainichi.jp/articles/20170317/k00/00m/010/089000c

>「北朝鮮を非核化しようとする20年間の努力は失敗に終わった。脅威がエス
カレートしており、新たなアプローチが必要だ」

 それは良いんだけど、じゃあ、何をしてくれるんですか? てことですよね。

※ 防衛装備庁、将来戦闘機でイギリス国防省と協力の可能性を検討へ 
http://flyteam.jp/news/article/76830

 イギリスが欲しいのは、金ですよね。あとは、今の内に組んでおけば、将来日
本が大口顧客として買ってくれるということだから、イギリスにとって損は何も
無い。リスクのある戦闘機開発に踏み出せる。何しろ日本て国は、一度始まった
ものは止められないからw、ドイツみたいに裏切られる心配も無い。
 日本側も、ぜひ真剣に組んで欲しいですね。国防総省やボーイング&LMがぶ
つぶつ言ってきた時には、「F−2の恨み、忘れまじ!」くらい言って拒否すれば良い。

※ [寄稿]少女像合意の出口は著作権
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26818.html

>頭を下げなければならない日本政府
>少女像の最も重要な芸術的価値は、日本大使館の向かい側のその場所にある

 この後、何百年もそこに置いておくがよろしい。あんたたちと関わり合わずに
済む正当な理由になる。

※ オランダ下院選、トルコ問題が流れを変えた
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030900123/031600004/

 ドミノをいったん食い止めのは良かったと言えるでしょう。

※ 「12〜14時」の指定配達廃止=ドライバーの負担軽減―労使合意・ヤマト運輸
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000172-jij-bus_all

 夜の2時間縛りは酷いと私も思っていた。あんなんで配るって、物理作業とし
て無理に決まっているのに、なんであんな刻みにしたのか。
 ただ、こういう問題がクローズアップしたからには、せっかくだから、会社で
の受け取りを政府が推進するとかすべきでしょう。

※ アベノミクスの七不思議を考えながら、今後を占ってみた
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9126

 その景気が良いというエビデンスは何? という気はするし、あちこち疑問も
抱くけれど、全体としては、面白いテキストです。

※ 中国TVの「日本の汚染食品が流入!」告発は無視できない重大事
http://www.newsweekjapan.jp/lee/2017/03/tv.php

 まあ、いつものことだしねぇw。ただ、向こうがそうやって来たからには、外
交ルートもメディアも使って、反撃するチャンスでしょう。

※ 欧米書籍販売市場で異変、電子書籍の販売部数減の傾向が顕在化
http://businessnewsline.com/news/201703160315580000.html

 良かったじゃないですか。電子書籍が流行ったら、紙の本が無くなって、商売
が立ちゆかなくなる、と警戒しているうちの業界も、結局は、「棲み分けする所
に落ち着くんです」、と解れば、一歩踏み出せますますよ。

※ ここでひと息 ミドル世代の「キャリアのY字路」息子の志望校合格が、躓き
のきっかけだった
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/032500025/031000025/

 これは良い話ですね。良い話であると同時に、子を持つ親として戒めにしなき
ゃならなないお話です。子供が優秀だからと言って、親のステージが上がったわ
けじゃない。

※ 蛍光灯器具にLED照明、型式異なると出火の恐れ
http://www.asahi.com/articles/ASK3G6J5SK3GULBJ021.html?iref=comtop_8_02

 私も買い換えたいんですけど、あの構造のLEDって、結構高いのよね。

※ 「悪臭で住めない」提訴、バルコニーの上にディスポーザー排気口 520
0万円で購入の男性 大阪地裁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000096-san-soci

 そもそも、なんでディスポーザーの中身を重力に逆らって屋上で処理するんだ
ろう。地下に吸い出した方が、電気代が安く上がりそうな気がするけれど。

※ 「愛が永遠に続く日」に婚姻届受理できず 呼び鈴を失念
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000072-asahi-soci

>3月14日が円周率の「3・14」に通じ、「愛が永遠に続く」との思いから
この日に婚姻届を
>14日午後11時半ごろ、

 へぇ〜。ケッ! リア充めがw。でも、その時間に持っていくのはどうかと思
いますよ。

※ 渡瀬恒彦さん死去、72歳…一昨年秋から胆のうがんで闘病
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/201543

 あのお二人って、似ていそうで似て無く、似てなさそうで似ている兄弟でしたよね。合掌。

※ 自衛官が少女誘拐、1か月間官舎に…容疑で逮捕
http://news.livedoor.com/article/detail/12807555/

 幹部自衛官ともあろう者が、うら……、けしからん事件だ!

※ 30年前のタイムカプセル、神戸港沖から引き揚げへ「入れた人、連絡を」
http://www.sankei.com/west/news/170316/wst1703160010-n1.html

 開けては駄目絶対! こっ恥ずかしい青春の想ひ出が晒されるだけよ!

※ 前日の空虚重量76.2キロ

 昨日の出来事三題。

*夕方、暗くなった直後でした。246の上り側の歩道を、梶が谷のマックへと
歩いていた。確か釣具店の手前だったと記憶しますが、細い側道から、突然プリ
ウスが出て来て、減速はしたけれど、全く一時停止することなく、246の上り
車線へと走り出して行った。
 渋谷側の視界は悪いけれど、横浜側の視界は確保されていて、右手を見て走っ
ていれば、一時停止せずに、今がチャンスだ! ということは解る。視界が得ら
れなかった側の私は、危うく轢かれるところでした。もちろんイヤホンの類いは
してないし、右手に杖を持っているから、歩行速度もいつもより遅い。LEDラ
ンプも点していたけれど、何しろ死角だからお互い見えない。そして、プリウス
は静かだから、私が気付いた時にはもう目の前にいた。
 プリウスのドライバーは、自分の車が歩行者に対して危険な存在だという自覚
はないんだろうか? それとも、歩行者が避けて当然という奢った連中がプリウ
スに乗るんだろうか? ハイブリッド車になぜ騒音発生装置の搭載を義務づけな
いのか疑問です。事故を減らせるのに。

*帰宅後の夜。ティッシュを一箱使い切るような猛烈な鼻水と喉の痛み。昨日は、
このシーズン花粉が一番飛んだそうだけど、花粉症て喉にも来るのかしらん。風
邪程度なら良いけれど、今更インフルとかだったらやだなぁ。

*タブレット端末(WIN10)のDropboxがわやにorz。起動しなくなる。

>「指定されたモジュールが見つかりません」

 ググッたら、すぐ出て来た。どうやらOSが更新時に、「PYTHON27.DLL」なる
ドライバーを勝手に削除したことが原因らしい。
 ググって出て来たサイトの指示に従い、Dropboxのサイトから最新版を上書き
するも、全く状況改善せず。じゃあ、他のフォルダに残っているそのDLLをコ
ピーしちゃえば良いんだろう、と思って試したら、今度は別のエラーが出て駄目
に。ありがちなドツボへとまっしぐらorz。なら、なかなか消えてくれないとい
う、Dropboxの削除にチャレンジするしかあるまい、と思って、コンパネを開い
て削除を試みたら、マジで消えてくれないw。
 しかし何度かチャレンジして、削除できたと判断した所で、再度最新版をイン
ストール。
 ところが全く反応なし。ハードの起動時に一緒に起動してタスクバーに格納さ
れるはずが、起動しない。エラーも出ない。アプリの項目から起動を試みても、
砂時計が一瞬現れるだけで、Dropbox自体は全く起動せず。つまり、アンイス
トールしたつもりだけど、何かのゴミが残っていて、インストールが成功してい
ない、ということだろうと理解するけれど、現状、処置ナシという所。完全に煮詰まる。

※ 有料版おまけ アラスカのCH−47

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17046人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    24199人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事