時事・世論

大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

全て表示する >

大石英司の避難空港

2017/02/21

**
▲▽山城氏は保釈すべし▽▲

※ 山城議長の即時釈放を 県選出6国会議員が声明
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-446835.html

 これはそろそろ保釈した方が良いでしょう。破壊行為とは言え、所詮、政治犯
です。ただでさえ日本の人質司法は世界から批判されているのに、政治犯をこう
やって長期拘束すると、日本は中共並の後進国で独裁国家だという誤解を世界に
与えかねない。
 そもそも、逮捕したからには、その罪は速やかに法廷で争うべきであって、こ
んな露骨な嫌がらせを国家権力がすべきじゃないし、結局は、沖縄県民の反感を
買うだけでしょう。宣撫工作として決して洗練されたやり方じゃ無い。
 それ所か、植民地での硬軟合わせた露骨な飼い慣らし政策に見えてしまう。

※ 米国でささやかれ始めた“合法的クーデター”
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/012700108/022000008/?i_cid=nbpnbo_tp
*「スウェーデンでテロ」トランプ氏誤認また波紋
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170220-OYT1T50115.html?from=ytop_main3

 このスウェーデンの話は何なの? 誤読できるレベルを越えているでしょう。
ひょっとして、痴呆が始まったんじゃないの? 痴呆ということにすれば、その
合法的クーデターも不可能ではない。

※ 米中戦争の確率は「70%以上」 そのとき日本はどうすべきか
http://www.sankei.com/premium/news/170220/prm1702200006-n1.html

>日報に、大統領派と反大統領派の間で「戦闘」があったと記されていたが、政
策論争能力の乏しい野党は、この二文字のうっかりミスに噛み付いた。

 それはうっかりミスではないし、うっかりミスで済まされるような問題でもな
いでしょうがw。

※ 中国空母「遼寧」を大解剖…対米原子力空母「カール・ビンソン」では雲泥
の差か “鈍足”で強度も不十分とも
http://www.sankei.com/world/news/170220/wor1702200059-n1.html

 比較するようなものじゃないからw。ただ、あれはあれで良いのよ。単なる訓
練艦であり技術実証艦なんだから。われわれは、その次、また次に出てくるもの
を真剣に恐れるべき。

※ 米大統領補佐官にマクマスター氏 フリン氏の後任
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK21H08_R20C17A2000000/?dg=1&nf=1

 ちと残念。海軍出身者に就任して欲しかったのに。

※ ロシアのチュルキン国連大使、NYで執務中に急死
http://jp.reuters.com/article/russia-un-churkin-idJPKBN15Z260

 へぇ〜。どんなへまをしでかしたんだろう。

※ 「韓国と日本は切っても切れない関係…疎通が重要」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000001-cnippou-kr

 イルボンヌ、遠路はるばるようきて下さった! たいした手土産ももたせられ
んが、ささせめて、この少女像のフィギュアでも。土台は、見ての通り、独島を
デザインしたニダw。

※ 「歴史ツアーで日本の中・高校修学旅行団を誘致」忠清南道で観光商品を開発
http://japanese.joins.com/article/947/225947.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news

 修学旅行生がどこそこを訪れて日帝支配に涙して土下座……、みたいな過去に
あったらしい話を聞くと、正直、勘弁して欲しいですね。

※ 国有地売却「ただ同然」 土地浄化に約1億3千万円負担
http://www.asahi.com/articles/ASK2N63DNK2NPTIL02R.html?iref=comtop_8_01

>「地下にさらに大量のごみがある」という報告と購入希望の連絡があり、財務
局は同年6月、鑑定価格9億5600万円からごみ撤去費として見積もった8億
1900万円などを引いた1億3400万円で売却した。

 今焦点になっているのはここでしょう? 誰かが入れ知恵して、そういうテク
ニックを使えば、ただ同然で買えると指南した人間がいたんじゃないか? と囁
かれている。

※ くじ「BIG」で宇宙誕生レベルの奇跡が起こる 運営側「全くの偶然」 確率は
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000060-it_nlab-sci

「トワニング、事情はサパーリわからんが、それで当たりが出たのか出なかった
のか、戦果だけが問題なのでな……」

※ ハンヴィーにある米軍ファーストエイドキットを開けました
http://ascii.jp/elem/000/001/434/1434925/?rss

 止血バンドもチェストシールも入っていない。どういう代物なんだろう。

※ 革新もたらさなかったMSとIntel ノートPC市場の危機的状況に陥る
http://news.livedoor.com/article/detail/12698066/

 そもそも、パソコンを本当に必要としていた人々が、どのくらいいたかですよ
ね。仕事でその環境を必要としない個人のツールとしては、環境整備も何もいら
んスマホに優るものはないでしょう。

※ 「ニュートン」社長、雑誌発行が「社会的使命」 元社長逮捕で民事再生申請
http://www.j-cast.com/2017/02/20291099.html?p=all

 長男が中学に入ってから、欠かさず毎号買っています。書店にて。無くなると
困ります。ただ、本当に広告は少ないんですね。これで定価だけで儲けが出ると
はとても思えない。頑張って欲しいですが。

※ 流された男性を高校生が救助
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20170220-OYTNT50044.html?from=ycont_top_txt

 そんな仕事をしていい天気じゃなかったでしょうに。

※ 飼育のサル57頭を駆除 千葉の動物園、交雑種と判明で
http://www.asahi.com/articles/ASK2N4TC7K2NUDCB012.html?iref=comtop_favorite_01

 事実上の害獣扱いとはいえちと可哀想。

※ 中国国営電力会社、電線に引っかかったゴミを「火炎放射ドローン」で焼却
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1045168.html

 こんなことしたら電線が痛むでしょう。

※ 前日の空虚重量76.7キロ

 月曜、どうしても書店に行く用事があり、かつふくらはぎ用のサポーターも欲
しかったので、去年買ったハイキング用ステッキを持って外出。まさか、この杖
を街中で使う羽目になるとは思わなかった。でも、ハイキング中に起きなかった
のは幸いだった。山の中でこんなことが起こったら、ビバークでもして痛みが治
まるのを待つしか無い。
 しかし、松葉杖ほどの安定感はなく、酷い外出になるorz。まるで半身不随か
らのリハビリ中みたい。室内での移動も一苦労で、ぎっくり腰とはまた別のつら
さですね。
 ここにはあるだろうと思ったドラッグストアにも、ふくらはぎ用のサポーター
はなく、結局アマゾンで調達することになる。

 で、もうポケモン所じゃないから、でも一日一回はジム戦やってコインをゲッ
トしたいから、ノクチ駅のジムを占領しようと思ったら、そういう時に限って旗
は自軍。しばらく待っても誰も倒そうとしない。でもレベル3だから、5戦もや
ればレベル4に上がるかと思って地道にジム・レベルを上げ始めたら、最後の5
戦目を終えてジム・レベルが上がったところで、途端にCP2900のハピナス
を置いたバカがいる!orz。ちなみにジム戦は、自軍の旗色だと、まだ横取りが
出来る仕様が残っているんです。
 ふざけんなー! と思いつつ、2900越えと闘ったことが無かったので、試
しにチャレンジしてみたら、なんとなくカイリュー2体で勝てましたね。ただ、
効率は最低なので、最後は、レベル上げに必要な分だけ闘って一体置きましたが。
 今週末にも速攻、修正して欲しいけれど、たぶんナイアンティックは、こうな
ることを承知でやったんだろうな。なんでこんな嫌がらせをするんだろう。

*今朝は、昨日よりはだいぶ楽になりました。痛みはあるけれど、少なくとも室
内での移動は気にならないレベルまで収まっています。外出はまだ辛い。

※ 有料版おまけ 一極集中は極点化しつつある

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。