トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:2/13

**
▲▽左翼のなれの果て▽▲

※ 10〜12月の実質GDP、年率1.0%増 外需に伸び
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL13HQY_T10C17A2000000/?dg=1&nf=1

 下がるよりはましだけれど、今もたげてきたデフレ回帰の兆しをどう潰すかよね。

※ 「ゴルフ外交」、問われるタイミング 国際協調の視点を
http://www.asahi.com/articles/ASK2D25LCK2DUTFK002.html?iref=comtop_8_02

>このタイミングでゴルフに興じることが世界にどう受け止められるのか、首相
には熟慮してほしかった。
>ただ、トランプ氏は難民や中東

 はあw。お宅様が言う、「世界」というのは何処ですかぁ?w。
 全面講和の頃から全く進歩しとらん、アカピー新聞は。みんなと仲良くしまし
ょう! という学究委員長的なポジションが許されるような国じゃないでしょ
う? 日本は。そういう世界情勢でも無い。
 国際社会でそんな立ち位置にいるには核武装くらいしなきゃあかんのに。
 正直に言えば良いじゃん。アメリカは嫌いだ、米帝ポチはけしからん! それ
は論理ではなく、朝日のDNAであり社是だと。

※ 「安倍首相の勝利」「貿易不安」…欧米メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/12664240/

 ま、既存のメディアにとっては、誰にとっても気に入らない事実だよね。

※ トランプはなぜ韓国が好きで日本を嫌うのか?
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1486920907/-100

 これ、2ちゃんの翻訳記事しか存在しないので、2ちゃんのURLを貼ります
が、韓国人のメンタリティを良く表しています。
 ま、日本がトランプに嫌われているという希望は良い。どう考えたって、トラ
ンプが好きな国なんて自国以外存在しないんだから、相手が何処だろうと、それ
を言うのはナンセンスだと思うけれど。
 ただ、それにしても、トランプが韓国を好いているという妄想はいったいどこ
から生まれるのか? 大使も決まらないみたいだけど(決まったの?)、単に、
興味が無い、どうでも良い国扱いされているという現実を知ることはないのか?
 この連中は、この調子で、ひょっとしたら中国からも大事に扱われていると勘
違いしているんじゃなかろうか。

※ なめられる稲田大臣 自衛隊“制服組”の暴走は始まっている
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199423/

>制服組がマトモな情報を上げないことに尽きる。大臣にさえ、事実を歪める体
質は旧日本軍の大暴走を彷彿させる。

 よし!ゲンダイ。絶好調だぞ!(>_<)。
 うんなもん、背広組が、「聞きたくないから。解っているな? 聞きたくない
情報を上げんじゃないぞ?」と言っているのにそれ言っても仕方無いでしょう。
 そもそもが、組織ってのは何処でも、上は都合の良い情報しか聞きたくないんだから。

※ 上野千鶴子の移民発言が『予想以上に悲惨な展開を迎え』周囲は大爆笑。全
方位を敵に回している模様
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50494565.html

>上野千鶴子も福島みずほも、世代間の「不平等」には何もいわない。それは自
分が「持てる者」だからという以前に無知蒙昧だから。byノビー先生。

 老いた左翼が、もう女権の解放も革命も綺麗に捨て去り、その指導を仰ぎ、師
と崇めてきた連中に向かって、「あたしはもう満ち足りた老後に入ったから、あ
んたたちは、しっかりあたしの下の世話を見なさい」と命じる。
 そして下々の労働者は、え? 私たちの生活は? 革命は? と呆然と立ち尽
くすんだけど、そのリアルが偉大なる指導者にはもう見えない。指導者はそこま
で耄碌したのか? もちろんそんなわけはなくて、彼ら彼女らは、ただ自分が禄
を食む手段として彼らを利用しただけだった。

 彼女の本音は、左翼勢力に、かつての清水幾太郎の核武装論ほどの衝撃をもた
らすんじゃ無かろうか。
 左翼は、きちんと向き合わなきゃ駄目だよね。

※ 中3自殺でPTA総会「担任によるいじめ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00001864-cbcv-soci

 こんなに早く責任を認めるなんて珍しいけれど、要は、当事者が子供でなく、
行政側だからさっさと責任を認めて幕引きさせるということでしょうね。

※ 安倍晴明の子孫の墓ピンチ 京都、連絡取れず寺が供養
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170211000098

 諸行無常orz。までも、これから子孫を騙ってぼろ儲けを企む連中がわんさか
寄ってくるんだろうけれど。

※ 日本で「富裕層」世帯が急増!? 普通のサラリーマンでも実践できる資産
の増やし方
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/170213/ecc1702130625001-n1.htm

 スポンサー向けのステマだなw。起業はともかく(成功の確率は低い)、今時
投資で富裕層になるなんて無理でしょう。

※ 宇宙空間が青白く染まる。超高層雷放電「ブルージェット」をとらえた貴重
な映像(国際宇宙ステーション)
http://karapaia.com/archives/52233902.html

 これ、高い高度を飛ぶ航空機からも見えたりするんだけど、いずれにせよ、選
ばれた人間しか拝めない景色です。

※ JKタレント・井上咲楽の小池都知事批判を松本人志が絶賛
http://news.livedoor.com/article/detail/12663426/

>井上は「(小池都知事は)『都民ファースト』って言ってますけど、『小池フ
ァーストじゃないかな』と思ってて」

 凄い! 明日からワイドショーのひな壇に……、と思ったらなんで高校生がワ
イドショーでコメントとかしてんだろうw。

※ 清水富美加、肌の露出や低賃金不満…「死にたい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-01778224-nksports-ent

 露出の仕事は、それが芸能界ってもんだからなんとも思わないけれど(本音)、
給料5万円というのは、話半分に聞いても酷いし、こう立て続けに、タレントさ
んが逃げ出すとなると、マネージメントに難有りというか、奴隷扱いしているん
だろうな、としか思えない。

 相手が幸福の科学だから、カルトにはまって云々な話になりがちだけど、プロ
ダクションのあり方が議論されないのは不幸な話よね。水着の話だって、まじめ
な話、タレントの義務ではないわけだし(正論)。

※ 国歌のミスのあと、アメリカが1勝0敗でリード [フェド杯テニス]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00010012-tennisd-spo

 これ、日本だったら、何が流れるんだろう。何かの軍歌が相当するんだろうか。

※ 徳川宗家18代当主 徳川恒孝さん「大政奉還後も受け継がれた徳川の意志」
https://dot.asahi.com/wa/2017020900090.html

 フン!w。ただん親の仇、民族の仇やがね。

※ 前日の空虚重量76.0キロ

※ 有料版おまけ IKEA

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/27
    読者数:
    24232人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/27
    読者数:
    5539人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/21
    読者数:
    7056人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う