トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:2/12

**
▲▽君の名は▽▲

※ 北朝鮮、弾道ミサイル発射か 日本海向け「発射体」
http://www.asahi.com/articles/ASK2D2TTPK2DUHBI005.html?iref=comtop_8_01

 まあ、米帝の注意を引けるタイミングではありますね。

※ タイム誌が酷評 安倍首相はトランプに「へつらっている」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199415

 そんなこと言ったって、貴方が選んだ大統領でしょう? あんたたちが選んだ
大統領だよ。外国の指導者に拒否権があるとでも思っているのか。

※ 米当局者「最高裁に上訴せず」、入国制限で新たな大統領令検討
http://jp.reuters.com/article/usa-trump-immigration-idJPKBN15P2SG

 要は、負けは解っているから、大統領の権威を守ることを優先させたというこ
とでしょう。トランプの周囲は、それなりの策略家たちで纏められている。

※ 米中衝突のリスクを知るための3つの「T」
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8813

 人工島への接近阻止は、段階を追ってやって欲しいですね。というかやるべき。
ここから先は、国際社会は許さないというラインを明確に引くべきですよ。オバ
マにはそれが出来なかった。

※ 朝日新聞テヘラン支局長「またおなかが痛くなっちゃうのでは」 安倍晋三
首相をツイッターで中傷
http://www.sankei.com/politics/news/170211/plt1702110042-n1.html

 ウヨ産経も大人げない。でもこうして炎上したからには、それで覗きに来た、
ただのやじうまを、がっつり掴んで逃がさないようにするのが、炎上の副産物ですよ。

※ この国のかたち 3人の論者に聞く
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=435172&comment_sub_id=0&category_id=562

>平等に貧しくなろう 社会学者・東京大名誉教授 上野千鶴子さん

 年金とお気楽な文化人生活で幸せな余生が送れる人は、最後はこうなるわけね。
滑稽なお人だ。
 あんたたちブサヨは、こんなゲスな人間を持ち上げて、褒め称えていたんだぜw。

※ 海自潜水艦、5分で壊滅? 現実に起きかねない最悪のシナリオとは
http://news.livedoor.com/article/detail/12660685/

 こうやって煽るのは関心しない。それを言っても仕方無いでしょう。

※ ジャパンマリンユナイテッド社の試作車輌(次世代水陸両用車)!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/49450342.html

 完成品はもう少し洗練されたデザインになるんだろうけれど、にしても棺桶に
しか見えないw。

※ 無神論者が憂慮する“神なき社会”
http://vpoint.jp/world/eu/81816.html

 これはやはり正しい懸念よね。

※ 試合当日インフルエンザに罹り出場停止を余儀なくされた選手に無期限出場
停止処分が下される
https://togetter.com/li/1079058

 これは先月の出来事なのに、つい先日の新聞で知ってびっくりしました。こん
なことがあり得るのか? 労基署の出番でしょう。

※ 殺人事件で押収の血液付着の証拠品 誤って廃棄 北海道警
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170211/k10010873051000.html

 道警のことだから、意図ありと言われても仕方無いです罠。

※ 鹿児島:パナマ船籍のタンカー座礁 乗組員は全員救助
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0212m040022/

 あんなところで遭難とかしたら、鹿屋から飛ぶしか無いな、と思ったら、10
管から出ているのね。尖閣配備様々。

※ 500円以下のスマホ用ケーブルは買わないほうがいい
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1056544/020600060/?rt=nocnt

 そのアンカーのケーブルが、認証だろうが何だろうが、三日と持たずにもう3
本も連続で駄目になっているんですけれど。

※ カナダで不明男性、5年後に南米アマゾンで保護
https://jp.sputniknews.com/incidents/201702113330723/

 これは陸路なんだろうか。アメリカ国境は、北にしても南にしてもザルだけど、
中南米国境はどうやって越えたんだろう。

※ 元自衛官に聞く「自衛隊員を恋人にするべき3つのメリット」
http://sirabee.com/2017/02/11/20161063001/

 だそうですw。

※ スクープ! 千葉市上空に“100機もの”大群UFOが出現、撮影成功! やはり
千葉はUFOの聖地だった!!
http://tocana.jp/2017/02/post_12238_entry.html

 見えない、見えないw。

※ 「出家します」清水富美加が電撃引退!『幸福の科学』活動専念へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000503-sanspo-ent

 ええっ! どういう人か知らないけれど、そういうオチだったのかよ!

※ 前夜の空虚重量75.4キロ


 待たせたね!(^_^;)

 以下、ほどほどのネタバレを含むので、映画未見の方は注意して下さい。


※ 君の名は
http://www.kiminona.com/

 木曜の続き。「この世界の片隅に」が終わったのが、20時45分。ファミマ
へ降りてサンドウィッチとカフェオレを持ってTSUTAYA家電に。テーブル
前に立ったまま3分で食べる。ただし昼飯として。外は冷たい雨。再びシネコン
へと戻り、コーヒーを買って21時半開始のレイトショー。
 ちなみに、今週上映予定のペーパーを見たら、「この世界の片隅に」は、今週
も日に三度上映があるみたいです。
 何しろ、のんちゃんの、ちょっと脱力系の声に付き合った直後なので、プロの
発声に若干の違和感を覚える。ヒロインの声を当てている女優さんは、かごんま
のご出身です。順調にキャリアを積み重ねているようで、今後も活躍に期待します。
 彗星の軌道がどうのこうのと言われているけれど、冒頭の入射角は変w、それ
に着弾まであんな時間も掛からないでしょう。演出上仕方無いけれど。
 冒頭の30分は、正直退屈。われわれ後発観劇組は、ストーリーがだいたい頭
に入っているので、どうしても退屈になります。ただ映像は綺麗。山頂のカルデ
ラに向かう場面で、地上を鳥瞰している絵があって、太陽光の強烈なゴーストが
レンズに射し込むシーンが一瞬描かれるんだけど、その瞬間、レンズに発生する
ゴミまで再現している。
 ただ、私はアニメのことはよくわからないけれど、後半は、若干作画のレベル
が落ちたような気がする。前半の綿密な作画に慣れてしまって、そう感じたのか
も知れないけれど、後半、あれ? 緻密さが落ちているぞ、と感じたシーンがい
くつかありました。

 物語の舞台ですが、飛騨高山が出てくるけれど、明らかに諏訪ですよね。あん
な湖と、湖畔に発展した町なんて諏訪しかないでしょう。ただ、鉄路があって、
東京日帰りができるのに、「ど田舎! ど田舎!」連呼するのは、俺に喧嘩売っ
てんのか! ゴルウァと、時々叫びたくなったw。

 ストーリーに、さほどの意外性はありません。スタトレのタイム・パラドック
スものを全部見た上で、青春ラブコメを書けと言われたら、優れた脚本家ならこ
ういうのを書くでしょう。
 たぶん、私の世代は皆さん、尾道三部作を思い出すだろうけれど、わりと近い
のは、デニス・クエイドが主演した「オーロラの彼方へ」。あと、スタトレDS
9だったと思うけれど、亜空間通信でSOSが入って、助けに向かう。到着する
までの間、DS9のクルーが代わる代わる一生懸命励ますんだけど、遭難者が避
難した惑星の洞窟にやっとたどり着いたら、とっくに骸骨になっていた。つまり
亜空間の悪戯で、過去の人物と話していたというエピソードがありました。
 入れ替わりに関しては、スターゲイト・アトランティスで、特殊な石ころに触
ることで、亜空間を越えて、人間が、思考だけ入れ替わるというアイテムが登場
します。これは後に、スターゲイト・ユニバース(日本未放映)で、正式な通信
手段として登場する。

 中盤になってから、オチはどうするんだろう、と気になり始めるわけですが、
町を救う場面に関して、父親である町長を説得する所は、もう一ひねり何か欲し
かったな、という思いを抱いた。あそこはちょっと消化不良でした。
 あとやっぱり、青年が、記憶にあるその町の様子を必死に描きながら、あんな
大災害に見舞われた町を知らないというのは変だと思う。あそこの設定はちょっ
と無理よ。
 ラストに向けては、まさにラジオドラマの「君の名は」状態で、あれはあれで
凄く良かった。あの階段はどこよ!(四谷の須賀神社)。聖地訪問したいと初め
て思った。
 歌は、正直、アニメを見るまではどうかなと思っていたけれど、今はつべで漁
っていますw。どれも良い歌!(^_^;)。
 普通に泣ける良いアニメです。中韓&台湾では受けるかも知れないけれど、欧
米で受けるアニメじゃないですね。そもそも、SF設定にしてからが、どう考え
ても、本家欧米ものからの借用だから。
 「この世界の片隅に」とどっちが良かったか? どっちを薦めるか? 諦めて
両方見なさいw。傑作時代小説と、至高のSF作品を比較するようなもので、無
意味で無理です。
 でも正直に言いましょう。私の記憶から、あの名場面が消えないうちに、せめ
てもう一回、「君の名は」を観に行きたい!

 日付を跨いで、霧雨の二子橋を歩いて帰宅する。別に長生きしたいとは思わな
いし、それが全てだとも思わないけれど、優れた映像作品を満喫した後は、今日
という日を生きていて本当に幸せだった! とつくづく思う。
 日本のアニメ界には、世界に誇れる優れたクリエーターが大勢いる。この日本
の、最高の財産です。われわれが育んだ文化です。惜しむらくは、現場の下の方
まで、きちんと食えるような収益構造にして欲しいと思います。

※ Kimi no Na wa.『君の名は。』Official MV−Sparkle 
https://www.youtube.com/watch?v=e3Ze62AL9r0
*RADWIMPS/なんでもないや(映画『君の名は。』主題歌)cover by 宇野悠人 
https://www.youtube.com/watch?v=EeRwJsjyoZs
(↑これはなぜかオフィシャルがない)

*予告編。「サバイバル・ファミリー」は面白そうですね。あと、将棋の映画が
また作られたみたいですが、しかも前後編での公開。これ凄いですよ! もう全
編これ、絶叫! また絶叫! 大絶叫大会。もう役者が全員、どんだけ絶叫して
アピールできるかを競っている。ひょっとして、日本の邦画監督さんて、皆さん、
難聴で耳が遠いの?w。あとチアガールの映画ですかぁ? 私が最近お気に入り
のドコモのCMに出ているハーフな人が出ているみたいで(なぜイメビDVDを
出さない!)、ちょっと期待してます。
*しかし、SODはなんで「君の縄」を出さないんだろう。格好のテーマだと思
うけどなぁw。そういうタイトルのAVが過去に出ていることは知ってますけれど。

※ 有料版おまけ 日本で立てこもるに適した場所

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13240人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7041人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事