トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:2/11

**
▲▽日米首脳会談▽▲

※ トランプ氏「米軍を受け入れてくださり感謝」 首脳会談
http://www.asahi.com/articles/ASK2B6JQ1K2BUTFK01H.html?iref=comtop_8_01
*日米首脳会談終え 両首脳が共同記者会見
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170211/k10010872601000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
*内容薄でも「日米首脳会談」が超重要な理由
http://toyokeizai.net/articles/-/157960

 良かったんじゃないですか。大成功。120点くらい上げて良いでしょう。日
本としては、満額回答を得たと言って良い。この訪米は、国の内外からフルボッ
コされているトランプに花を持たせて、「太平洋の同盟者たる日本は、エゲレス
と違って、新大統領に敬意を払います。だから安心して下さい」。と告げる旅で
す。
 ゴルフも接待と割切って、気前よくトランプに勝たせてやれば良い。

 この後、トランプはまたチクチク日本をいびったりするんだろうけれど、気に
しないことですよ。

※ 日米首脳、尖閣への安保条約5条適用を確認
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170211-OYT1T50004.html?from=ytop_top
*「尖閣安保適用」は米のリップサービス
http://japan-indepth.jp/?p=32966

 長島議員@民進党が、まるでストーカーみたいだ、と批判していますが、全く
同感です。この辺りで止めとかないと、この連中には統治能力がないのか? と
トランプ政権の不審を招くことになる。

※ 中国「褒めたたえたい」…米「一つの中国」維持
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170210-OYT1T50174.html?from=ytop_main5
* トランプが習近平に親書 日米会談直前で狂った安倍シナリオ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199291

>そもそも、中国をワル者にすることでトランプの歓心を買う戦略が正しかった
のかどうか。選挙中、トランプは中国を激しく攻撃していたが、就任後はほとん
ど口にしなくなっている。

 そうだ! ゲンダイ! そこが敵の弱点だぞ(>_<)。
 外交当局にとっては、そんなことはとっくにお見通しな話で、そもそも日本外
交には、ニクソン・ショックのトラウマがあるのに、新大統領が中共を罵ったか
らと言って、真に受けるはずもないでしょう。

 でトランプが、日米会談直前に、北京に歩み拠ったのは、むしろ良い傾向です
よ。中国経済の減速は、誰も得しない。それを考えると、日本にとっても台湾に
とっても、トランプがそこまで歩み寄ったのは、是とすべきことです。しかもト
ランプは、2歩も3歩も歩み出た上での融和姿勢だから、少なくとも台湾政策を
巡っては、オバマより自由に動けるでしょう。それは南沙や尖閣を巡る問題でもそうです。

※ 慰安婦像問題について、安倍総理が韓国に冷ややかな理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00001210-bunshun-int

 これは駄目よ。阿比留さんの記事だから仕方無いけれど、外交てのは単なる二
国間関係じゃなく、近隣諸国との関係も絡んで来るわけで、個人的には、あいつ
ら放っておけ! と思うけれど、政府の当事者が、そうやって投げ出すのは良く
無い。
 そもそも、アメリカにとって、日韓関係はどうでも良いとは言え、キャンキャ
ン吠え立てる韓国が黙ってくれるわけでもない。それをトランプ政権が無視する
保証も無い。
 急ぐ必要はないし、弾劾裁判や、次期大統領のことも睨んで、落とし所を探る
努力はするしかない。要は、今それを急ぐ必要は全く無いというだけです。

※ トランプの「迷言女王」コンウェイ、イバンカの服宣伝で叱られる
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-6946.php

 この人、最高!w。トランプ政権は、そこいら中に被害担当艦がいる。

※ 東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50947

 私は彼のことを一切支持しないけれど、この問題は、彼の言い分が正しいでし
ょう。社の報道姿勢とか社説とか持ち出したのは明らかに会社側のミスだった。
 ただ、そうは言っても、会社としての立場はあるw。現地メディアとの協力関
係は、そら仕方無いでしょう。まさに大人の事情。

※ 松本伊代の線路立ち入り書類送検で、フジテレビの“炎上商法”に他局が激
怒!「ヒロミの独占コメントを……」
http://www.cyzo.com/2017/02/post_31480_entry.html

 アホらしい。本当に司法コストの無駄遣い。こんなことで警察がいちいち動か
なきゃならないから、お巡りさんは、人権とか学ぶ機会はないし、重大事件を追
う暇も無くなる。

※ 「Nスぺは小保方氏の人権侵害」 BPO勧告、NHKは異例の反論
http://www.j-cast.com/2017/02/10290333.html?p=all

 だから警察に委ねるべきだったんだよね。あれだけ大騒ぎして、自殺者まで出
して、単なるミスでした、で済まないでしょう。

※ ロッキード・マーティン、LM−100Jスーパーハーキュリーズをロールアウト
http://flyteam.jp/news/article/75356

 なんで、今まで民間バージョンが無かったんだろう。それなりに需要があると
思うけれど、軍の払い下げで十分間に合っていたということだろうか。

※ 中国版エアフォースワン、年内にも就役か 苦心の専用機計画は米国製をドイツで改造
http://www.sankei.com/premium/news/170210/prm1702100001-n1.html

>ドイツの工場で約一年をかけて改造し

 これが武器輸出に該当しないって変なの。

※ アメリカ人はなぜフェイクニュースとファクトを見極められないのか?【町
山智浩インタビュー】
https://nikkan-spa.jp/1286388

>大統領選終盤に投じた『ヒラリーがパーキンソン病』というスクープです。完
全なフェイク・ニュースでしたが、

 今頃になって盛んにフェイクニュースだったと言われているけれど、本当にそ
うだったの?

※ 30代女性が食中毒 アニサキス症 茨城・つくばみらい市
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000523-san-soci

>つくばみらい市の30代女性が6日につくば市高見原

 チェーン店らしいのに、なんでそんなものを出したんだろう。ところで、「つ
くば市」と「つくばみらい市」って、凄く紛らわしいんですけれどw、県民は気
にしてないの?

※ J放送「DAZN」、苦戦中か。ドコモと協業も伸び悩む加入者。競争も激化
https://www.footballchannel.jp/2017/02/09/post197331/

>100万人が加入しなければ放映権料をペイできない。

 絶対無理じゃん。スカパーに泣きついてくるのは時間の問題でしょう。

※ 「iPhone 8」は、やはり無線充電対応──KGI予測
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/10/news090.html

 とんでもない価格になるという噂だけど、これが原因なの? モバイルバッテ
リーとか凄く使い辛くなるけれど。従来のコネクタ経由充電は当然残されると考
えて良いんだろうか。

※ 消防署の24時間受け付け、廃止含め見直し勧告
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170208-OYT1T50035.html?from=ytop_ylist

 無駄だよね。人的リソースの無駄遣い。

※ チャレンジャー号でオニヅカ飛行士とともに宇宙を目指したサッカーボール、
30年を経てついに宇宙へ
http://gigazine.net/news/20170210-iss-soccer-ball-space-shuttle-challenger/

 へぇ〜。でもボールは、どういうルートで宇宙に運ばれたんだろう。宇宙飛行
士と一緒に上がったとも思えないし、エアの品質管理もあるだろうから、膨らん
だままの状態で上がったとも思えないし。

※ タクシーで受験生送ったJR北海道が炎上 地元民も賛否
http://www.news-postseven.com/archives/20170210_492199.html

 この程度のことなら良いんじゃ無いの?

※ 致死性不整脈とは?AEDで救命成功も アイドル急死
http://www.asahi.com/articles/ASK2B6TKFK2BULBJ016.html?iref=comtop_8_08

 までも、各家庭にそれを装備するわけにもいかないし、必ずその瞬間、誰かが
居合わせて症状に気付くとも解らないし。

※ 若き西郷隆盛に学ぶ、折れた心を情熱に変える法
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122600033/020600004/

 そうだったのか! てっきり二人はホモダチだと思っていたのに(>_<)。
て、西郷の入水未遂は、演出ですよ。たぶん藩主へのある種の示し。このように
自決を試みましたが、運悪く助かったので、ご容赦下さいとの。

※ 1066年から2014年まで約10世紀分のイギリス軍兵士の戦闘装備をずらっと並
べた一覧画像
http://dailynewsagency.com/2017/02/10/inventories-of-war-soldiers-kit-xdf/

 以前にも似たような記事をどこかで見た記憶があるけれど、メモメモ。

※ 脊髄損傷、iPSで治療
https://this.kiji.is/202707698812978683

 急げ急げ!

※ がん、高治癒率の民間療法から見えてきた「真菌」との深い関係性
http://biz-journal.jp/2017/02/post_17981.html

 このライターさんは、神秘系の記事を一杯書いてらっしゃるけれど、こんなサ
イトに載せて良いんだろうか? ウイルス性の肝炎から進行する肝がんとか説明
できないでしょう。

※ 芦田愛菜、超名門私立中に合格 昨夏から芸能活動セーブで1日12時間の猛勉強
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000002-dal-ent

>偏差値70を超える首都圏では最難関校の一つ

 へぇ〜。女子の方は全く解らないけれど、具体的に校名を言っちゃっているよ
うなものですよね。

※ 八ケ岳で早大生2人が50メートル滑落 1人意識なしか
http://www.sankei.com/affairs/news/170210/afr1702100042-n1.html

 八ヶ岳はワンゲル部の冬山訓練によく使われるけれど、ここ数日は、登って良
い天気じゃないでしょう。

※ グーグルの人工知能、今度は「モザイク画像の被写体を特定」する
http://www.sankei.com/wired/news/170210/wir1702100001-n1.html

 にっぽんが誇るAVモザイク復元うんちゃらに比べれば、ほんの子供だましよw。

※ 「アンヌ隊員の服はピチピチで…」「最終回は…」ひし美ゆり子さんのウル
トラセブン秘話
http://www.sankei.com/premium/news/170211/prm1702110018-n1.html

 時々、話がネトウヨ方向にぶれるw。ちなみに私は良い子だったので、プレイ
ガールなんて全く知りません。辛うじて、キャシー中島を記憶している。

※ 前日の空虚重量75.9キロ

 昨夜から喉が痛い。インフルの兆候かしらんorz。

※ 有料版おまけ 毎日27本上映

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    24233人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    5540人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    7055人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う