トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:2/3

**
▲▽抱き合う二人▽▲

※ 日米首脳、大統領専用機で移動
https://this.kiji.is/199843324787410426?c=39550187727945729

 一緒にゴルフという話を聞いた瞬間、ガンダムのあのシーンが目に浮かびまし
たよ。レビル将軍が、「つらいのだな、ジオンも……」というあのシーンw。
 恐らく、内外のメディアから、ヒットラーの宣伝に手を貸すのか? みたいな
批判を受けるだろうけれど、ここは割切って、「話が解るのは、日本の安倍だけ
だ」という状況を演出しても良いでしょう。
 何しろ、何もなければ、これから4年間、ひょっとしたら8年間、彼の政権が
続くわけで、残念ながら、我が国が置かれた状況は、けしからん大統領だから距
離を取るべきだ、というえり好みは出来ない。
 今は、煽てて歓心を買える最高のチャンスです。

 そもそも、世界的にもメディア的にも総スカンを食らっているけど、彼は現状
では、正当な合衆国大統領です。ロシアの関与が証明されない限り。そうである
限りは、少なくとも一国の指導者は敬意を払わねばならない。仮に時代が20世
紀中盤であったとしても、ヒットラーが民主的手続きを経て選ばれた以上、指導
者は敬意を払わねばならいことと同じです。

※ 公的年金、米インフラに投資 首脳会談で提案へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5E_R00C17A2MM8000/

 アメリカへの投資なら戻ってくるだろうから、それは良いんだけど、雇用創出
という話になると、ちょっと違うんでないの? 日米ともに完全雇用に近い状態
で、それをやったら、その労働力として、メキシコ人をかき集める必要が生じる
でしょう。

※ トランプ氏、豪首相に暴言連発=電話会談、険悪な雰囲気
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000080-jij-n_ame

 これは駄目よw。もう喧嘩売っているとしか思えない。こういうことをやらか
すから、オージーは外交センスが無いと批判されるのよ。

※ 韓国大嘘教科書に「慰安婦の集団虐殺」 野上副長官駐韓大使「無期限待機」認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000001-ykf-int

 日本側の報道が不十分でよくわからないんだけど、「集団虐殺」というからに
は、その教科書には、いつどこで起こった事件か明記されているんじゃないの?
 そういう5W1Hも全くなしに、ただ虐殺があったと書かれているんだろうか。

※ MXテレビ前では抗議活動 「産経新聞ですが」に参加者は…
http://www.sankei.com/life/news/170202/lif1702020036-n1.html
*東京新聞「深く反省」 副主幹司会「ニュース女子」問題
http://www.asahi.com/articles/ASK222GSQK22UTIL002.html

>「産経新聞ですが」と話を聞こうとしたところ、「右翼新聞だからダメだ」と断られた。

 よう言うた! それでこそプロ市民だ!(>_<)
 でも、この東京新聞の反省記事って、変だよねw。東京新聞は、その番組のス
ポンサーなの? あるいはMXテレビに資本を出しているとか?
 その司会者が、たまたま東京新聞の幹部だったから、土下座しているわけ?
 東京新聞と言えば、朝日より遙かに左な所がセールスポイントで、でも一方で、
長谷川幸洋なんて男もいて保守なことも言ってますから、というのがアリバイ証
明というか、そこに存在価値があったわけでしょう。
 なのに、反省とか言いながら、本人は出てこないし、処分するわけでもない。
こういうことになったから、辞表を書いて出て行け、ということでしょう。私は、
彼のことを全く評価していないからどうでも良いけれど、奇妙な展開だと言わざ
るを得ない。

※ 中国嫌いが災い、AIIBを巡る世界の流れに日本は乗り遅れた
http://diamond.jp/articles/-/116378

 これは変な論説ですよね。「バスに乗り遅れるな!」というメッセージは伝わ
ってくるけれど、肝心の、なぜそのバスに乗らなければならないのか? そのバ
スが何処行きなのかの話は一切無い。
 せめて、日本が参加しないことで、何を損するのかくらい教えて欲しいけれど。

※ シリア難民、300人規模で受け入れへ 政府、定住に道
http://www.asahi.com/articles/ASK225HLZK22UTFK00R.html

 これは去年検討された、日本語学科の学生を緊急避難的に受け入れる方策を拡
大したものでしょう。どんどんやれば良い。で定住して貰うもよし。ほとんどは、
日本を足がかりにして欧米へ旅立つだろうけれど、次の世代からジョブスが生ま
れることでしょう。

※ 稲田防衛相の答弁「長い」、衆院予算委員長が打ち切り
http://www.sankei.com/politics/news/170202/plt1702020013-n1.html

 何がやりたかったのかよくわからない。単に時間を消費するためとも思えないけれど。

※ 蓮舫氏が稲田防衛相イジメ 10年前の発言記事朗読を強要 知らないよ、
またブーメランになっても…
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170201/plt1702011130001-n1.htm

 民進党の執行部は、こういう行為が、国民に受けると思っているんです。実際、
コアな支持層には受ける。ウヨ防衛相の正体を暴いてやったぞと! でも、その
支持層の外にいる圧倒的マジョリティの国民からどう見られるかなんて全く気に
もとめていない。
 貧すれば鈍す。大衆政党たることを捨て、支持者受けしか考え無くなったのが、
今の民進党執行部です。

※ 震災遺児の財産6680万円横領、元後見人の叔父に懲役6年 仙台地裁判決
http://www.sankei.com/affairs/news/170202/afr1702020024-n1.html

>懲役6年(求刑懲役10年)の判決

 世間は、遺児に遺されたその金額の大きさに目を向けがちだけど、この10年
の求刑が、6掛けになる理由って何なの? 銃殺刑で構わないじゃん。亡くなっ
た親は恨みを晴らせないのに。これで司法が機能したと言えるのか!
 彼がすったお金はどうせ一銭も戻って来やしない。首からダンボールを提げて、
避難所の体育館を巡って行方不明の親を捜し歩いていたという少年の将来に、い
ったい誰が責任を取ってくれるの? これが近代司法がやることなのか?

※ 三菱航空機社長に水谷氏 MRJ商用化へ背水の陣
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ02HBL_S7A200C1000000/?dg=1

>三菱重工で防衛・宇宙事業のトップを務める。

 マスなメディアはみんなヨイショしているけれど、なぜこの人が抜擢されたか
と言えば、三菱グループの中で、唯一無傷だったからでしょう? 防衛・宇宙事
業なんて、官需頼みだから転けようがない(最近イージス艦の受注を逃したのは、
あれは三菱の責任ではないらしいけれど)。
 これで状況が好転するとはとても思えない。

※ 防衛省、救難飛行艇「US2」後継機の検討本格化 低価格で輸出促進目指す
http://www.sankei.com/politics/news/170203/plt1702030004-n1.html

 そもそも新明和に売る気が無いのに。どうするんだろう。双発に切り替えるな
ら、少しは市場もあるけれど。

※ 給食の白玉で窒息「予見できず」
https://this.kiji.is/199809854878418428?c=39546741839462401

 それが家庭ならともかく、成長度に開きが大きい小学校低学年で、白玉とか餅
とか出して良いとは思えない。

※ 恵方巻で悲鳴 過酷な販売ノルマに苦しむ実態
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170202/k10010862671000.html

 これは、コンビニのビジネス全体を包括する規制法を作るべき時期が来たとい
うことでしょう。

※ 音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
http://www.asahi.com/articles/ASK213QYXK21UCVL00P.html

 まるでNHKみたいなモンスター。滓ラックが勝手にそれをやって良いんなら、
われわれだって図書館に著作権料を求めたいですよ。

※ 橋下徹氏の敗訴確定
http://jp.reuters.com/article/idJP2017020201001576

 恐らく裁判としての判断は、診断もしてないのに、それを書かれても世間が真
に受けるわけではない、という部分でしょう。

※ 事情聴取中に救急搬送され死亡、愛知県などに賠償命令
http://www.asahi.com/articles/ASK22555ZK22UTPB00K.html?iref=comtop_8_05

>細矢裁判長は「タオルを挿入されたことで窒息し、

 この人たちは、SMの便利グッズとか知らないんだろうか。そもそも救急隊員
が、口を塞いだらアウトだという知識を持っていないのは問題よね。
 人間は興奮すると過呼吸になりがちで、そこで口を塞がれると、窒息死へまっ
しぐらですよ。

※ 筒井康隆氏「日本でも早く安楽死法案通してもらいたい」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2621802?news_ref=top_latest

 いかにも筒井さんらしい発想だけど、あのお年になっても切れる頭をキープで
きるって、凄いよね。羨ましい。

※ 滑り台で首に縄跳び絡まり女児死亡 消費者庁が注意喚起
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000085-asahi-soci

 あ〜あ。滑り台ももう消えるのか……。

※ アメリカ人に「そっちではサークルクラッシャーのことなんて言うの?」っ
て聞いたら超納得の答えが帰ってきた
https://togetter.com/li/1077059

 ワロタw。でも私ら以降の世代には通じないんじゃないの?

※ 冬の荒川でウナギが釣れた!→塩焼きにして食べてみたところ…
https://togetter.com/li/1077145

 美味しそうだね。正直、ウナギだけは養殖と天然物は別だと思っている。

※ タイ人女性が日本で意識不明、高額医療費に支援の輪広がる
http://www.thaich.net/news/20170201jj.htm

 お前らさん、出番です!

※ 前日の空虚重量77.0キロ

 木曜、定期検診。HbA1c6.5h、TG166h、Hb13.6L、Ht
40.2L。珍しく血糖値がセーフゾーンに収まった。
 本当は火曜日の予定だったのに、行けなかったから予約を変えて貰おうと思っ
たら、当分無理だから主治医がいる日に飛び込みで来て下さい。ただし相当待つ
ことになりますが……。ということで出かけたら、10時前に採血して、診察は
13時orz。
 別に待たされるのは良い。覚悟して出かけたから。ところが、自分がいつ呼ば
れるか解らないから、診察室の前で、3時間待っているわけ。毎分、番号が出る
モニターをちらちら見上げながら。
 一番最後に回されることが解っていれば、他の診療科を回るなり、外で用事を
片付けるなり出来るじゃないですか?。なんで総合病院て、なんでその程度の
サービスも出来ないんだろう。未だに公衆無線LANすらないし。
 そのせいで、病院を全部回りきれず。

※ 有料版おまけ 偽陰性

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    24233人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/29
    読者数:
    5540人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    7055人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事