トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:1/10

**
▲▽ハリウッドの良識▽▲

 生活リズム修正フェーズに入ったので、今週いっぱい、ブログ&メルマガは、
寝る前の、早朝のタイマーセット更新になります。

※ ストリープさん、トランプ氏非難=受賞スピーチで「軽蔑と暴力生む」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010900310&g=int

 凄いスピーチだった! もう、まるで映画のワンシーンを見ているような、彼
女がこれまで演じてきただろうあらゆる演技やキャラクターを超越した、メリ
ル・ストリープという、ハリウッドのガラスの天井に挑戦し続けた鉄人の魂の叫
びを見るようだった。
 ハリウッドの歴史に残る名演説になったことでしょう。

※ 中国軍機8機が対馬海峡往復、空自スクランブル
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170109-OYT1T50083.html?from=ytop_main2

 正月のあれを考えれば、全くの想定内でしょう。こちらの祝日や休暇を狙って
嫌がらせしてくる。尖閣問題が発生してからずっとそうだったじゃん。

※ 個人消費が伸びない原因分析と対応必要 榊原氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000007-economic-bus_all

 今頃、何言ってんの! そんなの、官邸に乗り込んで、「いくら賃上げしたと
ころで、政府が中抜きしていくから、ちっとも景気が良くならん! ベンチがア
ホやから勝てん!」とバカ総理を面罵してやればいいだろうに。

※ 韓国メディア「日本は謝罪と反省を」少女像設置問題で猛反発
http://www.hochi.co.jp/topics/20170109-OHT1T50158.html
*[ニュース分析]「屈服か、外交戦争か」二者択一を強要する日本
http://japan.hani.co.kr/arti/international/26174.html

>問題は、韓国の次期政権が全面対決を選んでも、韓国の勝算は高くない点だ。

 これはその通りで、日本側としては、もう何もすべきことはない。一方で、慰
安婦像を撤去するという行為は、韓国政府にとって更にハードルが高い作業にな
ってしまったことは事実です。
 客観的に見て、有利なのは日本に違いない。韓国側には、撤去するかしないか
の選択肢しかないんだから。
 ただ、変数として、トランプ政権の出方がある。トランプ政権として、合意事
項に、慰安婦像の撤去を入れなかったのは日本側のミスだから(実際には、オバ
マ政権の主導だったかも知れないけど)、そういう些細なことには目をつぶって、
これで決着したことにしろ、と言ってくる可能性はあるでしょう。
 韓国側は韓国側で、それで勝利を手にしたら、反日運動も慰安婦像の建設も従
来通りで、日本国内では、あの合意は何だったの? ということになるだろうけ
れど、その頃にはさすがに安倍政権も退陣した後でしょう。日本は韓国より高い
位置でライトセーバーを握っているけれど、ダーク・シディアスは、いつでもワ
イルドカードを投げ込める。

 で、こういうことは当然、韓国の、今誰が指揮しているのか解らないけれど、
政権内部や、後の新政権にしたところで、必ず思いつくわけで、韓国にとっての
脱出路は、どうやって、トランプの歓心を買い、彼に、韓国の顔を立て、日本の
面子を潰す形での再決着を図るか? に懸かっている。

※ 「民衆革命」は軍事クーデターを呼んだ
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/010600086/

 来年の今頃の韓国政治を想像すると気が重いですね。どんな指導者も、たちま
ちメッキがはげて、頼みの反日パフォーマンスもたいして支持率を上げることも
なく、中朝へすり寄っていくようなら、アメリカも軍事クーデターを黙認するで
しょう。
 ただ、クーデターを起こして、新聞やテレビの報道をコントロールすることは
出来ても、今更韓国で、ネットは抑えられないですよね。北京ですら、そのコン
トロールに苦労しているのに。

※ トランプの宿敵NYタイムズを保守派の重鎮が猛批判
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48866

 正直、この新聞には消えて欲しい。

※ 安倍政権を賑わす「物価水準の財政理論」とは
http://toyokeizai.net/articles/-/152779

>「物価水準の財政理論」である。通貨価値の安定は、中央銀行の使命だが、そ
の価値の裏付けは国家権力にある。国家権力が経済的にその価値を維持するには、

 日本の場合、政府とか国家への信認があまりにも厚すぎることが、こういう状
況を招いたということですよね。

※ アトピー性皮膚炎、かゆみの仕組み判明 根本治療へ
http://www.asahi.com/articles/ASK174T4KK17TIPE00X.html?iref=comtop_8_02

 事実なら画期的なニュースになるけれど。

※ 「右寄りTV番組」スポンサーでDHCに不買運動
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00010000-alterna-soci

 別に良いじゃん。そもそもMXテレビには、右左の思想性なんてないでしょう。
つい昨日まで嘘杉さんがキャスターやって、放射能な番組を垂れ流していたくら
いのノンポリな局なんだから。

 ただ、私が気になったのは、その交通費込みで5万円の日当というか報酬です
か? もともとの出所です。プロ市民団体って、別に金が唸っているわけじゃな
い。そうそうカンパだけじゃ賄えない。5万円は大金ですよ。それがもとはどこ
から出たお金なのかを探ったら、面白い話が出てくると思いますよ。

※ 高梨沙羅 レジェンド葛西を憤慨させた「写真撮影拒否」事件
http://www.asagei.com/73175

 プロダクションがしのごのと書いてあるけれど、明らかに競技団体の指導力の
問題でしょう。そっちは叩けないから、プロダクションのせいにしている。

※ 米百貨店大手のシアーズ、全店舗の閉鎖を決定
http://business.newsln.jp/news/201701090456250000.html

 これって本当のニュースだろうか。ひょっとしたら、アマゾンの一人勝ちでウ
ォルマートが傾くようなことだって起こるんだろうか。

※ 【ガチ滅亡論】やはり地球は氷河期に向かっていることが最新科学で判明! 
ある日突然、『デイ・アフター・トゥモロー』状態に!
http://tocana.jp/2017/01/post_11959_entry.html

>「大西洋子午線逆転循環(AMOC)」の働きが、“常に安定している”という過
度なバイアスがかかったうえでの計算によって作成されたもの

 そこは認めるけれど、少なくとも、明日急にはありえない。たぶん最低でも数
百年は掛かる。

※ TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』公式サイト
http://anime-eupho.com/

 やっと最終回を見る。いやぁ、良いドラマだったじゃん!(^_^;)。おっちゃん、
ちょっと感動した。毎日、腹筋50回腕立て伏せ50回やらされてユーホを吹い
ていた身の上としては、ケッ!w、と思いながら見ていたけれど。第一期のDV
Dを借りちゃおうかな。

※ 前日の空虚重量76.7キロ

※ 有料版おまけ 二重窓

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24333人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事