トップ > ニュース&情報 > 時事・世論 > 大石英司の避難空港

作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大石英司の避難空港

発行日:1/5

**
▲▽霞を食って生きるべし▽▲

 更新が遅くなりました。正月明けはだいたいニュースは減るのですが、ネット
ニュースが、新聞社のサイト等を含めて、頁ビューを落としたくないばかりに、
正月だからと気を抜かずに、全然ニュースが減らないんですね。

※ 経済成長は永遠なのか 「この200年、むしろ例外」
http://www.asahi.com/articles/ASJDY5DR2JDYULZU005.html
*「経済成長はむしろ例外」と脱成長を説く朝日新聞・原真人編集委員とそれへの突っ込み
https://togetter.com/li/1067085

 は?w。あのアフロヘアのおばさんといい、まるで霞でも食っていそうな記者
が屯ろするアカピーですがw。
 それ言うなら、新聞の宅配なんてたかだか百年の歴史しかない。むしろ例外な
ことだから、宅配止めますか? 民主主義の歴史なんて……。
 定年退職しても左内輪な年金暮らしが約束された連中は、新聞記者なんかすべ
きじゃないと思う。

※ 民進・野田氏「既に水中に沈んでいる」と危機感
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170104-OYT1T50083.html?from=tw

 この人の消費税と解散で、有能な民主党議員の多くが、落選し、あるいは党を
離れて塗炭の苦しみを今も味わっているのに、執行部は、まるで追い詰められた
革命運動のように、どんどん先鋭化し、その度に支持者も減らしている。この次
は、自己批判のリンチ事件でも起こして自滅するんだろうか。

※ 小池新党“40人擁立”は本当か 狙いは都議会自民の分裂加速
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/196896

 維新の二の舞ですよ。今はマスゴミが護送船団で守ってくれているけれど、ご
本人は統治能力ゼロだし。できあがった党は劣化維新だとすぐばれるでしょう。

※ 単純な「答え」に群がる人々 まとめサイトだけ信じ批判
http://www.asahi.com/articles/ASJDT61KCJDTUCVL00T.html

 朝日にそれを言う資格があるとととても思えないぞw。放射能な記事といい、
防衛問題といい、いつもいつも、単純な答えばかりに飛びついてきたのはどこのどなた?

※ 2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは
http://bylines.news.yahoo.co.jp/komazakihiroki/20170104-00066222/

 一つ一つ片付けて行かなければならない問題だけど、一番簡単で、すぐやるべ
きことは、別れた父親から取り立てることですよ。
 何なら、今ある金銭的補助を全部廃止して、その予算で、男から取り立てるシ
ステムの構築に充ててもいい。払えないなら国が一時的に立て替えてローン返済
ね。
 行政は、父親が亡くなったとか、病気で働けないなどの家庭にのみ注力すれば
良い。いくら子供に罪はないと言っても、予算は有限なんだから、きちんと責任
を履行させないと。

※ 経済成長による人件費高騰でオーストラリア経済を圧迫 維持に向け正念場
http://news.livedoor.com/article/detail/12495315/

 裏山鹿よね! 皆さん、これが日本の外で起こっていたことなんです。日本経
済がいかに駄目駄目だったか。

※ [FT]EU離脱・トランプは外したが…2017年を占う 
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11291600U7A100C1000000/?dg=1

 どれをとっても全く無難な占いでつまらない。

※ 北京から帰国時に私の給与口座は「資産凍結」された 嫌がらせか、外貨流
出阻止か 「改革開放は終わった」
http://www.sankei.com/premium/news/161231/prm1612310032-n1.html
*中国の報復と対米貿易戦争で、在中外資企業が巻き添えに
http://diamond.jp/articles/-/112846

 中国経済の現状と将来像に関して、極めて不確かなことは、どっちへ転ぶにせ
よ、予測する人々には、希望的観測が混じるんですね。バイアスが掛かる。クラ
ッシュ派には、中国つぶれろ! な思いがあるし、大丈夫だろう派には、中国経
済が今クラッシュしちゃ絶対に困る! という願いがある。そういう所を抜きに
して、冷静な観察が出来る人々が世界にいるのかどうか。

※ 米軍空母、西太平洋で訓練へ…中国をけん制
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170104-50052/

 おととい来やがれw。今頃来てどうすんだよ。

※ インドネシア軍 オーストラリア軍との軍事協力停止
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170104/k10010829101000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

 この両者の関係は凄く微妙だもんね。こういうことは今後とも起こり続けるん
だろうと思う。

※ サーブ社、防衛省へ何を売る? クルマはすでに別会社、現商材こそ「本業」
https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12203-62255/

 グリペンの売り込みに関しては、サーブは本気になったことは一度もないんだ
よね。イーグルとF−35を補完する、安い機体が必要だとは思うけれど、空自
さんは、航続距離とかをどう考えるかですよね。

※ 辞任する英国の駐EU大使、「離脱交渉の方針伝わらず」と批判
http://jp.reuters.com/article/britain-eu-diplomacy-rogers-idJPKBN14O16Z

 この辞任のぐたぐたを見ていると、英国政治もここまでポピュリズムに染まっ
たのか、とげんなりする。

※ 電通は今こそ、「鬼十則」精神で。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20170104-00066228/
*昭和の宴会、「裸踊り」で人間関係が深化? 今の日本で「披露」することの法的問題
https://www.bengo4.com/c_5/n_5547/

>花田紀凱
>弘兼憲史

 言わせておけ。害はない。二人供もう退場していく世代だ。

※ 鹿児島市長、妻と公費で海外出張 歴代市長の「慣例」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00010001-nishinpc-soci

 私は一律駄目だとは思わない。いくら貧乏な自治体といえども。観光で食べて
行こういう自治体が、旅慣れた女性の視点で外国の観光地を知ることは大事ですよ。
 ただし、鹿児島市といえども、今や1/3自治なんだから、せめて女房の旅費
の半分は自費にするとかで、市民感情に配慮すべき。

※ 改正ストーカー規制法施行 「Twitterやブログに執ような書き込み」も規制対象に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/05/news041.html

>改正ストーカー規制法が1月3日、施行された。
>改正ストーカー規制法が1月3日、施行された。
>改正ストーカー規制法が1月3日、施行された。

 やっとキタキタ! 大事なことなので、3回コピペしますた!w。
これはむっちゃ効果ありますよ。本人はたいしたことないと思っている。人を脅
すような回数じゃないと思っている。脅した覚えは無いと思っている。でも、こ
の法律って、迷惑条例と似たようなもので、街中でカメラのシャッターを押され
た相手がどう感じるかで逮捕されちゃうという、ちょっとオーバーキルな法律で
すからね。

※ カジノで借金の大王製紙元会長、日本カジノには悲観的 「作ってもうまく行かない」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00516169-shincho-soci

 説得力があるw。だからここを潰せば良いんですよ。というのと、カジノを経
営するのはどうせパチ屋なんだから、連中が赤字を出そうかどうかはどうでも良
い話ですよ。それで人を呼ぶことが目的なんだから。

※ 巨人Vで景気よくする「阿部ノミクス」だ!ビール断ちで“公約”実現へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000018-sanspo-base

 ほら、せやからな、去年、阪神は、早々と脱落したでおまっしゃろ? もう六
月頃には敗戦モードに入っていた。だから、日本経済復活に必要なのは、阪神の
優勝でんがな!

※ 箱根駅伝、ランナーが車に轢かれそうになる 「命の危険を感じた」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/04/hakone-ekiden-accident_n_13948048.html?utm_hp_ref=japan

 車を止められないのであれば、警官はランナーを止めるべきだった。

※ 大学休むのに66万円…? 値下げ訴えた女性ブログ話題
http://www.asahi.com/articles/ASJDD3VQHJDDPTIL00B.html?iref=comtop_8_01

 金銭的理由で休学せざるを得ない学生だって大勢いるだろう時代に、これは駄
目だよね。なんで文科省は、こんなのを知らんふりしていたんだろう。大量の天
下りを送り込んでいるくせに。

※ 「ドトール」が復権へ? 若い女性の支持が集まる理由とは
http://www.news-postseven.com/archives/20170103_481116.html

>『スタバでMacを開いでドヤ顔している』などと揶揄される風潮がうっとうしいため、

 そうだ! 駆逐すべし! おいらのどでかいゲーミングPCで圧倒してやろう
かと思ったけれど、バッテリーが2時間しか持たないんじゃ仕事にならないので止めたorz。

※ 非鳥類型恐竜の長いふ化期間、大量絶滅の一因か
http://www.afpbb.com/articles/-/3113034

 へえ〜。これは面白い研究ね。

※ サイト利用で1100万円詐取
http://www.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1065777091.html?t=1483550121000

 単純な詐欺事件ではなく、発達障害とかある被害者ではなかろうか。

※ 年収100万円未満…アニメ制作現場、超絶ブラックで崩壊の危機か…離職率9
割、人材使い捨て常態化
http://biz-journal.jp/2017/01/post_17614.html

 単価がある程度安いことは、致し方無いにせよ、時間給として見た時に、明ら
かに人権上問題があるような仕事は、法律で規制すべきでしょう。コンビニを巡
る問題もそうだけど、そういう業界だからで、すましちゃならない時代になったんですよ。

※ ネアンデルタール人が食人、ベルギーの洞窟遺跡から証拠
http://www.afpbb.com/articles/-/3113052

 まるで現生人類が食人などしてなかったかのような記事!

※ スウェーデン王宮に「お化け」が出没、王妃がテレビ番組で証言
http://www.afpbb.com/articles/-/3113072

 きっと今頃、日本の民放さんから、四半期のスペシャル番組で放映すっからお
笑い芸人を向かわせる。観光振興のためにも、取材を許可しろ! SASのタダ
チケットを付けてなw、な依頼が殺到していると思う。

※ 謎の電波バースト、発生源は遠方の銀河 研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000007-jij_afp-sctch

 発生源は解ったけれど、まだメカニズムの解明まではいかないというお話なのね。

※ <砂ゼロアサリ>味も上々「博多の特産物に」…養殖実験進む
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000020-mai-soci

 できれば凄いとは思うけれど、アサリの完全養殖なんて儲けが出るんだろうか。

※ タイラギの完全養殖可能に 50年来の難題、稚貝の大量生産に成功
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00010000-nishinpc-sctch

 この私が実はタイラギは食べたことがないのよね。

※ VRアダルトコンテンツは恋愛やセックスを「余裕がある人の道楽」にするく
らい破壊力がある?
https://togetter.com/li/1067013

 信じないw。

※ 前夜の空虚重量76.8キロ

※ 有料版おまけ 日本の家屋の変遷

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17047人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    24200人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/29
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7053人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う